学生でもTカードプラスは発行可能だけど注意しないとリボ地獄になる!?

学生でもTカードプラスは発行可能だけど注意しないとリボ地獄になる!? クレジットカード一覧

「学生でもクレジットカードを作りたい」
「Tポイントを効率的にためたい」

このような場合にTカードプラスはおすすめのカードです。

しかし、Tカードプラスのカード発行元はいくつかあり、中にはリボ払いしかできないカードもあるため、学生が利用するには注意するべきカードでもあります。

この記事ではTカードプラスの作り方や注意点について詳しく解説します。

Tカードプラスは学生でも作れる!

Tカードプラスは審査基準が甘いものがあり、学生でも十分に審査に通る可能性があります。

カード払いにするだけでファミリーマートやツタヤで利用できるTポイントを貯められるため、利便性が高いのが特徴。

ここでは、Tカードプラスの申し込み資格がどんなものか紹介します。

Tカードプラスの申し込み資格

Tカードプラスの申し込み資格はTカードの発行元によってその審査のハードルが少し変わります。

Tカードプラスを発行している会社は以下の4つで、その審査基準は以下の通りです。

  • オリコカード:18歳以上(高校生除く)
  • アプラス:20歳以上
  • ポケットカード:18歳以上(高校生Tカードプラスは)
  • 三井住友カード(SMBCモビット):満20歳以上で安定した収入がある方

これをみると、オリコカードとポケットカードの場合には、高校生を除いた18歳以上の方であれば、申し込みが可能でハードルが低いことがわかります。

ただし、オリコカードの場合はWEBから申し込む場合は20歳以上になり、20歳未満の場合には店頭での申し込みが必要なことには注意が必要です。

アプラスと三井住友カードが発行するものは、年収条件も求められるため、学生が発行するにはハードルが高いカードだと言えるでしょう。

カードの発行元によって、請求書の送られ方や、支払い方法、特典が異なるため、その点も確認しておくとよいでしょう。

アルバイトをしていなくても審査に通る

Tカードプラスは、アルバイトをしていなくても審査に通る可能性があるカードです。というのも、学生の場合には、収入面で本人よりも親などの収入を重視しているからです。

またそれでも定職についてさえいれば、年収などのハードルもほぼありません。

ただし、学生ではなく無職の人の場合には、カードを申し込みできませんのでその点には注意しましょう。

アルバイトをしていなくても、作れる可能性が十分あるカードですが、収入状況がある方が好ましいことは間違いないため、できるのであれば、アルバイトなどを始めておく方がベターでしょう。

Tカードプラスを作りたい学生に絶対に見て欲しいこと

Tカードプラスは学生でも審査に通る可能性があり、利便性も高いことから、申し込みが多いカードですが、注意するべき点もあります。

それが以下の点です。

  • 発行元によってはリボ払いになってしまう
  • Tポイントを使わない学生にはメリットがない
  • ネットショッピングを使うならYahoo!カードがおすすめ

この注意点を守らないと、最悪の場合はカードの請求額が大きくなりすぎ破産の原因にもなりかねませんので、しっかりと注意してください。

発行元によってはリボ払いになってしまう

Tカードプラスで最も注意するべき点は、発行元によってはリボ払いが標準になっていることです。

リボ払いとは、カードの利用額にかかわらず毎月の支払い額を一定にできる支払い方法です。

支払い額を一定にできるため、支払い計画を立てやすいことがメリットですが、手数料がかかり、未払いの金額に一定率の手数料がかかるため、支払額が非常に大きくなる危険性があります。

アプラスとポケットカードが発行するものは、リボ払いしか選べませんので、学生でも発行可能ではありますが、支払いのことを考えるとあまりお勧めできません。

Tポイントを使わない学生にはメリットがない

Tカードプラスの場合、支払いで利用した額は基本的にTポイントに還元されます。

当然ですが、Tポイントが利用できないところでは利用できません。

Tポイントは様々なところで使える便利なポイントではありますが、ファミリーマートやTSUTAYAなどTポイントが利用できるものが一切ない場合にはメリットが全くありません。

