楽天プレミアムカードのメリット・デメリット!他社と比較した特徴まとめ

楽天プレミアムカードのメリット・デメリット!他社と比較した特徴まとめ 楽天カード

楽天カードといえば、ポイントが驚くほど貯まる人気のクレジットカードです。

その楽天カードのラインナップに、年会費が1万円(税別)する、楽天プレミアムカードがあります。

この券面が金色をしている、楽天カードの上級カードをご紹介します。

通常の楽天カードなら年会費無料です。そのカードと比べたとき、楽天プレミアムカードに年会費相当の価値はあるのでしょうか。

楽天プレミアムカードの特徴

年会費 1万円(税別)
入会費 無料
ブランド VISA、Mastercard、JCB、American Express
利用可能枠 最大300万円
支払い方法 一回払い、二回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払い
付帯保険 旅行傷害保険(海外・国内)

楽天プレミアムカードはどのクラスのクレジットカード?

楽天プレミアムカードは、楽天カードのラインナップのうち、一般申込ができるものでは最上級のカードです。

年会費が1万円なので、世間では「ゴールドカード」に該当します。

ただ楽天カードのラインナップには、ゴールドカードという名称がつくカードが他にあります。年会費2,000円の楽天ゴールドカードです。

楽天ゴールドカードはゴールドカードの機能を制限した格安ゴールドカードであり、楽天プレミアムカードが、いわゆるゴールドカードなのだと考えればいいでしょう。

世間ではゴールドカード相当の楽天プレミアムカードですが、多くのゴールドを上回る、豊富な特典があります。

非常にコストパフォーマンスの優れたカードです。

楽天プレミアムカードのメリット

楽天プレミアムカードは、ゴールドカードのクラスに属します。ゴールドカードとしては、どの程度の実力を持っているのでしょうか。

一般的なゴールドカードの機能から見てみましょう。

  • 海外旅行傷害保険が付帯
  • 国内線の空港ラウンジに入室できる

楽天プレミアムカードには、このどちらの機能も付いています。

ですが、それにとどまりません。さらにこんなサービスもあります。

  • 楽天市場で特典豊富、ポイントも楽天カードの倍貯まる
  • 年会費3,900円の楽天プレミアムに1年間自動で加入
  • 海外・国際線の航空会社ラウンジが利用できる、プライオリティ・パスが入手可

特にプライオリティ・パス入手の機能は、ゴールドカードより上のクラス、プラチナカードの特典として付いていることの多いサービスです。ゴールドのクラスでついているのは貴重です。

ですから、楽天プレミアムカードを持つことは、こんな人にとってメリットとなります。

  • 海外旅行や海外出張によく行く人
  • 楽天市場をよく使う人
  • 上記の両方に該当する人(特におススメ)

楽天プレミアムカードならETCカードは無料で持てる

地味なメリットがもうひとつあります。

年会費無料の楽天カードの場合、付属カードのETCカードを発行すると、これに年会費500円(税別)が原則発生します。

楽天プレミアムカードの場合は、ETCカードの発行は無料です。発行手数料も取られません。

ETCカード利用でも、通常の買い物と同様、楽天スーパーポイントが高率で貯まります。

楽天プレミアムカードにデメリットはある?

楽天プレミアムカードは、非常に実益が高いので、デメリットというものは見当たりません。

ですが使い方によっては損をします。年会費が1万円するからです。

海外旅行をまったくせず、楽天市場をあまり使わないという人にとっては、たとえカード年間利用額が多いとしても、年会費無料の楽天カードのほうが向いているでしょう。

楽天プレミアムカードは、世間からステイタスを認めてもらえるようなカードとはいえません。実益を追求しないと意味がないでしょう。

楽天プレミアムカードの旅行特典

楽天プレミアムカードは高機能のカードですが、大きく分けると「旅行好き」のための側面と、「楽天市場ユーザー向き」の側面とがあります。

まずは旅行関係から。

楽天プレミアムカードの海外旅行傷害保険

医療制度の異なる海外に行く際に、保険に入るのは必須です。さもないと、不測の病気やケガで入院した際に、高額の自己負担が発生してしまいます。

まず、クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険全般から見てみます。

クレジットカード付帯保険には、こんなメリットがあります。

  • 旅行のたびに加入しなくていい
  • 保険の費用がゼロ

デメリットもあります。

  • 海外で治療を受ける際に、いったん直接費用を立て替えなければならないことが多い
  • カードによっては、持っているだけでは保険が適用にならないものがある
  • ゴールドカード以下のクラスだと、補償額が不足気味

ゴールドカード以下のクラスだと、家族特約が付いていないか、補償額が不十分なものが多い
さて、楽天プレミアムカードの場合はどうでしょう。

楽天プレミアムカードでは、最も大事な医療費補償額の上限が、「300万円」となっています。ゴールドカードとしては高い補償額となっており、これぐらいあればおおむねカード1枚の補償で大丈夫でしょう。

そして、カードを持っているだけで保険適用となる「自動付帯」です。

ただ、年会費の高さからすると付いていてしかるべき「家族特約」がついていません。

家族カードを持つことができない18歳未満の子供については、保険が適用されません。

家族旅行のためには、子供の保険に別途加入しなければならないので、あまり向いていません。家族カードを持てる大人だけの旅行ならば十分です。

ほとんどのクレジットカードの保険と同様、医者に掛かった場合に治療費用をいったん自分で支払う必要はあります。

楽天プレミアムカードの補償は基本的に自動付帯ですが、旅行費用を事前にカード決済しておくことで補償額が高くなるものが、以下2種類ありますので念のため。

  • 死亡・後遺障害(自動付帯4,000万円/利用付帯1,000万円)
  • 携行品損害(自動付帯30万円/利用付帯20万円)

空港ラウンジの利用

国内空港(およびホノルル、韓国仁川)には、ゴールドカード以上の人なら無料で利用できるラウンジが設置されています。

ソフトドリンク無料、Wi-Fi完備で、フライト前に仕事をするにも快適な場所です。

ラウンジによっては軽食が出ることもあります。

楽天プレミアムカードを持っていると、これらのラウンジが無料で利用できます。

基本的には保安検査場の手前の場所にあり、フライトギリギリまではいられません。例外的に羽田国内線など、検査場の先にもラウンジがあります。

ゴールドカードがなければ、ラウンジ入室には1,000円(税別)必要ですので、楽天プレミアムカードを持っていれば、年10回の利用で元が取れると考えることもできます。

プライオリティ・パスの入手

楽天プレミアムカードを持っていると、「プライオリティ・パス」を無料で入手できる特典があります。

「プライオリティ・パス」は、世界にある、国際線の航空会社ラウンジを無料で利用できるサービスです。

先に取り上げた国内空港のカードラウンジと、航空会社のラウンジとでは、レベルがまったく異なるものです。

航空会社のラウンジは、本来は自社優良顧客のためのものです。保安検査場を通過した先の、搭乗口手前に設置されています。

そして豪華で、いつも空いています。アルコール飲み放題で、食事が出るラウンジも多く存在します。
これ自体、海外旅行の楽しい目的になるものです。プライオリティ・パスを持っていると、このラウンジを使うことができます。

プライオリティ・パスにも種類がありますが、「楽天プレミアムカード」の特典で入手できるパスは、「プレステージ」という最上級の種別です。

プレステージをクレジットカードと無関係に入手しようとすると、年会費は実に399米ドルします。この特典ひとつで、軽く楽天プレミアムカードの年会費を取り戻すことができるともいえます。

また、プライオリティ・パスが無料入手できるクレジットカードの多くは、プラチナカード以上です。

年会費1万円なのにプライオリティ・パスのプレステージが入手できる楽天プレミアムカードは、実に貴重な存在なのです。

プライオリティ・パスが入手できるのは、楽天プレミアムカードの本カード会員のみで家族会員は対象外です。ですが、同伴者料金があり、ひとり1回3,000円(税別)で利用できます。

同伴料金以上の価値は、軽くあるでしょう。

空港手荷物宅配サービス

楽天プレミアムカード会員は、国際便利用の際、空港手荷物宅配サービスが年2回、無料です。出発、帰着とも1回とカウントします。

対象の国際空港は、羽田、成田、関空、中部の4か所です。

トラベルデスクが利用できる

楽天プレミアムカードなら、世界40か所近くにある、現地トラベルデスクを利用できます。

現地対応のサービスが受けられるクレジットカードとしてはJCBが有名ですが、それ以外のカードには決して多くありません。

トラベルデスクでは、次のサービスが受けられます。

  • 現地情報の紹介
  • レストラン、オプショナルツアーの予約
  • パスポート・カードの紛失や盗難、また病気やケガなどの際の連絡先として

海外旅行では、現地に行ってみて初めて知ることが多いものです。その際に相談できるトラベルデスクは貴重です。

サービスによっては有料となります。

国内旅行傷害保険

国内では健康保険が利くので、旅行先でも医療の心配はありません。ですが旅行中は普段と環境が異なりますから、事故に対する補償があれば嬉しいものです。

楽天プレミアムカードは、国内旅行傷害保険が、カードを持っているだけで適用される自動付帯です。

国内旅行傷害保険自動付帯はプラチナカードでは一般的なサービスですが、年会費1万円のカードでは珍しいものです。

ただし、予約のない日帰り旅行の場合に限って、利用する交通機関料金を「楽天プレミアムカード」で決済していることが必要です。

楽天プレミアムカードの国内旅行傷害保険では、交通機関で移動中の事故、および宿泊中の火災事故に対して補償があります。

とりわけ大事な補償が、入院保険金(1日5,000円)と、通院保険金(1日3,000円)です。

楽天プレミアムカードの楽天市場特典

旅行に便利な楽天プレミアムカードですが、楽天カードの上級版だけあって、楽天市場の利用に大変便利です。

ところで、楽天プレミアムカードには3つのコースがあり、会員が任意に選択します。

  • 楽天市場コース
  • トラベルコース
  • エンタメコース

楽天市場メインの人なら、楽天市場コースがお勧めです。

トラベルコースとは「楽天トラベル」を利用するとポイント倍率が1倍加算されるというものです。旅メインの人でも、楽天トラベルユーザーでないなら、楽天市場コースを選んでもいいでしょう。

楽天市場コースを選ぶか、選ばない場合でも誕生月に楽天市場で買い物をすると、ポイントが最大6倍となります。

通常の楽天カードであればポイント3倍です。ポイント還元率にして3.0%分得をするわけです。

楽天市場コースの場合、毎週火・木曜日だと、さらに1倍加算されるので、最大7倍となります。

楽天市場を、ポイント7倍の際に年間27万円程度利用すると、年会費無料の楽天カードとの比較において、楽天プレミアムカードの年会費分をペイできることになります。

かなりのヘビーユーザーならば、旅行に行かない人でもこのカードで得できるかもしれません。

楽天プレミアムが1年無料

「楽天プレミアムカードで楽天プレミアムが無料」。

ややわかりにくいですが、楽天プレミアムという、本来年会費3,900円(税込)のサービスが別個にあるのです。楽天市場がお得に使えるサービスの名称です。

楽天プレミアムカード会員は、入会からこの特典が1年間無料となります。

通常の楽天プレミアムは自動更新ですが、楽天プレミアムカード会員の場合は、1年経過後自動退会となります。支払いたくない年会費をうっかり徴収されたりはしません。

楽天プレミアムのもっとも重要な機能は、楽天市場で買い物した商品の送料が実質無料となること。

送料はいったん負担するものの、楽天スーパーポイントで、500ポイントを上限として還元してもらえます。もともと送料無料だった場合、ポイント2倍です。

その他、楽天プレミアムでは次のサービスがあります。

  • 楽天トラベル国内宿泊ポイント2倍
  • 楽天ブックス1回4,000円以上利用でポイント2倍
  • Rakuten TV利用でポイント2倍
  • 会員限定クーポンの配布

楽天プレミアムカードのポイント等

旅行と楽天市場の双方で便利な楽天プレミアムカードの機能を見てきました。

次に、日常使いのクレジットカードとしての性質も確認しておきましょう。

楽天カードのラインナップは、非常にポイントがよく貯まります。この点はプレミアムカードでも同様です。

楽天プレミアムカードはポイント還元率1.0%以上

楽天カードの利用で貯まるのは楽天スーパーポイント。

楽天プレミアムカードも同様で、利用金額100円につき1ポイント(1円相当)の楽天スーパーポイントが貯まります。

これはクレジットカードの中でもトップクラスの還元率ですから、楽天市場や旅行に限らず、積極的にカードを使うといいでしょう。

「公共料金の引落し」「モバイルSuicaへのチャージ」なども、クレジットカードの利用方法として有意義です。

楽天ペイではポイント還元率5.0%

QRコード決済という、新しい決済方法が流行っています。

PaypayやLINE Payなどと並ぶ、人気のQRコード決済が楽天ペイ。

楽天ペイには「チャージ」の概念はなく、アプリにセットしたクレジットカードで決済をする仕組みになっています。楽天ペイ加盟店で使えます。

楽天ペイでは、無期限ではないものの、セットするクレジットカードを楽天カードにして決済したときの還元率が、実に5.0%となっています(2019年9月現在・事前にエントリー必要)。

常時設定の還元率としては、業界トップクラスです。

楽天プレミアムカードを直接使って決済するだけでなく、コンビニやドラッグストア等で、積極的に楽天ペイを使えば、さらにポイントが貯まります。

楽天ペイがもうひとついいのは、貯まった楽天スーパーポイントを使って支払えること。

これは実は画期的なことです。楽天ペイ加盟店であれば、楽天スーパーポイント加盟店でないお店でも、貯まったポイントで支払いができるようになったのです。

楽天スーパーポイントを決済に使う方法としては、電子マネーの楽天Edyもあります。楽天Edyに、楽天スーパーポイントがチャージできます。

加盟店の大変多い楽天Edyも便利なので、楽天プレミアムカードのユーザーも使うといいでしょう。

ただ、楽天ペイの場合は、楽天スーパーポイントとの関係がさらに強化されています。期間限定ポイントまで決済に使える点は、楽天Edyにはない機能です。

まとめ

楽天プレミアムカードは、旅行が好きで楽天市場をよく使う人にとっては、年会費1万円が高くない、非常に優れたカードです。

ポイント還元率もトップクラスなので、満足度の高いカードといえるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました