三井住友VISAゴールドカードの限度額はいくら?増額する方法とは

三井住友VISAゴールドカードの限度額はいくら?増額する方法とは 三井住友カード

三井住友VISAゴールドカードの審査は通ったが、限度額はいくらなのか、限度額が低いのでもう少し上げたいと考えているカード会員は多くいます。

確かに、限度額が低いと買い物に不自由すると言っても過言ではありません。

そこで、三井住友VISAゴールドカードの限度額はいくらで、増額する方法について紹介いたします。

特に限度額を引き上げたいというカード会員は必見です。

三井住友VISAゴールドカードの限度額は50万円~200万円

三井住友VISAゴールドカードの限度額は基本的に50万円から200万円となっています。

三井住友VISAゴールドカードよりランクが下であるクラシックカードの限度額は、10万円から80万円です。少しクレヒスを積み上げるだけで限度額が自動的に引き上げられ、ゴールドカードの限度額に達します。

確かに、50万円~200万円の限度額でそんなに利用しないのであればクラシックカードで十分です。しかし、海外旅行でゴールドカードは重宝し、ショッピングの機会が非常に多いと言っても過言ではありません。

限度額が高ければ、自分の貯金と相談する形になりますが、自由にショッピングできるのです。

なぜ、三井住友VISAゴールドカードの限度額は50万円~200万円になるのか、その理由を以下に挙げて、解説していきます。

初期は利用限度額が少ない

初めて三井住友VISAゴールドカードを入手した時期は、利用限度額が少ないです。ほとんどが50万円から設定されています。

クラシックカードからゴールドカードに切り替えた場合、クラシックカードのクレヒスが考慮されているのか、初期の利用限度額より高く設定されていることが多いです。場合によっては限度額200万円になることもあります。

初期からゴールドカードを持った場合は、利用限度額が少ないことを理解しましょう。

利用で実績が積みあがると増額される

三井住友VISAゴールドカードを積極的に利用し、利用代金を堅実的に支払いし続ければ、自然と利用限度額が増額されます。

クレヒスが積み重なり、三井住友VISAゴールドカードの発行元からの信頼を得たのが理由です。

早い話、ゴールドカードを積極的に利用することで、利用実績によって、利用限度額が増額されます。

ただし、利用限度額を増額したいからと言って、自分の資産と相談せずに積極的に利用してしまうと、支払いに対する経済的負担が重くなることをご理解ください。

三井住友VISAゴールドカードの利用限度額を引き上げる2つの方法

三井住友VISAゴールドカードの利用限度額が少なく、買い物をしてもすぐに利用限度額に達してしまう、その場合は単純に利用限度額を引き上げればいいだけのことです。

しかし、利用限度額を引き上げるのは簡単ではありません。

利用限度額を引き上げる方法は以下のとおりです。

  • 一時的な引き上げの手順
  • 継続的な引き上げの手順

2つの方法を次に挙げて、解説していきます。

一時的な引き上げの手順

一時的な引き上げとは、その期間にかぎり、利用限度額を引き上げることを意味します。大きな買い物をしたいとき、海外旅行中にたくさん買い物したいときに、一時的な引き上げは便利です。

しかし、一時的な引き上げを行うためには審査を受けなければなりません。そこで、申込方法から一時的な引き上げに至るまでに順を追って、解説していきます。

事前準備

まずはご自身のご利用枠と利用限度額をご確認ください。ご利用枠とは、ショッピング枠とキャッシング枠の2つを意味します。ショッピング枠しかない場合は国内外のキャッシングサービスを利用できません。

利用限度額を確認し、足りないと判断したら、一時的な引き上げを申し込みましょう。余裕で足りると思ったら、一時的な引き上げを申し込まなくても問題ありませんが、一時的な引き上げの申し込み方法を知っても損はありません。

お申し込み

インターネットでのお申込みができます。満20歳以上の人が申し込めますが、学生の身分では申し込みできません。ただし、電話での申し込みなら可能です。

それ以前に、三井住友VISAゴールドカードは、満30歳で安定した収入を得ている人しか申し込めないようになっています。年齢について気にする必要はないので、そのままお申込みいただいても問題ありません。

注意していただきたいのは、引き上げ後の利用限度額300万円までなら、インターネットでの申し込みが可能になることです。300万円を超える場合は、クレジットラインデスクに電話して申し込む必要があります。

ただし、一定期間連続して一時的な引き上げを利用している場合は、インターネットではなく、クレジットラインデスクという三井住友カードのコールセンターに電話で申し込む必要があるのです。

もうひとつ、ご利用予定日より1週間前から1ヶ月前まで、一時的な引き上げを申し込まなければならないという注意点があることを理解しましょう。

審査

審査基準は基本的に非公開ですが、審査落ちの原因がないかぎりは、ほとんど通れると言っても過言ではありません。審査落ちの主な原因は、金融事故を経験している、自分の収入を考慮せずに利用限度額を必要以上に設定して申し込むなどが挙げられます。

金融事故とは簡単に説明すると、支払いに対して延滞や滞納を行うことを意味しますが、その金融事故を行ってしまうと、審査通過は不可能です。自分の収入を考慮せずに利用限度額設定して申し込んだ場合、仮に審査に通っても、設定した利用限度額が引き下げられる可能性があります。

審査期間は申し込みと審査状況により、即日に引き上げできる場合がある一方、電話での再申し込みもあることを理解しましょう。

1万円単位で引き上げ可能

1万円単位で、一時的な引き上げの申し込みが可能です。細かい金額設定ができるというメリットがあります。

反映されるタイミングは?

利用限度額を一時的に引き上げた後の利用期間は、基本的にはご利用予定日から1ヶ月間となります。しかし、反映されるタイミングについては、締め日と引き落とし日を考慮しなければなりません。

例えば2月16日をご利用予定日で、締め日が15日、引き落とし日が10日とします。利用期間は2月16日~3月15日までですが、引き上げ期間が2月16日~4月9日です。

まとめると、3月16日~4月9日の間は、通常の限度額と一時的に引き上げた限度額の支払い対象となります。3月16日を過ぎたら、一時的に引き上げた限度額分は利用できないというわけです。

学生は一時的な増額ができない

学生は基本的に、一時的な増額ができません。しかし、電話での申し込みなら可能ですが、未成年者であれば、親権者の同意を得なければならないのです。

三井住友VISAゴールドカードは学生が保有するのは不可能なので、この部分を省略しても問題はありません。

継続的な引き上げの手順

継続的な引き上げと一時的な引き上げの違いは、引き上げた利用限度額の期間にあります。一時的な引き上げはその名のとおり、一定期間にかぎり利用限度額を引き上げるというものです。

一報、継続的な引き上げとは、利用限度額が引き上げて以降、引き上げた状態が続くことを言います。継続的な引き上げの申し込み手順は、一時的な引き上げの申し込み手順と同じです。

事前準備

ご自身のご利用枠と利用限度額を最初に確認します。転職などを理由で勤務先に変更があった場合は、申し込む前にカード会員情報の変更を行わなければなりません。事前準備が終わったら、申し込みに入ります。

お申し込み

学生や未成年者を除き、継続的な引き上げのお申し込みをインターネットでできます。なお、三井住友カードのカード会員になってから半年以上経過しないと申し込みできないことを注意しましょう。

今回は三井住友VISAゴールドカードの引き上げに関する記事なので、この欄を省略しても問題ありません。

審査

審査の結果は1週間~2週間程度で決まります。結果の通知方法は、審査結果に関する書類をまとめて、三井住友カードからご自宅に郵送される予定です。WEB通知書サービスを利用している場合は、メールを通じてカード会員に知らされます。

また、三井住友カードの都合によって、審査やその結果に関する書類をカード会員の自宅に郵送される場合があることをご理解ください。

10万円単位で引き上げ可能

継続的な引き上げの場合、10万円単位での申し込みが可能となります。1万円単位で申し込めず、細かい金額設定ができないというデメリットはあるのですが、大きな金額設定ができるのがメリットです。

なお、プラチナカード会員とゴールドカード会員がインターネットから、継続的な引き上げのお申込みを行う場合、200万円以上の申し込み痰飲は50万円になることを注意しましょう。

学生は継続的な増額ができない

学生は基本的に継続的な引き上げの申し込みを行うことができません。申し込みできたとしても、利用限度額は原則として30万円までとなっています。

今回は、三井住友VISAゴールドカードの記事で、どちらにしてもゴールドカードを学生が持つのは不可能です。この欄を省略しても問題はありません。

限度額引き上げのデメリットもある!?

利用限度額引き上げに関するデメリットは、以下のとおりです。

  • 三井住友カードのカード会員になって半年以上経過しないと限度額引き上げは申し込めない
  • 学生は原則として申し込めないが、電話でなら申し込みは可能
  • 審査がある

三井住友VISAゴールドカードの場合だと、カード会員になってから半年以上経過しないと、限度額引き上げを申し込めないという部分と、審査があるという部分は共通しています。

しかし、学生の場合だと、限度額引き上げ以前にゴールドカードの申し込みは不可能です。

限度額引き上げは決して悪いことではなく、むしろ必要なときに引き上げても問題はありません。ただし、支払いに関してきちんと行うのが大切です。

タイトルとURLをコピーしました