オリコカード・ザ・ポイントを解約する方法とは?ETCカードや貯めたポイントはどうなる?

ライフカードの審査基準は甘いって本当? オリコカード

クレジットカードはキャッシュレスでの決済が可能になるなど、非常に便利なものですが、中には「あまり使わないから解約したい」という人もいるのではないでしょうか。

今回は、数あるクレジットカードの中でも、株式会社オリエントコーポレーションが展開するクレジットカードであるオリコカード・ザ・ポイントの解約方法について解説します。

また、合わせて解約することで、付帯サービスとして利用できるETCカードや貯めたポイントがどうなってしまうのかについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

オリコカードを解約する方法

オリコカード・ザ・ポイントを含めた各種オリコカードを解約する方法としては、大きく分けて以下の2つがあります。

  • 電話で解約する
  • 郵送で解約する

それぞれについて確認していきましょう。

電話で解約する

オリコの公式サイトには記載されていませんが、電話からでもカードの解約が可能です。問い合わせ先はオリコカードセンターで、電話番号は住んでいる地域によって変わってきます。

北海道 011-261-6002
東北 022-215-2655
関東・甲信越 049-271-3330
東海・北陸 052-735-3525
近畿 06-6821-3860
中国・四国 082-225-5360
九州・沖縄 092-722-5477

受付時間は9時30分から17時30分で年中無休で対応可能です。

解約手続きは本人しか行えないため、必ず本人が電話をかけるようにしましょう。

また、音声ガイダンスに従って操作を行うのですが、その際にカードの番号を求められるため、手元にオリコカード・ザ・ポイントを用意してください。

案内に従って手続きを行えば解約手続きは完了です。

郵送で解約する

解約は脱会届を郵送することでも行えます。

脱会届はインターネット上でダウンロードすることができるほか、資料請求をすることもできます。

PDFファイルをダウンロードして郵送する

オリコの公式サイトのURLから脱会届をPDFファイルでダウンロードすることができます。

これを印刷し、必要事項を記入した上で郵送してください。

郵送先はPDFファイルに印字されています。なお、郵送時に切手代を負担することになるので注意してください。

解約書類を郵送してもらう

「脱会届を印刷するプリンターがない」という場合は脱会届を郵送してもらうこともできます。

脱会届を請求すると、数日後に自宅に書類が届くので、必要事項を記入した上、一緒に送られてくる返信用封筒に書類を入れて、ポストに投函し手続き完了です。

返信用封筒には切手を貼る必要はありません。

オリコカードの解約届に記入する内容

解約届に記入するのは以下のようなものとなっています。

  • 名前
  • 住所
  • カード名称
  • 生年月日
  • 電話番号
  • カード番号    など

たくさんの情報を記入するわけではないので、脱会届を入手したらすぐに記入するようにしましょう。

オリコカードを解約するとポイント・年会費・付帯カードはどうなる?

解約手続き自体は決して難しいものではありませんが、オリコカード・ザ・ポイントをはじめとした各種オリコカードを解約するとそれまで貯めていたポイントや付帯カードはどうなるのでしょうか。

貯めていたポイントは解約後にすべてなくなる

残念ながら貯めていたポイントはカードを解約すると全て使えなくなってしまいます。

カードを解約する前に必ず残りのポイント数や有効期限を確認するようにしましょう。

あと少しで、商品やギフト券と交換できるという状況なら解約を少し延期することを検討した方がお得かもしれません。

なお、ポイントに関しては、eオリコサービス・オリコポイントゲートウェイというインターネットサービスで確認可能です。

解約したら年会費はかかる?

解約すると年会費がかからない、と思っている人もいるかもしれませんが、解約するタイミングによって年会費が発生するので注意が必要です。

年会費が発生しないのは、年会費請求月の前月末日までに解約手続きが完了している場合です。

年会費の請求月はカードの有効期限の翌月で、例えばカードの有効期限が12月であれば、12月末日までに解約手続きを済ませておく必要があるということになります。

タイミングを間違えないためにも、カードに記載されている有効期限を必ず確認するようにしましょう。

年1度の利用で年会費が無料になるオリコカード

オリコカードの中には、年1回の利用で年会費が無料で利用できるカードもあります。そこでここでは、年1回の利用で年会費が無料になる以下のカードについて紹介します。

  • UPty(アプティ)
  • OricoCard PayPass(オリコカード ペイパス)
  • OricoCard Visa payWave(オリコカード ビザ ペイウェーブ)
◆UPty(アプティ)

UPty(アプティ)は、リボ払い専用のカードです。年会費は通常だと1,250円(税抜)ですが、年に1回以上のカード利用で年会費無料になります。

また、最大で2倍のポイントを貯めることができるほか、電子マネーの「iD」や「QUICPay」にも対応しています。

◆OricoCard PayPass(オリコカード ペイパス)

OricoCard PayPass(オリコカード ペイパス)は、日本で初めてシルバーチップを搭載したNFC対応のコンタクトレスカードです。

こちらも年1回以上の利用で年会費無料になるほか、海外でショッピングなどをした際にはポイントが2倍、最高2,000万円の海外旅行傷害保険付帯など海外によく行く人にとって便利なカードだと言えます。

◆OricoCard Visa payWave(オリコカード ビザ ペイウェーブ)

OricoCard Visa payWave(オリコカード ビザ ペイウェーブ)は、「Visaのタッチ決済」に対応しているカードです。こちらも海外での利用時に便利なカードだと言えます。

年間10万円の利用で年会費が無料になるオリコカード

年1回の利用ではありませんが、年間で10万円以上を利用することで年会費無料になるカードもあります。それが「Orihime(オリヒメ)」です。

通常だと年会費3,000円(税抜)ですが、10万円以上の利用で年会費0円になります。

こちらのカードは、国内外の宿泊施設を優待価格で利用できるOrihime Club Offがついているほか、日本各地の飲食店の利用料金が20%オフになるプログラムNも利用できます。

さらに、専門家によるサポートが受けられる健康コンシェルジュなど、女性向けのサービスが充実しているのが特徴です。

年会費が無料にならないもの

条件次第で年会費無料になるカードがある一方で、年会費が必ず発生するカードもあります。

これは複数の種類があるため、全てを紹介することはできませんが、例えば以下のようなカードが挙げられます。

  • Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD (オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)
  • オリコカード   など

もちろん、年会費がかかるから悪いカードというわけではないので、自分に適しているものを選ぶようにしましょう。

ETCカードや家族カードも解約になる

本カードを解約すると、付帯カードであるETCカードや家族カードも使えなくなります。

「クレジットカードはほとんど使っていないけど、ETCカードはよく使う」「自分はカードを使わないけど、妻が家族カードを使っている」と言ったケースもあるかと思うので、解約する前に必ず付帯カードの利用状況も確認しておくようにしましょう。

オリコカードを解約する際にはポイント・未払い料金が残っていないかチェック

オリコカードを解約するときは、ポイントの残高や付帯カードの利用状況の他に、リボ払いをはじめとした支払い残高が残っていないか確認するようにしましょう。

当然ですが、解約したからと言って支払いが免除されるわけではありません。

解約後に請求がきて驚かないようにするためにも、解約前に必ず未払い料金がどのくらいあるのか確認しておくようにしてください。

また、親カードであるオリコカードを解約すると、各種ポイントや付帯カードが使えなくなるので、必ず解約前に確認するようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました