ETCパーソナルカードの作り方と申し込みの流れを分かりやすく解説

ETCパーソナルカードの作り方 ETCカードお役立ち情報

高速道路を利用する際にあると便利なのがETCカードです。

ETCがあれば、高速道路のレーンをスムーズに通過できるほか、ETC割引を利用することができるなど、何かとメリットがあります。

ETCカードはクレジットカードの付帯サービスとして利用できるものが多いですが、中にはクレジットカードと一切関係ないETCカードもあります。それが「ETCパーソナルカード」です。

今回は、このETCパーソナルカードの申し込み方法について詳しく解説します。

これからETCカードを作ろうと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

ETCパーソナルカードの作り方

ETCパーソナルカードとは、

  • NEXCO東日本
  • NEXCO中日本
  • NEXCO西日本
  • 首都高速道路株式会社
  • 阪神高速道路株式会社
  • 本州四国連絡高速道路株式会社

の高速道路6会社から発行されているETCカードです。

他のETCカードとの大きな違いは、クレジットカード機能を持っていないという点です。

そんなETCパーソナルカードですが、まずはその作り方を確認しましょう。

クレジットカードのような作り方をイメージしている人もいるかもしれませんが、大きく異なるため、ぜひご一読ください。

まずは申込み用紙を用意する

まずやるべきことは、「ETCパーソナルカード利用申込書」を用意することです。

ここで、疑問に思う人もいるかもしれませんが、ETCパーソナルカードは、インターネット経由で作ることができません。

この点がクレジットカードを作る場合との大きな違いです。

クレジットカードの中には即日発行可能なものもありますが、ETCパーソナルカードは、後述する手続きをふんでいると発行までに時間がかかるので注意が必要です。

さて、肝心の申し込み用紙ですが、入手方法は2つあります。

1つは、高速道路のサービスエリアなどに設置されているコンシェルジュカウンターに取りに行くという方法です。

こちらは実際にコンシェルジュカウンターまで足を運ぶ必要があります。

2つ目は郵送してもらうという方法です。

こちらは、ETCパーソナルカード事務局に連絡して申込書を郵送しもらう形です。

自宅にいても入籍できますが、郵送に数日かかってしまうのが難点です。

このように申込書を入手するには数日かかるケースもあるので、申し込む際は時間に余裕を持っておくようにしてください。

必要事項を記入

申込書を手に入れたら用紙の内容に沿って必要事項を記入していきます。

主な記入内容は以下の通りです。

  • 名前
  • 住所
  • 勤め先
  • 平均利用月額(有料道路の月平均利用額)

ETCパーソナルカードを発行する際には、デポジットとして預託する必要があるのですが、このデポジットを決めるのが平均利用月額です。

デポジットは、平均利用月額の4倍の金額と決まっており、以下の4パターンに分かれます。

5000円以下の場合 20,000円
10,000円の場合 40,000円
15,000円の場合 60,000円
20,000円の場合 80,000円

最低でも初期費用で20,000円が必要になるので覚えておいてください。

また、年会費で1,234円(税込)も必要になります。

本人確認書類と一緒に郵送する

申込書への記入が済んだら、ETCパーソナルカード事務局に郵送します。

この時、免許証や住民票の写しなどの本人確認書類が必要になるので、用意しおくようにしてください。

なお、申込書の端部が封筒として使えるので、必要な書類が揃ったらそのまま投函しましょう。

デポジットを振り込む

申込書および本人確認書類を郵送したら、記入内容などに間違いがないか事務局によって確認が行われます。

特に問題なければデポジットの振込依頼書と振込に必要な振込取扱票が自宅に郵送されます。

申込書を提出して発行というわけではないのです。

振込取扱票の内容に従い、先述の平均利用月額に応じたデポジットをコンビニエンスストアもしくは郵便局で支払ってください。

ちなみに、このデポジットは、カードを解約すると返金してもらえます。

発行されたカードが自宅に届く

デポジットの振込を行なったら、事務局が振込の確認を行います。

ここで確認が取れてようやくETCパーソナルカードが発行され、自宅に郵送されます。

カードが届いたら、その日からETCレーンでの使用が可能となります。

ETCパーソナルカードは審査なしで発行可能

インターネットでの申し込みができず、申し込んでからカードを実際に使いはじめるまでに時間がかかるETCパーソナルカードは、一見すると不便なカードのように思えるかもしれません。

しかし、ETCパーソナルカードにはクレジットカード付帯のETCカードにはない大きな魅了があります。

それは、カードの発行に当たって特に審査が行われることがないということです。

審査なしで発行できるETCカードはある?ブラックでも使える?

クレジットカードには審査がある

クレジットカードの場合、申し込みを行うと、カード会社が本当にこの人にカードを発行していいいのかどうかの審査を行います。

もし、この審査に落ちてしまうと、クレジットカードは発行されません。

また、それに伴い、クレジットカード付帯のETCカードも手に入れることができません。

クレジットカードに審査が発生する理由は、クレジットカードが後払いの形になるためです。

もし、カード利用者が多額の支払いにカードを使い、その支払いができないとなると、カード会社が被害を受けることになります。

カード会社としては、そういったリスクを回避するために審査を行い、支払い能力がないと判断した人は審査に落とすのです。

審査に関しては、その審査基準は明確にされていませんが、仕事や収入、勤続年数、居住形態、家族構成などがチェックされていると言われています。

また、申込者の信用情報についても確認が行われます。

信用情報とは簡単にいうと、クレジットカードや借り入れなどの利用状況や支払い状況を表す情報のことです。

過去に、カードの支払いが遅延していたり、短期間のうちに複数のカードに申し込んでいたり、債務整理を行なっていたりすると、信用情報に傷が付いた状態となります。

信用情報に傷が付いてしまうと、カード会社は「この人は支払い能力があるのかどうか怪しい」となり、審査に落ちてしまうというわけです。

ETCカードの審査に落ちた理由と今後の対処法

ETCパーソナルカードはデポジットを支払えば誰でも発行可

先述の通り、ETCパーソナルカードはクレジットカードのように審査がありません。

これは、ETCパーソナルカードにクレジットカード機能がないことに加えて、審査に代わってデポジットの預託という形を取っているためです。

ETCパーソナルカードの場合、もし利用者がその月利用した金額を支払うだけの能力がなかったとしても、申し込みの段階でデポジットを振り込んでいるため、ETCパーソナルカードを発行している高速道路6会社は、デポジットから利用金額を受け取ることができます。

つまり、クレジットカードのように貸し倒れしてしまう恐れがないということです。

なお、デポジットの80%を超える金額が支払われていないと、カードの利用が停止されるというルールも設定されています。

以上の理由から、ETCパーソナルカードには審査がなく、そのためデポジットを支払うことさえできれば、信用情報に傷が付いている人でもカードを作成することができるのです。

ちなみに、カードの利用が停止されたとしても、未払い分の利用金額に関しては、利用者が支払わなければいけません。

ETCパーソナルカードは発行までどれくらいかかる?

先ほども紹介しているように、ETCパーソナルカードは、

  1. 申込書の入手から提出
  2. 事務局からデポジット振込の案内の郵送
  3. デポジットの振込
  4. 事務局による振込確認
  5. カードの郵送
  6. カードが自宅に届いて利用開始

とカードを使い始めるまでにいくつかのステップをクリアしなければいけません。

申込書の郵送や事務局からのデポジット振込の案内の郵送だけでもそれぞれ数日はかかるほか、デポジットの振込からカードが手元に届くまでには2週間かかるとされています。

そのため、申込書の入手からカードが手元に届くまでには、約1ヶ月は必要なものと考えておくといいでしょう。

すぐにETCが必要という人にはETCパーソナルカードはあまり向いていないと言えます。

ETCパーソナルカードは未成年でも作れる?

ETCパーソナルカードは未成年でも16歳以上であれば発行することができます。

ただし、発行にあたっては保護者の同意が必要になります。

また、当然ですが、デポジットも必要になります。

高校3年になると自動車の免許を取得する人が多いほか、大学生になるとサークルやゼミの合宿、旅行などで高速道路を利用する機会が多くなることを考えると、未成年でも発行できる点は大きなポイントだと言えます。

また、保護者からしてみても、クレジットカード付帯のETCカードを持たせると、無駄使いしてしまわないか心配になってしまいますが、ETCパーソナルカードにはクレジット機能がついていないため、その心配がありません。

もし、子どもがクレジットカード付帯のETCが欲しい、と言い出したらETCパーソナルカードをすすめてみてはいかがでしょうか。

ETCパーソナルカードは法人でも作れる?

ETCパーソナルカードには法人向けのものもあります。

これは、企業はもちろん、個人事業主も作成可能です。

ETCカードなので、当然ETC割引の対象となるため、企業にとっては経費削減を期待することができます。

また、高速道路の利用分に限りますが、交通費が把握しやすくなるため、経理担当者の業務効率化を図ることもできます。

なお、法人向けのETCパーソナルカードに関しても、個人向け同様、デポジットを支払うことで入手することができます

まとめ

今回は、ETCパーソナルカードを作る際の申し込みの流れについて紹介しました。

クレジットカード付帯のETCカードであれば最短即日で作れるものもありますが、ETCパーソナルカードは、インターネットでの申し込みができないこともあって作成に時間がかかってしまいます。

それでも、デポジットの支払いができさえすれば、信用情報に傷が付いている人でも作成できるカードなので、過去に支払いが遅延したことがある、債務整理をしたという人でも安心して申し込むことができます。

また、クレジットカードの審査に落ちて、ETCカードを手に入れることができなかったという人にもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました