楽天カードでキャシングの方法!返済方法・金利と手数料を抑える方法は?

楽天カードでキャシングの方法!返済方法・金利と手数料を抑える方法は? 楽天カード

 

クレジットカードの中でも人気が高いものが楽天カードです。すでに楽天カードを利用している人も多くいることでしょう。それくらい人気のクレジットカードとなっています。

人気のクレジットカードですので楽天カードを利用してキャッシングをしたいと考えている人も増えています。楽天カードもキャッシングに関連するキャンペーンなどを実施していますのでこの機会にキャッシングを利用してみたいと考えている人も増えているようです。

しかし、具体的にどのようにして楽天カードでキャッシングをするのかは理解できてない人がいます。なんとなくキャッシングをするのは難しいと感じているようです。

楽天カードでキャッシングをするにあたり難しい手続きは必要ありません。この記事ではどのようにして楽天カードでキャッシングをするのかをご説明していきます。

楽天カードキャシングの金利と手数料

楽天カードでキャッシングをした場合年間18%の金利が発生します。

クレジットカードで利用するキャッシングの金利としては上限の金利が設定されています。どのクレジットカードは利用しても概ね金利は18%です。

そのため楽天カードでキャッシングをしても他のクレジットカードでキャッシングをしても支払いする金額には大きな差はありません。

期間限定ではありますが楽天カードではキャッシングのキャンペーンを実施していることがあります。このようなキャンペーンが実施されている時には通常よりも安い金利でキャッシングが利用できるようになっています。

楽天カードでキャッシングをする場合には現在の金利がどうなっているのかも確認しておきましょう。

なお、キャンペーンが実施されている場合には自動的にキャンペーンの金利が適用されます。エントリーは不要となっているはずですので心配はありません。

手数料を抑えるにはコンタクトセンターへの連絡が必要

キャッシングは借り入れですので手数料が発生します。返済する時には手数料も含めて返済しなければなりません。手数料は借入している期間が長ければ長いほど高額になる仕組みです。

この問題を解決するためには楽天カードのコンタクトセンターへ連絡することが必要です。

コンタクトセンターに連絡をしてキャッシングの返済をしたい旨を伝えるとキャッシングの支払い期日までに返済をすることが可能です。キャッシングの借入期間を短くすることによって手数料を抑えることが可能です。

キャッシングの場合には、クレジットカードのリボ払いとは異なり借り入れをした日から手数料が発生します。

初回の支払日まで手数料が発生しないという仕組みではありません。そのために発生する手数料を小さくするためにはできるだけ早く返済することが重要です。

楽天カードのキャッシング枠は人にとって異なる

楽天カードネットキャッシングをするにあたり、確認しておかなければならないことはキャッシング枠です。

キャッシング枠が設定されていないと楽天カードでキャッシングを利用できません。キャッシングを利用するためには事前にキャッシング枠が設定されていることが前提です。

キャッシング枠はどの程度設定されているのかそれぞれ利用者により異なります。そもそもキャッシング枠の申し込みをしていない場合は楽天カードを発行しても0円に設定されています。

まずはキャッシングを利用するにあたり、自分が持つ楽天カードにはどの程度のキャッシング枠が設定されているのかを知らなければなりません。

楽天カードのキャッシング枠の確認方法

楽天カードのキャッシング枠を確認する方法は2種類あります。

どちらかの方法で自分で保有する楽天カードにキャッシング枠が付帯されているのかを事前に確認しましょう。もし付帯されていないのであれば、手続きをしてキャッシング枠を付帯してもらう必要があります。

楽天カード入会時の利用控えを確認

楽天カード入会時の利用控えにもキャッシング枠が記載されています。廃棄してしまってる人も多いかもしれませんがこちらもを確認する方法もあります。

キャッシング枠はショッピング枠とは異なり自動的に増額されることはありません。申し込み時にキャッシング枠を申し込みして、その後自分でキャッシングに関する手続きをしていないのであれば入会時の利用控えの通りにキャッシング枠が付帯されています。

ただ、他のクレジットカードなどで借り入れをしている場合には総量規制などの都合からキャッシング枠の利用が規制されることもあります。

そのような可能性が否めない場合には、最新情報が確認できるe-naviで確認してみましょう。

「e-NAVI」を利用する

楽天カードの会員向けサイトである-naviを利用してキャッシング枠が確認できます。

こちらはインターネットから確認するものであり、アクセスした時点の最新情報が確認できます。申し込みしてからキャッシング枠を利用していなければ満額利用できるはずですが、念のための確認で最新情報を得られます。

