パルコカードの即日は2019年6月15日で終了…最短でパルコカードを手に入れる方法は?

パルコカードの即日は2019年6月15日で終了…最短でパルコカードを手に入れる方法は? クレジットカード

パルコカードは、商業施設パルコでお得に使えるクレジットカードです。年会費は無料です(アメックスブランドを除く)。

パルコはかつてセゾングループの一員だったため、大丸松坂屋の系列になった現在も、ハウスカードのパルコカードはセゾンカードが発行しています。

即日発行で知られるセゾンカードのラインナップのため、かつてのパルコカードも即日発行してもらえるクレジットカードでした。セゾンカードと同様の、カウンターで手渡ししてもらえる仕組みによります

2019年に、この即日発行はすでに消滅しています。

ですが現在これに変わって別の仕組みが登場していて、パルコカードの申込当日にお買い物ができます。
この「ポケパル払い」をご紹介します。

パルコカードの現物を、早く手に入れる方法ではありません。

アプリで申込みの日からすぐ使えるポケパル払い

即日発行のクレジットカードに人気があるのはなぜでしょうか。

海外旅行のために持っていく、あるいはキャッシングでお金を借りたいという用途であれば、基本的にはクレジットカード現物を受け取らなければ役に立ちません。

ですが、カードを申し込んだ日に買い物をするのが目的であれば、別の方法もあります。この、現在ではまだ珍しい方法が、パルコカードの「ポケパル払い」なのです。

2019年10月23日から始まった、最新のサービスです。

申し込んでから最短20分で利用できるというのが売り物です。もちろん、パルコカードの審査に通ることは大前提です。

ポケパル払いによって、パルコカードを申し込んだその日にバーチャルカードが発行され、それを登録するとパルコで買い物をすることができます。

即日発行できなくなっているカードのため、申し込んですぐ手元にパルコカードの現物があるわけではありません。それでもスマートフォンがあれば買い物できます。

ポケパル払いとは?

2019年は、PayPay、LINE PayなどQRコード決済の普及によって、世間が大きく賑わった年でした。

これらの決済では、スマートフォンのアプリ画面に表示される、または店舗店頭にあるQRコードを読み取ることにより、決済がおこなわれます。

ポケパル払いも基本的には同じ仕組みです。

一般的なQRコード決済と違うのは、次の点です。

  • 利用可能なのがパルコ内の店舗に限る
  • 利用代金はパルコカードの決済となる

そしてこのポケパル払い、パルコカードがお手元に届くまでの、暫定的な利用方法ではありません。カードが届いてからも、引き続き使えます。

パルコに行く際には、カードを持ち歩かなくていいのです。ただし一部対象外のパルコ内店舗があります。
キャッシュレスの手段が豊富になった現在、クレジットカードは直接決済に使うことももちろんありますが、電子マネーやQRコード決済と組み合わせ、裏方として機能することも増えました。

パルコカードとポケパル払いとの関係性も、時代の象徴として映ります。
パルコカードで貯めたポイントの利用も、ポケパル払いで可能です。

ポケパル払いはセゾンカードのサービス

ポケパル払いは、パルコカードの発行元であるクレディセゾンのサービスです。

ポケパル払いは現在パルコカードのみで実施しているサービスですが、クレディセゾンはこの方式に一般名称も与えています。「セゾンカードレス決済」といいます。

名称をすでに用意しているということは、今後セゾンカード全体にも波及する可能性があります。

セゾンカードで現在おこなっている、即日カード発行にも影響があるかもしれません。

ポケパル払いでパルコカードを申し込む

ポケパル払いで当日買い物することを前提に、パルコカードを申し込む方法を見ていきます。

パルコカードは他のカードと同様、オンラインで入会申込みができます。

セゾンカードのラインナップなので、セゾンカードカウンターで申し込むこともできます。

ただ、普通のオンライン申込みやカウンター申込みだと、後日カードが送られてくるだけです。この場合、ポケバル払いは利用できません。

申込当日にパルコで買い物をするためには、またはカード到着後もスマートフォンで買い物をしたい場合には、必ずポケパル払いで申し込んでください。

ポケパル払いの申込方法

パルコカードは18歳以上であれば申込み可能です。ポケパル払いも同様です。

まず、パルコのスマートフォンアプリ「POCKET PARCO」をAppstoreまたはGoogle Playからインストールします。

アプリからでないとポケバル払いは利用できません。

このアプリは、クーポン受領などパルコのサービスを受けるためのもので、パルコカードやポケパル払いに用途が限定されているものではありません。

アプリを起動すると、マイページメニューにPARCOカードの発行ボタンがあります。
「即時利用する」を選択し、個人情報を入力します。

通常20分程度で審査が終了すると、バーチャルカードが発行されます。これをマイページに登録するとポケパル払いの準備OKです。

あまりにも簡単に手続きが進んでしまいますが、クレジットカードを申し込んでいることはしっかり認識しておきましょう。

なお後述しますが、ポケパル払いを利用できない人もいます。

ポケパル払いの申込みの注意点

ポケパル払いの注意点を挙げてみます。

あまり他には見られない仕組みのため、勘違いすることもあるでしょう。

ポケパル払いは新規申込者限定サービス

ポケパル払いは、パルコカード到着後も引き続き使えるサービスです。

既存のパルコカード会員もこのサービスが受けられそうに思えますが、新規申込者限定となっています。

ポケパル払いの申込時間

ポケパル払いは、午後8時から翌朝10時までの時間帯には、申し込みはできますが即時利用はできません。

もっともパルコも閉まっている時間帯ですから、それで困る人はいないはずです。

ポケパル払い必要書類について

ポケパル払いを利用するためには、次のいずれかが必須です。

  • 運転免許証
  • 特定の銀行口座情報

以下の銀行口座が対象になります。

  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 関西みらい銀行
  • ゆうちょ銀行

対応している銀行口座はこれだけです。メガバンクの一角、三井住友銀行の名前がありません。

これらの銀行口座を持っていれば、ポケパル払い申込時にオンラインで口座登録ができます。これで本人確認ができるため、運転免許証がなくてもいいのです。

上記の銀行口座がなく、かつ運転免許証もない場合は、パルコカードを申し込むことはできてもポケパル払いは利用できません。

昨今は、本人確認が非常に厳しくなっていますので、仕方ないでしょう。
運転免許証を提出する際にはアプリで撮影します。

それだけでなく、自分の顔写真も撮る必要があります。本人確認の一環です。
顔写真を撮ることに抵抗のある人もいるかもしれませんが、本人確認のため自撮り写真が必要なサービスは、徐々に増えてきています。

パルコカードの特徴

ポケパル払いを中心に見てきましたが、パルコカードの特徴も押さえておきましょう。

ポケパル払いで買い物するとしても、それはパルコカードの決済となります。

パルコカードは国際ブランドを以下4種類から選べます。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • アメリカン・エキスプレス(年会費3,000円・税別)

アメックス以外は年会費無料です。

券面の色はシルバー系ですが、年会費3,000円するアメックスブランドだけゴールド系の色をしています。

パルコでポイントが多く貯まる

パルコカードは、どこでも買い物はできますが、パルコで使ってもっとも大きなリターンのあるカードです。

パルコカード優待も数多く実施されています。
それから、ポイント付与です。

アプリ登録をすることでポイント加算(110円の買い物につき1ポイント=1円)もあります。ポケパル払いを使えない人でも、アプリの登録は必ずしましょう。

パルコ内で買い物をすると、110円につき3ポイント付与されます。ポイント還元率2.73%という優秀な数字です。

そして、パルコでの年間利用額により、翌年のパルコでのポイント還元がさらに増えます(プレミアムステージ)。

年間50万円利用するとプラチナ会員となり、この場合翌年のポイント還元が、110円に付き7ポイントとなります。

ここまで使わないとしても、年間10万円利用で、翌年110円につき5ポイント付与となるシルバー会員ぐらいであれば、簡単に手が届くでしょう。ポイント還元率4.55%です。

永久不滅ポイントも貯まる

パルコカードはセゾンカードでもあります。

パルコ以外で使っても、セゾンカードのポイントプログラム、永久不滅ポイントが貯まります。

利用額1,000円につき1ポイント(=5円)貯まりますので、ポイント還元率0.5%という、ごく平均的な付与率です。

ポイント有効期限は名前の通り、ありません。

アメックスブランドは海外旅行傷害保険付帯

年会費3,000円のパルコカード・アメックスには、以下のサービスが付帯しています。

  • 海外旅行傷害保険
  • 国内旅行傷害保険
  • ショッピング安心保険

海外旅行傷害保険については、世間のゴールドカードクラスの補償が付いています。

もっとも重要な補償は、病気やケガにより現地で医療を受ける際の費用ですが、これが本会員・家族カード会員ともども300万円となっています。

そして、カードを持っているだけで保険が適用になる、自動付帯です。

補償額は十分ですが、家族特約はないので、家族カードを持てない18歳未満の子供を連れて海外に行く場合には、これだけでは不足です。

ただし夫婦で行く場合なら十分でしょう。
海外に毎年行くような人には、アメックスブランドもお勧めです。

パルコカードでポケパル払い

ポケパル払いでパルコカードを申し込み、QRコード決済により即日で買い物をする方法を見てきました。

最初から、ポケバル払いを前提に、パルコカードを申し込む必要があるという点に気を付けてください。

ポケパル払いもパルコカード本体も、パルコで使わないとあまり意味のないカードです。

逆にパルコをよく使う人にとっては、必ず持つべきカードだといえるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました