パルコカードの審査に落ちた原因と再申し込みの注意点は?

パルコカードの審査に落ちた原因と再申し込みの注意点は? クレジットカード一覧

パルコカードと呼ばれるクレジットカードがあります。その名の通りショッピングモールなどを展開しているパルコでお得なクレジットカードです。

パルコを利用している人であればパルコカードの発行したいものではありますが、申し込みをしたものの審査に落ちてしまった人もいることでしょう。

なぜ審査に落ちてしまうのでしょうか。パルコカードの審査に落ちた原因と再申し込みする時の注意点について解説をしていきます。

パルコカードの審査が厳しいから審査に落ちた?

そもそもパルコカードの審査に落ちた原因はパルコカードの審査難易が厳しいからなのでしょうか。

パルコカードの審査に関するクチコミを見てみる限り、審査の難易度が特に厳しいとは感じられないクレジットカードです。

そのためパルコカードの審査に落ちたのであれば、何かしら自分に原因があると考えるべきです。

ただ、クレジットカードの審査は多角的に進められるものです。特定の条件だけでパルコカードの審査に落ちたとは言い切れません。具体的に考えられることを以下ではご説明していきます。

パルコカードの審査落ちの原因とは

パルコカードの審査に落ちてしまった原因はどこにあるのでしょうか。考えられることは多数存在しています。

ただ、それらすべてについて検討することは現実的ではありません。以下では原因として特に考えられることをご説明します。

申し込み内容に不備があった

わかりやすいものではパルコカードの申し込み内容に不備があったことです。

クレジットカードの申し込みは正確性が問われます。審査ではクレジットカード会社との信頼関係を作れるかが問われますので、間違った情報で申し込みをすることは避けなければなりません。

特に間違った情報で申し込みをすると、クレジットカード会社は虚偽の情報で申し込みをしたと判断することがあります。意図して間違った情報を申請していなくとも、不備があるとそれだけで悪印象を与えてしまうのです。

クレジットカード会社も全ての申し込み内容が虚偽であるのか不備なのかを確認していません。不備があると問答無用で審査に落としていることも考えられます。

そのような状況を引き起こさないようにするためにも、申し込み内容に不備はないようにしなければなりません。不備があることで審査落ちしている可能性があります。

短期間に複数枚のクレジットカードに申し込んだ

短期間に多くのクレジットカードに申し込みをすることで審査に落ちている可能性もあります。これは一般的にクレジットカードの多重申し込みと言われています。

クレジットカードの申し込み履歴は信用情報に記録されています。いつどのクレジットカードに申し込みをしたのかは、信用情報を確認することによって把握できます。

クレジットカード会社は審査で信用情報を利用しますので、クレジットカードの申し込み履歴は必ず確認できるようになっています。

短期間で多くのクレジットカードに申し込みをしている場合、クレジットカード会社に悪印象を与えてしまいます。悪印象を与えてしまうことによって審査に落ちてしまうことがあります。

在籍確認や本人確認できなかった

クレジットカードに申し込みをする場合、在籍確認や本人確認が発生します。

クレジットカード会社も架空の人物にクレジットカードを発行できませんので、これらの確認はしっかりとされるようになっています。

そのため、何かしらの都合で在籍確認や本人確認に失敗した場合、クレジットカードの審査に落ちてしまいます。実在しない人物からの申し込みと判断されたり、虚偽の申し込みであると判断されたりします。

在籍確認は電話連絡となっていますので、適切に対応しなければ本人確認されていない扱いとなってしまうことがあります。難しい対応ではありませんが、在籍していないような対応をされないようには注意しておかなければなりません。

申し込み条件を満たしていない

そもそも申し込み条件を満たしていない可能性もあります。申し込み条件を満たしていない状況でクレジットカードの申し込みをすると、言うまでもありませんがクレジットカードの審査に落ちてしまいます。

クレジットカードには様々な申し込み条件が設定されています。

ただ、パルコカードの場合には年齢制限だけです。年齢制限をクリアさえしていれば申し込み条件で落とされることはないでしょう。

未成年者は親の同意はあればOK

未成年であることによってクレジットカードの審査に落ちてると考える人もいます。

ただ、実際には未成年でも親権者の同意があれば申し込み可能です。パルコカードの場合には18歳以上から申し込みができます。18歳以上20歳未満の場合には親権者の同意が必要です。

親権者の同意を表すためには所定の同意書を提出しなければなりません。通常のインターネット申し込みだけでは完結できませんので、この部分を勘違いしていることによって審査落ちしてしまう可能性はあります。

過去に滞納や延滞をしていた

過去に滞納や支払い遅延をしていたことで審査落ちすることもあります。

クレジットカードは信用力で発行できるものです。支払遅延や滞納が発生すると信用力が下がってしまいます。クレジットカード会社は信用力がないことによって審査に落としてしまう可能性があります。
今までの支払い履歴は信用情報に記録されています。

保存される期間は制限されていますが、その期間に滞納や支払い遅延があると悪印象を与えてしまいます。支払遅延などがあるとクレジットカードを発行しても同じように支払い遅延を引き起こす心配をされてしまうのです。

過去に一度でも支払い遅延などがあると審査に落ちてしまうわけではありません。その点は勘違いをして、必要以上に心配することがないようにしなければなりません。

クレジットカード履歴がなかった

クレジットカードの利用履歴がない場合も審査に落ちてしまうことがあります。

これは年齢とのバランスによるものですが、例えば30歳以上でクレジットカードの利用履歴がない場合、何かしらクレジットカードを発行できなかった理由があるのではないかと警戒されてしまいます。

この点は悪意がなくても警戒されてしまいますので本人にはどうすることもできない部分です。

他社の借入は多い

既に他社での借り入れ金額が大きい場合には審査に落ちてしまうことがあります。

クレジットカードの審査では他社の利用状況も確認されています。年収に対して多くのクレジットカードを発行していたり、借入金額が多い場合には貸し倒れを警戒して審査に落ちてしまいます。

パルコカード再申し込みの際の注意点

パルコカードに再申し込みする際には注意しなければならないことがあります。

具体的に以下でご説明をします。

審査落ちから半年間待って申し込む

審査落ちしてから半年待って申込みをしましょう。半年以内に申し込みをすると、信用情報に記録が残っていることもあり、再度審査に落ちてしまう可能性が高まります。

逆に半年間待ってから申し込みをすると、信用情報の記録が消えていますのでまっさらな状態です。その状態で申し込みをすると新しい気持ちで審査を受けられます。

滞納している料金をなくす

滞納している支払いがある場合には審査に落ちてしまう可能性が高まります。そのため、これらを解消することで審査に通過できる可能性があります。

この問題は純粋に支払いをするしかありません。とにかく支払いをして、滞納をなくしてから申し込みをするように注意しましょう。

定職について安定収入を得る

クレジットカードの審査では収入の安定性が問われます。そのため、定職について安定収入を得ることで審査に通過できる可能性が高まります。

具体的にどの程度の仕事をしていれば安定収入と言えるかは判断が難しい部分ではあります。ただ、フリーターでも長く働いている場合には安定収入と判断されますし、長く働くことを意識してみると良いでしょう。

パルコカードの審査に落ちた方におすすめのクレジットカード

パルコカードの審査に落ちた場合には他のクレジットカードの申込みもおすすめです。

以下ではパルコカード以外におすすめしたいクレジットカードをご紹介します。

ACマスターカード

パルコカードの審査に落ちた人に特におすすめなものがACマスターカードです。アコムが発行しているクレジットカードであり、全体的に審査が甘いことが特徴です。

また、審査が甘いだけではなく最短で即日発行が可能です。スムーズに手に入る点もメリットです。

ACマスターカードのメリット

ACマスターカードにはどのようなメリットが有るのかを以下ではご説明します。

キャッシングの限度額が高い

消費者金融が発行するクレジットカードということもあり、キャッシングの限度額が高いことがメリットです。

多くのクレジットカードでは最大でも100万円に設定されるのですが、ACマスターカードであればそれ以上の金額が設定されることもあります。

キャッシングを重視する人にとってはメリットです。

カードが発行可能か事前に知ることができる

公式サイトを利用するとACマスターカードを発行可能かどうか事前に確認できます。

実際に申し込みをしても審査に落ちることはありますが、事前の確認で門前払いにならないかどうかを知れるメリットがあります。

最短で即日発行ができる

上記でもご紹介したとおり、ACマスターカードは最短で即日発行ができるクレジットカードです。

一般的にクレジットカードを発行する場合、一週間程度の期間が必要となってしまいます。手に入れるまでには時間を要するのです。

しかし、ACマスターカードを利用すれば最短で即日発行ができますので、急いでクレジットカードを手に入れたいときでも安心です。

年会費が無料

ACマスターカードは年会費が無料のクレジットカードです。年会費が発生するクレジットカードであれば維持費が気になってしまいます。

しかし、パルコカードと同様に年会費無料ですので安心して利用できます。

ACマスターカードのデメリット

ACマスターカードにはどのようなデメリットが有るのかを以下ではご説明します。

保険が無い

年会費が無料のクレジットカードであり保険が付帯されていないことがデメリットです。

ただ、年会費が無料のクレジットカードは何も保険が付帯されていないものが多数あります。そのため、ACマスターカードだけのデメリットではありません。

ETCカードや家族カードが無い

ETCカードや家族カードの発行ができないこともデメリットです。

最近はETCカードを利用している人も多いことでしょう。しかし、ACマスターカードはETCカードを発行するためのクレジットカードには利用できません。

また、家族カードの発行もできませんので、家族がクレジットカードを発行するときは個別に申込みが必要です。

ポイントが貯まらない

クレジットカードではありますが、ポイントが全く貯まらない点もデメリットです。

基本的にクレジットカードを利用することでポイントが貯まることをメリットだと感じている人が多いものです。しかし、ACマスターカードは利用しても全くポイントを獲得できません。

リボ払い専用

リボ払い専用のクレジットカードです。一回払いを指定したとしても、自動的にリボ払い扱いとなります。

そのため、意識して利用しなければリボ払いの手数料が高額になる可能性もあります。繰り上げ返済ができますので、一回払いのように利用しなければなりません。

ACマスターカードの支払日・締め日

ACマスターカードは毎月20日が締日であり、翌月6日が支払日です。これが基本サイクルですので、この期間にアコムの無人機などで支払いをします。

また、利用をしてから35日以内に支払いをするサイクルも存在しています。その場合には、翌月7日から35日以内に支払いをしなければなりません。

ライフカードCh(有料)

最近新しく発行されているクレジットカードにライフカードCh(有料)と呼ばれるものがあります。こちらもおすすめのクレジットカードです。

ライフカードChのメリット

ライフカードCh(有料)にはどのようなメリットが有るのかを以下ではご説明します。

弁護士に法律相談が1時間無料

ライフカードCh(有料)には弁護士に法律相談が1時間無料でできるメリットがあります。日頃から積極的に利用するサービスではありませんが、万が一の備えとしては十分なものです。

ライフカードが提携している弁護士を紹介してもらえるサービスですので、相談できる弁護士も安心できるメリットもあります。

審査のハードルが高くない

パルコカードの審査に落ちても申し込みができる程度には審査のハードルが優しいメリットもあります。
具体的にライフカードCh(有料)の審査が甘いと公表されているわけではありません。

ただ、口コミなどを見る限りでは審査のハードルが高くないクレジットカードと判断できます。

通常のカードと見た目が全く同じ

ライフカードCh(有料)は通常のライフカードと見た目が全く同じメリットがあります。

そのため、ライフカードCh(有料)を利用していても、通常のライフカードを保有しているかのように振る舞えます。他のクレジットカードを利用していることが恥ずかしいと感じるような人でも利用できます。

ライフカードChのデメリット

ライフカードCh(有料)にはどのようなデメリットが有るのかを以下ではご説明します。

年会費が有料

年会費が有料である点はデメリットです。パルコカードを含めて、最近は年会費無料のクレジットカードが大半です。

しかし、こちらの場合は年会費が発生しましまいますのでその点には注意が必要です。ただ、年会費が必要となることで審査に通過しやすいクレジットカードでもあります。

国際ブランドがMasterCardのみ

通常のライフカードであればVISA・Mastercard・JCBの3つから国際ブランドを選択できますが、ライフカードch(有料)で選べる国際ブランドはMastercardのみになっています。

パルコカードの審査に落ちたらまず半年間は待とう!

パルコカードの審査に落ちてしまった場合、半年間は申し込みを避けることが重要です。短期間で連続して申し込みをしてしまうと、結局審査に落ちてしまう原因となります。

クレジットカードの申し込みを半年以上避けることによって、信用情報からクレジットカードの申し込み履歴がなくなります。

まっさらの状態でパルコカードの審査を受けられます。そうすることで審査に通過できる可能性が上がりますので、パルコカードの審査に落ちてしまった場合には半年以上あけてから再申し込みをしましょう。

タイトルとURLをコピーしました