また、キャッシングの限度額は楽天カードのショッピング利用額にも左右されます。ショッピング利用額によっては、キャッシングが限度額まで利用できない可能性もあります。

そのため、楽天カードを日ごろからしっかりと利用している人であれば、ショッピング利用も含めてキャッシングが具体的にいくらまで利用できるのかe-naviで確認するのもおすすめです。

楽天カードでキャシングする手順

楽天カードでキャッシングをしたい場合具体的にどのように手続きをすれば良いのでしょうか。

楽天カードでキャッシングする手順について解説していきます。

ATMでキャッシングする手順

まずはATMを利用してキャッシングをする場合です。ATMを利用してキャッシングをすることでいつでも簡単に現金を引き出せます。

  1. 楽天カードをATMに入れる
  2. ご出金(借入)を選択し、暗証番号を入力
  3. 返済方法を選択(一括払い・リボ払い)
  4. カードと現金を受け取る

キャッシングをする場合でも銀行のキャッシュカードでお金を引き出すようなイメージで借入れが可能です。

キャッシュカードで現金を引き出す場合よりは少々複雑とはなっていますが、そこまで複雑なものではありませんので慣れれば特に問題はないでしょう。

利用するATMによって画面の表示は異なる場合があります。基本的には借り入れではなく、クレジットカードを利用してキャッシングを行う旨のボタンを押してあとは画面の指示に従って手続きをするだけです。

ATMからキャッシングをする場合にはクレジットカードの暗証番号が必須です。楽天カードの暗証番号がわからない場合には事前に公式サイトから暗証番号の確認をしておきましょう。

暗証番号の照会はe-naviを利用すれば簡単です。

インターネットでキャッシングする手順

ATMで手続きをしたくない場合はインターネットからのキャッシングも可能です。インターネットからキャッシングする場合の手続きは以下の通りです。

  1. 「e-NAVI」にログインし、ネットキャシングのお申込みを選択
  2. お振込みの種類を選択
  3. 金額と支払方法を選択

インターネットから手続きをする場合には利用料金なども確認するe-NAVIから手続きをします。楽天カードを利用している人であれば日ごろから利用する機会のあるサイトでしょう。

ネットキャッシングの手続きページはわかりやすく案内されています。こちらをクリックして画面の指示に沿って手続きを進めます。

ネットキャッシングの場合には振込みでのキャッシングとなります。そのため、銀行の営業時間によっては借り入れした金額を受け取るのが遅くなる可能性があり注意が必要です。

振込の種類は3種類から選択可能

楽天カードでキャッシングをする特徴は振込の種類が3種類から選択できることです。選択できる3種類は以下の3つです。

  1. 今すぐ振込
  2. 指定日振込予約(1回)
  3. 指定部振込予約(毎月)

多くの人が利用するのは今すぐ振込みでしょう。これを利用することで申し込みをしてから最短数分で口座にキャッシングした金額が振込みされます。

それ以外にも定期的にキャッシングを利用したい場合には予約をしておくことも可能です。これを利用することで毎月安定した収入を実現することも可能です。

楽天カードでキャッシング利用の返済方法は?

楽天カードでキャッシングをしたのであれば当たり前ですが返済をしなければなりません。

楽天カードでキャッシングをした場合の返済方法はどのようになっているのでしょうか。以下でご説明をしていきます。

返済方法は「一括払い」または「リボ払い」

楽天カードでキャッシングをした場合返済方法は「一括払い」と「リボ払い」から選択できます。

クレジットカードの中にはキャッシングの返済方法がどちらかで指定されている場合もあります。
どちらを利用するかは利用者の判断に任されています。

  • 一括払いであれば手数料が小さくなります
  • リボ払いであれば支払い期間が長くなるので手数料が大きくなります

リボ払い利用時の金利は?

リボ払いを利用したときの金利はどうなるのでしょうか。

利息の計算方法は「利用残高×実質年率÷365日×利用日数」で計算されます。

たとえば1万円を30日間借り入れしたとします。この場合には上記の式を利用して計算をすると

1万円×18%÷365日×30日=約147

約147円の利息が発生します。

つまり1万円の借り入れをして30日で返済をすると10,147円の返済をしなければなりません。

返済日は毎月27日

キャッシングの返済日は毎月27日です。

これはキャッシングのみならず楽天カード共通の支払日です。キャッシングの他に楽天カードでショッピングをしているのであればショッピングの金額と併せて請求される仕組みです。

キャッシングのみを利用している場合であればキャッシングの返済だけが請求されます。

楽天カードは支払日が固定されているクレジットカードです。他の支払日に変更することは不可能ですので注意しておかなければなりません。

楽天カードで海外キャッシングをする方法

楽天カードは海外キャッシングにも対応しています。海外キャッシングとはその名の通り楽天カードを利用して海外でキャッシングをすることです。

キャッシングは日本国内で利用するものだと思われていることもあります。

しかし、実際には海外でもキャッシングは利用可能です。具体的にキャッシングの利用方法についてご説明します。

楽天カード海外キャッシングをする方法

楽天カードを利用して海外キャッシングをする方法は以下の通りです。

  1. 楽天カードを対応しているATM/CDに入れる
  2. ご出金(借入)を選択し、暗証番号を入力
  3. カードと現金を受け取る

海外キャッシングであっても楽天カードでキャッシングをする流れは大きく変わりません。ATMやCDの画面に従って操作するだけです。

自動的にリボ払いが選択されますので支払い方法を選択する必要もありません。

ひとつだけ注意しておかなければならないとするならば表示は現地の言語である可能性が高いということです。

楽天カードでキャッシングをしたからといって、日本語で表示されるとは限りません。

操作を間違えないように、現地ではどのような表示のされ方をするのかは事前に確認しておいた方が良いでしょう。

楽天カードで海外キャッシングをするメリット

楽天カードで海外キャッシングをすると2つのメリットがあります。

このメリットを理解して海外キャッシングを利用するようにしていきましょう。

現金を持ちあるかないので盗難のリスクが減らせる

クレジットカードでキャッシングをすることで現金を持ち歩く必要がないメリットがあります。

本来海外で現地通貨を入手するためには日本円を海外へ持っていく必要があります。長期間の滞在が見込まれているのであれば、日本円も高額持っていかなければなりません。

海外は日本よりも治安が悪い地域も多数あります。そのため、現金を持ち歩くことはリスクでしかありません。

しかし、楽天カードでキャッシングをすれば現金を海外へ持っていく必要がありません。現

金を持ち歩く必要がなくなりますので盗難のリスクが減らせます。また、楽天カードを利用すれば最大で24時間いつでも現金を引き出せます。

手数料がお得になる

海外キャッシングを利用することで、両替をするよりも手数料がお得になる可能性があります。海外キャッシングもキャッシングのひとつですので手数料が必要です。

現地で引き出しをする手数料や金利も発生してしまいます。

ただ、日本円を現地に持って行って両替をする場合でも手数料が発生します。日本で両替をしていた場合も同様です。キャッシング利用しなくても何かしらの手数料は必要となってしまうのです。

注目したいことは場合によっては両替の手数料のほうが高額になることです。キャッシングの手数料は高額だと思われていることがありますが、実は銀行などで両替した方が高額である可能性もあります。

長期的に海外へ滞在する場合にはキャッシングの金利によって支払金額が高額になってしまう可能性もあります。

逆に短期的な海外の滞在ではすぐに返済が完了しますので、両替をするよりも低価格で利用できる可能性もあります。

基本的にはクレジットカードでキャッシングをした方がお得です。

海外キャッシングの返済方法は?

海外キャッシングを利用した場合の返済方法はどのようになっているでしょうか。

国内利用ではなく海外利用でキャッシングをした場合のキャッシングの返済方法についてご説明していきます。

初期設定はリボ払いに設定されている

海外キャッシングの返済方法は初期設定でリボ払いに設定されています。

国内でのキャッシングは返済方法が選択できますが海外でのキャッシングはリボ払いに設定されています。自分で選択するのではなく自動的に設定されますので注意しなければなりません。

リボ払いに設定されていますのでキャッシングを利用した金額は少しずつ支払う方法となっています。リボ払いの手数料が発生してしまいます。

厳密にはキャッシングの金利が長く発生してしまいます。

手数料をかけないために楽天カードセンターで繰り上げ返済を依頼しよう

海外キャッシングにおいても楽天カードセンターへ連絡することで繰り上げ返済を依頼できます。

繰り上げ返済を利用することで通常のキャッシング利用よりも短時間で返済が可能です。その結果、キャッシングの利用で発生する手数料が少なくなるメリットがあります。

海外でも楽天カードセンターに連絡

海外滞在中も楽天カードセンターへの連絡は可能です。そのため、現地通貨を引き出してからすぐに連絡をしておくことでスムーズにキャッシングの返済ができます。

ただ、現地から直接返済することは難しいですのでネット銀行などを海外から利用して楽天カードが指定する口座に返済しなければなりません。

他にも毎月の楽天カード支払いタイミングで繰り上げ返済をすることも可能です。この場合には楽天カードセンターへ連絡する必要はなく、e-naviから申し込みが可能です。

毎月の支払いタイミングで支払いをするのであればキャッシングの手数料はその日まで発生してしまいます。

  • 手数料をさらに節約したい…楽天カードセンターに連絡
  • 最低限繰り上げ返済をして手数料を節約したい…e-naviから手続き
タイトルとURLをコピーしました