Tポイントを使える場所が全くないという状況自体あまりあることではありませんが、Tポイントを使う先があるかどうかは確認しておく方がよいでしょう。

ネットショッピングを使うならYahoo!カードがおすすめ

ネットショッピングを利用する場合、またはソフトバンクやワイモバイルを利用している場合には、Yahoo!カードの方がおすすめできます。

その理由はYahoo!ネットショッピングでTポイントが3倍になるからです。

Yahoo!カードやTカードプラスは、Tポイントの対象店舗で提示すると、100円につき1ポイントがたまります。

しかしYahoo!カードの場合、Yahoo!ネットショッピングでの買い物の還元率が3%と3倍になり、Tモールを経由すると、0.5〜1%さらに上乗せされます。

上記の点から、ネットショッピングを利用している場合や、ソフトバンクまたはワイモバイルを利用している場合には、Yahoo!カードを使う方がメリットが大きいと言えます。

TカードプラスとTカードの違い

「TカードとTカードプラスの違いがよくわからない」
そんな方もいるのではないでしょうか。

TカードプラスとTカードは、大まかに以下3つの違いがあります。

  • クレジット機能が使えるかどうか
  • Tポイントが貯まる速さ
  • 年会費・更新料の違い

これらの違いをきちんと理解しておくと、自分にとってよりお得なのはどちらのカードなのかわかりますよ。

クレジット機能が使えるかどうか

TカードプラスとTカードの違いはクレジット機能が使えるかどうかです。

Tカードプラスの場合にはクレジット機能がありますが、Tカードの場合にはクレジット機能はありません。

クレジット機能あるため、Tカードプラスを作れるのは最低でも18歳以上の方に限られています。

これに対して、Tカードの場合は何歳からでも持つことが可能です。

Tポイントが貯まる速さ

TカードプラスとTカードの違いはTポイントがたまる速さです。

Tカードプラスの場合、ポイントの還元率が1〜1.5%ですが、Tカードの場合には0.5〜1%となっています。

そのため、Tポイントのためやすさは、Tカードプラスの方が高いと言えるでしょう。

年会費・更新料の違い

TカードプラスとTカードの違いは、年会費と更新料です。

Tカードの場合はTSUTAYAを利用する際に、入会金と1年ごとに更新費用が必要になります。

それに加えて更新手続きを自分で行う必要があり、期限切れになると再度入会金を払わなければいけません。

これに対してTカードプラスの場合は、TSUTAYAの会員証として使えるのはもちろん入会金や更新料がかからずに利用できます。

また更新手続きも必要なく、その手間をかける必要がありません。

こうした点からTSUTAYAをよく利用する人の場合には、Tカードプラスを持つメリットが大きいと言えるでしょう。

Tカードの作り方

Tカードを作るための方法についてここでは見ていきましょう。

店頭またはWEBでTカードを申し込む

Tカードを作るにはTカードを発行できる店頭にて申し込みを行います。

申し込みができる店舗の例としては以下のものがあります。

  • TSUTAYA
  • コンタクトのアイシティ
  • ウエルシア
  • ドラッグユタカ

これ以外にも、申し込み店舗はたくさんあります。

またTカードが使える店舗でも、WEB申し込みしてから店舗で受け取りしなければいけない店舗もあります。

店頭で申し込みできる店舗、WEB登録してから受け取りができる店舗詳しく公式サイトをご確認ください。

ファミリーマートで申し込みできるTカードはファミマTカードとなりますが、通常のTポイントと同様に活用できます。

またファミマTカードは2019年5月31日で店頭申し込みが終了しているため、注意してください。

Tカードプラスの作り方

Tカードプラスを作る場合、その方法は2通りあります。

  • インターネットで申し込む
  • 郵送で申し込む

ではそれぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

インターネットで申し込む

Tカードプラスを申し込む方法の一つはインターネットで申し込む方法です。

この方法で申し込む場合、大まかな手順としては以下のように進めます。

  1. 公式サイトにアクセス
  2. 必要事項を記入する
  3. 審査を受ける
  4. 本人確認書類と口座振替依頼書の提出をする

ではそれぞれの手順を次で詳しく見ていきます。

公式サイトにアクセス

インターネットで申し込む時にはまず公式サイトにアクセスしましょう。

公式サイトのURLは以下の通りです。
https://tsite.jp/r/cpn/card/tcardplus/pc/index.html

こちらでTカードを持っているか、持っていないかで申し込み方法が少し変わりますので、上側に表示されているどちらかの選択肢を選んで申し込み手続きに進みましょう。

必要事項を記入する

次にカードの申し込みに必要な以下の項目について記入します。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 家族の職業や年収

ここで記載した内容に間違いや虚偽があると、審査に落ちるだけではなく、今後Tカードプラスの審査そのものに通る可能性が限りなく低くなりますので、間違いがないよう正確に記入してください。

審査を受ける

必要事項の入力が終わったら、審査の結果を待ちましょう。

概ね7〜14日ほど審査にはかかります。少し長いですが、気長に待ちましょう。

急ぎでクレジットカードが欲しい場合には審査がもっと早いカードがありますので、そちらを選ぶのも選択肢です。

本人確認書類と口座振替依頼書の提出をする

審査が完了したら、本人確認書類の提出フォーマットと口座振替依頼書が届きますので、そちらに本人確認書類のコピーと、口座振替依頼書に必要事項を記載し返送しましょう。

返送して届いてから2週間後を目処にカードが郵送されます。

店頭で申し込む

店頭で申し込む場合には、TSUTAYAで店頭申し込みする方法もあります。

こちらは本人確認書類のコピーや印鑑の準備も必要になるため、あらかじめ準備しておきましょう。

店舗で記載する項目もあるため、持ち帰りなどはできないため、注意してください。

審査・発行にかかる日数は?

Tカードプラスの審査や発行にかかる日数は7〜14日かかるのが一般的です。

ただしそこから、発行までにはもう少し時間がかかり、最終的に申し込みから1ヶ月程度かかることが多いと言われています。

クレジットカードの発行期間としてかなり長い部類のカードだと言えるでしょう。

この時に他者からの借り入れやキャッシング枠があると、より時間がかかる可能性もあります。

また急ぎでクレジットカードが必要な場合には、他のカードを申し込むのも選択肢です。

TカードプラスはTポイントの対象店舗以外でもポイントがたまるものの、Tポイントの対象以外の店舗での還元率は決してよくありません。

そのため、急ぎでカードが必要な場合には他のポイントもためられるようなカードに申し込むのも選択肢ですよ。

TカードからTカードプラスへの切り替えも可能

すでにTカードを持っている場合、Tカードプラスにそのポイントを移行させることもできます。

その際は申し込み画面で、Tカードを持っている人の場合の申し込みはこちら、というボタンがあるため、そちらをクリックしましょう。

Tカードの番号を入力する画面が表示されますので、そこから申し込みを行うとTカードをTカードプラスに切り替えられます。

Tカードプラスは学生にも便利だがリボ払いには注意!

この記事ではTカードプラスの申し込み条件や学生が使う場合の注意点、作り方の手順について詳しく解説しました。

Tカードプラスは学生でも作れる可能性があるカードですが、リボ払いにしかできないカードもあるため、使い方には注意が必要なカードです。

またTポイントの還元率は高いものの、それ以外の店舗での還元率はそれほど高くありません。

そのため、Tカードプラスを使う場合には、Tポイントをためる用のサブカードとして使うことが最もおすすめですよ。

タイトルとURLをコピーしました