MUFGカードゴールドは学生でも持てる?作るメリットとデメリットを解説

MUFGカードゴールドは学生でも持てる?作るメリットとデメリットを解説 MUFGニコス

自分は学生の身分でMUFGカードゴールドを申し込みたい、だけど学生である時点で申し込みできないと、学生の多くは悩んでいます。

確かに、MUFGカードゴールドは18歳以上であれば申し込みは可能ですが、学生の場合だと原則として申し込みは不可能です。

しかし、学生としてではなくアルバイト・パートという身分でなら申し込みできます。なぜなら、学生としてMUFGカードゴールドに申し込むわけではないからです。

とはいえ、MUFGカードゴールドは学生にとってステータスが高いのではと戸惑う人は多いと言えますが、年会費がリーズナブルなので、学生が所持しても問題ありません。

ここでは、学生がMUFGカードゴールドに申し込む方法、MUFGカードゴールドのスペックや内容、審査を通過する方法を解説していきます。ゴールドカード所持を希望する学生は必見です。

MUFGカードゴールドは学生でも申し込み可能!

MUFGカードゴールドは原則として、学生の申し込みが不可能となっています。

しかし、学生でも申し込みが可能です。なぜ申し込みは不可能なのに可能になるのかというと、学生としてではなくアルバイトとしてであれば、申し込みが可能になるのが根拠です。

MUFGカードゴールドの条件は「18歳以上で安定した収入のある方(学生を除く)」にあります。

しかし、アルバイトやパートは申し込めないとか、正社員や公務員のみ申し込みが可能という条件はありません。アルバイトであっても「安定した収入のある方」という部分を満たしています。

自分はアルバイトで働いているからという理由で、MUFGカードゴールドに申し込めないことはないので、堂々と申し込みましょう。

MUFGカードゴールドの申し込み資格は18歳以上

すでに説明しておりますが「18歳以上で安定した収入のある方(学生を除く)」という条件を満たすために最低限、申込者が18歳以上であることが必須です。

18歳未満で安定した収入があっても、年齢という条件を満たせない時点で、申し込みが不可能となります。

MUFGカードゴールドの申し込みを希望している場合は、ユーザー自身が18歳になるまで待つほかありません。

専門学生・大学院生も申し込みできる

ユーザーが専門学生や大学院生でも、学生ではなくアルバイトとしてなら申し込みが可能となります。

アルバイトなどで安定した収入を得て、ユーザーが18歳以上という2つの条件を満たすことが前提です。

MUFGカードゴールドが学生におすすめの理由

MUFGカードゴールドはゴールドカードに位置付け、ステータスが一般カードより高く、高収入を得ている人が持つというイメージが強い傾向にあります。

今でもその傾向が強いと言っても過言ではないのですが、堅実的に支払いを続けられる能力を持っていれば、アルバイトであろうと問題ありません。

むしろ、MUFGカードゴールドは学生におすすめです。なぜおすすめなのかについては、以下の通りとなります。

  • ゴールドカードなのに年会費1905円+税
  • 最短翌営業日発行
  • 国内6か所・海外1か所の空港ラウンジが利用可能
  • 国内外旅行保険が最大2000万円自動付帯

上記に挙げた4つのポイントを次に挙げて、解説していきます。

ゴールドカードなのに年会費1905円+税

まずは他社のゴールドカードを3種類挙げて、年会費について比較してみました。

カード名 年会費
三井住友VISAゴールドカード 10,800円(税込)
JCBゴールドカード 10,800円(税込)
楽天ゴールドカード 2160円(税込)

※2019年9月28日時点

三井住友VISAゴールドカードとJCBゴールドカードの年会費は10,800円(税込)で、学生にとっては大きな負担になります。しかし、年会費が高い分、付帯されている優待サービスが充実しているのがメリットです。

楽天ゴールドカードの年会費は2160円(税込)と、紹介した2つのゴールドカードより年会費がリーズナブルとなっています。アルバイトしている学生に向いているカードと言っても過言ではありません。

MUFGカードゴールドの年会費は1905円(税別)となります。こちらも楽天ゴールドカードと同様に、学生に向いているカードです。年に1回の支払いなので、学生にとっての経済的負担はかなり軽いと言えるでしょう。

最短翌営業日発行

MUFGカードゴールドはインターネットで申し込み、オンライン口座設定を行うことで、最短翌営業日発行の対応が可能となります。しかし、国際ブランドによって、発行期間が異なるのが注意点です。

VISAとマスターカードは最短翌営業日に対応しているのですが、JCBは最短2営業日の発行となります。

最短翌営業日発行を希望するのなら、VISAかマスターカードがおすすめです。カードが発行された後、ゆうメール簡易書留でユーザーのお手元に届きます。

ただし、審査の状況によって、お手続きに時間がかかる場合があることをご理解ください。

国内6か所・海外1か所の空港ラウンジが利用可能

MUFGカードゴールドのメリットは、国内6か所と海外1か所の空港ラウンジを無料で利用できることです。どのような空港ラウンジを無料で利用できる空港は以下の通りとなります。

  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 関西国際空港
  • 中部国際空港
  • 新千歳空港
  • 福岡空港
  • ダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ・ホノルル)

空港ラウンジの受付に、MUFGカードゴールドと当日の航空チケットを提示することで、空港ラウンジの利用が可能となります。

しかし、MUFGカードゴールドを忘れて提示できない場合は利用できないことを注意しましょう。

国内外旅行保険が最大2000万円自動付帯

  • 海外旅行傷害保険 最大2000万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険 最大2000万円(利用付帯)
  • ショッピング保険 年間限度額100万円
  • 国内渡航便遅延保険 最大2万円(利用付帯)

海外旅行と国内旅行の傷害保険はどちらも最大2000万円であるのが魅力ですが、ひとつだけ注意点がございます。海外旅行傷害保険は自動付帯であるのに対し、国内旅行傷害保険は利用付帯であるというところです。

自動付帯は持っているだけで保険が適用されますが、利用付帯はそのクレジットカードを旅行に関連する費用の決済を利用しないと、保険適用となりません。

国内便遅延保険が付帯している

付帯されている保険で注目していただきたいのが、国内便遅延保険であります。

国内便遅延保険とは、搭乗する予定の航空便が遅延、または航空便に預けた手荷物の遅延などにより長期的に待機しなければならず、待機中にかかった食事代や衣料品に関連する費用を補償するという内容です

利用付帯なので、航空チケットなどのお支払いをMUFGカードゴールドで利用いただくことで保険が適用されます。

ちなみに、国内便遅延保険は文字通り国内便の遅延に関する保険なので、海外渡航中に発生した遅延は保証対象外になるので注意しましょう。

MUFGカードゴールドを学生が持つデメリット

MUFGカードゴールドは学生にとって魅力あるゴールドカードですが、デメリットはあります。そのデメリットは以下の通りです。

  • ポイント還元率が0.5%
  • 海外旅行保険の補償額に条件がある

上記に挙げたデメリットを次に挙げて、詳しく解説していきます。

ポイント還元率が0.5%

MUFGカードゴールドのポイント還元率は通常0.5%です。他社のクレジットカードでも多くが0.5%と設定されているので、相場的に考えると低くはないが高くはないと言ったところです。

MUFGカードゴールドが貯まるポイントは「グローバルポイント」と言って、貯めたポイントを1000ポイントから交換できます。

POINT名人.comという三菱UFJニコスが運営するポイントサイトを経由してネットショッピングを行うことで、通常より多くのポイントを貯められるのです。

ポイント還元率が低いのがデメリットですが、そのデメリットを補う方法もあります。

海外旅行保険の補償額に条件がある

海外旅行傷害保険は、海外旅行している途中に病気やケガなどにかかった治療費や、スマホやカメラなどの携行品の破損または盗難などの損害を補償してくれる保険サービスです。

しかし、次年度以降は年間ショッピング利用額に応じて、補償額が変動するというデメリットがあります。

年間ショッピング利用額の合計が20万円以上であれば、最大2000万円の補償を受けられるのです。年間ショッピング利用額の合計が20万円に満たない場合は、最大100万円しか補償を受けられません。

学生がMUFGカードゴールドの審査を受ける際の注意点

MUFGカードゴールドの審査は学生にとって厳しいとお考えください。普通に社会人として働いている人は、アルバイトより収入が高いです。そう考えると、やはり審査は通過できないのかと不安を抱くことでしょう。

そこで、学生でも審査を受ける際の注意点を上げて解説していきますが、その前に申し込みの時点で注意しなければならない部分があります。それは、申込者が過去に支払いの延滞や滞納を行ったことがあるのかについてです。

実際に行ってしまった場合は、CICなどの信用情報機関にブラックリストとして登録され、クレジットカードの審査通過は不可能になってしまうことをご理解ください。

職業欄はアルバイトで申し込む

MUFGカードゴールドの申し込みの記入欄に、職業はアルバイトとして申し込みます。

そのままアルバイトと記入して良いのかと不安を抱く人はいますが、虚偽を記入しているわけではないので問題ありません。正直にアルバイトと記入しましょう。

キャッシング枠は0円で申し込む

キャッシングするためにMUFGカードゴールドを申し込むわけではないので、基本的に0円で申し込みます。

キャッシングありだとどうなるのかについて説明すると、審査が厳しくなるのがほとんどです。

リボ払いは絶対に利用しないにチェックを!

リボ払いとは、ユーザーが毎月の支払い額を設定して固定し、手数料とともに返済していくというものです。

リボ払いの利用選択は審査に影響はあるのですが、リボ払いにかかる手数料が高いというデメリットも持ち合わせています。

だからこそ、経済的な負担も考慮して、リボ払いは絶対に利用しないにチェックしましょう。

年収は0円でもOK

なぜ年収0円でOKなのかというと、要因となるのが「アルバイトを始めたばかり」にあります。

アルバイトを始めたばかりというのは、アルバイトをまだ始めて1ヶ月経過しておらず、まだ給料をもらっていないと認識していいでしょう。アルバイトを始めたということは、収入を得る見込みができたということになります。

しかし、MUFGカードゴールドを発行する三菱UFJニコスはアルバイトの勤務先に電話をかけて、申込者の在籍確認を行うのがほとんどと考えていいでしょう。

MUFGカードゴールドの申し込み条件は「18歳以上で安定した収入のある方(学生を除く)」です。アルバイトを始めて安定した収入を確保しているため、その条件を満たしたことになります。だから、年収0円でも申し込みは可能です。

なお、アルバイトをしていない学生は年収0円で申し込むのは不可能であります。

ゴールドカードが欲しい学生は三井住友VISAプライムゴールドカードもおすすめ

三井住友VISAプライムゴールドカードは三井住友カード株式会社が発行するゴールドカードです。なぜ三井住友VISAプライムゴールドカードもおすすめなのか、以下のようなポイントとなります。

  • 年会費5000円(税別)
  • 学生だから申し込めないという条件はない
  • 国内外旅行保険の補償額が最大5000万円

年会費はMUFGカードゴールドより高いのですが、年会費が高い分、付帯されているサービスが充実しているのがメリットです。

MUFGカードゴールドの申し込み条件に「学生を除く」と記載されているのに対し、三井住友VISAプライムゴールドカードの申し込み条件に「学生」という文字すらありません。学生の身分であっても安定した収入を得ているなら申し込みが可能ということになります。

保険に注目していただきたいのです。MUFGカードゴールドの国内外旅行保険の補償額が最大2000万円なのに対し、三井住友VISAプライムゴールドカードの国内外旅行保険の補償額が最大5000万円となります。

保険に関する詳しい説明は省略しますが、本格的な海外旅行を希望するなら、三井住友VISAプライムゴールドカードはおすすめです。

MUFGカードゴールドは学生でも持てる可能性あり

MUFGカードゴールドは学生の身分では持てませんが、学生ではなくアルバイトとしてなら申し込みが可能であることがわかりました。

年収0円でも申し込みが可能ですが、アルバイトを始めたばかりでなら、安定した収入を得ているという条件を満たしているので問題ありません。

年会費1905円(税別)と学生にとってはリーズナブルな価格です。審査は甘くありませんが、キャッシングやリボ払いの利用を希望しなければ、審査通過の可能性が高くなります。

タイトルとURLをコピーしました