楽天ゴールドカードのキャッシングの金利・返済方法・申し込み手順を解説!

楽天ゴールドカードのキャッシングの金利・返済方法・申し込み手順を解説! 楽天カード

“「楽天ゴールドカードでキャッシングを利用したい」
「でも楽天ゴールドカードでキャッシングを利用する手順がよくわからない」

そうお悩みではないでしょうか。

楽天ゴールドカードは楽天を利用する際の還元率がとても高く、年会費も2,200円とお手頃なため、利用している人も少なくないかと思います。

楽てゴールドカードのキャッシング手順は、ATMやネットから手続きでき、簡単に利用できます。

とはいえ、返済方法などを間違えてしまうと、金利が高額になり、今後の支払いに支障をきたすことも。

この記事では楽天ゴールドカードでキャッシングを利用する手順や支払い方法について詳しく解説します。

楽天ゴールドカードはキャッシング利用可能

楽天ゴールドカードはキャッシングの利用をすることも可能です。

キャッシングを利用することで、「急に現金が必要になった」という場合でも、お金を準備することができます。

しかし、「キャッシングにどのくらいの金利がかかって、限度額がどのくらいか」ということも気になるポイントの一つですよね。

ここでは、楽天ゴールドカードのキャッシングにかかる金利と、限度額について詳しく解説します。

キャッシング枠の申し込みが可能

楽天ゴールドカードは、通常の楽天カードと同様キャッシング枠の申し込みをすることができます。

楽天ゴールドカードの申し込みの際には、楽天ゴールドカードのキャッシング枠をいくらにするのかあらかじめ決める必1要があり、

注意するべき点としては、一度キャッシング枠を0円以外で選択すると、入会後7ヶ月経過するまでの間は、キャッシング枠の増額ができなくなってしまいます。

そのため、キャッシング枠を申し込む場合には、どのくらいの額が必要になるのか、上限を決めて申し込みましょう。

ただし、上限枠を大きくすればするほど、審査に通るまでのハードルが高くなってしまうため、注意が必要です。

楽天ゴールドカードの金利は?

楽天ゴールドカードの金利は、年率18%です。

また遅延損害金は20%かかります。

他のキャッシングと比較しても、楽天ゴールドカードの金利は、他のカードと比べてそれほど大差があるわけではありません。

いずれにせよ、キャッシングの金利そのものが決して安くはないため、利用する場合には返済プランまでよく考えて、計画するようにしましょう。

これは通常の楽天カードと同じ金利です。

楽天ゴールドカードのキャッシング枠はいくら?

楽天ゴールドカードのキャッシング枠は、最大で90万円まで増枠できます。

ただし、これは初回申し込みの場合には選択できず、初回申し込みの倍には、最大で50万円までしか利用できません。

最低でもキャッシングは1万円から

楽天ゴールドカードのキャッシングは最低でも1万からしか利用できない点には注意が必要です。

これは他のカードでも同様のことが多いため、楽天ゴールドカードのデメリットとは言えませんが、「小額でキャッシングしたい」ということはできないため、注意しましょう。

楽天ゴールドカードでのキャッシング方法

楽天ゴールドカードでキャッシングをするには、以下の方法があります。

  • 金融機関やコンビニATMでキャッシングする
  • インターネットでキャッシングする

どちらの方法でキャッシングをするにしても、その方法は難しくありませんよ。
では次で詳しい手順を解説します。

金融機関やコンビニATMでキャッシングする

楽天ゴールドカードでキャッシングする方法の一つが、金融機関やコンビニのATMでキャッシングする方法です。

具体的なキャッシングの手順は以下の通りです。

  1. ATMに楽天ゴールドカードを挿入する
  2. 「ご出勤(借り入れ)」を選択
  3. 設定した暗証番号を入力する
  4. 金額を入力し、最後に「円」を押す
  5. 「確認」ボタンを押す
  6. 支払い方法を「一括払い」「リボルビング払い」から選ぶ
  7. カードと明細、現金を受け取る

以上で手続き完了です。
キャッシングでは最低でも1万円以上からしか利用できないため、その点には注意しましょう。

またATM利用手数料として、1万円以下の場合には108円、それ以上の場合には216円かかりますので、注意してください。

キャッシングできる金融機関

楽天ゴールドカードでキャッシングを利用できる金融機関は、以下の通りです。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • イオン銀行

上記以外に全国の地方銀行・信用金庫で利用可能です。

利用できる銀行の一覧はこちらをご確認ください。
https://www.rakuten-card.co.jp/adjustment/cashing/atm/bank/

利用できる信用金庫の一覧はこちらをご覧ください。
https://www.rakuten-card.co.jp/adjustment/cashing/atm/shinnkin/

キャッシング利用できるコンビニ

またコンビニのキャッシングでも利用できます。

具体的には以下のコンビニATMで利用可能です。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • Dairy
  • MINISTOP
  • ポプラ
  • スリーエフ

利用可能時間などは、それぞれのコンビニで異なりますので、確認しておきましょう。

インターネットでキャッシングする

楽天ゴールドカードのキャッシングはインターネットから申し込むこともできます。

インターネットキャッシングの場合には、インターネットが利用できる環境であれば
パソコン、スマホ、タブレットどの方法でも利用することができますよ。

振込手数料は無料で、振込日を指定してキャッシングを行うことも可能です。
また、毎月定期的に振込予約をすることもできますよ。

申し込みをする時間帯にもよりますが、最短数分で振込が行われます。

楽天ゴールドカードを「楽天e-NAVI」を利用してキャッシングする手順についてここでは見ていきましょう。

「楽天e-NAVI」利用でのキャッシング手順

「楽天e-NAVI」を利用したキャッシング手順は以下の通りです。

  1. 「楽天e-NAVI」にログインする
  2. 振込方法を「今すぐ振込」「指定振込予約(1回)」「指定振込予約(毎月)」から選択する
  3. 振込希望金額、支払い方法などの申し込み内容を入力し、「確認画面へ」を入力
  4. 申し込み内容に間違いがなければ、「申し込み」を入力

以上で申し込み完了です。

振込は最短数分で行われます。

楽天ゴールドカードのキャッシング返済方法

楽天ゴールドカードのキャッシングの返済方法は、大まかに2通りあります。

  • 一括返済
  • リボ返済

ではそれぞれの方法の特徴を次で解説します。

一括返済

一括返済はその名前の通り、キャッシングした金額と利息分を全てまとめて支払う方法です。

この方法では、翌月の支払いの際にキャッシングした金額と利息を合わせた金額で返済されます。

この一括返済は大まかに二つに分かれます。

  • 毎月の支払いでの引き落とし
  • 指定口座に直接入金

毎月の支払いでの引き落としは、返済方法で「一括返済」を選択している場合、毎月27日に返済が行われる方法です。

この方法では、入金があった日から、引き落としが行われる日までの金利がかかります。

また指定口座に直接入金する方法もあります。

これは「リボ払い」を選択していた場合でも、利用できるため、「金利を少しでも抑えたい」「まとまったお金が準備できたから、一気に返済したい」という場合にぜひ利用しましょう。

リボ返済

リボ返済とは、リボルビング方式で、毎月一定額ずつ返済する方法です。

楽天ゴールドカードのリボ払いは、リボ残高が20万円以下の場合には、最小で月3,000円、20万円を超える場合には、4,000円から残高が5万増えるごとに1,000円ずつ加算される仕組みになっています。

この方法では、毎月一定額で支払いが抑えられるため、月々の返済計画が立てやすいことがメリットですが、一括払いと比べると金利が高くなってしまうことがデメリットです。

毎月の返済にリボ手数料(利息)がつくので注意

リボ払いを利用する場合の注意点としては毎月の返済にリボ手数料がついてしまうことです。

返済期間が長くなればなるほど、その分金利が上乗せされ、リボ手数料は高額になってしまいます。

そのため、リボ払いはできるだけ避け、どうしても利用する場合には、毎月の返済計画をしっかりと建てた上で行いましょう。

返済日は毎月27日

楽天ゴールドカードの支払日は毎月27日に行われます。
これは一括払いの場合も、リボ払いの場合も共通です。

楽天ゴールドカードで海外キャッシングする方法

楽天ゴールドカードは海外でキャッシングをすることもできます。

ここでは海外で楽天ゴールドカードを利用してキャッシングする手順について見ていきましょう。

海外キャッシングは返済は一括払いになる

楽天ゴールドカードを海外キャッシングは最初に選べる返済方法が一括払いのみです。

2017年10月31日以前までは、自動的にリボ払いになるように設定されていたのですが、この仕様が変更されました。

しかも、一括払いに変更するには電話で手続きをする必要があり、非常に手間がかかるため、楽天ゴールドカードを海外キャッシングで利用することはお勧めできませんでした。

しかし、現在では一括払いで返済できるようになったため、その心配は無くなっています。

また後から、「楽天e-NAVI」を利用して、リボルビング払いにすることもできるため、自分の要望に合わせて、手続きしやすくなっています。

キャッシング手数料を減らす方法

海外キャッシングは、適切に利用することで、現地で両替するよりも、最終的な手数料を抑えて利用できるため、利用されることが少なくありません。

しかし、そのためにはキャッシング手数料を少しでも減らすための、ポイントを知っておく必要があります。

  • 一括返済にする
  • 楽天に電話して繰り上げ返済してもらう

ではそれぞれの手順について次で詳しく見ていきましょう。

一括返済にする

海外キャッシングで手数料を抑えるには、一括返済にすることです。

楽天ゴールドカードのキャッシングは通常一括払いでの支払いになりますが、後からリボルビング払いに変更できます。

しかし、リボルビング払いに変更してしまうと、金利がどんどんかさんでしまうため、現地で両替するよりも手数料が高くなってしまう可能性もなくはありません。

そのため、海外キャッシングを利用する場合には、一括払いから変更しないようにしましょう。

楽天に電話して繰り上げ返済してもらう

楽天ゴールドカードでキャッシングの手数料を抑えるには繰り上げ返済を利用する方法が有効です。

この方法を取ることで、自動引き落とし日に返済する場合よりも、さらに手数料を抑えて返済できます。

この場合には楽天カードコンタクトセンターに連絡をすることで行えます。

電話番号は、0570-66-6910、こちらが利用できない場合には092-474-6287まで連絡しましょう。

その際に振込口座が指定されるため、指定された口座に振り込みを行なってください。
振り込み手数料は自分で負担しなければいけないので、その点にも注意しましょう。

また本人以外からの申し込みはできないため、必ず本人が手続きを行うようにしてください。

楽天ゴールドカードのキャッシング枠を増額する方法

楽天ゴールドカードのキャッシング枠は後から増額することもできます。

初回の申し込み時には、上限まで申し込むことができないため、楽天ゴールドカードのキャッシングを上限いっぱいまで利用したい場合には、後から、増額手続きを行う必要があります。

ここでは楽天ゴールドカードでキャッシング枠を増額する手順について見ていきましょう。

増額申し込みの手順

楽天ゴールドカードのキャッシング枠を増額する手順は以下の通りです。

  1. 「楽天e-NAVI」にログインする
  2. キャッシングご利用可能枠を選択し、希望する額を選択する
  3. 増額する理由を選択する
  4. 他社からの借り入れ状況を入力する
  5. 「お客様情報を確認して次へ」を入力する
  6. 入力内容を確認し間違いなければ「申し込み」をクリックする

またキャッシング枠の上限は、ショッピング枠の上限以上に設定することはできませんので、希望するキャッシング枠がショッピング枠の上限を超える場合には、ショッピング枠の増額も合わせて行います。
ショッピング枠の増額はキャッシング枠の増額と同時に行えますので、安心してください。

申し込みが完了したら、その内容に沿って審査が行われ、審査に通ったら、キャッシング枠を増額することができます。

返済履歴を積んでいくことでゆっくり増額されていく

楽天ゴールドカードのキャッシング枠を増額する際には、審査があります。

そのため、審査に残念ながら落ちてしまうという可能性も十分にあります。

そのような場合には、直後に何回申し込んでも結果は変わりません。

この場合には、まず、返済履歴を積み、クレジットカードの利用履歴をきちんとしていくことが大切です。

これを積み重ねていくと、キャッシングの審査に通るまでのハードルが下がり、審査に通りやすくなりますよ。

逆に審査の内容によってはカード利用可能枠の幻惑や利用停止になる場合もあります。

そのような事態に陥らないよう、毎月の支払いはしっかりと行いましょう。

まとめ

この記事では楽天カードのキャッシングの利用方法について詳しく解説しました。

楽天カードのキャッシングは、上限90万円まで利用できます。

キャッシングの申し込みもATMやインターネット上で簡単に手続きでき、簡単に現金を手に入れられます。

しかし、キャッシングは金利がかかり、リボ払いにすると、金利がより高額になってしまう可能性も。

この記事を参考に、きちんと返済計画を建てた上で、楽天ゴールドカードのキャッシングを利用してくださいね。”

タイトルとURLをコピーしました