楽天ETCカードのメリット・デメリット!年会費・手数料・ポイント等徹底比較

楽天ETCカード 楽天カード

楽天ETCカードの基本スペック

年会費 500円(税別)
入会費 無料
利用可能枠 クレジットカードの利用枠の範囲内
申し込み資格 楽天のクレジットカードを持つ契約者本人
ポイント還元率 1%
海外保険 ETCカードと同時に持つクレジットカードに付帯
家族カード なし
ETC専用カード あり
カード発行まで 約2週間
更新期間 1年(期間内に利用すれば自動更新)

楽天ETCカードのメリット

ETCの利用料金もポイントの対象に

楽天ETCカードは、楽天のクレジットカードを所有している人が、申し込むことができるETCカードです。

そのため、楽天ETCカードを申し込むには、すでにクレジットカードを所有している、あるいはクレジットカードと同時に申し込むことが必要となります。

楽天ETCカードの年会費は500円(税別)ですが、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカードに付帯する場合、または楽天PointClubの会員ランクに応じて年会費が無料となります。

それでは、楽天ETCカードにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

その特徴としてあげられるのは、高速道路の通行料金としてETCカードを使用した場合、その利用料金に対してもポイントが付くことです。

100円に対し、楽天スーパーポイントが1ポイント付与されます。

高速料金をETCで支払う金額に応じてポイントがもらえるわけですから、高速道路を利用する機会の多い方であれば、その通行料金もそれなりに大きな額となりますから、大きなメリットとなることでしょう。

ポイント還元率が魅力的

楽天ETCカードによる通行料金の支払いに対し、100円につき1ポイントが付与されるのに加え、楽天ETCカードとともに保持する楽天のクレジットカードの利用料金に対してポイントが付与されます。

楽天のクレジットカードに対するポイント還元は、100円につき1ポイントが基本となっています。

還元率で言うと、1%となります。

これに加えて、楽天市場や楽天ブックスでの買い物に楽天カードで支払いをすると、ポイントが最大で3倍となり、還元率では3.0%となります。

また、楽天ポイントカードが使用できる町の中の実店舗で楽天ポイントカード機能が付帯されている楽天カードを提示すると、100円につき1ポイント、ご利用で100円につき1ポイントがたまります。

さらに、楽天市場など楽天グループ内ではなくても、電子マネーの「楽天Edy」での支払い200円につき1ポイントが付与されます。

このように、多彩なポイントのため方ができることで、ポイント還元率も高くなるところが魅力となっています。

ポイントの有効期限が延長しやすい

いろいろとがんばってためたポイントも、期限が切れてしまえば消滅してしまいます。

そしてほとんどのカードの場合、ポイントに有効期限が定められています。

楽天ETCカードや楽天カードの利用料金で付与されたポイントの有効期限は、1年となっています。

ただ、期間内に一度でもポイントを使用すれば、さらに1年間、有効期限が延長される仕組みがあります。

そのため、ただためる一方ではなく、ポイントを適宜使っていれば期限が延長されます。

面倒な手続きを経ることなく、ポイントの有効期限が延びるのは魅力的な制度です。

その点を考えると、実質的なポイントの有効期限は長いと捉えてもよいでしょう。

楽天ETCカードのデメリット

年会費がかかる

楽天ETCカードは、通行料金に対して100円で1ポイントたまるところが優れているETCカードですが、一方で、デメリットと言える部分もあります。

それは年会費です。

楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカードに付帯したETCカードである場合は無料ですが、そうではない場合、年間に540円かかるのです。

一般の種類のクレジットカードを持っていて、それに付帯した楽天ETCカードを持っている場合でも、年会費を無料にできないわけではありません。

「楽天ポイントクラブ」の会員のランク制度を使うことで、無料とすることができます。

楽天ポイントクラブとは、楽天のクレジットカードに入会すると手続きなく、自動的に会員となるものです。

楽天ポイントクラブは、ポイントの獲得の回数やポイントの数に応じて、会員にランクをつけています。

ランクは低い方から、シルバー、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンドとなっています。

このランクの中のプラチナとダイヤモンドだと、楽天ETCカードの年会費を無料にしてもらえます。

この2つのランクのうち、低い方のプラチナランクは、過去6カ月で2000ポイント以上、なおかつ15回以上ポイントを獲得するとなれるものですが、この条件以上をクリアしなければ、ETCカードを無料にすることはできません。

期間限定ポイントの有効期限に注意

楽天スーパーポイントは、通常のポイントに加えて、カードの利用先などによって、高い還元を受けることができます。

そのメリットが大きなカードである一方で、注意しなければいけない点もあります。

それはキャンペーンによって得られるポイントの有効期限は短いケースが多いということです。

楽天カードでは、クレジットカードの新規入会のときにもらえるポイントをはじめ、さまざまなキャンペーンが行なわれ、プラスアルファのポイントを得ることができます。

このようにして付与されたポイントは、その利用が取得してからおおよそ1カ月から2カ月という具合に、短くなっているのです。

そのため、せっかくのポイントを無駄にしないためにも、トータルのポイント数だけに目を向けるのではなく、その中で期間限定ポイントはどれくらいなのか、チェックしておく必要があります。

海外旅行保険は利用付帯

仕組みやサービス全般を見回して、デメリットがあまり多くない楽天ETCカードおよび楽天のクレジットカードですが、その中であげられる点として、楽天のクレジットカードに付帯している海外旅行保険が「利用付帯」であることに注意しておく必要があります。

クレジットカードには、国内や海外の旅行時の保険がついていることがありますが、利用付帯とは、所持しているクレジットカードを利用して旅行代金を支払った場合に保険が適用されるというものです。

自動的に保険がついているわけではありません。

もし楽天カードに付帯している保険でカバーしようと思えば、海外旅行時の代金は楽天カードで支払いをしておく必要があることに注意しておくとよいでしょう。

楽天ETCカードのポイント制度

ETCカードの利用料金にポイントがつく

楽天ETCカードは、通行料金を支払うと、その料金に対してポイントが付与されます。

ポイントは100円につき1ポイントとなります。

ETCカードの中には、ポイントがつかないものも少なくありませんから、高速道慮の利用が多い方にとっては、お得なカードだと言えるでしょう。

使い方しだいで通常ポイントにプラスされる

楽天カードのポイントは、100円につき1ポイント付与されるのが基本となります。

それに加えて、さまざまなポイント付与があります。

例えば、楽天ポイント加盟店において、楽天のクレジットカードで支払いをすると、通常の100円=1ポイントに加え、100円につき2ポイントが加算されます(一部は1ポイント)。

また、「スーパーポイントアッププログラム」という仕組みがあり、楽天市場で買い物をする際、楽天のクレジットカードによる支払いで+2倍、楽天市場アプリでの買い物で+1倍など条件をクリアすると、ポイントがアップされていきます。

このプログラムはエントリー不要となっています。

ポイントは多様な店で使用できる

楽天ETCカードや楽天のクレジットカードを利用することでたまったポイントは、数多くの店で使用することができます。

楽天市場や楽天トラベル、楽天ブックスなど楽天グループのサービスでの買い物の購入代金にあてることができますし、楽天ポイントの加盟店において、楽天ポイントで支払いをすることもできます。

コンビニエンスストア、薬局など幅広い店が加盟店に含まれています。

それらの場合、1ポイントを1円として使えます。

また、ANAマイレージクラブのマイレージと交換することができますが、そのときは1ポイント=0.5マイルとなります。1万ポイントを交換すると、5000マイルとなります。

ETCカードが届くタイミングは?

楽天ETCカードは、お申し込みから約2週間で届くとされています。

楽天ETCカードの引き落とし日はいつ?

楽天ETCカードの使用料は、楽天のクレジットカードの利用料と合わせて、引き落としとなります。

楽天のクレジットカードは、月末で締めて、原則、翌月の27日払いとなっていますから、それとともに、口座から引き落としとなります。

楽天ETCカードを解約するには?

楽天ETCカードが不要となり、解約したいときは、自動音声専用ダイヤルに電話をすることで、解約することができます。

自動音栄専用ダイヤルでの案内にしたがって進めれば、面倒な手間なく、解約手続きをすることができます。

楽天ETCカードを解約しても、クレジットカードは解約にはなりません。

その逆に、クレジットカードを解約したときは、ETCカードはクレジットカードに付帯しているものなので、ETCカードも解約となってしまいます。

解約後、そのままETCカードを利用したときに事故などが発生した場合、楽天による補償などはないので、解約したら絶対に使用しないように気をつけたいところです。

楽天ETCカードのよくある質問

紛失したけど再発行はできる?

楽天ETCカードを紛失した場合、楽天の紛失に関する専門ダイヤルに連絡をして再発行してもらうことができます。

その際、再発行のための手数料はかからず、無料で再発行してもらえます。

気をつけたいのが、紛失したと思っていた楽天ETCカードがみつかったときです。

もし、再発行をすでに依頼したあとであれば、そのETCカードは使用することができませんから、処分するようにしましょう。

家族のために2枚目を発行したい

楽天ETCカードを取得することができるのは、楽天のクレジットカードを契約している本人のみとなります。

そのため、クレジットカードの家族会員の申し込みはできますし、クレジットカードの家族会員という制度はありますが、家族会員となった方のETCカードを発行してもらうことはできません。

楽天カードを持っているけどETCカードを追加で発行できる?

楽天のクレジットカードを持っている方は、ETCカードを追加で発行してもらうことができます。

そもそも楽天ETCカードは、楽天のクレジットカードを所有している方のみが発行してもらえるものです。

つまり、ETCカードのみ発行してもらうことはできません。

楽天ETCカードを実際に利用した人たちの口コミ

もともと楽天市場で買い物をする機会が多かったので、楽天のクレジットカードと楽天ETCカードを申し込みました。

楽天市場で買い物をするときにポイントがたくさんもらえて、楽天市場での買い物の支払いに使うことができる楽天カードはとても重宝しています。

ETCカードの利用料金にもポイントがもらえるので、その分、ポイントがよりたまりやすく、とてもありがたいです。

車にはよく乗ります。またそれほど長い距離ではなくても高速道路を利用することが多いので、高速料金が数百円ということも少なくないのですが、100円ごとに1ポイントつく楽天ETCカードは、通行料金の支払いが無駄にならないように感じられて、そこがとてもよいところだと感じています。

たまったポイントもお店での支払い時に利用するときなど、使いやすく感じられますし、今のところ、楽天ETCカードをそのまま使っていこうと思っています。

楽天ETCカードは、通行料金の支払いに対してポイントがつくのはよいところだと思います。

ただ、年会費が540円かかるのが、ちょっと残念な気がします。

会員のランクにかかわらず、無料になるといいのですが・・・・・・。

あと気になるのは、期間限定ポイントですね。

うっかり有効期限を忘れて、気づいたら消滅していたことがあったので、いつまでがポイントの期限なのか、注意するようにしなければ、と思っています。

タイトルとURLをコピーしました