ETCカードの利用履歴に時間は書いてあるの?

ETCカードの利用履歴に時間は書いてあるの? ETCカードお役立ち情報

ETCのシステムはキャッシュレスとなっているため、利用履歴を気にしていないと、「今月の請求額が予想以上に高い」といった事態になる可能性も十分にありえます。

そのため、利用履歴のこまめな確認は非常に重要です。

今回はこのETCカードの利用履歴をテーマに、中でも利用した時間を確認することができるのか、という点について解説します。

ドライブ好きな人の中には、利用料金とは別に、細かな移動経路を確認したい、その日の記録を取りたいという人もいるかと思うのでぜひ参考にしてみてください。

ETC利用照会サービスに入っていれば、半年前まで利用時間の確認が可能

ETCの利用時間は、インターネット上で利用できる「ETC利用照会サービス」というサービスを利用することで確認することができます。

ETC利用照会サービスとは、ETC利用証明書の発行のほか、ETCの走行明細の確認ができるインターネットサービスです。

ETC利用照会サービスを使うことで、過去15ヶ月間のETCカードを利用したすべての走行明細を確認することができます。そしてこの走行明細の情報の1つに利用時間が記載されています。

ETC利用照会サービスは、任意加入のサービスなのでETCカードを作ったからといって利用できるわけではありません。加入はいつでも可能なので、気になる人は申し込み手続きを行ってみてください。

なお、こちらのサービスは無料で利用できます。

ETCカードの利用履歴を確認する方法!何日前まで確認できる?

ETC利用照会サービスに入っていない場合の利用時間確認方法

インターネット環境があるならETC利用照会サービスによる一番時間を確認しやすいと言えます。

一方で、サービスに登録することに抵抗がある人などは別の確認方法もあります。

続いては、ETC利用照会サービスに加入していない場合のETCカードの利用時間の確認方法を紹介します。

高速道路のSA/PAにあるETC利用明細器をつかう

ETC利用紹介サービスに登録しない場合、高速道路のサービスエリアやパーキングエリアに設置されているETC利用明細器を使うことで時間の確認が可能になります。

ETC利用明細器は、ETCカードから利用履歴を読み取るカードリーダーと、利用明細書を印刷するプリンターから構成されていて、利用者は利用履歴情報を印刷することができます。

印刷される情報は以下の通りです。

  • 利用した日時
  • 入口の料金所がどこか
  • 出口の料金所がどこか
  • 車種
  • 通行料金

なお、このETCカードの利用情報が印刷できるプリンターは市販もされているので、サービスエリア、パーキングエリアに行くのは面倒、こまめに時間を確認したいという場合などは購入することをおすすめします。

また、ETCカードに記録される利用履歴はカードの種類によって変わってきますが、一般的に最大で100件程度とされています。

それよりも前の利用履歴は印刷できないので注意してください。

事務手続き用には使えない

ETCカード利用者の中には、ETC の利用料金を会社の経費で落とす人もいるのではないでしょうか。

経費で落とす場合ETCの利用明細が必要となりますが、先ほど紹介したETC利用明細器による利用履歴を印刷した明細は事務手続き使うことはできません。

これは、ETC利用明細器を利用すれば何度も明細を印刷することができ、悪用されてしまう恐れがあるためです。

利用照会サービスは領収書として使える

事務手続きにおいて、ETCの利用履歴に関する書類を提出するのであれば、ETC利用紹介サービスが利用できます。

ただし、各企業によってルールや規則が異なるため、詳しくは各社の経理担当者などに確認するようにしてください。

ETCカードを手渡しして支払うと入口時間が表示されない

ETCカードの利用時間はETC利用照会サービス利用すれば基本的に確認することができます。

ただし、ETCカードを料金所のスタッフに手渡しして手続きを行った場合は、時間が表示されないので注意が必要です。

ETCカードは基本的に、車載器に差し込んで利用します。

それによって有料道路などのETCレーンをノンストップで通過することができます。

しかし、ときにはETCレーンが故障中で利用できず、仕方なく一般レーンを利用することもあります。

このとき、ETCカードは料金所のスタッフに手渡して、スタッフの方でETCカードの利用手続きを行うことになります。

この場合は、利用時間を確認することができません。

ただし、首都高速と阪神高速に関しては例外的に利用時間が表示されるので注意してください。

ETCカードは利用時間の確認が可能だが期限に注意!

ETC利用照会サービスを使うことでETCの利用時間を確認することはできます。

ただし、同サービスにおける履歴は、遡って15ヶ月前までしか残されません。

それ以上前の情報は確認できないので注意が必要です。

まとめ

今回は、ETCカードの利用履歴でETCを使った時間を確認できるのかという点について解説しました。

ETCカードの利用明細(クレジットカードの利用明細と一緒になっているのが一般的)では、時間を確認することは基本的にできませんが、ETC利用照会サービスを利用すれば時間などの詳細な情報が確認できます。

また、ETC利用照会サービスに登録していなくても、高速道路のサービスエリアやパーキングエリアに設置されているETC利用明細器を利用すれば、利用時間を確認することができます。

タイトルとURLをコピーしました