三井住友VISAゴールドカードのメリット・デメリット!ETCカード・年会費・手数料・ポイント徹底比較

三井住友VISAカードゴールド 三井住友カード

クレジットカードは、今や日常生活に欠かせない存在です。

そんなクレジットカードのなかでも有名なのが「三井住友VISAゴールドカード」です。

しかし、他のカードとの違いがよくわからず、申し込もうかどうか迷っているという人もいるかもしれません。

この記事では三井住友VISAゴールドカードの特徴やメリット・デメリットについて解説していきます。

また、気になる年会費などのコストやポイントなどについても探っていきます。

三井住友VISAゴールドカードの基本スペック

年会費 10,000円+税(初年度無料)
入会費 無料
利用可能枠 50万円~200万円
申込資格 原則として満30歳以上、安定継続収入のある人(ゴールドカード独自の審査基準あり)
ポイント還元率 0.50%~1.00%
海外保険 あり
家族カード あり
ETC専用カード あり
カード発行まで 約1週間
更新期間 自動更新

三井住友VISAゴールドカードのメリット

  • 海外・国内旅行障害保険が充実
  • 空港ラウンジサービスあり
  • ホテル・旅館予約「Relux(リラックス)」が利用できる
  • ショッピング補償が自動でつく

海外・国内旅行障害保険が充実

海外旅行や国内旅行で事故などにあった際、最高5,000万円の障害保険が適用されます。

保険には傷害死亡・後遺障害補償などの内容も含まれているいため、安心して旅行を楽しむことができるでしょう。

また、引受保険会社は三井住友海上火災保険株式会社になります。

なお、傷害死亡・後遺障害補償については、クレジット決済有無によって最高補償額が変わることもあります。

その他に、家族特約も用意されており、家族会員以外の家族にも海外旅行傷害保険が適応されます。

空港ラウンジサービスあり

全国主要空港のラウンジが無料で利用することができます。

ゴールドカードならではのサービスで、ラウンジでは無料ドリンクなども用意されています。

また、無線LANなどの他、有線LANを備えているところもあるため、旅行のみならず、ビジネスの出張などでも重宝するサービスと言えるでしょう。

加えて、パソコンを無料で借りることのできるところもあります。

通常は1回の利用料が1,000円以上するため、頻繁に利用する人にとっては大きなメリットになります。

羽田空港や成田国際空港をはじめ、全国28の空港に設置されています。

ホテル・旅館予約「Relux(リラックス)」が利用できる

宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」では、厳選された一流ホテルや旅館を簡単に予約することができます。

紹介する施設については、Reluxの100項目にもおよぶ審査基準をクリアしています。

また、ゴールドカード会員は、通常のRelux提供サービスよりも3,000円の割引を受けるという特典が用意されています。

さらに、Reluxは最低価格での宿泊を保証しており、万が一他の宿泊プランより高かった場合は、差額を返金するというシステムを用意しています。

ゴールドカード会員はその最低金額からさらに割引を受けることができるのです。

ショッピング補償が自動でつく

三井住友VISAゴールドカードでクレジット決済して購入した商品については、最高で300万円のショッピング補償が付帯します。

これは、購入した日から90日間、購入した商品の破損や盗難があった場合、補償が適用されます。

特に、事前の届け出は必要ないため、カードを利用することで常に安心してショッピングを楽しむことができます。

もちろん、保険料などの支払いも不要です。なお、国内利用だけでなく、海外でのショッピングについても自動的に適用されるサービスです。”

三井住友VISAゴールドカードのデメリット

  • 年会費が必要であること
  • 審査の基準が厳しい
  • キャッシング枠があまりない
  • 分割払手数料が高めの設定である

年会費が必要であること

三井住友VISAゴールドカードは、さまざまな付帯サービスが用意されていますが、全くの無料というわけではありません。

年会費が必要です。インターネット入会の初年度については無料という特典があるものの、2年目以上は「10,000円+税」が必要となり、指定の銀行口座が自動で引き落としされることになります。

カードを頻繁に利用する人や、国内や海外の旅行を楽しむ人にとってはさまざまなサービスの恩恵を受けることができますが、なんとなく所有しているだけの場合は年会費の元を取れない場合もあるので注意が必要です。

また、WEB明細コースなどを利用することで年会費が安くなる特典が用意されていますが、自分で選んで積極的に節約をする必要があります。

審査の基準が厳しい

三井住友カード株式会社は銀行系のため、審査基準はかなり厳しくなります。

一般的にクレジットカード会社は「シーアイシー(CIC)」という個人信用情報機関で、個人の債務状況を共有しています。

個人信用情報機関は「ブラックリスト」として知られており、滞納や破産などの事故歴が記録され、共有されるものです。

しかし、履歴が残るのは事故歴だけではありません。

他社での借入はもちろん、申し込み履歴なども記録されます。

そのため、あちこちのカード会社に申し込みをしているような場合は、警戒されて審査が通らない恐れがあります。

また、銀行系であるため、「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」という一般社団法人全国銀行協会(JBA)が管理する個人信用情報機関もチェックされることも考えられます。

さらに「ゴールドカード」であるため、一般のカードに比べて審査基準は格段に上がります。

アルバイトなど非正規の仕事の場合は、審査が通る可能性が極めて低くなります。

キャッシング枠があまりない

ゴールドカードのため、ショッピング枠は最大200万円とかなり広いものの、キャッシング枠は最大50万円とあまり枠がありません。

いざという時にためには、キャッシング枠があった方が良いのは確かです。

しかし、三井住友VISAゴールドカードの審査が通るような属性の場合は、100万円前後の枠を持つ銀行系のカードローンでも簡単に審査が通ります。

キャッシングとしては、やや中途半端な枠といえます。

分割払手数料が高めの設定である

カードローンと違い、クレジットカードの分割払いは「利息」ではなく「分割手数料」という呼び方がされます。

しかし、利用者にとっては実質的に利息と変わりません。

実質年率で直接比較してみると、分割手数料は決して安くないことがわかります。

余裕がある人であれば1回払いが多いので問題はありませんが、分割回数を増やすとどんどん実質年率が上がっていくことに注意が必要です。

支払い回数が12回の場合、実質年率が14.50%となり、消費者金融のキャッシングとあまり変わらなくなってきます。

分割払いを利用する場合は、無理のない範囲でショッピングをすることが大切です。

三井住友VISAゴールドカードのポイント制度

  • ワールドプレゼント:1,000円で1ポイント
  • 「マイ・ペイすリボ」でポイント2倍
  • ゴールドカードはボーナスポイント2倍

ワールドプレゼント:1,000円で1ポイント

三井住友VISAゴールドカードでは、カードの利用金額に応じて「ワールドプレゼント」というポイントが付与されます。

1,000円の利用につき1ポイントがもらえますが、ワールドプレゼント1ポイントは主要交換先での5円相当になります。

つまり、三井住友VISAゴールドカードの還元率は標準が0.5%です。

ポイントの交換先は「楽天スーパーポイント」や「Amazonギフト券」、「WAON」などメジャーなポイントの多くを網羅しています。

もちろん、景品との交換も可能です。

還元率は若干下がってしまいますが、「三井住友VISAプリペイド」などにも交換することができます。

なお、「Tポイント」に交換した場合は0.45%、「マックカード」の場合は0.33%の還元率になります。

ほかのポイントに交換する場合は、還元率もきちんと確かめてから交換することが無難です。

「マイ・ペイすリボ」でポイント2倍

「マイ・ペイすリボ」は、1回払いのショッピング利用分を自動的にリボ払いにするという方法です。

また、支払い金額の設定も自由にできるサービスです。

これを利用することで、付与されるワールドプレゼントが一気に2倍になります。

つまり、マイ・ペイすリボを設定することで三井住友VISAゴールドカードの還元率は1.0%になります。

なお、このポイントサービスは請求月にリボ払い手数料が含まれていることが条件になります。

逆にいえば、マイ・ペイすリボをすぐに解除しても、その支払い分がわずかでも残っていればその月のポイントは全て2倍になるということです。

確かに、リボ払いは手数料が気になるところですが、うまくマイ・ペイすリボを活用すれば、高い還元率でポイントを貯めることができます。

ゴールドカードはボーナスポイント2倍

前年のカード利用金額が50万円以上になると、「V1」ステージのボーナスポイントをもらうことができます。

ゴールドカードはクラシックカードの2倍のポイントで、ボーナス還元率は0.10%になります。

さらに、前年の利用が100万円以上の場合は「V2」ステージとなり、ボーナス還元率は0.15%に上がります。

利用金額が300万円以上となる「V3」ステージでは、ボーナス還元率が0.30%にも達することになります。

マイ・ペイすリボと併用することで、かなり高い還元率を実現させることが可能なシステムです。

三井住友VISAゴールドカードはどんな人におすすめ?

  • 海外旅行をする機会が多い人
  • 国際的に活躍するビジネスパーソン
  • クレジットカードのセキュリティが気になる人

海外旅行をする機会が多い人

三井住友VISAゴールドカードは海外旅行障害保険が充実しているだけでなく、観光などに関するさまざまなサポートを提供する「VJデスク」を世界各国の主要都市に設置していることも特徴の一つです。

VJデスクは北米やアジア、ヨーロッパなど56ヶ所もの場所にあり、もちろん日本語でのサポートを行います。

ホテルやレストラン、交通機関などの案内を行う「インフォメーションサービス」や、レストランやオプショナルツアー、レンタカーなどの予約・手配を行う「リザベーションサービス」を提供しています。

また、通訳やガイドの手配を行う「アシスタントサービス」や、カードやパスポートの盗難・紛失、さまざまなトラブル発生時のサポートを行う「エマージェンシーサービス」も用意しています。

国際的に活躍するビジネスパーソン

旅行などだけでなく、海外でのビジネスにも向いています。

三井住友VISAゴールドカードを所有していれば、「ハーツレンタカー」のメンバーシップサービス「ハーツGoldプラス・リワーズ」に入会できます。

もちろん、年会費は永年無料です。移動のためにレンタカーを手配する際も、面相な手続きなどが不要になり、ビジネスをスムーズに進めることが可能になります。

主要空港の営業所ではメンバー専用パーキングが用意されており、カウンターに立ち寄る必要もありません。

また、三井住友VISAゴールドカードの所有者は「三井住友銀聯(ぎんれん)カード」も発行することができます。

「銀聯」は中国のメジャークレジットカードで、加盟店は実に1,700万店以上です。

中国への出張などが多いビジネスマンにとっては必須のクレジットカードです。

クレジットカードのセキュリティが気になる人

国内外問わず、カード情報の流出や不正利用などが問題になっています。

三井住友VISAゴールドカードには3Dセキュアの本人認証サービス「ワンタイムパスワード」を日本で初めて採用するなど、万全のセキュリティ体制を整えています。

また、希望者には顔写真入りのカードを発行することもできます。

万が一の不正利用の場合も「VpassID安心サービス」が用意されているので安心で、届出日から60日さかのぼった時点までの損害額が補償されます。

三井住友VISAゴールドカードポイント還元率を他社と比較

カード名 還元率
三井住友VISAゴールドカード 0.50%~1.00%
楽天ゴールドカード 1.00%~5.00%
JALカード CLUB-Aゴールドカード 1.00%~2.00%
ダイナースクラブカード 0.40%~1.00%
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 0.33%~0.50%

「楽天ゴールドカード」は「楽天市場」でのショッピングで5倍のポイントが付与されるという強みがあり、還元率が高くなっています。

逆に「ダイナースクラブカード」などのステイタスのあるハイグレードなカードは、還元率が低めになる傾向があります。

これは、ポイントの還元率以上にさまざまなサービスがあるためです。

三井住友VISAゴールドカードも、これらのハイグレードなカードに準ずる性格があるカードと言えます。

三井住友VISAゴールドカードが届くタイミングは?

三井住友VISAゴールドカードは、インターネットで申し込みができる「らくらく発行」というサービスを用意しています。

これを利用することで、迅速にカードを作ることができます。

入会の申し込みから審査までは、最短で当日中の処理が可能です。

申し込みの時間や混雑具合などで多少時間がかかるかもしれませんが、審査が終わり次第メールで結果の連絡をもらうことができます。

そして、カードの発行までは最短で3営業日となります。

カードが発行されると、自宅に簡易書留で送付されてきますが、申し込みからカード到着まで「約1週間」が目安となります。

ただし、これはインターネット完結のらくらく発行で手続きを行った場合です。

書類を郵送して手続きを行う場合はさらに数日はみておく必要があります。

三井住友VISAゴールドカードの引き落とし日はいつ?

三井住友VISAゴールドカードの引き落としは「10日」「26日」の、どちらかを自由に選択することができます。

「10日」の支払いを選択した場合、毎月15日で締めた利用代金を翌月の10日に払うことになります。

「26日」の支払いを選択した場合は、毎月の月末に締めた利用代金を翌月26日に支払うことになります。

なお、一度支払日を変更した場合は、そこから6ヶ月の間は支払日変更ができなくなるため注意が必要です。

また、支払い日変更の手続きをしても、すぐに反映されるわけではありません。

翌月、または翌々月からの変更になります。

引き落とし不能にならないように、変更日の詳細については公式サイトなどで確認しておく必要があります。

三井住友VISAゴールドカードを実際に利用した人たちの口コミ

年代 40代
職業 会社員

「申し込みから発行までの早さに驚きました。インターネットで朝イチの申し込みをしたところ、実質1時間程度で審査完了のメールをもらうことができました。あまりに早いため、逆に心配になってしまいましたが、無事カードも届いて安心しました。早速買い物で使ってみましたが、これまでのカードよりも認証が早いように感じました。なお、私はあまりポイントは重視していません。それよりもカードを選ぶときはステータスを重視しています。」

年代 50代
職業 会社員

「三井住友VISAゴールドカーはメインとして使っています。信用度も高く安心して利用できるため、満足しています。200万円近い高額な買い物に使ってみましたが、問題なく決済できました。ショッピングだけでなく、公共料金の支払いなど日常生活でも使っています。たしかにポイント還元率では有利とはいえませんが、三井住友の安心感とステータスがあり、永くつきあっていけるカードだと思います。ほかにもステイタスが高いカードもありますが、日本国内では不便なものも多く、このカードが自分には一番です。」

年代 40代
職業 会社員

「銀行系のクレジットカードなので、国内はもちろん海外でも信用度が高いゴールドカードだと感じました。VISAカードということもあり、海外でも全く問題なく使えることも長所だと思います。海外の有名カードも所持していますが、使わないと限度額が減らされるなどの難点があり、こちらのカードに切り替えました。三井住友の知名度は海外でも想像以上で、高級な場所でも臆せず使うことができます。また、カードのデザインや品のよいゴールドが大変気に入っています。また、電子マネーのiDが使えることも大きなメリットだと思います。いろいろなところで利用できるため、想像以上に便利だと感じています。」

タイトルとURLをコピーしました