セゾンプラチナカードは即日発行できない!即日発行できるセゾンカードと発行が早いプラチナカードは?

セゾンプラチナカードは即日発行できない!即日発行できるセゾンカードと発行が早いプラチナカードは? セゾンアメックス

セゾンが発行している人気のプラチナカードに「セゾンプラチナカード」があります。プラチナカードですので、セゾンの中でも多くのサービスが付帯されています。

人気なクレジットカードですので、可能な限り早く手に入れたいと考えることもあるでしょう。できるのであれば即日発行したいと考えるかもしれません。しかし、セゾンプラチナカードは即日発行には対応していません。

ただ、可能な限り早く発行することが可能です。他に早く発行できるプラチナカードと合わせて、セゾンプラチナカードの発行スピードについてご説明します。

セゾンプラチナは即日発行に対応していない

セゾンプラチナカードは即日発行に対応していません。

どんなに早く発行してもらいたいと考えても、クレジットカードとして対応していませんのでどうにもなりません。即日発行は諦めるしかないクレジットカードです。

それではセゾンプラチナカードは発行までどの程度の期間が必要となるのでしょうか。セゾンプラチナカードの発行スピードについてご説明します。

セゾンプラチナカードは手元に届くまで1週間以上かかる

セゾンプラチナカードは、申し込みをしてから手元に届くまで1週間以上必要になるクレジットカードです。

即日発行をしたいと考えていても、それは実現できないほどの期間が必要です。時間に余裕をもって申し込みしなければならないクレジットカードです。

ただ、プラチナカードであることを踏まえるとスムーズに発行されるものです。他社のプラチナカードの場合、発行までに3週間以上必要となることもあります。

プラチナカードであるため審査に時間が必要となり、クレジットカード自体も発行されるまでに時間が必要となるのです。即日発行はできないものの他社よりは素早く発行できるプラチナカードです。

家族カードは2週間~3週間かかる

家族カードの発行には2週間から3週間が必要です。セゾンプラチナカードの場合、家族カードは本カードが発行されてからの発送です。同時に発送されるのではなく別々に発送されます。

そのためどうしても時間が必要です。

家族カードの申し込み自体は本カードの申し込みと同時です。別々に申し込みをするのではなく一度で申し込みできます。しかし、発行のタイミングは異なっていますので注意しなければなりません。

セゾンプラチナカードを少しでも早く手に入れる方法

セゾンプラチナカードを素早く発行するためにはいくつかのポイントがあります。

このポイントを意識することによって、標準よりも早くセゾンプラチナカードが発行される可能性が高まります。具体的なポイントについて以下で説明します。

インターネット申し込みをする

セゾンプラチナカードはインターネットと郵送での申し込みが可能です。少しでも早く手に入れるためにはインターネットから申し込みをしましょう。

こちらの申し込み方法を選択することで、郵送などのように受付までに時間を要することがなくなります。

申し込みボタンを押下すれば、スグに受付されて審査へと進めてもらうことが可能です。その結果、審査が完了するまでの期間も短くなり発行までの期間も短縮化できます。

申し込み情報に虚偽がないようにしよう

申込内容に虚偽がないようにすることも重要です。

クレジットカードの審査は、会社と申込者の間に信用を築けるかどうか確かめるものです。クレジットカード会社から信用されることによってクレジットカードが発行されます。信用を勝ち取るためには正しい情報を申告することが重要です。

クレジットカードの申し込み内容に不備がある場合、クレジットカード会社は虚偽の申告をしたと判断してしまいます。

本人が意図的に間違えたものではなくとも、クレジットカード会社は虚偽の申告であると判断してしまうのです。そうなってはクレジットカード会社からの信頼は勝ち取れません。

虚偽の情報を申告しないことがクレジットカードの申請において必須です。セゾンプラチナカードの審査に通過するためにも、意図的かどうかは問わず虚偽の内容は含まれないようにしましょう。

利用限度額50万円以下で申し込む

利用限度額は50万円以下で申し込みをしましょう。プラチナカードですが、必要以上に高額な限度額を求めないことが重要です。

クレジットカード会社は利用限度額の希望額が大きいほど審査に時間をかける傾向にあります。リスクが高まるため慎重になるのは当たり前のことです。

50万円以下であればプラチナカードということも踏まえるとリスクは少ないと考えられます。そのため、まずはセゾンプラチナカードを手に入れるためにも、限度額は欲を見ないで申し込みすることがコツです。

キャッシング枠を0円で申し込む

キャッシング枠は0円で申し込みをしましょう。できるだけ審査のハードルを下げることがコツです。
キャッシングに申し込みをすると審査が複雑になってしまいます。

ショッピングだけに申し込みをする場合と比較すると、審査落ちしてしまう可能性も高まってしまいます。

そのため、セゾンプラチナカードの審査に通過したいと考えている場合には、キャッシングには申し込みをしないようにしておきましょう。申し込みをしないという意思を示すために、キャッシング枠は0円で申し込みをします。

本人確認書類などを事前に用意しておく

本人確認書類などを事前に用意しておきましょう。各種書類の準備で時間を要するのは、セゾンプラチナカードの発行にあたりもったいないことです。

クレジットカードの審査で必要とされる本人確認書類などは、どこのクレジットカードに申し込みをしても基本的に同じです。他のクレジットカードに申し込みをしたことある場合、同様の本人確認書類ご用意しておくと良いでしょう。運転免許証があるのであればそれが一番です。

また、年収を正しく把握するために源泉徴収票なども用意しておくと良いでしょう。場合によっては提出を求められることもあります。そのような場合に備えてあらかじめ用意しておくことが理想的です。

即日発行が可能なセゾンカード

セゾンカードの中には即日発行可能なものがあります。

全てが該当するわけではないものの、それのクレジットカードを選択すればセゾンプラチナカードに代わるクレジットカードが手に入ります。選択肢として挙げられるものを以下にご紹介します。

セゾンカードインターナショナル

セゾンが発行する標準的な一般カードです。一般カードですので素早い審査が特徴となっていて最短で即日発行が可能です。

審査においては電話連絡に対応する必要があります。この連絡に左右されるものの、早ければ1時間程度で審査結果が出ます。クレジットカードの中では素早い審査で魅力的です。

ネットからの申し込みで審査に通過すれば、後は全国のセゾンカウンターでクレジットカードの受け取りをします。申し込み時に発行された番号や身分証明書などを持参することで即日発行されます。

しかも、クレジットカードの受け取りと同時にETCカードの発行も可能です。クレジットカードとETCカードが即日発行できる珍しいクレジットカードです。

セゾンブルーアメックス

セゾンが発行するアメックスブランドのクレジットカードです。

アメックスブランドのクレジットカードではあるものの、年会費は3,000円(税別)と低価格に設定されていることが特徴です。言い換えると低価格の一般カードであるため即日発行が可能です。

年会費は低価格ではあるものの、アメックスブランドで発行されているクレジットカードです。アメックスが提供しているサービスを様々利用できることが特徴です。また、セゾンが提供している基本的なサービスも利用できます。

クレジットカードを即日発行するためには、上記と同様にセゾンカウンターへ出向く必要があります。ネットから申し込みを済ませておいて、審査に通過した後セゾンカウンターへ向かい即日発行の手続きをします。

セゾンパールアメックス

セゾンが発行するさらに低価格なアメックスがこちらです。年会費は初年度無料であり次年度からも1,000円(税別)です。

こちらもアメックスでありながら一般カードに属することもあり、最短で即日発行が可能です。上記のクレジットカードと同様に即日発行できるアメックスです。

即日発行可能なアメックスではありますが、年会費が低価格ですのでサービスは基本的なものに絞られています。他のアメックスと比較すると少々見劣りする部分はあります。これは年会費が低価格ですのでやむを得ない部分です。

クレジットカード即日発行するためには、こちらもセゾンカウンターへ出向いて手続きをします。ネットから申し込みが可能ですのでまずは申し込みをして、審査に通過していればセゾンカウンターで即日発行をします。

審査~発行が早いプラチナカード

審査から発行までが短いプラチナカードも存在しています。

そのようなプラチナカードを選択することによって短時間でプラチナカード発行できます。具体的に該当するプラチナカードを以下にご紹介します。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは最短3営業日発行

セゾンが発行するプラチナカードにはセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスと呼ばれるものもあります。「ビジネス」と銘打っているものの、会社員など個人でも申し込み可能です。

こちらであればセゾンプラチナカードとは異なり最短3営業日で発行されてます。スピード発行が特徴的であるだけではなく、ビジネス向けの特典も含めて内容が充実していることも特徴です。

19時半までの申し込みで最短発行可能

19時半までに申し込みをすることによって最短発行が可能です。これより遅くに申し込みをしてしまうと、クレジットカードの受付が翌営業日扱いになってしまいます。

つまり一日余計に時間が必要です。
できるだけ早く発行したいのであればクレジットカード会社の営業時間内に申し込みをすることが重要です。時間外に申し込みをしても、結局のところ翌日の申し込みをしたのと変わらなくなってしまいます。

できるだけ早く対応してもらうためにも、1日の中でも早い時間に申し込みをしましょう。

MUFGカード・プラチナ・アメックス

MUFGカードが発行するプラチナカードです。プラチナカードでありながら、条件を満たすと年会費が20,000円を切る格安のものであることが特徴です。

格安でありながらスピード発行に対応していて、アメックスブランドの充実したサービスも手に入ります。プラチナカード初心者にもおすすめできるコストパフォーマンスの良いものです。

午前9時までの申し込みで最短3営業日発行

最短発行するためには、クレジットカード会社の営業時間前である午前9時までに申し込みをしておく必要があります。それ移行に申し込みをすると翌日の扱いとなってしまう可能性があります。

午前9時までに申し込みをするのはハードルが高いと感じてしまうかもしれません。しかし、寝る前などの夜中に申し込みを済ませておくと翌朝に対応してもらえるということです。

朝イチに申し込みはできなくとも、夜間に申し込みをしておけばスムーズに対応してもらえます。

三井住友VISAプラチナカード

三井住友カードが発行する格式の高いプラチナカードです。格式が高いことから発行には時間が必要だと思われていますが、意外にも三井住友カードらしくスムーズな発行が特徴です。

年会費は高額なプラチナカードではあるものの、三井住友カードが提供する多くのサービスが受けられます。

また、持っているだけで「ステータスの高い人」と感じてもらえるような知名度やブランド価値もあるクレジットカードです。

オンライン口座を設定する「らくらく発行」で最短3営業日発行

短時間でプラチナカードを発行するためには、オンラインから引き落とし口座を設定しなければなりません。郵送で設定する場合には時間が必要となります。

オンラインであればその場で口座の登録が可能です。自分で必要な情報を入力して、画面に沿って引き落としの設定をするだけです。短時間で簡単に口座設定が完了しますのでクレジットカード発行までの時間も短縮化できます。

郵送で設定する場合、そもそも申込用紙を郵送する期間が必要とされます。この期間が必要になることによってクレジットカード発行までの期間も長くなってしまいます。

急いでいるなら即日発行可能なセゾンカードもあり

急いでセゾンカードを発行したいのであれば、セゾンプラチナカードに限らず他のセゾンカードを選択するのもありです。

セゾンカードの中には即日発行に対応しているものも存在しています。しかも、クレジットカードと同時にETCカードも発行可能です。

ただ、発行可能なセゾンカードはプラチナカードではありません。プラチナカードはどうしても発行に時間が必要となってしまいます。

プラチナカードは発行できないもの、セゾンカードであれば即日発行できますのでそのようなクレジットカードも選択肢に考えてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました