SuMi TRUST CLUB プラチナカードのメリット・デメリット!ETCカード・年会費・手数料・ポイント徹底比較

SuMi TRUST CLUB プラチナカード ETCカード クレジットカード一覧

最上級のカードに変えたい、旅行やグルメを存分に楽しみたい、コンシェルジュ付きがいい、期限を気にせずポイントを貯めたい。

そんな要望をすべて叶えてくれるのが、三井住友トラストクラブ株式会社が発行するVISAブランド「SuMi TRUST CLUB プラチナカード」です。

品格の高さを象徴したクールブラックの装いが所有感を擽ります。ユーザー本位が徹底されたサービスをひとたび利用すれば、生涯のライフパートナーとして手放せなくなるでしょう。

SuMi TRUST CLUB プラチナカードの基本スペック

年会費 本会員・37800円(税込)家族会員・無料
入会費 不要
利用可能枠 非公開(カード送付時に案内)
申し込み資格 25歳以上
ポイント SuMi TRUST CLUB リワードポイント
ポイント還元率 1.0%~
ポイント有効期限 無期限
旅行保険 海外保険:最高補償額1億円

国内保険:最高補償額1億円

家族カード あり無料(8枚まで)
ETC専用カード あり無料(会員が所有する車両台数に応じ、5枚まで)
カード発行まで 最短で2週間ほど
更新期間 自動更新(更新カードは有効期限が来る月の初めに発送される)

SuMi TRUST CLUB プラチナカードのメリット

  • ポイントプログラムには有効期限がない
  • ダイニングセレクションが利用できる
  • スポーツ・リラックス・トラベルにも特典が多い
  • 信頼の証は付帯保険に現れる

ポイントプログラムには有効期限がない

SuMi TRUST CLUB プラチナカードを利用すると、通常のショッピングで100円につき4ポイント、リボ払いなら100円につき5ポイントが加算されていきます。

さらに、ボーナスリワードプログラムも用意され、年間の利用総額に応じてボーナスポイントが付与されます。

また、貯まったポイントは、様々な商品やギフト券などと交換できることはもちろん、提携他社のポイントへ移行したり、キャッシュバックしたり、次年度の年会費に充当することも可能です。

さらに、ポイントには有効期限がないため、安心してじっくり貯めることができ、ユーザーの都合に合わせてポイントを交換できます。

ダイニングセレクションが利用できる

ダイニングセレクションは、SuMi TRUST CLUB プラチナVISAカード会員限定で利用できる優待特典です。

通常プランなら、コースメニューを2名以上で予約すると1名分の料理が無料になります。また、グループ特別プランでは、6名以上の予約で2名分のコース料理が無料になるのでお得感があります。

期間は「4月1日~9月30日と10月1日~3月31日」となっており、一部にサービス提供できないシーズンがあるだけで、ほぼ通年の利用が可能です。

スポーツ・リラックス・トラベルにも特典が多い

フィットネス優待を使うと、全国展開する有名スポーツクラブの利用が可能です。都内に用意されたメンバーズサロンでは、贅沢なリラックス空間をいつでも満喫できます。

ゴルフが趣味という会員なら、国内外の名門コースを回れるという豪華なサービスから目が離せません。また、旅行に関係した要望にも漏れなく応えています。

プラチナ専用デスクが使える

ツアーの案内はもちろん、交通手段や宿泊施設の予約と手配を電話1本で済ませることができるなど、国内外の旅行を安心して楽しむことができるサービスが揃っています。

これらの特典をフルサポートしているのがプラチナ専用デスク「VISAプラチナコンシェルジュ」です。

365日・24時間・年中無休で会員からの問い合わせに応じてくれます。なお、多言語対応が可能で、通話料はかかりません。

信頼の証は付帯保険に現れる

航空券や旅行代金は、カード払いで補償が適用されます。国内外とも旅行保険の最高補償額は1億円です。

さらに、バイヤーズプロテクション(動産総合保険)が付帯されており、カードで購入した商品が損害を被った場合、購入日より90日以内であれば補償の対象になります。

限度額は500万円です。また、キャンセルプロテクションも利用できるため、不可避な理由で旅行をキャンセルしなければならない場合でも安心です。

SuMi TRUST CLUB プラチナカードのデメリット

  • 年齢制限が設けられている
  • ポイント利用には制限がある

年齢制限が設けられている

以前は招待制を採用しており、ゴールド以上の会員限定で発行されていました。それが、申し込み制に変わり、門戸が広がった感はあります。

しかし、SuMi TRUST CLUB プラチナカードは「25歳以上」という年齢制限を設けています。申し込み制に変わったとき、事前にクイック審査を行なっていたことがありました。

年齢はもちろん、年収を明確にする必要があり、基準に達しないと本審査が受けられませんでした。現在は一新され「家族構成」「ローンの有無」「家賃を支払っているか」といった内容に変わっています。

25歳未満ですでに合格ラインに達していても、申し込むことはできません。

ポイント利用には制限がある

カードを利用すれば、100円につき4ポイント、リボ払いなら5ポイントずつ加算されます。

しかし、商品やギフト券などを交換したり、提携他社のポイントに移したりするときは、単位に大きな制約が加わります。

1番小さなポイントで移行できるTポイントでさえ、最低でも4000ポイントからの利用となります。これは金額に換算すると10万円です。

リボ払いの利用でも8万円が必要とされるポイント数です。ポイントを獲得できる機会はたくさん用意されていますし、ポイントに有効期限が設けられていないため、焦らずに加算されるのを待つことはできます。

しかし、手軽に交換・移行できる庶民派や中堅のカードに比べれば利便性で劣ります。

SuMi TRUST CLUB プラチナカードのポイント制度

  • 高いポイント還元率で加算できる機会が多い
  • 様々な商品やポイントなどと交換できる
  • キャッシュバックと次年度年会費への充当もできる

高いポイント還元率で加算できる機会が多い

SuMi TRUST CLUBカードにはリワードプログラムが設けられています。カードを利用すると100円につきポイントが貯まっていくシステムのことです。

通常のショッピングで100円につき4ポイント、リボ払いなら100円につき5ポイント加算されることになります。SuMi TRUST CLUB プラチナカードの会員専用サイトである「オンラインショッピングモール」を使えばお得感が増します。

このサイトを経由してショッピングすると、通常のポイントだけでなく、ボーナスポイントが付与されるからです。「フィットネス優待」「メンバーズサロン」「ゴルフサービス」でカード利用したり、電子マネーにチャージしたりしてもポイントを獲得できます。

年間利用額に応じてボーナスポイントがもらえる

このようにマメにポイントアップさせていくと、次年度にボーナスポイントを付与される可能性があります。

年間の利用総額に応じて、ボーナスポイントがステップアップするメニューが用意されているからです。年間の利用総額が50万円以上の場合は2500ポイント、100万円以上の場合は6000ポイント、150万円以上なら10000ポイントが付与されます。

家族会員の利用分も合算でき、利用総額を効率よく増やせます。リワードポイントの有効期間は無期限ですので、焦らず、計画的に増やしていくことができる点が魅力です。

様々な商品やポイントなどと交換できる

リワードポイントが貯まったら、気に入った商品、ギフト券や旅行券などと交換できます。

そのためには、申し込みが必要となり、インターネットを使うなら「クラブ・オンライン」で手続きを進めます。電話で申し込むこともでき、24時間・年中無休で音声自動応答システムが対応します。

申し込みから1ヶ月以内に商品は届きますが、品物によって期間が異なります。

金券は10日から2週間前後、特定ブランドやメーカー品は申し込み日から3週間前後、グルメ品なら申し込み日の翌週から翌々週の土・日曜日が目安です。

提携他社のポイントにも移行する

リワードポイントが交換できる先は、「Tポイント」「アマゾンギフト券」「楽天スーパーポイント」「スターバックスカードチャージ」です。

リワードポイント 移行先のポイント
4000ポイント Tポイント1000ポイント
8000ポイント Amazon ギフト券2000円分
4000ポイント 1000楽天スーパーポイント
8000ポイント スターバックスカード2000円チャージ

ただし楽天スーパーポイントは、8000ポイント以上から4000ポイント単位での移行になります。

キャッシュバックと次年度年会費への充当もできる

カード払い代金にキャッシュバックとしてポイントを充てることができます。8000ポイントにつき2000円分となります。

ただし、カードショッピング以外の債務を抱えている場合は注意が必要です。キャッシュバックに充当されないケースがあるからです。

また、ポイントを次年度年会費に充当することもできます。その場合は93000ポイントが必要で、期限内に申し込まなければなりません。

カード有効期限が来る月の15日、18:00がリミットです。なお、申し込みが完了すれば、変更したり、取り消したりすることはできません。

SuMi TRUST CLUB はETCカードを無料で発行できる?

会員本人が所有する車両台数に応じて、SuMi TRUST CLUBカード1枚につきETCカードを5枚まで無料発行することができます。

クラブ・オンラインおよび音声自動応答システムでは、1回の申し込みにつき、ETCカード1枚の発行となります。

5枚必要なら、5回申し込まなければなりません。カードは登録された住所に郵送されます。申し込みは電話でも可能です。

コールセンターでは、24時間・年中無休で音声自動応答システムが対応しています。通話料はかかりません。

SuMi TRUST CLUB プラチナカードはどんな人におすすめ?

  • 国内外を問わず、よく旅行に行くという人
  • ゴールドカードのサービスでは満足できなくなった人

国内外を問わず、よく旅行に行くという人

国内外の旅行に関する手厚いサービスが用意されています。手配については「プラチナ旅行デスク」を利用できます。

ユーザーの希望に合わせて宿泊施設や交通機関全般について紹介、案内、予約を行なってくれます。

空港利用については「空港前泊ホテルサービス」「空港特急列車サービス」「手荷物宅配サービス」「コートお預かりサービス」の他、搭乗の直前までリラックスできる空港ラウンジサービス、世界140ヵ国・1200ヶ所以上の空港VIPラウンジを堪能できる「プライオリティ・パス」も提供されます。

旅行保険も充実している

旅行保険の充実も忘れてはなりません。国内外ともに最高補償額が1億円となっています。

バイヤーズ プロテクション(動産総合保険)が付帯されているため、偶然の事故で被害を被った商品の補償が受けられます。

さらに、キャンセルプロテクションがあることから、カード利用で申し込んだ旅行が、不可避な理由でキャンセルしなければならなくなった場合でも安心です。

ゴールドカードのサービスでは満足できなくなった人

SuMi TRUST CLUB ゴールドカードは「妥協しない大人の1枚」と謳われています。しかし、ショッピング利用ポイントが100円で3ポイント、リボ払いで4ポイントです。

利用可能枠は80万円から125万円で、入会資格である年収の目安が400万円以上となっています。ポイントも低いですが、それ以上に利用可能枠や年収の目安が明確に線引きされているところに特徴があります。

プラチナでは、利用可能枠は「カード送付書にて案内」となっており、年収の目安も明確には指定されていません。特に利用可能枠については「利用可能枠ご相談サービス」が完備され、利用可能枠の増枠も相談できるのです。

さらに、旅行保険での補償額の違いやキャンセルプロテクションの不備といった様々な差があります。

プラチナに用意されたレベルを知ってしまうと「妥協しない男の1枚」というキャッチコピーがプラチナカードにこそ似合うことに気づくでしょう。

SuMi TRUST CLUB プラチナカードポイント還元率を他社と比較

カード名 年会費 最低還元率 最高還元率
エポスプラチナカード 30000円(税込) 0.50% 1.25%
JCBプラチナ法人カード 32400円(税込) 0.47% 1.49%
JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ 33480円(税込) 1.00% 2.00%
三井住友トラストVISAプラチナカード 37800円(税込) 0.50% 1.00%

年会費が似た額のプラチナカードと比較してみると、ポイント還元率ではそれほど差がありません。

ただ、プライオリティ・パス、コンシェルジュサービス、有効期限のないポイント制、プラチナ旅行デスク、バイヤーズプロテクション、キャンセルプロテクション、ダイニングセレクションが用意されていることから、総合力という点ではSuMi TRUST CLUB プラチナカードがお得でしょう。

SuMi TRUST CLUB プラチナカードが届くタイミングは?

「支払い口座の設定」と「本人確認書類の提出」の両方をオンラインで手続きすると7営業日でカードが発送されます。

申し込み時に「キャッシング・ローン利用可能枠」の設定を希望した場合は、さらに1週間かかります。カードが届くまでには、最短でも2週間程必要です。

SuMi TRUST CLUB プラチナカードの引き落とし日はいつ?

利用代金は毎月15日に締め切られ、翌月10日に指定の金融機関から口座引き落としされます。

ただし、金融機関によっては引き落とし日が8日となることもあり、いずれも土・日・祝日の場合は翌営業日になります。なお、締め日は土・日・祝日を含みます。

SuMi TRUST CLUB プラチナカードを実際に利用した人たちの口コミ

50代
会社員

子供が大学を卒業し、無事に就職することができました。学資にかけた費用がなくなったぶん、少し余裕が出たので、この際ワンランク上のカードを持ちたいと思いました。

 

これまではゴールドだったのですが、先輩がプラチナを使っていましてね。特典の話を聞いたら頭から離れなくなってしまいました。

 

「おまえも、そろそろいいんじゃないか」っていう言葉が背中を押しました。

 

先日、家内と北海道へ行きましたが、期待していたとおりのサービスで、家内はわたしよりニコニコしてましたよ。

 

40代
会社員

入会資格に年収の記入欄がなかったのでどうかなって思ったんですけど、意外に通っちゃいました。

 

そんなにハードルは高くなかったですね。もちろん、相応の収入はあるほうですけど。まだ独身だし、結婚にはそれほど興味がありません。

 

それよりも、このプラチナカードを利用して、きれいなホテルでフィットネスしたり、そのあとで美味しいディナーを満喫したりするほうがずっと楽しそうじゃないですか。

 

「おひとりさま」を全面的に応援してくれるしっかり者のパートナーって感じですね。

50代
会社員

以前は招待制だったので敷居が高いイメージがあったんですけど、申し込み制に変わったので入会してみることにしました。

 

年会費が結構かかりますから、やっぱり自分には合わないかなって思ったこともあったんです。

 

でも、使ってみると特典の良さにやられましたね。中でも気に入ったのはプライオリティ・パスです。

 

ヨーロッパ旅行したときに利用したんですが、初めて空港のVIPラウンジを使わせてもらいました。自分が自分でなくなったような高揚感がありましたよ。もう手放せません。

タイトルとURLをコピーしました