VIASOカードの学生の限度額はいくら?在学中に限度額MAXにできる?

VIASOカードの学生の限度額はいくら?在学中に限度額MAXにできる? MUFGニコス

在学中にVIASOカードの申し込みをしたものの、限度額が小さく設定されていて困っている人もいることでしょう。

学生の場合には限度額が小さく設定されますので、思うようにクレジットカードで支払いができないこともあります。

特に留学などのためにクレジットカードの発行を考えていた人は、限度額が小さいと不便を被ってしまいます。

それではVIASOカードの限度額はそもそもいくらなのでしょうか。また、在学中に限度額をMAXにできるのでしょうか。VIASOカードの限度額を引き上げる方法についてご説明をします。

VIASOカードの限度額はいくら?

VIASOカードの限度額は、ショッピング枠が100万円でキャッシング枠が100万円までです。

一般カードのクレジットカードとしては標準的な金額が設定されています。

限度額を自分で決めることはできない

クレジットカードの限度額は自分で決められるものではありません。

どのようなクレジットカードでも限度額の設定はクレジットカード会社の判断です。仮に本人がアルバイトなどでしっかりと収入を得ていたとしても、学生である以上信用力が乏しいと判断すると限度額は小さく設定されます。

基本的に学生がVIASOカードを発行する場合、ショッピングの限度額は10万円からスタートします。キャッシングは設定されない場合や5万円からスタートすることが大半です。

また、上限金額は社会人になってから設定されるものと考えておくべきです。学生のうちにMAXにはできないものであると考えておきましょう。

利用限度額はショッピング枠とキャッシング枠両方の合計

VIASOカードはショッピング枠が100万円でキャッシング枠が100万円まで設定される可能性のあるクレジットカードです。

ただ、仮にそれぞれがMAXまで設定されたとしても、合計の200万円が利用できるわけではありません。

クレジットカードには利用限度額が定められていて、これはショッピング枠とキャッシング枠の合計となっています。

例えば上記の例で学生はショッピング枠が10万円でキャッシング枠が5万円設定されたとします。この場合の利用限度額は合計で10万円です。

つまりキャッシング枠で5万円利用してしまうと、ショッピング枠は残りの5万円しか利用できません。合計の15万円利用できるわけではありませんので注意が必要です。

限度額は1ヵ月単位の金額ではない

勘違いしている人も多いのですが、クレジットカードの限度額は1ヶ月単位の金額ではありません。例えば限度額が10万円に設定されている場合、毎月10万円の支払いができるとは限りません。

クレジットカードの限度額は支払いをすることでリセットされる仕組みです。

つまり限度額が10万円の状態で8万円の支払いをしてしまうと、支払日が来るまでは残りの2万円しか利用できません。

仮に月をまたいでいたとしても、支払日が来ていない状態ではリセットされないのです。
VIASOカードは月末締めで翌月に支払日が来ます。

つまりクレジットカードを利用してから支払日までは最大で約2ヶ月あります。これだけの期間が経ってから限度額がリセットされますので、学生に設定される限度額は少々物足りないものであることが大半です。

VIASOカードの限度額をMAXにする方法は?

上記でも述べた通り、在学中に限度額をMAXまであげることは難しいと考えられます。

これだけの限度額は社会人でも必ず設定されるとは限りません。それだけ大きな金額が設定される可能性のあるクレジットカードなのです。

もちろん限度額を高められる可能性はあります。

ただ、限度額を高めるかどうかはクレジットカード会社が判断する部分です。どんなにアルバイトで収入を得ていたとしても、クレジットカード会社が判断しなければ限度額は高まりません。その点を踏まえて方法をご説明します。

利用実績を地道に積み上げる

VIASOカードの限度額を高めるためには利用実績を積むことが一番です。

クレジットカード会社は、発行したクレジットカードを適切に利用してくれる人を優遇しています。ある程度クレジットカードを利用してくれて、支払い遅延もない人を信頼する仕組みです。

クレジットカードの利用実績を積めばクレジットカード会社からの信頼が高まり、結果として限度額が高まる可能性があります。

限度額の増額は自分から申し込みすることも可能です。

また、クレジットカード会社から案内が来ることもあります。ただ、どちらにしても最終的な判断はクレジットカード会社に委ねられています。

収入があることを証明する

学生でもしっかりと収入があることをクレジットカード会社に証明することで限度額が高まる可能性があります。

特にアルバイトなので年収120万円を超えていて、扶養控除を外れているような場合には限度額が高まる可能性があります。クレジットカード会社に対して収入証明にあたるものを提出することで限度額の見直しをしてもらえる可能性があるのです。

ただ、こちらに関しても最終的な判断はクレジットカード会社に委ねられています。しっかりと収入があったとしても、学生には高額な限度額が設定されない可能性もあります。

収入を高めることで学生でも限度額が高まる可能性はありますが、どちらにしても最終的な判断はクレジットカード会社に委ねられていますので過信は禁物です。

条件次第では限度額の一時引き上げも可能

VIASOカードは限度額の一時引き上げに対応しているクレジットカードです。そのため、高額な支払いがある場合には一時引き上げを利用することで支払いができるようになる可能性もあります。

ただ、限度額の一時引き上げにも審査があります。申し込みをすれば誰でも利用できるサービスではありません。そのため学生が申し込みをした場合、学生であることが原因で審査に落ちてしまう可能性はあります。この点もクレジットカード会社の判断に委ねられる部分です。

また注意しておかなければならないのは、一時引き上げされるのは一回払いのみです。

リボ払いなどの割賦枠は引き上げの対象となりません。

つまり、分割払いを利用するために一時引き上げを利用することは不可能です。限度額を引き上げることで高額な支払いはできますが、一回払いで支払える範囲内でのみ利用しましょう。

学生におすすめのクレジットカード

学生がクレジットカードの限度額を引き上げることは簡単ではありません。

社会人になれば申し込みをしてすぐに引き上げられることもあります。しかし学生の場合には断られてしまうことも多々あります。

限度額の引き上げは一般的に前回申し込みから半年以上経たなければ再申し込みできません。再申し込みしようとすると学生が終わってしまう可能性もあります。

そこでVIASOカードの限度額が足りないのであれば、新しく学生向けのクレジットカードを発行することをおすすめします。

複数のクレジットカード形は合計の限度額も高まりますので、以下では学生におすすめのクレジットカードをご紹介します。

三井住友VISAデビュープラスカード

クレジットカード会社大手の三井住友カードが発行する学生カードです。

クレジットカード会社の中でも格式が高く学生は持てないように思われていますが、実際にはこちらのクレジットカードのように学生カードが発行されています。

学生でも気軽に持てるクレジットカードのひとつです。厳密には学生だけではなく若者が発行できる三井住友カードです。

しかも三井住友VISAデビュープラスカードを利用していると、26歳以降のクレジットカード更新時に自動的にゴールドカードへランクアップします。若者向けに三井住友VISAプライムゴールドカードと呼ばれるゴールドカードが発行されていますのでこちらへ切り替わります。

三井住友カードが発行するゴールドカードを手に入れることは簡単ではありません。社会人でも審査に落ちてしまうことが多々あります。

しかし、VISAデビュープラスカードを利用していると、ゴールドカードにランクアップしますので大きなメリットです。

若者向けに発行されていることもありポイント還元率が高く設定されているなどのメリットもあります。クレジットカードを利用するのであればポイント還元率は高いに越したことがありません。

ポイント還元率が高いほどお得にクレジットカードを利用できます。三井住友VISAデビュープラスカードは早くからクレジットカードを利用するお得さを感じられるように設計されています。

JCB CARD W

JCBが若者向けに発行しているクレジットカードがJCB CARD Wです。40歳未満がネットからのみ申し込み可能です。もちろん学生でも申し込みできるクレジットカードです。

通常のJCB Original SERIESとは異なり、JCB CARD Wはポイントの還元率が1%となっています。JCBが発行する大半のクレジットカードは還元率が0.5%ですので、JCB CARD Wを利用することで2倍のポイントを獲得できます。

また、セブン-イレブンやAmazonでの支払いに利用すると還元率が2%になる特典もあります。

また、年会費無料のクレジットカードですが利用付帯の海外旅行保険が付帯されています。付帯条件はあるものの、年会費無料で手に入ることはメリットの一つです。

JCB CARD WにはJCB CARD W Lと呼ばれるものもあり、こちらは女性向けに発行されています。デザインもピンク色で女性向けになっていて、年会費を支払うことで女性向けの保険も付帯させられるようになっています。もちろん女性でもJCB CARD Wを発行することは可能です。

学生が利用するサービスに関しては女性向けの保険以外大きな差はありませんので、自分の利用したいほうに申し込みをすると良いでしょう。

結論:学生で限度額を引き上げるのは難しい

VIASOカードの限度額は100万円ですが、在学中にここまで引き上げるのは不可能です。社会人になってからも引き上げられない人がいるぐらいです。

そのためVIASOカードにこだわって限度額を上げるよりも、新しい学生向けのクレジットカードに申し込みをしたほうが良いでしょう。

必ず発行できるわけではありませんが、VIASOカードの限度額を増やすよりも労力は少ないはずです。

タイトルとURLをコピーしました