楽天ゴールドカードに在籍確認の電話はある?在籍確認がある人の特徴とは

楽天ゴールドカードに在籍確認の電話はある?在籍確認がある人の特徴とは 楽天カード

楽天ゴールドカードを申し込むにあたって、多くの人が不安を抱くのが在籍確認です。

在籍確認で単に電話を受けるならまだしも、職場に電話をかけられるという部分を多くの人は嫌悪しています。

一方で、在籍確認なしでクレジットカードの審査が通ったというケースもあるのです。

そこで、楽天ゴールドカードの在籍確認の電話はあるか、仮に在籍確認の電話があったとしても、どういった人が在籍確認されるのかについても解説していきます。

楽天ゴールドカードの在籍確認に不安を抱いている人は是非、この記事を参考にしてみてください。

楽天ゴールドカードの審査に在籍確認はある?

楽天ゴールドカードの審査に在籍確認はあるのかといえば、あります。

ただし、在籍確認がない場合もあるのです。そこで、楽天ゴールドカードに申し込んだ場合の在籍確認の可能性や、在籍確認に応答しないとどうなるのかについて、解説していきます。

国際ブランドによって在籍確認の可能性はある

楽天ゴールドカードに対応している国際ブランドは以下のとおりです。

  • VISA
  • JCB
  • Mastercard
  • アメックス

実は国際ブランドによって、在籍確認される可能性があります。

JCBの場合、比較的高確率で在籍確認を行う傾向があるようです。在籍確認される可能性を少しでも低くしたい場合は、JCB以外の国際ブランドを選択するようにしましょう。

在籍確認の電話に出ないと審査に落ちてしまう

確かに、在籍確認の電話に出ないと審査に落ちてしまいます。極力、電話に出ることが求められるのですが、不在になることがよくあるのです。しかし、必ずしも電話に出なければならないとはかぎりません。

在籍確認とは、申込者が申告した勤務先に申込者が本当に勤めているかどうかを確認するために行われるものです。申込者本人が電話に出なくても、勤務先に本当に勤めていることが確認できれば、在籍確認は終了となり、申込者は審査に通ることができます。

中には、申告した勤務先に申込者が勤めていないというケースもあり、実際には勤めていたが在籍確認の前に退職してしまったというケースもあるのです。そういった理由で、クレジットカード会社は申込者の勤務先に電話をかけ、在籍確認します。

楽天ゴールドカードで在籍確認されるのはどんな人?

楽天ゴールドカードの在籍確認はない場合があります。

在籍確認がないまま審査を通過した人の多くが、クレヒスがとてもキレイで利用実績があり、なおかつ支払いの延滞や滞納がない状態です。

同じカード会社が扱うクレジットカードの申し込みの場合でも、在籍確認されることはありません。

しかし、在籍確認される人はどんな人なのかと、楽天ゴールドカードを申し込む人は気になるでしょう。

在籍確認の基準は基本的に非公開となっていますが、どういった人が在籍確認されるのかを次に挙げて、解説していきます。

過去に延滞や滞納などの金融事故を起こしたことがある人

クレヒスに傷が付いた時点で、クレジットカードの審査通過は不可能とお考えください。

カード会社の立場を考えれば、クレヒスに傷が付いて金融事故を起こした人にクレジットカードを発行するのは大きなリスクです。

大きなリスクを避けるために、カード会社はクレヒスに傷が付いている人にクレジットカードは発行しないのです。

支払い忘れという理由で延滞や滞納してしまい、楽天ゴールドカードの審査に影響があるのではと考える人は多くいますが、延滞や滞納の期間が短ければ問題ありません。

支払い忘れは誰しもあることで、ちゃんと支払いを行えば、クレヒスに傷が付くことはないのです。

現在は延滞や滞納がなくても、クレヒスに傷が付いて金融事故を起こしたことがあるという理由で、楽天ゴールドカードからの在籍確認の電話は高確率で来るでしょう。この部分は楽天ゴールドカードに限った話しではなく、全てのカード会社にも言えることです。

他の金融機関でお金を借り入れしている人

カード会社はCICなど個人信用情報機関から申込者の情報を得て、その情報を基に審査を行います。個人信用情報機関にある申込者の情報の内容は主に、クレジットカードやローンの利用履歴などです。

利用履歴には、正常な取引はもちろん、この日からその日まで滞納や延滞があったなど、細かい情報があります。滞納や延滞に常習性があった場合はブラックリストに登録され、その人はクレジットカードやローンを利用できなくなるのです。

申込者が他の金融機関でお金を借り入れしている場合、カード会社は警戒心を抱いて、厳しい姿勢で審査を行います。お金を借りている理由や、後どのくらいで返済が終わるのかをカード会社は確認し、問題がなければ申込者に楽天ゴールドカードの発行を行うのです。

お金を借りているから審査は厳しくなるのではと思われますが、堅実的に支払いを行い続けていれば、あまり影響はないでしょう。

複数のカードを同時に申し込んだ人

複数のカードを同時に申し込んだ時点でカード会社は申込者に警戒心を抱きます。なぜかというと、複数のカードを同時に申し込むということは、お金に困っているのではないかという疑いをカード会社は持ってしまうからです。

仮に申込者がそのような意図がないにせよ、楽天ゴールドカードを発行するカード会社の立場を考慮すると、申込者がお金に困って複数のカードを申し込んでいるのではないかと、疑わざるを得ません。

楽天ゴールドカードを申し込んだ後、別のクレジットカードを持ちたい場合は、申し込みしてから6ヶ月以上待ちましょう。なぜ6ヶ月なのかというと、個人信用情報機関はクレジットカードの申し込みに関する履歴を6ヶ月間保管されるからです。

その6ヶ月を経過しないと、クレジットカードに申し込んだという履歴が無くなりません。ちなみに、別に6ヶ月経過しなくてもクレジットカードに申し込むことができますし、必ずしも6ヶ月以内で申し込んでも審査通過できないとはかぎらないのです。

申し込み内容に誤字脱字などの不備があった

申し込み内容に誤字脱字など、修正しなければいけない部分があった場合は、在籍確認の電話がかかってきます。電話の中で修正したい部分を訂正できますし、電話がかかってくることは決して悪いことではありません。

修正箇所を指摘された場合は、堅実に対応しましょう。

楽天ゴールドカードからの在籍確認の電話の内容はどんなもの?

楽天ゴールドカードから実際に在籍確認の電話があったとしても、聞かれる内容はどのようなものなのかと、誰もが気になるでしょう。電話の内容は人によってそれぞれですし、内容によっては在籍確認の電話がない場合があるのです。

そこで、在籍確認でよくあると思われる内容をまとめました。その内容を次に挙げて、解説していきます。

本人が情報通り勤務先に在籍しているかどうかの確認

在籍確認の目的は、申込者本人が情報通り勤務先に勤めているかどうかを確認することです。

わかりやすく説明すると、カード会社が申込情報に記載されている勤務先に電話をかけて、本人が対応できれば、在籍確認はこれで終了となります。

申込者本人が不在の場合、その勤務先で働く他の従業員が対応することになるのですが、在籍確認はあくまで本人が在籍しているかどうかの確認が目的です。本人が在籍していることを確認できれば、必ずしも本人が在籍確認の電話に応対しなければならないとはかぎりません。

会社名ではなく個人名でかけてくるのがほとんど

在籍確認の電話がかかってきたとき、相手は会社名ではなく個人名でかけてくるのがほとんどです。

例えば楽天ゴールドカードの場合だと「楽天ゴールドカードの〇〇です」と、カード会社からかかってきます。

もちろん、全てのカード会社がそういった対応してくるとはかぎりませんが、クレジットカード名と担当者の名前で電話がかかってくるのがほとんどだということを覚えましょう。

派遣社員の場合は在籍確認されないケースがほとんど

派遣社員の場合、在籍確認されないケースはほとんどです。

なぜかと言いますと、派遣社員として働いている人は、現在の派遣先から新たな派遣先の移動になった場合、在籍確認が取れないからです。

クレジットカードを申し込むとき、入力フォームに勤務先を記入する欄があるのですが、申込者が派遣社員として働いている場合、基本的には派遣元を記入します。

派遣先を書いてしまうと、先ほど申したとおり、派遣社員が新たな派遣先の移動になったとき、在籍確認が取れないのです。

限度額増額の審査で在籍確認されることはほとんどない

楽天ゴールドカードを利用している中で、限度額がいっぱいになり、次の締め日までに利用できずに悩んでいる人が多くいます。そんなときは、利用限度額の増額を申請するのです。

利用限度額の増額に審査があるのですが、その審査の過程で在籍確認されることはあるのかと、不安を抱く人はいるでしょう。限度額増額の審査で在籍確認されることはほとんどないと断言いたします。

なぜかと言いますと、在籍確認はクレジットカードの審査の段階ですでに行われており、もう一度在籍確認されることは滅多にありません。仮に在籍確認の電話がかかってきた場合は、堅実に対応するのが適切です。

楽天ゴールドカードの在籍確認は悪ではない

楽天ゴールドカードを申し込むとき、在籍確認されるのかという部分に多くの人は不安を抱くでしょう。

しかし、在籍確認は決して悪ではありません。なぜかと言いますと、楽天ゴールドカードの審査を通過する、絶好のチャンスだからです。

なぜチャンスなのかと言いますと、すでに審査に落ちている申込者に、在籍確認の電話は来ないことにあります。

もちろん、在籍確認ができなかった時点で審査は落ちますが、在籍確認された時点で、審査通過の可能性は大幅に向上したと考えてもいいでしょう。

在籍確認は審査の最終段階に入ったと考えていい

在籍確認は審査の最終段階に入ったと考えてもいいです。「楽天ゴールドカードの在籍確認は悪ではない」という見出しでも触れたように、審査要件を満たさない申込者に在籍確認の電話はかかってきません。在籍確認される前に、審査に落ちたのがほとんどだからです。

逆に在籍確認の電話があれば、審査の最終段階に入ったと考えていいでしょう。在籍確認の電話さえ対応できれば、楽天ゴールドカードの審査通過は見込めます。

在籍確認は申込内容の誤字脱字を修正する絶好の機会

楽天ゴールドカードの申し込み内容に不備があった場合、在籍確認のために申込者に電話が来ることはあります。申し込み時に情報を入力するとき、意図しない間違いがあるのです。

カード会社は在籍確認という名目で申込者に電話をかけて、申し込み時に入力した情報を確認します。修正を指摘されたら、申込者は指摘された箇所に対して適切に対応しましょう。

楽天ゴールドカードの審査中に電話があったら可能なかぎり対応すること

審査中に、楽天ゴールドカードからの在籍確認のための電話について紹介しましたが、確かに在籍確認の電話に不安を抱く人は多いです。

確かに、対応できなかったら審査に悪影響を及ぼすと言っても過言ではなく、そのことが理由で在籍確認の電話に多くの人は不安を抱いています。

しかし、逆に考えれば、在籍確認の電話はむしろ良い方です。在籍確認の電話は審査の最終段階で、対応できれば審査通過は見込めます。申込者本人が対応しなくても、申込者が情報通り勤務先に在籍していることが確認できれば問題ありません。

楽天ゴールドカードの審査で、在籍確認の電話は悪ではなく、審査の上で良い方に向かうことを覚えましょう。

タイトルとURLをコピーしました