MUFGカードゴールドの審査基準と審査落ちの理由を解説!審査で見られるポイントは?

MUFGカードゴールドの審査基準と審査落ちの理由を解説!審査で見られるポイントは? MUFGニコス

MUFGカードゴールドは年会費初年度無料、次年度から2,095円(税込)と安価にも関わらず充実したサービス内容、申し込み資格の敷居が低いことが特徴のクレジットカードです。

この記事では、MUFGカードゴールドの審査基準やポイント、落ちた時の原因などについて解説します。

  1. MUFGカードゴールドの審査基準!安定した収入がポイント
    1. MUFGカードゴールドの申し込み資格は2点だけ
      1. 在籍確認の電話に繋がらないと審査に落ちる
    2. 20代・30代・主婦でも十分に審査に通る可能性がある
  2. MUFGカードゴールドの審査で見られているポイント
    1. 過去に滞納を起こしていない信用できる人物かどうか
    2. クレヒスがしっかりしている人物かどうか
    3. 継続的な収入があるかどうか
      1. 審査に通りやすい年収は250万円以上
  3. MUFGカードゴールドの審査難易度は?
  4. MUFGカードゴールドの審査に通るために絶対に覚えておきたいポイント
    1. 一番低い利用額で申し込む
    2. クレジットヒストリーを育てる
    3. 複数のクレジットカードに申し込まない
    4. キャシング枠は低く設定する
  5. MUFGカードゴールドを申し込む方法
    1. オンライン申し込みの流れ
  6. MUFGカードゴールドの審査に落ちる7つの原因とは?
    1. 原因①クレジットカードの利用実績が浅かった
      1. 申し込み者が信頼できるかどうかは、支払い能力でみる
    2. 原因②過去にクレジットカードの支払いを滞納したことがある
      1. 金融事故とは?どれくらい残るの?
    3. 原因③他の金融機関で年収の3分の1以上借りている
    4. 原因④収入が安定していない
    5. 原因⑤MUFGカードゴールドを同じ時期に複数のクレジットカードを申し込んだ
    6. 原因⑥在籍確認が取れなかった
    7. 原因⑦申し込みの内容に間違いがあった
  7. 審査に落ちたけどMUFGカードゴールドをどうしても作りたい!改善すべき点は?
    1. 収入・借り入れなど審査の項目を改善する
    2. 再審査はすぐ申し込まない!少なくとも半年間は待とう
    3. キャシング枠は0円で申し込もう
    4. 持っているカードの枚数を見直そう
  8. MUFGカードゴールドの審査に落ちたらすぐ申し込まず、改善してチャレンジ!
  9. MUFGカードゴールドは社会人1年目でも作れる可能性はある

MUFGカードゴールドの審査基準!安定した収入がポイント

MUFGカードゴールドの審査通過の第一関門として、入会資格をクリアする必要があります。

この章では、MUFGカードゴールドの審査基準や入会条件の詳しい内容について見ていきましょう。

MUFGカードゴールドの申し込み資格は2点だけ

MUFGカードゴールドの申し込み資格は次の2点です。

  • 学生を除く18歳以上(未成年は親権者の同意が必要)
  • 本人または配偶者に安定した収入がある

以前までゴールドカードは申し込み条件の年齢が高めだったり、平均よりも高い年収を求められたりする傾向にあり、ステータス性の高いクレジットカードとして認識されていました。

しかし昨今、ゴールドカードの入会条件の敷居や審査難易度は下がり、MUFGカードゴールドの場合も「18歳以上の社会人かつ安定収入のある人」という条件を満たしていれば十分に申込資格をクリアできます。

在籍確認の電話に繋がらないと審査に落ちる

在籍確認とは、審査担当者が個人名で申し込み者の勤務先に電話をかけ、申し込み者が「申請した会社で働いているかどうか」を確認する審査項目の一つ。

在籍確認が取れないと「安定した収入を得ているかどうか」の判断が付きづらくなるため、審査に落ちる可能性が高くなります。

とはいっても、入会申し込み者全員に在籍確認がおこなわれる訳ではなく、既に発行済みの他のクレジットカード作成時に同じ勤務先で申し込みをした履歴が確認できる場合は、在籍確認の電話が入らないこともあります。

20代・30代・主婦でも十分に審査に通る可能性がある

MUFGカードゴールドの審査では、個人属性が弱めと判断されがちな20代や30代の若年層や主婦でも十分に審査通過の可能性があります。

「ゴールドカードなのに主婦でも大丈夫?」という疑問を持つ方もいるかと思いますが、申し込み条件には「配偶者の収入が安定している」という記載があります。

したがって、同一生計をなす配偶者に安定した収入があれば、無収入の主婦でも支払い能力があると判断されるため、MUFGカードゴールドの審査に通る可能性が出てきます。

MUFGカードゴールドの審査で見られているポイント

申し込み条件などを確認したところで、次は実際にMUFGカードゴールドの審査で重点的に見られているポイントについて見ていきましょう。

過去に滞納を起こしていない信用できる人物かどうか

審査では、過去の金融履歴が一覧となって表示された資料をもとに審査可否の判断をくだします。

クレジットカード会社が審査で可決を出すには「申し込みをした人物が支払いにおいて信用できるかどうか」という点が大事。

したがって、過去にクレジットカードなどの延滞歴があると信用度は下がり、反対にきちんと支払いを続けてきた人物であれば信用度がアップします。

クレヒスがしっかりしている人物かどうか

クレヒスとはクレジットヒストリーの略語で、申し込み者の金融履歴を意味します。

また、「クレヒスがしっかりしている」というのは以下のような条件を満たす場合に使われます。

  • クレジットカードなどの金融商品の利用歴があり、なおかつ完済実績が多い
  • 完済実績または現在利用中の金融商品に支払い遅れの形跡がない

信用されるクレヒスは、実績の多さと支払い遅れのないことが重要。日頃の支払いは現金主義というような、クレジットカードをあまり利用しないような人の場合はクレヒスの積み上げは難しいでしょう。

少額でもクレジットカードを毎月利用し、なおかつ遅れのない支払いを続けていれば、しっかりとしたクレヒスが作られます。

継続的な収入があるかどうか

継続的な収入の有無は支払い能力の判断に直結します。転職回数が多かったり、転職しても短期間で職を変えていたりする状況が続いていると、安定収入の面では弱いと判断されます。

審査に通りやすい年収は250万円以上

MUFGカードゴールドの審査に通りやすい年収の目安は約250万円以上と考えてよいでしょう。

年収250万円以下でも審査に通った事例は見られますが、「通りやすさ」を考慮するなら、およそ20代の平均給与の250万円を目安に考えておきましょう。

MUFGカードゴールドの審査難易度は?

MUFGカードゴールドの審査難易度は低いと考えてよいでしょう。

1つめの理由は申し込み資格の基準が低く設定されていること。2つめは、MUFGカードゴールドは若年層をターゲットとして作られていることです。

また年会費も初年度無料、次年度から2,095円(税込み)と手頃であるのも理由となるでしょう。

したがって、MUFGカードゴールドは「スタンダードではなくゴールドカードを持ちたい」という若い人にも充分挑戦できるクレジットカードといえます。

MUFGカードゴールドの審査に通るために絶対に覚えておきたいポイント

ここでは、「MUFGカードゴールドの審査を絶対通過したい!」という方のために、審査に通る可能性を上げるポイントについて解説します。

一番低い利用額で申し込む

MUFGカードゴールドの利用可能枠は10~200万円。

利用可能枠は申し込み者の経済状況を考慮して決定されますが、申し込み画面で高い金額を希望すると審査難易度がアップします。

申し込み時はむやみに高い設定額を要求せず、最低必要の数字を入力しましょう。

クレジットヒストリーを育てる

クレヒスが全くない申し込みでは審査可否の判断を出す材料が不足するため、審査に通りづらくなる可能性が出てきます。

MUFGカードゴールドを作る前に、一般的なスタンダードカード(他社のでも可)を作り、少額でもよいので継続的な利用と遅れのない支払いを続けることでクレジットヒストリーを育てておきましょう。

複数のクレジットカードに申し込まない

短期間に複数のクレジットカードの申し込みは避けましょう。特に以下のような理由での申し込みは厳禁です。

  • キャンペーン期間中でお得だから、色々なクレジットカードを申し込んだ
  • 審査に通るか不安なので、複数のクレジットカード申し込みにチャレンジした

クレジットカードに申し込みをすると、申し込み履歴が半年間記録として残ります。

短期間の間に2~3枚のカード申し込みを「多重申込」と言い、審査上懸念事項として扱われ、充分な審査落ちの原因となります。多重申込が嫌がられるのは「お金に困っている」という印象をクレジットカード会社に与えるから。

よって、クレジットカードの申し込みは1枚と決め、次の申し込みは最低でも半年間以上の期間をあけましょう。

キャシング枠は低く設定する

キャッシング枠を希望すると、多重申込と同様に「お金に困っている」印象を与えてしまいます。

また、ショッピング枠とは別の審査が必要になるため審査難易度がアップします。キャッシング枠が必要でないのならば「希望しない」または「0」で入力しましょう。

どうしてもつけたい場合は必要最低限の額で設定してください。

MUFGカードゴールドを申し込む方法

申し込み方法はオンラインと書面の2通り。明細はネット上で確認ができますが、郵送の利用明細書を希望する場合はオンライン申し込み不可ですので、以下の専用ダイヤルにて入会申込書を取り寄せる必要があります。

MUFGカード入会専用ダイヤル
0120-151117 受付時間 9:00~17:00(無休・年末年始は休み)

ここからはメインとされるオンライン申し込みの方法について見ていきます。

オンライン申し込みの流れ

MUFGカードゴールドの申し込み方法の流れは以下の通りです。

  1.  三菱UFJニコス株式会社(MUFGカード)のホームページへ
  2. 「MUFGカードゴールド」の「お申し込み(オンライン入会)」をクリック
  3.  会員規約を読み「理解・同意する」をクリック
  4.  WEB明細チェックの内容を確認後「理解・同意する」をクリック
  5.  個人情報などの顧客情報を入力
  6. 申し込み完了後、登録アドレスにメールがくるのでチェック
  7.  審査完了後に送信されてくる「審査終了のお知らせ」をチェック
  8.  審査に通過したらカードが発行される

MUFGカードゴールドのオンライン申し込みでは最短翌営業日発行が可能ですが、JCBブランドを選択すると最短2営業日発行となるので、急いで発行してもらいたい場合は注意が必要です。

  • Visa・Mastercardブランド………最短翌営業日
  • JCBブランド………最短2営業日の発行

また、オンライン申し込みに対応していない金融機関もあるため「オンライン口座振替サービスの詳細」にて、希望する口座が対応可能かどうかチェックしておくとスムーズに手続きができます。

MUFGカードゴールドの審査に落ちる7つの原因とは?

MUFGカードゴールドの審査に落ちてしまった場合、原因を追求し次回の審査通過に備えましょう。

この章では、MUFGカードゴールドの審査に落ちたときに考えられる7つの原因について解説します。

原因①クレジットカードの利用実績が浅かった

クレジットカードの利用実績が少なく「可決を出すクレヒスに値しない」と判断された場合は、審査に落ちる可能性があります。

携帯電話利用料金・家賃・光熱費など少額でも毎月引き落としされるものはクレジットカードを利用するなど工夫し、少額でも継続したクレヒスを作っておきましょう。

申し込み者が信頼できるかどうかは、支払い能力でみる

支払い能力が高いと判断されるためには、完済実績を作ることが大切です。審査上では申し込み時の年収が高ければ高いほど、個人属性が強いと判断されるため有利です。

しかし、いくら年収が高くても金融事故の履歴がある、支払い遅れの回数が多い、完済実績がないなどの場合は支払い能力が高いとは確定できません。

年収の高低にかかわらず「借りたお金は期日にきちんと返済する」ことを意識し、クレヒスの実績を積んでいけば支払い能力のある人物として判断されます。

原因②過去にクレジットカードの支払いを滞納したことがある

完済実績があっても、支払いの滞納が多い、現在支払いを滞納中などの懸念事項があると審査落ちの原因になります。

支払い遅れが数えるほど、なおかつ数日程度で解消されるものならさほど審査に影響を及ぼしませんが、遅延が数ヶ月の期間にわたると信用度は確実にダウンします。

金融事故とは?どれくらい残るの?

金融事故を起こすと、個人信用情報機関(JICC・CICI・JBA)に記録が残ります。

一定期間を過ぎると情報は削除されますが、長いものであれば10年間保存されるため、長期間にわたって審査上影響を及ぼすといってよいでしょう。

以下は保存期間の長いJBA(全国銀行個人情報センター)の各金融事故の情報保存期間です。

  • 長期延滞………完済日から5年
  • 債務整理………契約終了日から5年
  • 代位弁済………契約終了日から5年
  • 強制解約………契約終了日から5年
  • 自己破産………決定日から10年

原因③他の金融機関で年収の3分の1以上借りている

貸金業法では年収の3分の1以上の貸付を規制する「総量規制」という法律があります。

そのため、申し込み時に既に他社で3分の1以上またはそれに近い借金があると、審査落ちの可能性が高まります。

総量規制はクレジットカードのショッピング枠は対象外としていますがキャッシング枠は規制対象です。

原因④収入が安定していない

職を転々としている、各職場の勤務年数が少ないと「収入が安定していない」と判断されがちです。

反対に勤続年数が長い、同業種への転職でステップアップしていると見なされた場合には信用度が高まります。

原因⑤MUFGカードゴールドを同じ時期に複数のクレジットカードを申し込んだ

既述の通り、多重申込は審査落ちの原因となります。

MUFGカードゴールドの審査通過を目指すなら、同時期に他のクレジットカードへの申し込みは避けましょう。

原因⑥在籍確認が取れなかった

在籍確認がとれないと、申し込みで申請した会社に勤めているかどうかの確信が取れないため、審査落ちの原因となります。

確実に在籍確認がつながるように、勤務先の電話番号は細かいところ(部署や個人内線)まできちんと入力しましょう。

原因⑦申し込みの内容に間違いがあった

申し込み時に入力する氏名・電話番号・住所などの個人情報を1文字でも間違えると、築き上げたクレヒスと同一人物と見なされない場合も出てくるため、正しい審査ができません。

申し込みでは間違いを起こさぬよう、注意して入力しましょう。

審査に落ちたけどMUFGカードゴールドをどうしても作りたい!改善すべき点は?

MUFGカードゴールドの審査に落ちても、クレヒスや個人属性を改善すれば再度挑戦したときに通過の可能性がでてきます。

ここでは具体的な改善ポイントについて見ていきましょう。

収入・借り入れなど審査の項目を改善する

収入に関してはすぐにアップされるのは難しいかもしれませんが、昇進や転職によって年収がアップすると審査において有利です。

また、借入に関しては現在ある残債額を少しでも減らす努力が必要。

もちろん、安易に借り入れを増やすのは厳禁です。

再審査はすぐ申し込まない!少なくとも半年間は待とう

多重申込と判断されないためにも、再チャレンジは半年以上経過後におこないましょう。

半年間の間に他のクレジットカードの申し込みも控えましょう。

キャシング枠は0円で申し込もう

キャシング枠を希望すると審査難易度が上がります。

確実な審査通過を望むならキャッシング枠は0で申し込みましょう。

持っているカードの枚数を見直そう

クレジットカードの所有枚数が多ければ多いほど、合計利用金額が大きくなり審査上不利です。

長期間利用していないクレジットカードは解約し、本当に必要なカードだけを手元に残しましょう。

MUFGカードゴールドの審査に落ちたらすぐ申し込まず、改善してチャレンジ!

MUFGカードゴールドの審査に再チャレンジをするなら、

まずは落ちた原因を突き止め、状況を改善してから挑みましょう。借入の多さや個人属性などの状態に変化がないなら、以前と同じ結果が出るでしょう。

MUFGカードゴールドは社会人1年目でも作れる可能性はある

MUFGカードゴールドは若年層をターゲットにしたクレジットカードなので、社会人1年目でも十分に審査通過の可能性があります。

ただし、悪い情報がない場合でもクレヒスが全くない状態では強みに欠けると判断されることもあります。

そのため、MUFGカードゴールドを作る前に、審査難易度の低い一般的なスタンダードカードで信用されるクレヒスを作ることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました