りそなクレジットカードのメリット・デメリット!他社と比較した特徴まとめ

りそなカードのメリット・デメリット!他社と比較した特徴まとめ クレジットカード一覧

クレジットカードを発行する会社も無数にあります。

信販系や流通系クレジットカードよりも、一段格上の存在とされているのが銀行系クレジットカード。

メガバンクの一角、りそな銀行系のクレジットカード会社がりそなカードです。

りそな銀行ユーザーに便利な、りそなカードのメリット・デメリットを見てみましょう。

りそなクレジットカードとは?

メガバンクも地方銀行も、系列のカード会社でクレジットカードを発行しています。

三井住友カードや、三菱UFJニコスなどと比べると、りそなカードの知名度は決して高いほうではありません。

だからといってカードの性能が落ちるわけではありません。

カードのブランドも揃っていて、選べます。りそなカードの代表的なカードブランドは次の通り。

  • りそなカードセゾン
  • りそなカードVISA
  • りそなJCBカード

セゾンカードではMastercardも選べます。ですから、国際ブランドはVISA、Mastercard、JCBと3種類選択可能。

これは、りそな銀行が協和・埼玉・大和の各都市銀行の合併で生まれた銀行だからです。前身のカード会社も多く、複数のブランドが残っています。

りそなクレジットカードのデメリット

りそなカードのメリットを見る前に、デメリットを先に見ておきましょう。

りそなカードの機能自体にデメリットがあるということではなく、銀行系カードならではの注意点があるのです。

りそなカードだけでなく、地方銀行系のクレジットカードにも同じことがいえます。

りそな銀行ユーザー以外には持つ意味が薄い

先に挙げたりそなカードの代表的3ブランドについては、りそな銀行と取引の濃い人でないと、多くのカードの中から選ぶ意味がありません。

次のすべてに該当する人ならば、りそなカードを選んで問題はありません。

  • メインバンク(給与の振込先)がりそな銀行
  • メインバンクを変更する予定はまったくない
  • 銀行サービスと関係の高いカードを選びたい

りそな銀行以外でも、系列の次の銀行利用者なら、りそなカードが便利です。

  • 埼玉りそな銀行
  • 関西みらい銀行
  • みなと銀行

りそなのグループ銀行ユーザーでないのなら、ごく普通にはりそなカードのラインナップではなく、世間で知名度の高い次のカードを選択するところでしょう。

  • セゾンカードインターナショナル
  • 三井住友VISAカード
  • JCBカード(オリジナルシリーズ)

りそな銀行が引落し口座でないと、オンライン申込ができないものもあります。

りそなカードは、上記カード会社からライセンスを受けて発行しているわけです。ライセンス発行のカードは、オリジナルカードと機能が大きく変わりません。

たとえばりそなJCBカードについて独自に検討しても意味は薄いのです。それよりオリジナルのJCBカードについて検討したほうが、豊富に情報も集まります。

りそなカードとしての口コミは、どのブランドとも、決して多くありません。

銀行系カードの中でも、三井住友カードや三菱UFJニコスなど知名度のあるカード会社の場合なら、多くのユーザーがいます。そして、系列の銀行をメインバンクにしている人だけが持っているわけでもありません。

ですがりそなカードについてはそこまでのブランド力はないので、わざわざ選ぶ意味は薄いのです。

ただ、数あるラインナップをよく見ると、個性的なカードも存在します。

それらのカードなら、りそな銀行ユーザーでなくても選ぶ価値があるでしょう。

もっぱら、こちらのラインナップを後ほどご紹介していきます。

ポイント還元率は低い

りそなカードのほぼすべてのカードについて、基本ポイント還元率は0.5%と低めです。

もっとも、銀行系のカードやセゾンカードは、この程度のものが多いです。還元率については、りそなカードでないオリジナルカードを選んだ場合でも同一です。

ポイント重視で選びたい人は、銀行系でないクレジットカードのほうがいいでしょう。

キャッシュカード一体型のカードは廃止

りそなカードにはキャッシュカードと兼用のクレジットカードがあります。

財布の中のカードが1枚減らせるのは大きなメリットですが、せっかくのこのカード、新規募集は停止してしまいました。

りそなカードを選ぶ意味がひとつ減ってしまいました。

りそなクレジットカードのメリット

先にデメリットを見ましたが、もちろんりそな銀行ユーザーにとっては、りそなカードを持つ意味は大きなものです。

そのメリットを見ていきましょう。

そしてりそなカードのラインナップの多くは、機能がオリジナルシリーズと変わらないものが多いのですが、よく探すと個性的なカードもあります。

りそな銀行で使えるポイントが貯まるカードがある

クレジットカードを使うとポイントが貯まります。貯まったポイントはマイルや共通ポイント、金券などに交換することが最近では多いでしょう。

ですがりそなカードの場合、「りそなクレジットカード〈クラブポイントプラス〉JCB」など、りそな銀行で使えるポイントが貯まるカードがあります。

ポイントは業界をまたいで集約できたほうが便利です。

そして、りそなのクラブポイントからも、交換で各種の用途に使えます。

年会費優遇のゴールドカードがある

銀行系ゴールドカードの年会費は高いもの。一般的には1万円(税別)します。

このゴールドカードの年会費が割引、または無料になったら嬉しいでしょう。

りそなカードのゴールドカードの中には、年会費優遇となるものがあります。

まず、りそな銀行でポイントが貯まるカード、「りそなクレジットカード〈クラブポイントプラス〉JCB」のゴールドカード。

こちらは、本来年会費が1万円するところ、りそなカードの負担により、毎年5,000円となります。

それから、りそなゴールドカード「セゾン」。

こちらも年会費1万円するカードですが、年間150万円の利用で年会費が無料となります。

どちらも、オリジナルの「JCBゴールドカード」「ゴールドカードセゾン」にはない特典です。

年会費が安いのに海外旅行傷害保険が付帯しているカードがある

りそなカード「セゾン」セレクトは、年会費1,750円と手ごろな年会費です。

この年会費帯で、海外旅行傷害保険が付帯しています。

このタイプのカードは、オリジナルのセゾンカードにはなく、りそなカードならではのラインナップです。

珍しい存在、アメリカン航空提携のクレジットカードがある

航空会社のマイルを貯める、マイラーと呼ばれる人は多いもの。

実際の搭乗は少なくても、クレジットカードの利用で貯める陸マイラーと呼ばれる人も数多くいます。

日本でマイルを貯めるとなると、多くの人はJAL、ANAです。それももちろんいいのですが、各航空会社はアライアンスを組んでいますので、海外航空会社のマイルを好んで貯める人もいます。

その珍しいカードの一枚が、「りそなAAdvantage VISA Card」。アメリカン航空のマイルが貯まるカードです。

りそなカード以外にはない種類のカードです。

りそなクレジットカードのラインナップ

それでは、個性的なりそなカードのラインナップを見ていきましょう。

これらで紹介するカード以外については、オリジナルのクレジットカードの情報を参照したほうがわかりやすいです。

りそなクラブポイントが貯まる「りそなクレジットカード〈クラブポイントプラス〉JCB」

りそなクレジットカード〈クラブポイントプラス〉JCBでは、クレジットカードの利用で貯まるポイントが「りそなクラブ」の「クラブポイント」となっています。

JCBオリジナルシリーズのポイントプログラムである「Oki Dokiポイント」ではありません。

ショッピングポイントが、利用金額1,000円につき5ポイント(5円相当)貯まります。

ポイント還元率だと0.5%と普通ですが、りそなクラブは銀行取引でも貯まるので、その点で無駄がありません。

さらに、このカードは年間1回の利用で、1,000ポイントのプレゼントがあります。

メインカードは別にあるという人も、このカードを持って年間一度使うと、ずいぶんと得をします。

クレジットカード以外に、りそな銀行の取引によってりそなポイントが貯まります。

給与振込やカードローン、積立、デビットカード、投資信託など取引を増やすとそれだけポイントが増えます。

貯まったりそなクラブのポイントは、こんなことに使えます。一例です。

  • ANA/JALマイル
  • WAONポイント/nanacoポイント(等価)
  • dポイント/auWALLETポイント(等価)
  • ビックカメラ/ヨドバシカメラのポイント(等価)
  • 楽天スーパーポイント(等価)
  • スターバックスカード入金(等価)
  • キャッシュバック(10分の7の価値)

その他、多少目減りするポイントも含めると、多くの交換先があります。

ディズニーデザインも用意されているのがJCBならではです。現在の券面は、ミニーマウスです。

年会費半額!「りそなクレジットカード〈クラブポイントプラス〉JCBゴールドカード」

りそなクラブポイントプラスのゴールドカードは、銀行系としては実に珍しい、年会費半額(税別5,000円)のカードです。

年会費負担が大きく異なるのに、サービスはオリジナルのJCBゴールドカードと差がありません。

空港ラウンジの利用、海外旅行傷害保険など、立派なゴールドカードのサービスが付いています。

5,000円程度のゴールドカードは、信販系のクレジットカードにはよくある設定ですが、銀行系としては他に例がありません。

こちらも、JCBオリジナルシリーズの「Oki Dokiポイント」ではなくりそなクラブのクラブポイントが貯まります。

ポイント還元率も優遇されていて、通常の1.2倍です。

さらに年間100万円以上利用すると、2,500ポイントのプレゼントがあります。

年間100万円利用の場合、還元率優遇とボーナスで、計8,500ポイント貯まることになりますから、これでポイント還元率を計算し直すと0.85%ということになります。

JCBカード全体を見回しても、なかなかの高率です。

一般的にはゴールドカードだからといってポイント優遇はそれほどないのですが、このカードに関していえば、積極的にゴールドカードを持つ意味があるといえます。

ゴールドですが、ディズニーデザインがあります。スタンダードのカードと同様、ミニーマウスです。

利用実績で年会費無料となるりそなゴールドカード「セゾン」

オリジナルのゴールドカードセゾンにないサービス、年間150万円で翌年の年会費無料となるのが「りそなゴールドカードセゾン」。

ゴールドカード全体を見回しても、利用金額によって翌年度の年会費が無料になるサービスは珍しいものです。

このゴールドカードも、年会費無料特典がある以外、オリジナルであるセゾンカードインターナショナルのゴールドカードとサービスの質は変わりません。

ポイントプログラムは、セゾンカードインターナショナルの「永久不滅ポイント」ではなく、「りそなポイント36」です。

永久不滅ポイントと違い、3年の有効期限があるので気を付けましょう。

ポイント還元率は0.5%と標準的。

貯まったポイントは、次のアイテムと交換できます。

  • りそなクラブポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • JALマイル
  • au WALLETポイント
  • 上新電機ポイント

交換先は少なめです。ですが、いったんりそなクラブポイントに交換すれば、「りそなクレジットカード〈クラブポイントプラス〉JCB」の項で取り上げたとおり、そこから多くの特典に交換できますので、困りません。

また、りそなクラブポイントの有効期限も3年あるので、りそなポイント36と併せれば有効期限を有意義に使え、大きく貯められます。

直接交換先でお勧めなのはJALのマイルです。

通常、マイルへの交換比率は1円につき0.5マイルというものが多いのですが、りそなポイント36からJALへの交換は、1円につき1マイルと、高い設定になっています。

マイル獲得のためにも役立つカードが、りそなゴールドカードセゾンです。

海外旅行傷害保険の付帯しているりそなカード「セゾン」セレクト

りそなカード「セゾン」セレクトは、オリジナルであるセゾンカードインターナショナルには該当のない、りそなカードならではのカードです。

年会費1,750円のこのカードには、海外旅行傷害保険が付いています。

このカードの海外旅行傷害保険の実力を見るため、もっとも重要な補償である、ケガや病気の際に現地で治療を受ける際の上限額を確認します。

この補償は次の通り。

  • 本会員・・・150万円
  • 家族・・・・100万円

これ1枚で安心できるというほどの補償額ではありませんが、医療費については他の保険と合算して補償が受けられるため、十分役に立つでしょう。

そして、補償を受けられる対象には、家族カードを持てない18歳未満の家族が含まれます。

ゴールドカードでないクラスのカードで、この機能「家族特約」の付いたカードは決して多くありません。
ここに、このカードの価値があります。

ゴールドカードを1枚持っていると、そのカードには家族特約がついている場合が多いです。

家族特約の補償額は、200万円程度が多いため、もう少しバージョンアップさせたいところです。

その際、このりそなカード「セゾン」セレクトがあれば、家族について100万円補償を上積みできるわけです。

別のゴールドカードをメインにして、このりそなカード「セゾン」セレクトをサブにすれば、家族を含めた補償額が充実しますので、安心して海外に行けます。

アメリカン航空提携カード「りそなAAdvantage VISA Card」

本邦唯一のアメリカン航空提携クレジットカードが、りそなカードから発行されています。

カードは3グレードです。カッコ内は税別年会費。

  • ゴールド(15,000円)
  • クラシックワイド(8,000円)
  • クラシック(5,000円)

ゴールドとクラシックは、利用金額100円につき1マイルが貯まります。

クラシックは利用金額200円につき1マイルの付与となっています。

クラシックワイドとクラシックの差の大部分は、マイル付与率にあります。ごく普通には、クラシックワイドがいいでしょう。

アメリカン航空のマイルは、ワンワールド加盟航空会社、たとえばJALの航空券に引き換えることもできます。

ですから、JALマイラーにとっても大きな価値のあるカードです。

アメリカン航空のマイルは、カードで貯めると実質無期限なのは大きなメリットです。

さらに特典があります。「不足マイルの購入」と「マイルのシェア」です。

もうちょっとマイルがあれば大きな特典に替えられるのに・・・と悔しい思いをすることがありますが、アメリカン航空などごく一部の航空会社のみ、これをかなえてくれます。

それから、友人との間で余ったマイルをやり取りするマイルのシェアも、同じように役立ちます。

まとめ

ややマイナーな銀行系カードであるりそなカードについて、その中で存在するユニークなカードを中心に見てきました。

銀行系カードの場合、その銀行と取引がないと無視しがちですが、よく調べてみると最適な一枚が見つかることがあります。

ぜひ、りそなカードのユニークラインナップを活用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました