【ETCカード】オリコカード・ザ・ポイントの締め日と引き落とし方法とは

ETCカードの利用履歴に時間は書いてあるの? オリコカード

自分が今使っているクレジットカードの締め日と引き落とし日をきちんと把握していますか?

「お金が口座に残っていない」「お金を別の口座から移すのを忘れていた…」

クレジットカードは信用で成り立っているので、一回の支払いミスがその後の信用上に大きく関わってきます。

そうならないためにもクレジットカードの締め日と引き落とし日を把握しておくことは重要です。

今回は、数あるクレジットカードの中でも、オリコカード・ザ・ポイントを取り上げ、締め日引き落とし日、また支払日に間に合わない時の対処法をご紹介していきます。

オリコカード・オリコETCカードの締め日と支払日はいつ?

オリコカード・ザ・ポイントは、信販会社であるオリコカード株式会社から発行されているクレジットカードです。

オリコカード・ザ・ポイント以外にも、複数のクレジットカードを展開していますが、オリコカード・ザ・ポイントを含めたいずれのクレジットカードも締め日は毎月末日となっています。また、支払いは翌月27日です。

つまり、毎月末日に締められて確定した金額を翌月の27日に支払うということです。

金融機関が休業日の場合は、翌営業日の引き落としとなります。前倒しではないので注意してください。また、引き落とし日の変更はできません。

なお、オリコETCカードの締め日と支払日は、オリコカードの締め日・支払日と同じ日です。

オリコカードのボーナス払い支払日は?

オリコカード・ザ・ポイントには、ボーナス払いという支払いシステムがあります。

これは、毎月のクレジットカードの支払いをボーナスが支給される夏と冬にまとめて払うことができるというものです。

支払い月は夏だと6月、7月、8月。冬だと12月、1月となっており、カードでショッピングをするタイミングで支払いの月を指定することができます。

このシステムを利用すれば例えば、4月にたくさん買い物をしたものの、5月に支払うのは少しきついという時に、ボーナスが入った後の7月に支払いを変更できます。

引き落とし日に関しては、通常の引き落としと同じで27日となります。

オリコカードの引き落としされる時間は?

引き落とし日は27日と決まっていますが、中には27日の何時頃に引き落とされるのか気になる人もいるのではないでしょうか?

ただ、残念ながら何時に引き落としが行われるのかは具体的にはわかりません。利用する金融機関によっても変わるため、朝に引き落とされていることもあれば、午後に引き落とされていることもあります。

そのため、必ず引き落としの前日までには口座に支払い金額が入っている状態にしておきましょう。「当日のお昼に入金しておけばいいや〜」と考えていると、午前中に引き落としがあり、残高不足扱いになってしまう可能性があります。

残高不足の状況が何回も続くとカードの利用ができなくなる恐れがあるほか、信用情報に傷がつき、クレジットカードの新規発行やローンの申請が通りにくくなってしまうため、注意してください。

残高不足で引き落としされなかったときの再支払日は?

引き落とし日を知っていたとしても、忙しくて入金を忘れてしまい、残高不足で引き落としが行われなかった、といったケースも中にはあるかと思います。

引き落としができなかった場合、金融機関からカード会社に連絡が入り、その後カード会社から利用者に振込用紙の案内が郵送されます。

この振込用紙を使って利用料金の振込を行なってください。また、利用者によっては再度引き落としが行われるケースもあります。この場合、遅延損害金や催告手数料が発生することがあるので注意してください。

オリコカードの支払い日にお金が間に合わないときの対処法

いくら注意していたとしても、口座からの引き落とし日に口座にお金がない、という事態になってしまう可能性もあります。

続いては、そうなった時の対処法について解説します。

クレジットカード会社に早めに連絡しよう

引き落とし日に口座にお金がないことがわかったら、まず早めにクレジットカード会社に連絡をするようにしましょう。

オリコカードの場合オリコサービスセンターに電話をすることで、振込用紙を郵送してもらうことができます。
なお、サービスセンターの電話番号は東日本と西日本で異なるので注意してください。

東日本の場合:東京第一サービスセンターに電話する 049-256-1151
西日本の場合:福岡サービスセンターに電話する 092-261-5616

受付時間はいずれも土曜、日曜、祝日を除く平日の9時30分~〜17時30分までとなっています。

支払PASSやリボ払いに変更する

引き落とし日に間に合わない場合、支払い方法を変更するという選択肢もあります。

オリコカード・ザ・ポイントの場合、「支払PASS」もしくは「あとリボ(リボ払い)」が利用可能です。

支払PASSとは

支払PASSとは、その月の支払いを翌月以降のリボ払いの返済にすることができるサービスです、予想以上に使い込んでしまう支払いが大変という場合でも、支払いPASSを利用することで負担を軽減できます。

なお、支払PASSは毎月11日~23日までが申し込み期限となっているので、利用するときは早めに申し込むようにしましょう。利用明細書が届いてからでも申請可能です。

支払PASSについては、以下の電話番号から問い合わせることができます。

○オリコカードセンター
049-271-3330

※ダイヤル3の後にダイヤル4をプッシュするとつながります

あとリボとは

あとリボとは、1回払いや2回払い、カードキャッシングなど、カードの利用分をリボ払いに変更できるサービスです。

一般的なリボ払いは、買い物をするタイミングで支払い方法を指定することになりますが、あとリボであれば、買い物をした後でもリボ払いへの変更が可能です。

中には、1回払いにしか対応していない買い物でもリボ払いにすることができるケースもあるなど、非常に便利なサービスだと言えます。

あとリボにすることで、毎月の支払い金額が一定になるほか、使いすぎた月の負担が減ります。また、お金に余裕のある月はまとめて支払うことも可能です。

申し込み期限は、毎月20日から支払い予定月の8日の23時59分までです。

問い合わせは、以下の「あとリボ」申込専用ダイヤルから行なってください。

○あとリボ専用ダイアル

0120-781-883

こちらは24時間音声応答のダイヤルとなっています。

なお、先述の支払PASSもリボ払いにするサービスですが、支払いPASSは、新規で融資契約を結ぶ形になるという点であとリボとは異なります。

支払方法変更に数日かかるため支払日直前だと間に合わない点に注意しよう

「支払いPASS」や「あとリボ」は、いざという時に便利なサービスですが、申し込むタイミングによっては手続きに数日かかるケースもあり、期日直前の申し込みだと間に合わない可能性もあります。

「もしかしたら足りるかもしれないからギリギリまで待とう」とするのではなく、「口座残高から見て、今月は危ないな」と思ったら早い段階で申し込みを行うようにしましょう。

リボ払いはあくまで最終手段!

クレジットカードを使っていると、ついついリボ払いに頼ってしまいますが、リボ払いは手数料が別途かかるほか、返済が長引く可能性もあります。また、それにともない利息もかかってしまいます。

さらに、毎月の支払い額が一定となるため、借金をしているという感覚があまりないというデメリットもあります。そうなると、どんどんリボ払いの金額が膨らんでいくかもしれません。

オリコカードの締め日と支払日を管理して、支払い忘れがないようにしよう

今回は、オリコカード・ザ・ポイントの締め日と支払日を紹介しました。オリコカード・ザ・ポイントを含むオリコカードの締め日は毎月末日、支払日は翌月の27日です。

基本的には期日までに引き落とし口座にお金を入れておくようにしましょう。

一方で、どうしても期日に支払うことができない場合は、「支払PASS」や「あとリボ」を利用することもできます。ただし、リボ払いは借金が膨らむリスクもあるので、最終手段として考えておくようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました