楽天ETCカードを解約するには?スムーズに解約する方法

楽天ETCカードを解約するまでの流れ 楽天カード

ETCカードは、高速道路などの有料道路を走行する際に利用することで、ETC割引が受けられるなど、自動車ユーザーにとっては非常に便利なカードです。

カードによっては、クレジットカードと一体となって、ポイントが貯められるものもあるなど、同じETCカードでもその機能は大きく異なります。

そのため、自分が持っているETCカードよりも機能が優れているカードを入手したら、それまで持っていたカードは解約することになります。

では、解約時の手続きはどのようにすればいいのでしょうか。今回は数あるETCカードの中でも楽天ETCカードに焦点を当て、その解約方法を解説します。

楽天ETCカードとは

ETCカードにはさまざまなカード会社から発行されていますが。その一つに楽天ETCカードがあります。

楽天ETCカードとは、クレジットカードの楽天カードの付帯サービスとして発行できるETCカードです。

楽天ETCカードの特徴は、ETCカードでありながら、高速道路料金の支払いをすることでポイントを貯めることができる点にあります。

楽天カードには、楽天スーパーポイントというポイントサービスがあり、楽天カードを利用するとポイントを貯めることができます。この楽天スーパーポイントが楽天ETCカードの利用でも貯めることができるのです。

ポイントは100円の利用につき1ポイントが貯まります。1ポイントは1円相当の価値があり、楽天市場や楽天ブックスなど、楽天が展開する各種サービスで利用できるほか、マクドナルドやミスタードーナツ、ツルハドラッグといった各お店の支払いにも利用可能です。

普段から高速道路や有料道路を利用する機会の多い人にとって、楽天カードは使えば使うほど、ポイントが貯まるお得なカードだといえます。

なお、年会費に関しては、基本的には540円(税込)です。しかし、一定の条件を満たすことで、年会費は無料になります。一定の条件とは以下の通りです。

  • 楽天PointClubの会員ランクが、ダイヤモンド会員もしくはプラチナ会員の人
  • 楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカードの付帯サービスとして楽天ETCカードを発行する人

上記の場合は、楽天ETCカードの年会費が無料になります。

楽天ETCカードを解約する方法

楽天カードはポイントが貯まり、年会費が無料になる場合もあるなど便利なETCカードです。

しかし、楽天カードよりもお得なETCカードを入手した、年会費がかからなETCカードに変更したいという人であれば、楽天カードを解約することになります。

そこで、続いては、楽天ETCカードの解約方法について紹介します。

解約方法自体は非常にシンプルなものなので、この記事を読んだらすぐに取り掛かってみてください。

楽天ETCカード解約の申込先

楽天ETCカードを解約する場合、まずは、解約したい旨を伝えなければいけません。

楽天ETCカードを発行している楽天カードのホームページを確認すると、楽天ETCカードの解約には、自動音声専用ダイヤルが用意されており、電話で手続きを進めることができるそうです。

なお、電話番号は以下の通りです。

電話番号:0120-30-6910

こちらの電話は24時間対応なので、いつでも解約手続きを行うことができます。

楽天ETCカード解約までの流れ

解約までの流れは基本的に自動音声専用ダイヤルに電話をかけ、指示に沿って手続きを行うだけです。

その際、「カードをお手元にご準備のうえ、ご希望のサービスを選択してください」と流れるため、解約手続きの際には車載器からカードを抜き取り手元に用意しておくようにしましょう。

楽天ETCカード解約に必要なこと

電話での解約手続きを行なったら、ETCカードは特に返還する必要はなく、手元に残しておくことができます。
ただ、カード自体はもう使えなくなっているので、間違えて使ってしまわないように、ハサミでカードを裁断して捨てるようにしましょう。

万が一、使えないカードを車載器に差し込んでETCレーンに入って事故を起こしたとしても、発行元では責任を負ってくれないので、注意してください。

楽天ETCカード解約する際の注意点

楽天ETCカードの解約自体は、1本の電話で行うことができますが、電話を終えたからといって完全に解約できるわけではありません。

もし、解約手続きを行なった際に、未払いの利用料金がある場合は、引き続きその料金を支払わなければいけません。
解約したからといって、支払う必要がなくなるわけではないので、注意してください。

また、基本的には電話で解約は完了していますが、中には本当に解約できているか心配に感じている人もいるかもしれません。もし解約できていなかったら、年会費が発生してしまいます。
そのため、どうしても心配でしょうがないという人は、カードの問い合わせ窓口に電話をかけてみてください。

楽天ETCカード解約の前に

ここまでは、楽天ETCカードの解約方法について解説してきましたが、今まさに解約を考えている人は、解約の前に、本当に解約していいのかしっかりと考えることをおすすめします。

まず、一度解約してしまうと、そのETCカードは使えなくなります。もし他のETCカードを持っているのであれば、問題ありませんが、楽天ETCカードしか持っていない場合は、急にETCカードが必要になった場合にETCカードがないという状態に陥る可能性があります。

先ほども触れているように、ETCカードはETC割引が使えるため、高速道路を利用するのであれば、持っておきたいところです。
楽天ETCカードを解約するのであれば、別のETCカードを持っている、もしくは、ETCカードがなくても問題ない、ということを確認してから手続きを行うようにしましょう。

次に、楽天ETCカードは楽天スーパーポイントが貯められETCカードです。ETCカードの中には、ポイントサービスに対応していないものも少なくありません。中には有料でポイントサービス非対応のカードもあります。
そういった点を考えると、クレジットカードと同等の還元率を誇る楽天ETCカードはお得なカードだと言えます。

解約にあたっては、こういった点を再度確認し、それでも解約したいと思うのであれば、解約手続きを進めるようにしてください。

楽天カードのメリット・デメリット、実際に利用した人たちの口コミなどは、こちらのページを参考にしてください。

楽天ETCカードのメリット・デメリット!年会費・手数料・ポイント等徹底比較

まとめ

今回は、楽天ETCカードの解約方法について解説しました。カードの解約自体は24時間対応の電話のみで完結するため、決して面倒なものではありません。ただ、本当に楽天
ETCカードを解約して困らないのかどうか、という点についてはしっかりと検討するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました