楽天ゴールドカードの海外旅行保険・国内旅行保険を徹底解説

楽天ゴールドカードの海外旅行保険・国内旅行保険を徹底解説 楽天カード

楽天ゴールドカードには各種保険が付帯されています。これらの保険が付帯されていることが、一般カードの楽天カードではなく、楽天ゴールドカードを利用する魅力とも言える部分です。

保険の中にもいくつか種類が存在しているのですが、今回ご紹介するのは海外旅行保険と国内旅行保険についてです。

楽天ゴールドカードにおいて海外旅行保険と国内旅行保険はどのような扱いとなっているのかについてご説明します。

楽天ゴールドカードの保険内容

楽天ゴールドカードにはどのような保険が付帯されているのでしょうか。

まずは付帯されている保険の内容についてご紹介します。

楽天ゴールドカードの海外旅行保険

楽天ゴールドカードを利用することによってどのような海外旅行保険が手に入るのでしょうか。

まずは具体的な海外旅行保険の内容を以下にご紹介します。

傷害死亡・後遺障害 最高額 2,000万円
傷害治療費用 1事故の限度額 200万円
疾病治療費用 1疾病の限度額 200万円
賠償責任(免責なし) 1事故の限度額 2,000万円
救援者費用 200万円
携行品損害(免責金額3,000円) 年間限度額 20万円

ゴールドカードということもあり、障害や疾病に関する保険もしっかりと付帯されています。一般カードに付帯されている海外旅行保険にはこれらが含まれていないこともあります。

そのためこれらが含まれているだけでも、しっかりと保険が付帯されている保険だと言えるのです。

ただ、保険が適用される上限の金額は少なめとなっています。高額に見えるかもしれませんが、海外での医療費は簡単に100万円を超えることがあります。

入院するだけで数百万円が発生することもあります。そのような高額な医療費が発生することを踏まえると、楽天ゴールドカードの海外旅行保険だけではカバーできないことがあります。

その他の保険も全体的にゴールドカードとしてはやや金額が低めになっています。海外で利用する可能性も高い携行品損害保険については年間限度額が20万円です。

高額なものを携行していく場合には、楽天ゴールドカードだけではカバーできない可能性があるのです。

国内旅行保険は付帯していない

楽天ゴールドカードには国内旅行保険が付帯されていません。海外旅行保険と併せて付帯されていると理想的なのですが、付帯されていないためどうすることもできません。

ただ、国内旅行保険に関してはクレジットカードに付帯されているケースが限られています。付帯されていないクレジットカードのほうが多いぐらいです。ゴールドカードに分類されるクレジットカードでも、付帯されていないことは多々あるのです。

そのため、楽天ゴールドカードを利用するから国内旅行保険が手に入らないとマイナスに考える必要はありません。

なお、国内旅行保険は海外旅行保険などのように医療費を全般的に補償してくれるものではありません。

日本国内では健康保険が適用されますので、医療費についてはこちらでまかなえるものであると考えられています。クレジットカードに付帯されている国内旅行保険は毎回の通院や入院に対して手当のようなものが支給されます。

私たちを守ってくれるものという考えではなく、お見舞金を受け取れる仕組みであると考えたほうが良いでしょう。

ショッピング保険は付帯していない

楽天ゴールドカードにはショッピング保険も付帯されていません。

日頃からの買い物に楽天ゴールドカードを利用するのであればショッピング保険が付帯されていれば理想的です。しかし、ゴールドカードにはショッピング保険の付帯はありません。

ショッピング保険は一般カードでも付帯されているクレジットカードが多数あります。そのことを踏まえると、ゴールドカードの楽天ゴールドカードに付帯されていないのはデメリットと言わざるを得ません。

ショッピング保険が付帯されていれば、クレジットカードで支払いをしたものが自動的に保険の対象となります。

ただ楽天ゴールドカードにはショッピング保険がありませんので、必要に応じて保険に加入するなどの対応をしましょう。

楽天ゴールドカードは家族特約もなし

楽天ゴールドカードには家族特約も付帯されていません。ゴールドカードに付帯されている海外旅行保険の場合は家族特約が付帯されていることもあるので、付帯されていない点はやや魅力に欠けてしまいます。

海外旅行保険の家族特約とは、クレジットカードを保有していない家族であっても海外旅行保険が適用されるサービスのことです。

例えば未成年はクレジットカードの発行ができませんので、家族特約が付帯されているクレジットカードを持っておくことで子供も守ることが可能です。

クレジットカードを持てない人を守るために家族特約が有用なのです。

ただ、家族特約は多くのクレジットカードに用意されている特典ではありません。海外旅行保険が付帯されているクレジットカードであっても、家族特約が付帯されているもののほうが限られています。

楽天ゴールドカードに家族特約が付帯されていないからといって、他のクレジットカードよりも大きく劣るわけではありません。

そうは言っても海外旅行保険付きのクレジットカードを利用するのであれば、家族特約も付帯されているに越したことがありません。そのような意味ではやはり家族特約が付帯されていない点で魅力が劣ってしまいます。

楽天ゴールドカードの保険の注意点

楽天ゴールドカードで各種保険を利用するにあたり注意点もあります。

この点も理解しなければ後悔してしまう可能性もあります。以下ではどのようなところを理解しておかなければならないのかをご説明します。

海外旅行保険は通常の楽天カードと変わらない

海外旅行保険の内容は一般カードの楽天カードと変わらないことに注意が必要です。

ゴールドカードになると特典が充実すると思われるのですが、実際には一般カードと同様になっています。そのため海外旅行保険の充実を期待して楽天ゴールドカードに申し込みをすると後悔してしまいます。

特に楽天ゴールドカードは年会費が発生しますので、年会費無料の楽天カードと比較すると実質的には損をします。

多くのクレジットカードではゴールドカードを発行することによって保険の内容が充実します。楽天カードも同様であると考えられることがあるでしょう。

ただ、楽天ゴールドカードの場合にはゴールドカードでも充実しないため注意が必要です。

なお、同じくゴールドカードである楽天プレミアムカードの場合には保険の内容が充実します。保険が充実しているクレジットカードではあるものの、年会費が2,000円から10,000円までアップするので注意しなければならない部分はあります。

ゴールドカードの特典は海外旅行保険だけではありませんが、海外旅行保険の内容を充実させるという目的だけなのであれば年会費の差を意識しなければならないのです。

楽天ゴールドカードに手荷物宅配サービスなし

楽天ゴールドカードには手荷物宅配サービスが用意されていません。

ゴールドカードには手荷物宅配サービスが用意されているものもあるのですが、楽天ゴールドカードには付帯されていない点はデメリットです。

手荷物宅配サービスとは自宅と空港の間で手荷物を宅配してもらえるサービスのことです。出国前に手荷物を空港に送っておくことも可能ですし、帰国時にお土産が含まれた手荷物を自宅に送ることも可能です。

手荷物であっても、持ちながら移動する必要がないといったメリットがあります。荷物が多くなりやすい海外旅行では特に重宝するサービスなのです。

楽天ゴールドカードにはこれが付帯されていないのですが、年会費が格安であることが理由であると考えられます。手荷物宅配サービスが付帯されているゴールドカードは、年会費が10,000円以上必要となるものが大半です。それに対して楽天ゴールドカードは年会費2,000円と半額以下の設定です。

これだけ安い年会費で持てるゴールドカードとなっていますので、手荷物宅配サービスが利用できないことはやむを得ないとも考えられます。

手荷物宅配サービス自体はクレジットカードを利用しなくとも申し込みができるものです。大きな荷物を自分で移動させるのが負担なのであれば、個人で手荷物宅配サービスに申し込みをする方法もあります。

楽天ゴールドカードの海外旅行で使える特典

楽天ゴールドカードには海外旅行で利用できる特典が用意されています。

どのような特典が用意されているのかについてもご紹介します。

国内空港ラウンジ利用可能

ゴールドカードですので国内の空港ラウンジを利用可能です。空港ラウンジを利用するためにゴールドカードを発行する人もいるくらいです。

ただ、楽天ゴールドカードでは空港ラウンジを無料利用できる回数に制限があります。多くのゴールドカードは無制限に利用できるのですが、楽天ゴールドカードでは年間2回までしか無料利用できません。

空港ラウンジを利用するためにゴールドカードを発行するのであれば回数制限は特に注意しておかなければならないのです。

3回目以降も空港ラウンジが利用できないわけではありません。

ただ、この場合には空港ラウンジが設定しているラウンジの利用料金を支払わなければなりません。つまり、ゴールドカードを持っているメリットは何もなくなってしまうのです。

ハワイの楽天カード専用ラウンジ

ハワイに楽天ゴールドカードの専用ラウンジが用意されています。楽天ゴールドカードだけではなく楽天プレミアムカードなど上位のクレジットカード利用者も使えます。

こちらは街中に設置されているラウンジとなっていて、観光の拠点などに利用できるようになっています。

荷物を預けたりすることも可能ですので、何かしら困ったことがある場合にはこのラウンジに立ち寄ってみることをおすすめします。

なお、こちらのラウンジは楽天ゴールドカードの保有者だけが利用できるものではありません。保有者がいれば同伴者も一緒に無料で利用できます。

グアム・サイパンでのコンシェルジュサービス

グアム・サイパンにも楽天ゴールドカードのラウンジが用意されています。こちらのラウンジには日本語に対応できるコンシェルジュが常駐しています。現地で何かしら困りごとがあった場合には、こちらを訪問することで解決できる可能性があります。

基本的にはグアムの滞在に関することを全てカバーしてくれます。

例えばツアーの申し込みに対応してもらうことが可能です。他にもレストランなど自分では伝えにくいお店への予約も対応してもらえます。コンシェルジュを利用することで、グアム・サイパンの滞在をより良いものへ変えられるのです。

Wi-Fiルーターレンタル優待

海外で利用するWi-Fiルーターを優待価格でレンタルできる特典があります。海外ではWi-Fiルーターが必要となることも多々ありますので、優待が適用されることはメリットです。

利用料は低価格に設定されていて、一日あたり300円(税別)から利用できます。これは利用する地域などによっても左右されます。

また、各種手数料は無料となっていて国内の空港だけではなくハワイや台湾の空港でも受け取りが可能です。

申し込みもインターネットから簡単にできる仕組みです。電話などをする必要はありませんので、時間を気にすることなく予約が可能です。予約をしておけば、あとは空港で受け取りをするだけです。

楽天ゴールドカードの海外旅行保険は十分ではない

楽天ゴールドカードを利用することで海外旅行保険が手に入ることは事実です。

クレジットカードの中には海外旅行保険が付帯されていないものもありますので、それらを利用するときと比較すると付帯されているだけでメリットがあります。

ただ、付帯されている内容は海外の医療費をまかなうにはやや不足しています。

つまり楽天ゴールドカードの海外旅行保険は十分なものではありません。他のクレジットカードに付帯されている海外旅行保険や一般的な海外旅行保険を利用して、内容を補填しながら利用することを考えましょう。

タイトルとURLをコピーしました