セゾンゴールドアメックスの海外旅行保険は超充実!各プラチナカードと補償額を比較してみた

セゾンカード

セゾンゴールド・アメックスの保険はクレジットカードの中でも特に優れています!

特に以下のような方には非常におすすめのカードです。

  • 自分・自分の家族含めて海外へ行く機会が多い方
  • 子供が海外留学する予定の方

セゾンアメックスの年会費は1万円と、低コストなのにプラチナ級の補償内容と補償額なのが、セゾンゴールドアメックスの魅力です。

海外旅行用に補償額が充実したカードが欲しい。家族にも保険が付帯するカードが欲しい。

そんな方にぴったりのセゾンゴールド・アメックスの補償内容と各プラチナカードやゴールドカードとの補償額の比較をご紹介していきます。

  1. クレジットカードの海外保険で見るべきポイントとは?
    1. 自動付帯かどうか
    2. 補償内容
  2. セゾンゴールド・アメックスは海外旅行保険の内容は?
    1. セゾンゴールドアメックスは海外旅行保険は自動付帯
    2. セゾンゴールド・アメックスは家族の範囲が広い
    3. セゾンゴールド・アメックスの海外旅行保険:最高5000万円の補償
      1. カード会員(本人)の補償内容と補償額
      2. 家族の補償内容と補償内容
    4. セゾンゴールドアメックスの国内旅行保険:最高5000万円の補償
      1. カード会員(本人)の補償内容と補償額
      2. 家族の方の補償内容と補償額
    5. セゾンゴールド・アメックスが使える海外地域は?
    6. セゾンゴールド・アメックスの保険は90日間有効
  3. セゾンゴールド・アメックスのその他の保険内容
    1. 航空遅延の遅延・欠航の保険:最大3万円
    2. 手荷物遅延・紛失の保険:最大10万円
    3. ショッピングプロテクション:年間最大20万円
    4. オンラインプロテクション:ネット上での不正利用額を全額保証
  4. セゾンゴールド・アメックスはキャッシュレス診察に対応している
    1. キャッシュレス診察の注意点①提携している病院でしか使えない
    2. キャッシュレス診察の注意点②病院に行く前にカード会社に連絡をとる
  5. セゾンゴールド・アメックスカードと他社のプラチナカードの補償額を比べてみる
  6. セゾンゴールドカードを海外で使う際の注意点
    1. 海外キャッシングには向かない
  7. セゾンゴールド・アメックスは家族持ちで海外旅行に行く方におすすめ

クレジットカードの海外保険で見るべきポイントとは?

まず、クレジットカードの保険内容を見る際に、見るべきポイントを知っておきましょう。以下の3つがポイントです。

  • 自動付帯かどうか
  • 補償内容(特に障害治療・疾病治療の項目をチェック)
  • 補償額

自動付帯かどうか

クレジットカードの付帯保険には「自動付帯」と「利用付帯」の2種類があります。

  • 自動付帯…海外にクレジットカードを持っていくだけで、旅行保険が受けられる
  • 利用付帯…旅行代金(飛行機代やツアー代)をクレジットカードで支払うことで保険がつく

クレジットカードの保険を見る際は、便利な自動付帯のカードを選びましょう。

補償内容

クレジットカードの補償内容にはさまざまな項目がありますが、特に使用する機会がある「障害治療」「疾病治療」に注意するべきです。

日本国内では、保険証を提示すれば保険料は3割負担で済みますが、海外では全額を負担しなければなりません。

旅行先で現地の水が合わなくてお腹を壊してしまった…。世界遺産を見に行く途中に足を滑らせて怪我をした…。

など、急に診察を受ける機会は多々あります。

一番利用する機会がある「障害治療・疾病保険」の補償内容を特にチェックしましょう。

セゾンゴールド・アメックスは海外旅行保険の内容は?

セゾンゴールドアメックスは海外旅行保険は自動付帯

セゾンゴールド・アメックスは自動付帯のため、海外へ行けば自動的に保険が有効になります。

また、カード会員だけでなく、家族も自動付帯にです。

自動付帯を受ける際には、事前にカード会社にいつからいつまで旅行に出かけるのか事前に伝えておきましょう。

セゾンゴールド・アメックスは家族の範囲が広い

セゾンゴールド・アメックスのカードは家族の範囲が広いです。

具体的に言うと、カードを持っている本会員・配偶者・親・子どもが保険の対象になります。

カバーできる範囲が広いため、家族カードを新しく申し込む必要がありません。

セゾンゴールド・アメックスの海外旅行保険:最高5000万円の補償

カード会員(本人)の補償内容と補償額

補償内容 最高補償額
傷害死亡・後遺障害 5000万円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
携行品損害 30万円
賠償責任 3000万円
救済者費用 200万円

家族の補償内容と補償内容

補償内容 最高補償額
傷害死亡・後遺障害 1000万円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
携行品損害 30万円
賠償責任 3000万円
救済者費用 200万円

ご覧の通り一番重要な、「障害治療・疾病治療」の最高補償額が本人・家族ともに最高300万円です。

年会費1万円のゴールドカードにしては、かなり破格の値段です。

セゾンゴールドアメックスの国内旅行保険:最高5000万円の補償

カード会員(本人)の補償内容と補償額

補償内容 最高補償額
傷害死亡・後遺障害 5000万円
入院日額 5000円
通院日額 3000円

家族の方の補償内容と補償額

補償内容 最高補償額
傷害死亡・後遺障害 1000万円
入院日額 5000円
通院日額 3000円

キャッシュレスに対応しているため、急に病気やけがで病院に行く際も、セゾンゴールドアメックスさえ持っていれば安心です。

セゾンゴールド・アメックスが使える海外地域は?

海外の中心部なら問題なく利用することができますが、アメックスブランドを取り扱っていない市街地にいくと使い勝手が悪くなります。

また、セゾンゴールドアメックスにはICチップが搭載されていません。

そのため、ヨーロッパの地下鉄や美術館ではカードが使えないこともあります。

例えばフランスの地下鉄ではアメックスブランドの取り扱いはしておらず、VISAかMasterCardのみの取り扱いでした。

サブカードとして、VISAかMasterCardの持っておいた方がいいでしょう。

セゾンゴールド・アメックスの保険は90日間有効

セゾンゴールド・アメックスの保険は自動で90日間付帯します。

保険は旅行に出発する日から、帰国するまで補償されます。
一時帰国して、再度海外にいく場合はまた90日間の補償がされます。

反対にいうと、海外に行く期間が3ヵ月以上で、一時帰国する予定のない方(長期滞在を考えている方)は長期間の保険に入った方がいいでしょう。

セゾンゴールド・アメックスのその他の保険内容

航空遅延の遅延・欠航の保険:最大3万円

対象となるのは、4時間以上の遅れor欠便のときで、保険金が下りるのは以下の額です。

  • ホテル宿泊料金
  • 待ち時間の食事代
  • ホテルへの移動費
  • 航空機の代わりに使った他の交通手段

航空機遅延費用は最大3万円です。

手荷物遅延・紛失の保険:最大10万円

対象となるのは、到着から手荷物が6時間以上の遅れた場合、紛失は48時間以内に届かない場合です。

保険金が下りるのは、衣類や生活必需品の購入費のみですが、最大10万円まで補償してくれます。

通常プラチナカードについている手荷物遅延・紛失の際の補償額は最高2万円程度のため、セゾンゴールドアメックスの補償額はかなり優秀と言えます。

ショッピングプロテクション:年間最大20万円

ショッピングプロテクションとは、セゾンゴールド・アメックスで購入した商品が破損・盗難などの被害に合った際の補償です。

年間最大200万円までを補償してくれます。

補償の対象になるのは、購入から120日以内の商品です。
海外に行った時だけでなく、国内で購入した商品も補償されるのが嬉しいですね。

オンラインプロテクション:ネット上での不正利用額を全額保証

オンラインプロテクションとは、インターネット上で心当たりのない請求が来た際に、被害を受けた全額を補償してくれるサービスです。

全額補償なので、安心してオンラインショッピングを楽しめますね。

セゾンゴールド・アメックスはキャッシュレス診察に対応している

キャッシュレス診察とは、旅行先の病院で治療を受ける際にカード会社が代わりに代金を立て替えてくれる制度です。

キャッシュレス診察でないころは、一旦病院代を自費で支払ってから後日カード会社から返金されていました。

しかし、セゾンゴールド・アメックスはキャッシュレス診察に対応しているため、病院代を自分で支払う必要はありません。

キャッシュレス診察の注意点①提携している病院でしか使えない

キャッシュレス診察は、提携している病院でしか使えません。

旅行先が市街地や発展途上国の場合、提携していない可能性もあります。

キャッシュレス診察を受けたい場合は、病院に行く前に提携しているかどうか必ず確認しましょう。

キャッシュレス診察の注意点②病院に行く前にカード会社に連絡をとる

キャッシュレス診察を受けるには、病院に行く前にアメックス社に連絡をする必要があります。

「具合が悪くないそうかも…」分かった時点でカード会社に連絡を入れるようにしましょう。

提携している近くの病院も教えてもらえます。

セゾンゴールド・アメックスカードと他社のプラチナカードの補償額を比べてみる

セゾンゴールド・アメックスカードはプラチナカードに匹敵するクレジットカードだと紹介しました。

本当に、プラチナカードのなみの補償内容なのか、他社のプラチナカードと比較してみましょう。

セゾンゴールド・アメックスカード MUFGプラチナアメックス エポスカード・プラチナ オリコカード・ザ・プラチナ
海外保険付帯条件 自動付帯 自動付帯 自動付帯 自動付帯
死亡後遺障害 最高5000万円 最高5000万円(利用付帯時は最高1億円) 最高1憶円 最高1憶円(自動付帯5000万+利用付帯5000万円)
傷害治療 最高300万円 最高200万円 最高300万円 最高300万円
疾病治療 最高300万円 最高200万円 最高300万円 最高300万円
救済者費用 最高200万円 最高200万円 最高200万円 最高300万円
携行品障害 最高30万円 最高50万円 最高100万円 最高100万円
賠償責任 最高3000万円 最高3000万円 最高1億円 最高3000万円
家族特約(障害・疾病治療額) 最高300万円 最高200万円 最高200万円 最高200万円

ご覧のように、セゾンゴールド・アメックスは障害治療・疾病治療の額がプラチナカードなみ、またはプラチナカード以上だと分かります。

家族の障害治療・疾病治療額についても、プラチナカードの遜色ありません。

セゾンゴールドカードを海外で使う際の注意点

海外キャッシングには向かない

セゾンゴールド・アメックスは手数料が高いため、海外キャッシングには向きません。

現地で両替をするより、海外キャッシングを利用した方が手数料がかからずお得です。

そのため使用したい方も多いと思いますが、セゾンゴールド・アメックスは正直向きません…。

海外キャッシングを利用したい方は、海外キャッシングに強いクレジットカードを用意しましょう。

ちなみに海外キャッシュグに強いクレジットカードは以下の通りです。(リボ専用クレジットカードは除いています)

  • JCB CARD W
  • エポスカード
  • 楽天カード
  • ライフカード
  • セゾンカード

セゾンゴールド・アメックスは家族持ちで海外旅行に行く方におすすめ

セゾンゴールド・アメックスの海外旅行保険・国内旅行保険がどれだけ優れているか分かったのではないでしょうか。

  • 家族カードを持っていなくても、配偶者・子供までカバー
  • 自動付帯なのに補償額も内容もプラチナカードに劣らない

年会費も1万円でこれだけ充実したクレジットカードはセゾンゴールド・アメックスぐらいでしょう。

家族持ちの方、これから海外旅行に行く予定のある方は是非利用してみてはいかかでしょうか。

しかもセゾンゴールド・アメックスはラウンジの特典も充実しています。
気になる方はこちらも合わせてご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました