リボ払い専用カードの審査は甘いって本当?リボ専用カードの審査基準とは

リボ払い専用カードの審査は甘いって本当?リボ専用カードの審査基準とは クレジットカード審査

審査の甘いカードを探していると「リボ払い専用カード」の文字を目にする機会は多いのではないでしょうか。

リボ払い専用クレジットカードとは、その名の通り「リボ払い」しか支払い方法を選択できないクレジットカードです。

リボ払い専用クレジットカードは各カード会社から発行されていますが、審査基準は通常のクレジットカードよりもやさしくなっています。

リボ払いにはデメリットもあるので注意が利用にあたって注意が必要ですが、審査の甘いカードを探している方にはおすすめです。

ここではリボ払い専用カードの審査基準と特徴について紹介します。

リボ払い専用カードとは?そもそもリボ払いって何?

「リボ払い」はクレジットカードの支払い方法の1種

「リボ払い専用クレジットカード」とはその名の通り、支払い方法がすべてリボ払いになるクレジットカードです。

クレジットカードの支払い方法には「一括払い」「分割払い」「ボーナス一括払い」「リボ払い」があります。

一括払いは最もポピュラーな支払い方法で、利用した金額を後日まとめて支払う方法です。ボーナス月をしてして一括で支払うと「ボーナス一括払い」になります。

分割払いは、利用した金額を何回かに分割し、支払う方法です。2回までは手数料はかかりませんが、分割回数が増えれば増えるほど分割手数料がかかります。

「リボ払い」はカードの利用残高に応じて決められた額を毎月返済していく支払い方です。

分割払いのように期限が決められていおらず、支払残高が残っている限り支払いが続きます。

毎月決められた返済額しか支払わなくていいので、無理なく支払いができるメリットがあります。

リボ払いはカードローンと同じ「借金」に分類される

リボ払いはどんなに高額な商品を買っても毎月一定の額だけしか支払わなくて済みます。

しかしそれと引き換えに高額な「リボ手数料」がかかります。

支払いは利用代金が多いほど増えていき、金利もかかるので、最近主流の残高スライド返済方式のカードローンとなんら性質は変わりません。

「高額な商品を無理なく返済していきたい」という場合には便利ですが、リボ払いでの買い物を常にしていると、支払いがいつまでたっても終わらない+高額な金利がかかります。

毎月支払いをしているのに、実は金利を支払っているだけで元金が全然減っていない…という状況にもなりかねませんので、注意が必要です。

リボ専用カードの審査基準が甘い理由

リボ専用カードは通常のクレジットカードはもちろん、キャッシング枠つけるよりもカードローンに申し込むよりも審査は甘いです。

リボ払い専用カードの審査基準が甘い理由は2つあります。

  • リボ払い専用カードは審査基準が特殊
  • リボ払い専用カードはカード会社に大事な収入源だから

リボ払い専用カードは審査基準が特殊

クレジットカードの審査基準は多くのカードが「18歳以上(または20歳以上)で安定収入がある」を挙げています。

リボ専用カードは年齢の基準は通常のクレジットカードと同じですが、「安定収入がある」という点において審査を甘くしています。

例えばセディナが発行する「セディナカードJiyu!da!」の審査基準は「カードを使ってくれそうかどうか」です。

セディナカードJiyu!da!はセブンイレブンやマルエツなどのスーパーでポイント獲得がアップするカードのため、ターゲットは女性や主婦の方。

そのため、セディナカードJiyu!da!は女性は主婦の方であれば、多少収入が少なくても審査優遇されます。

リボ払い専用カードはカード会社に大事な収入源だから

リボ払いにはリボ手数料がかかります。カード会社によっては一括払いで手数料がかからない利用者を増やすより、リボ払いをする人が増えた方が利益がでます。

リボ払いは利用した代金に対して18%程度の手数料が発生します。クレジットカードのキャッシングの金利は14%程度、カードローンでも14%程度なので、リボ手数料がいかに高額な手数料か分かりますね…。

18%と言われるとイマイチぴんと来ないかもしれないので、実際に数字で説明します。

例えば月に10万円利用したとすると10万円×0.18(18%)で手数料は1800円かかります。

1人でも大きな金額ですが、リボ払い利用者が100人だと、手数料だけで180万円の収入になります。

クレジットカードの加盟手数料はたいして利益にならない

クレジットカード加盟店はカード決済を導入するにあたって決済手数料をカード会社に支払っています。

しかし手数料といっても、利率は1%~4%程度です。リボ手数料とい比べるとたいした収入にはなりません。

カード会社としては、一括払いをする利用者よりもリボ払いを継続して行ってくれる人の方が会社の利益になります。

そのためリボ払いのカードは通常のクレジットカードよりも審査が甘くなっています。

リボ払いをするとキャッシング金利が下がるカードがあるのも利益がでるから

三井住友VISAカードのように、リボ払いをするとキャッシングの金利を下げられるカードもあります。

三井住友カードは最大で4%下がるので、かなりお得になっています。

キャッシングにも金利がかかってカード会社の利益になるのに、なぜ金利を優遇するかというと「リボ払いの方が利益ができるから」です。

キャッシングは借金のイメージが強いため警戒する方も多いですが、リボ払いという名称なら利用者の警戒心も薄くなります。

キャッシングの金利を下げるサービスをしてるのも、リボ払いで利益がでている方こそです。

各リボ払い専用カードの特徴と審査基準

JCB CARD R

JCB CARD R

JCB CARD R
カード年会費 永年無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 2.0%
電子マネー
  • リボ専用カード
  • ポイントが常に4倍
  • 海外旅行保険が最大2000万円付帯

JCB CARD RはJCBが直接発行しているリボ専用のクレジットカードです。

申し込み資格は「18歳以上(学生・高校生不可)で、本人または配偶者に安定継続収入のある方」なので、パートやアルバイトの方でも審査に通過することができます。

年会費は無料で、ポイント還元率が高いのが特徴です。通常JCBカードの還元率は0.5%ですが、JCB CARD Rはその4倍の還元率2%で常にショッピングができます。

JCB CARD Rは「ゆとりコース」と「標準コース」の2つのうち1つを選択してリボ払いをします。

利用残高 ゆとりコースの支払い元金 標準コースの支払い元金
~10万円 5000円 1万円
10万1円~20万円 2万円
10万1円~50万円 1万円

JCBカードにはプロパーで高還元率のJCB CARD Wがありますが、それのリボ払い版…といったところでしょうか。

リボ手数料は15%と少々高めに設定されています。

また、最高2000万円の海外旅行保険(利用付帯)と最高100万円までのショッピングガード保険が付帯しています。

アコムACマスターカード

アコムACマスターカード

アコムACマスターカード
カード年会費 永年無料
ETC年会費
ETC発行手数料
還元率
電子マネー
  • 消費者金融アコムの独自審査
  • オンライン申し込みで30分審査可能
  • 無人契約機「むじんくん」で最短1時間でカードを受けとれる

ACマスターカードは消費者金融アコムが発行しているリボ専用クレジットカードです。

リボ専用×消費者金融発行のクレジットカードなので、審査はクレジットカードというより消費者金融寄りも審査基準です。

申し込み資格は「20~69歳までの安定した収入のある方」です。アコムの公式サイトには審査に通るかどうか診断できる「3秒診断」があるので活用してみてください。

アコムACマスターカードにはポイント制度や旅行保険など、クレジットカード特有の特典は付帯しません、。変わりに利用金額の0.25%自動でキャッシュバックされます。
消費者金融発行のクレジットカードは金利が高いイメージがあるかもしれませんが、実はその半来。ACマスタカードのリボ手数料は10%~14.6%と低めに設定されています。

ACマスターカードは即日発行が可能

アコムACマスターカードはリボ払い専用カードの中で唯一即日発行ができるクレジットカードです。

営業時間内にインターネット上から申し込みをし、審査に通過すれば全国のアコムの無人契約機「むじんくん」から当日中にカードを手に入れられます。

急な出費でお金が必要な方にはおすすめです。

三井住友VISAカードエブリプラス

三井住友VISAカードエブリプラス

三井住友VISAカードエブリプラス
カード年会費 無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 1.5%
電子マネー
  • 毎月の支払い金額を自由に選べる「マイ・ペイすリボ」
  • リボ手数料があればいつでもポイント3倍
  • 5000円~1万円でリボ金額を設定可能

三井住友カードがリボ専用カードとして発行している「三井住友VISAカードエブリプラス」

申し込み資格は「満18歳以上の方(高校生除く)」です。

エブリプラスは「マイ・ペイすリボ」を使って毎月の返済額を自由に決められます。5000円または1万円単位で設定ができます。

リボ返済額を限度額いっぱいにすれば、リボ手数料をかけず実質一括払いでの支払いも可能です。

リボ手数料は18.0%と少々高めですが、その分1.5%のポイント還元が受けられます。

また、年間100万円までのお買い物保険が付帯しています。

ライフカードStylish

ライフカードStylish

ライフカードStylish
カード年会費 無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 0.5%
電子マネー
  • 初年度はポイントが1.5倍
  • 年間利用金金額によって還元率アップ
  • 「AUTOリボ」コースで月々の支払い額が選べる

ライフカードStylishは月々の支払い額を「3000円コース」と「5000円コース」から自由に選ぶことができます。

リボ手数料は15.0%と低めに設定されています。

ライフカードStylishの通常還元率は0.5%と高くありませんが、年間利用金額によって還元率を2.0%まで上げることができます。

ライフカードStylishの申し込み資格は「18歳以上の方(高校除く)」でライフカードは消費者金融アイフルの子会社なので、審査は甘く設定されています。

セディナカードJiyu!da!

セディナカードjiyu!da!

セディナカードjiyu!da!
カード年会費 無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 1000円
還元率 0.5%
電子マネー
  • セブンイレブン・ダイエー・マルエツ・海外などでわくわくポイント3倍
  • リボ専用カード
  • よゆう払いで利息を節約

セディナカードJiyu!da!は毎月の支払い金額を5000円以上5000円単位で設定できます。

ポイント還元率は通常0.5%ですが、セブンイレブン・イオン・ダイエーなどのショッピングではポイントが3倍になります。

リボ手数料は15.0%です。保険は1000万円まで国内旅行保険が付帯しています。

セブンイレブンを利用する機会が多い方におすすめです。

Orico Card THE POINT UPty

Orico Card THE POINT UPty

Orico Card THE POINT UPty
カード年会費 永年無料
ETC年会費 実質無料
ETC発行手数料 無料
還元率 1.0%
電子マネー

 

  • 基本還元率1.0%!入会後半年間はポイント付与が2倍
  • 電子マネー「iD」「QUICPay」付帯
  • ショッピング利用が毎月の返済金額以内なら手数料無料

Orico Card THE POINT UPtyは通常還元率が1.0%で入会から半年間は2倍と、還元率が高いリボ専用カードです。

Orico Card THE POINT UPtyは毎月に返済する最低金額(ミニマムペイメント)が決まっていて、その中なら毎月の支払い額を自分で自由に決めることができます。

WEB上から簡単に減額・増額ができるのも嬉しいポイント。

ショッピング利用のご同慶額が毎月の返済金額以内なら、一括払い扱いになり手数料はかかりません。

手数料がかかったとしても15.0%と他のカードより低めに設定されています。

Orico Card THE POINT UPtyはMasterCardブランドのため「Mastercard Taste of Premium」のサービスが受けられます。

  • 国際線手荷物宅配優待サービス
  • 空港クローク優待サービス

などが付帯しています。通常リボ専用カードは特典が少なめですが、Orico Card THE POINT UPtyは空港でのサービスが付帯しているのも嬉しいです。

Tカードプラス(ポケットカード)

Tカードプラス(ポケットカード)

Tカードプラス(ポケットカード)
カード年会費 年1回の利用で無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 0.5%
電子マネー
  • Tポイント加盟店で3倍のポイントが貯まる
  • TSUTAYAカード払いで4倍~6倍のポイントが貯まる
  • TSUTAYAレンタル会員証として利用できる

Tカードプラスは3つの発行会社があり、発行元によってリボ専用カードなのか通常のクレジットカードなのかが異なります。

ポケットカード発行のTカードプラスはリボ手数料は18.0%と高めdせうが、Tポイントが貯めやすいクレジットカードです。

  • Tポイント加盟店での利用でTポイントが3倍貯まる
  • TSUTAYAでTカードプラスを利用すると4倍~6倍のポイントが貯まる
  • JCB海外お買い物保険が年間50万円付帯

TSUTAYAの利用回数が多い方や、Tポイントを貯めている方におすすめです。

ジャックスR-styleカード

ジャックスR-styleカード

ジャックスR-styleカード
カード年会費 初年度年会費無料
通常1250円(年1回の利用で無料)
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 1.0%
電子マネー
  • 200円で2ポイント付与の還元率1.0%
  • 12月はポイント5倍!クリスマスや年末年始に活躍
  • 年間利用額によってポイント率アップ

10%以上なんて高額なリボ手数料を払いたくない…という方はR-styleカードがおすすめです。

R-styleのリボ手数料は9.90%と、他のリボ払いのカードに比べて手数料が圧倒的に低くなっています。

還元率も1.0%で年会費も年に1回利用すれば無料になります。

できるだけリボ手数料を抑えてリボ払いをしたい方におすすめです。

R-styleの審査申し込み資格は「18歳以上(高校生除く)で電話連絡可能な方」です。

リボ払い専用カードの審査は甘め!リボ払いには注意しよう

リボ払い専用カードはリボ手数料がカード会社の収入源になるため、審査基準が通常のカードより甘めに設定されています。

そのため収入が低くて審査になかなか通らない方や、過去にクレジットカードの支払い延滞によってカードの審査に通り辛くなってしまった方でも審査に通過する可能性があります。

しかし、リボ払いはただの分割払いではありません。

消費者金融でお金を借入するより高額な手数料がかかるため、十分に注意しなければいけません。

リボ専用カードでなくても、審査の甘いカードはあるのでそちらを検討する方法もあります。

審査不要で支払える「プリペイドカード」「デビットカード」もあるので、チェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました