ETCパーソナルカードのデポジット金とは?今なら2万円から発行可能!

ETCパーソナルカードのデポジット金 ETCカードお役立ち情報

高速道路を利用する際、あると便利なのがETCカードです。

クレジットカードの付帯サービスとして入手できるETCカードもありますが、中にはクレジットカードとは一切関係ないETCカードもあります。

今回は、そんなクレジットカードとは関係ない「ETCパーソナルカード」に関しては、申し込みの際に必要になるデポジット金について解説します。

今まさに、ETCカードを作りたいと考えている人、ETCパーソナルカードに興味がある人はぜひ参考にしてみてください。

ETCパーソナルカードとは

そもそもETCパーソナルカードとはどういったカードなのでしょうか。

ほかのETCカードとの違いは何かあるのでしょうか。まずは、ETCパーソナルカードの概要を確認していきましょう。

ETCパーソナルカードの概要

ETCパーソナルカードは、ETCカードの一種であり、クレジットカードを持っていなくても申し込むことができます。

ETCパーソナルカードは、以下の高速道路会社6社によって発行されています。

  • NEXCO東日本
  • NEXCO中日本
  • NEXCO西日本
  • 首都高速道路株式会社
  • 阪神高速道路株式会社
  • 本州四国連絡高速道路株式会社

クレジットカードとは関係ないETCカードなので、クレジットカード機能はついていません。

支払いができるのは有料道路の利用料金のみです。

一方で、後述するデポジット金を支払うことから、クレジットカードのような審査は不要です。

そのため、クレジットカードを持つことに抵抗がある人、信用情報が傷ついているいわゆるブラックリストに載っている人、クレジットカードの審査に落ちてしまった人などでも、申し込むことができます。

なお、カードの利用にあたっては、年会費として1,234円(税込)が必要になります。

もちろん、ETCカードなので、ETC割引の対象になるため、ETCカードがとにかく必要といった場合などは、役に立つはずです。

ETCパーソナルカードのメリット

ETCパーソナルカードの一番のメリットは、何と言ってもクレジットカードが不要である点です。

先ほども触れているように、様々な理由からクレジットカードを所有しておらず、クレジットカード付帯のETCカードを持っていない人でも、適切な手続きを踏めばETCパーソナルカードなら入手可能です。

ETCパーソナルカードのデメリット

一方のデメリットとしては、まず利用がETCのみに限られてしまうという点です。

また、クレジットカード付帯のETCカードの場合、利用料金に応じてポイントを貯めることができますが、ETCパーソナルカードはポイントを貯めることができません。

さらに、ETCパーソナルカードは申し込みから手元に届くまでにかなり時間がかかるのも難点です。

クレジットカードであれば、WEBでの申し込みができるほか、最短即日でカードを手に入れることができ、それに伴いETCカードも比較的早い段階で入手可能です。

しかし、ETCパーソナルカードの場合、WEBでの申し込みに対応しておらず、まず申し込み用紙を入手するところからスタートします。

その後もETCパーソナルカード事務局へ申し込み用紙を郵送し、デポジット金の振込用紙が送られてきて、デポジットを支払ってようやくカードが発行されます。

ETCパーソナルカードの場合、申し込みから手元に届くまでに数週間〜1ヶ月ほどはかかると考えておいたほうがいいでしょう。

ETCパーソナルカードにはデポジットが必要

ここまでで何度か触れていますが、ETCパーソナルカードの利用にあたっては、デポジット金の支払いが必要になります。

デポジット金はカードを申し込む際に支払うお金のことで、クレジットカードにおける審査の意味を持ちます。

では、このデポジット金の金額はいくらなのでしょうか。

デポジット金額は平均利用月額に対して変動

デポジット金額は、有料道路の平均利用月額によって決められます。

つまり、1ヶ月に平均してどのくらい有料道路を利用するかということです。

基本的にデポジット金は、平均利用月額の4倍と決められており、以下の4つのパターンに分かれます。

平均利用月額 デポジット金
5000円以下 20,000円
10,000円 40,000円
15,000円 60,000円
20,000円 80,000円

つまり、最低でも、デポジット金として20,000円は必要になるということです。

平成28年7月から最低金額5000円へ引き下げ

2019年2月現在、デポジット金は20,000円〜80,000円の4パターンですが、
従来は

  • 10,000円の場合の40,000円
  • 15,000円の場合の60,000円
  • 20,000円の場合の80,000円

の3パターンしかありませんでした。

5,0000円の場合の20,000円のデポジット金は平成28年(2016年)7月から新たに導入されたものです。

高速道路はあまり使わないけど、ETCは持っておきたい、という人にとって初期費用で40,000円かかるのと、20,000円かかるのとではかなり違いがあるため、デポジット金の引き下げは大きな変化だと言えます。

ETCパーソナルカードのデポジットの仕組み

ここからは、ETCパーソナルカードの仕組みについて確認していきましょう

デポジットはどのタイミングで請求される?

デポジット金の請求は、ETCパーソナルカードを申し込む最初の段階で必要になります。

ETCパーソナルカードの申し込み手順は以下の通りです。

  • 申し込み用紙の入手
  • 申し込み用紙に必要事項を記入しETCパーソナルカード事務局に郵送
  • 事務局で記入内容の確認
  • 確認の結果問題なければ、デポジット金の振込票が事務局から自宅に届く
  • デポジット金の支払い
  • 事務局が支払いを確認
  • ETCパーソナルカードを発送

上記の通り、デポジット金は申し込み手続きの最中に行うことになります。

デポジットの振込を確認して初めてETCパーソナルカードが発行されることになるため、必要な費用を用意しておくようにしましょう。

1ヶ月の利用額が増えると追加徴収される

デポジット金は、1ヶ月の利用料金が増えると追加徴収を求められることがあります。

具体的には、利用金額が最初に支払ったデポジット金の70%を超えてしまうと、追加のデポジット金が要求されます。各デポジット金の70%は以下の通りです。

  • 20,000円の70%は14,000円
  • 40,000円の70%は28,000円
  • 60,000円の70%は42,000円
  • 80,000円の70%は56,000円

なお、追加のデポジットは、2万円単位での支払いとなります。

例えば、20,000円のデポジットをした人が1ヶ月に14,000円を利用すると、20,000円の追加デポジットが必要になるということです。

なお、増額分のデポジットを支払うことができないと利用停止になるので注意しなければいけません。

デポジットの一定金額を超えると利用停止

利用料金のうち、未払いの料金がデポジット金の80%を超えてしまうと、ETCパーソナルカードが利用停止になることもあります。

  • 20,000円の80%は16,000円
  • 40,000円の80%は32,000円
  • 60,000円の80%は48,000円
  • 80,000円の80%は64,0000円

上記のようになるので、利用料金の未払いには注意してください。

デポジットは解約しなければ戻ってこない

デポジット金は、ETCパーソナルカードを解約すると払い戻しを受けることができます。

返金は解約から5年以内なら申請可能であり、指定の口座にデポジット金が振り込まれる仕組みになっています。

ただし、利用料金の支払いが全て終わっていなければいけないほか、返金までは約1〜2ヶ月かかってしまいます。

デポジット金は最大で8万円と非常に高額なので払い戻し忘れがないように、解約する場合は速やかにデポジットの払い戻しの手続きも行うようにしましょう。

ちなみに、利用料金の未払いが続くなどして強制解約させられた場合は、払い戻しを受けることはできません。

気軽に使いたいならクレジットカードのETCがおすすめ

ETCパーソナルカードは、審査が不要であるというメリットを持つ一方で、申し込みの手間やデポジットの存在など、人によっては使いにくいと感じることもあるでしょう。

そういった人は、クレジットカードの付帯サービスとしてETCカードが入手できるのであれば、そちらを利用することをおすすめします。

付帯のETCの中には無料で利用できるものもあるほか、クレジットカードの審査にすでに通っているためETCの発行にあたっての審査もデポジットも不要です。

また、中には即日のものもあるなど入手までに時間がかからないのも大きな特徴です。

付帯のETCが利用できるのであれば、ETCパーソナルカードは無理して利用する必要はありません。

まとめ

今回は、ETCパーソナルカードのデポジット金の概要と、仕組みについて開設しました。

デポジットがあるおかげで、審査が不要になるという側面があるETCパーソナルカードですが、あくまでも利用できるのは有料道路の支払いのみです。

また、デポジット金も決して安くはないため、どうしてもETCカードが必要という場合などに利用を検討してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました