リクルートカードの審査は甘い?審査基準と難易度を徹底解説!

リクルートカードの審査は甘い?審査基準と難易度を徹底解説! リクルートカード

これから社会人としてクレジットカードを持つためにリクルートカードが必要だが、審査を通過できるか不安だという新社会人は多いです。

すでに社会人となっている人もクレジットカードが欠かせないのですが、審査が甘いとされるリクルートカードに、多くの人は注目しています。

リクルートカードが本当に審査は甘いのか、申し込み方法や審査基準やその難易度、審査落ちの要因などについて解説していくので、これからリクルートカードを持ちたい人は必見です。

リクルートカードの審査が甘いと言われている理由

リクルートカードはクレジットカードの中でも比較的審査が甘いと言われていますが、なぜ甘いと言われているのかという理由があります。その理由は以下の通りです。

  • リクルートサービスのターゲット層が20代だから
  • カードの利用限度額が低めに設定されている
  • リクルート系サービスをたくさん利用してほしいと思っているから

上記に挙げた理由を次に挙げて、内容を解説していきます。

リクルートサービスのターゲット層が20代だから

リクルートカードはもともと20代の若者をターゲットに、クレジットカードサービスを展開しています。20代と言えば社会人または学生の身分なのですが、仮に学生がアルバイトしていても、年収は低いのがほとんどです。

他のクレジットカードだと、年収が低いと審査が厳しくなるのがほとんどですが、リクルートカードの場合だと、そういった厳しい面がありません。収入があり、審査に落ちる要素がなければ、リクルートカードは持てるでしょう。

年会費が永年無料なので、年収が低い20代でも持ちやすくなっています。

カードの利用限度額が低めに設定されている

リクルートカードの利用限度額は最低10万円からとなっており、低く設定されています。利用限度額は年収によって決まるので、年収がそれなりに高い人は利用限度額が高く設定されるという仕組みです。

年収があったら利用限度額が30万円や50万円、場合によってはいきなり100万円設定されることがあります。反対に、年収が低い人は利用限度額10万円になるのがほとんどです。

低めに設定されている理由として考えられるのは、返済能力にあります。収入に見合った利用限度額を設定しないと、ユーザーは返済できなくなる可能性があるのです。

リクルート系サービスをたくさん利用してほしいと思っているから

リクルートは転職や求人に関連したサービスを展開している企業であるというイメージが強いですが、サービスはそれだけではありません。リクルートが手掛けている主なサービスをまとめました。

  • 転職や求人
  • 受験や進学のサポート
  • リクルートカード
  • 通販
  • 旅行
  • グルメ
  • 住宅

これらのサービスは全てリクルートが手掛けており、一例に挙げていないサービスも含めると、たくさんあります。

リクルートカードの審査難易度を少しでも引き下げて、リクルートが手掛けるサービスをユーザーに利用してもらいたいのが、リクルートの本音と言っても過言ではないでしょう。

リクルートカードの申し込み資格は?

リクルートカードの申し込み資格は以下の通りです。

  • 年齢が18歳以上(高校生を除く)※未成年の方は親権者の同意が必要
  • 安定した収入があること

条件を満たさないと申し込みはできませんが、例外があります。

  • 専業主婦やパートでも審査に通る
  • アルバイトしていない学生でも審査通過可能

その例外を次に挙げて、解説していきます。

専業主婦やパートでも審査に通る

専業主婦やパートの人でも、審査に通る可能性はあります。

パートとして働いている人は、すでに収入を得ている立場にあるので、審査を通る要素は持っているのです。

専業主婦は、常に家事や育児を優先しなければならない立場で働いておらず、収入はゼロとなっています。しかし、配偶者が安定した収入を得ていれば、審査の通過が期待できるのです。

専業主婦に関する注意点ですが、収入はゼロなので、キャッシング枠の設定はできないことをご了承ください。

アルバイトしていない学生でも審査通過可能

アルバイトをしていない学生の場合、収入がゼロなので審査以前に申し込めないと思われがちですが、実は可能です。なぜなら、保護者が安定した収入を得ていれば、審査の通過が期待できることにあります。

リクルートカードは学生向けのクレジットカードを扱っていますので、学生の身分にある人は、学生向けのリクルートカードを申し込みましょう。

リクルートカードの審査基準

リクルートカードは基本的に審査基準を公開していません。審査基準が公開されていないのなら、どのようにして準備して審査基準を満たせばいいのかと、特に初めてクレジットカード申請を行う人にとっては不安を抱きます。

審査基準は非公開なため、審査通過の要素を自分で考えなければなりません。そこでポイントとなるのが、以下の通りです。

  • 国際ブランドによって審査で見られるポイントが異なる
  • リクルートカードの審査通過に年収はいくら必要?

そのポイントを次に挙げて、解説していきます。

国際ブランドによって審査で見られるポイントが異なる

国際ブランドというより、発行会社によって審査で見られるポイントが異なってくるのです。その発行会社を次に挙げて、内容を解説していきます。

MUFGは審査が甘め

VisaとMastercardの国際ブランドのリクルートカードを発行する三菱UFJニコス株式会社は審査が甘めだと言われています。年会費は永年無料で、審査に対するハードルが低いと言っても過言ではありません。

審査落ちの要素がないかぎり、比較的かつ簡単に審査通過が期待できるでしょう。

JCBブランドは自社ブランドのクレヒスを重視

JCBブランドは、自社ブランドのクレヒスを重視している傾向にあります。

他のクレジットカードだと、支払いの延滞や滞納があれば、クレヒスに傷が付くのですが、JCBはそういったクレヒスを重視していません。自社に対する支払いが堅実的であれば問題はないというわけです。

もちろん、他のクレジットカードといえど、延滞や滞納に関する悪質性の高さが認められれば、JCBでも審査通過は認めないでしょう。

リクルートカードの審査通過に年収はいくら必要?

専業主婦やアルバイトをしていない学生でも申し込み、審査通過が期待できることを考慮すると、年収は0円で問題ありません。しかし、本人が収入を得ている状態で、その本人が申し込む場合は話が別となります。

年収はいくら必要なのかは一概に言えませんが、50万円~100万円以上であれば、問題なく審査通過は見込めるでしょう。

こんな人はリクルートカード審査落ちする

いくら審査が甘いと言われているリクルートカードでも、審査に落ちる要素があれば、審査に落ちます。これは他のクレジットカードでも同様です。

リクルートカードで審査落ちするポイントは以下の通りとなります。

  • 今までにクレジットカードの審査落ちをしたことがある
  • クレジットヒストリーが全くない
  • クレジットカードの多重申し込み者
  • キャッシング枠を申し込んだ

この4つのポイントを次に挙げて解説していきますが、審査落ちの要素となるポイントを理解しなければならないと言っても過言ではないほど、重要だということを心に留めてください。

今までにクレジットカードの審査落ちをしたことがある

クレジットカードの審査落ちを経験したことがあるというポイントも、リクルートカードの審査落ちの要素になると考えられます。審査落ちした理由は人それぞれでありますが、その要素となるポイントを改善しないまま、リクルートカードの利用を申し込むと、審査に落ちる可能性が高いです。

延滞や滞納、自己破産などの金融事故を経験している人は、リクルートカードの審査は通過できないと考えてください。

クレジットヒストリーが全くない

クレヒスが全くない人がなぜ審査落ちのポイントになるのかというと、年齢にあるのがポイントです。社会人になりたての20代の若者であれば、クレヒスがなくても問題はありません。

しかし、30代以降になると、クレヒスがないという理由だけで審査落ちになる可能性があるのです。そもそもなぜ30代になってもクレヒスがないのか、考えられる理由を以下にまとめました。

  • 現金主義なためクレジットカードを持つ必要がないため
  • 過去に一度クレジットカードの審査に落ちてから申し込んでいないため
  • ブラックリストの喪明けであるため

今まで現金主義を貫いてきた非キャッシュレス派の人が突然クレジットカードの利用を申し込むと、延滞や滞納や自己破産などの金融事故を経験してブラックリストに登録されたと疑われることがあります。

金融事故と言った事故情報は5年経過すると、その情報が信用情報から削除されるのですが、その仕組みを知るクレジットカード会社は警戒心を抱くのです。申込者がホワイトでも、なぜ今までクレジットカードを申し込まなかったという部分すらも疑問を抱きます。

リクルートカードは信用情報に現在でも傷が付いている人を除き、30代で初めてクレジットカードを持つ人に対しては寛容な部分があるので、自分がそういった人物であると判断しているなら、リクルートカードに申し込んでみましょう。

クレジットカードの多重申し込み者

これはリクルートカードに限った話しではありませんが、クレジットカードを同時に複数申し込む人は審査落ちの対象となります。なぜかというと、クレジットカードを複数申し込むということは、お金に困っていることを意味するからです。

もちろん、申込者全てとは限りませんが、クレジットカード発行会社からしてみれば、そう判断をせざるを得ません。

キャッシング枠を申し込んだ

キャッシング枠を設ける場合は審査難易度が高くなります。収入を得ている人はキャッシング枠を設けても問題はないのですが、逆に収入がゼロだという人は審査通過が難しいでしょう。

お金を借りるわけではない、だけどリクルートカードを利用したいという人は、キャッシング枠を0円で申し込みましょう。

リクルートカードの審査に通過するためのポイント

リクルートカードの審査落ちのポイントを理解することで、審査落ちから避けられる可能性は高いのですが、さらに審査通過のポイントを加えると、審査通過の確率を高くなります。

  • 国際ブランドでVISAかマスターカードを選択する
  • キャッシング枠は0円で申し込む

上記のふたつのポイントを次に挙げて、やり方を説明していきます。

国際ブランドでVISAかマスターカードを選択する

リクルートカードを申し込むとき、VISAとマスターカードとJCBの3種類の中からひとつだけ選ばなければならないのですが、審査通過を少しでも容易したいならVISAかマスターカードのどちらかを選びましょう。

VISAとマスターカードのリクルートカードを発行しているのはMUFJです。「MUFGは審査が甘め」という見出しでも説明しましたが、MUFJは審査が甘めである傾向にあります。

特に理由がないかぎり、リクルートカードの国際ブランドはVISAとマスターカードのどちらかを選んだ方が堅実的です。

キャッシング枠は0円で申し込む

「キャッシング枠を申し込んだ」という見出しでも説明しましたが、キャッシング枠を設けるだけで審査が厳しくなります。逆にキャッシング枠を0円で申し込むことで、審査の難易度が低くなるのです。

単にリクルートカードを持ちたいという理由だけであれば、キャッシング枠を設ける必要はありません。買い物のみに利用できるショッピング枠で事が足りるのがほとんどです。

リクルートカードを保有する目的は利便性だけでなく、クレジットカード決済でしか利用できないサービス(格安SIMなど)もあるので、そういったサービスを利用するためにクレジットカードは欠かせません。

複数枚のクレジットカードに申し込まない

複数枚のクレジットカードを申し込むと、お金に困っていると発行会社に判断されて、審査落ちになる可能性が高くなります。初めてクレジットカードを持つ人は1枚だけで十分です。

とはいえ、優待サービスの使い分けなど、クレジットカードを複数持つメリットがあります。クレジットカードを複数持ちたいという人は、1枚目のクレジットカードが到着してから2枚目申し込むことが堅実的と言えるでしょう。

リクルートカードの審査期間は最短数時間

リクルートカードは最短数時間で審査が終わるのがほとんどです。申し込んだ日が土日祝日や審査状況によって、審査は長引くことがあります。審査状況とは、申し込み内容に不審な点があることや、申込数が多いなどです。

最短でリクルートカードを手に入れたい方法をまとめました。

  • 平日に申し込む
  • インターネットで申し込む
  • キャッシング枠を0円にする

この3つを要点にリクルートカードの利用を申し込みましょう。

審査状況はインターネット上で確認しよう

リクルートカードの審査状況は、選んだ国際ブランドの発行会社のページにて確認できます。

審査状況を自分の目で確認できるのが大きなメリットなので、自分の審査状況が気になる方は確認しましょう。

タイトルとURLをコピーしました