三井住友VISAデビュープラスカードのメリット・デメリット!ETCカード・年会費・手数料・ポイント徹底比較

三井住友VISAデビュープラスカード 三井住友カード

三井住友VISAデビュープラスカードは、三井住友VISAカードでおなじみの三井住友カード株式会社が発行しているクレジットカードの一つです。

その最大の特徴は、入会申し込みができる年齢が満18歳~25歳までに限定されている点にあります。

この記事では、三井住友VISAデビュープラスカードの年会費や手数料、およびポイントシステムなどに焦点を当てながら、メリットとデメリットについてわかりやすく解説していきます。

三井住友VISAデビュープラスカードの基本スペック

年会費 初年度無料翌年度以降は条件付きで無料
入会費 無料
利用可能枠 (学生向け)10万円~30万円(学生以外)10万円~80万円
申込資格 満18歳~25歳までの人(高校生は除く)
ポイント還元率 1.0%
海外保険 なし
家族カード あり
カード発行まで 最短3営業日発行 「らくらく発行」利用時は1週間前後で自宅に郵送
更新期間 自動更新

三井住友VISAデビュープラスカードのメリット

  • 年会費が実質無料で利用できる
  • ポイントがたまりやすい
  • 上位グレードのカードに自動でランクアップできる

年会費が実質無料で利用できる

三井住友VISAデビュープラスカードは、初年度の年会費が無料です。

翌年度以降も、年1回以上のカード利用があれば無料になります。

クレジットカードを作るなら1度くらいは利用するのが普通ですから、年会費は実質無料と考えて問題ないでしょう。

ただし、1度も利用しなかった場合、年会費は税抜き1250円となります。

三井住友カードには、この他にも、年会費を安くする特典が複数あります。

三井住友VISAデビュープラスカードの会員なら、返済方法にリボ払いの「マイ・ペイすリボ」を指定して、かつ年1回以上の利用があれば翌年度年会費が無料です。

また、カード利用代金の明細書を紙でなくWEB明細書に設定すると、年会費から500円(税抜き)が引かれます。

ただし、年間6回以上の請求がないと対象になりません。

その他、年間利用額に応じた年会費減額サービスも利用できます。

ポイントがたまりやすい

三井住友カードのポイントシステムはワールドプレゼントといいます。

ポイントの名称はワールドプレゼントポイントです。

利用額1000円につき1ポイントもらえる仕組みなので、基本の還元率は0.5%です。

一方、三井住友VISAデビュープラスカードの場合、基本的に利用額1000円につき2ポイントもらえます。

つまり、還元率は常時1.0%となり、通常の2倍のポイントがたまるのです。

さらに、入会後3カ月間はポイント5倍になり、お得度がアップします。

学生や若年層の社会人にとっては、見逃せないメリットといえるでしょう。

わかりやすくするために例を挙げてみます。

例えば、初年度に毎月5万円の利用をしたとしましょう。

最初の3カ月間はポイント5倍になり、1カ月あたり250ポイントずつたまります。

残りの9カ月間は100ポイントずつたまるため、年間で250ポイント×3カ月+100ポイント×9カ月=1650ポイントたまる計算です。

このうち1000ポイント分を、1ポイント=5円相当の楽天ポイントなどに交換すると、5000円相当になります。

これは、かなりお得ではないでしょうか。

ポイントは、ワールドプレゼントの賞品や、マイルや商品券、dポイント等のポイントなどに交換できます。

上位グレードのカードに自動でランクアップできる

三井住友VISAデビュープラスカードは25歳までしか持てません。

26歳に到達したあとの最初のカード更新時に、自動的に上位ランクの三井住友VISAプライムゴールドカードに切り替えることが可能です。

三井住友VISAプライムゴールドカードは比較的手軽な年会費でありながら、ゴールドグレードらしい特徴を備えたコストパフォーマンスの良いカードです。

国内外の海外傷害保険が付帯するのに加え、国内空港ラウンジも使えます。

そもそも、三井住友カードは銀行系カードの雄であり、知名度・実績ともトップクラスです。

そんな三井住友カードのゴールドカードを、通常ルートで取得するハードルは決して低くありません。

そのため、自動ランクアップでゴールドグレードのカードが持てるのは、大きなメリットとなるのです。

ランクアップ時に、継続サンクスポイント200ポイントがプレゼントされるのもうれしい特典です。

一方、更新時にプライムゴールドカードではなく、一般カードのクラシックカードやクラシックカードAに切り替える方法も選べます。

ただし、この場合は継続サンクスポイントのプレゼント対象になりません。

また、クレジットカード自体を解約することも可能です。

三井住友VISAデビュープラスカードのデメリット

  • 旅行傷害保険が付いていない
  • 対象年齢が25歳までに限定される
  • 学生の場合は利用可能枠がかなり少なめ

旅行傷害保険が付いていない

三井住友VISAデビュープラスカードには、国内はもちろん海外の旅行傷害保険が付帯しません。

海外では医療費が高額になりがちなことは広く知られており、短期間の入院に300万円~400万円程度の費用がかかることすら少なくありません。

さらに、高額の医療費を請求される事態にもなりかねないため、海外を訪れる際には海外傷害保険付きのクレジットカードが不可欠です。

海外傷害保険に加えて、飛行機が遅れて到着したり手荷物を紛失したりしたときに補償を行う、航空機遅延保険が付帯するカードも珍しくありません。

海外旅行に出かけるなら、こうした保険が付いているほうがより安心です。

三井住友VISAデビュープラスカードに申し込むなら、国内で使うものと割り切って、十分な海外傷害保険の付いたクレジットカードを別に1枚作っておくと良いでしょう。

一方、海外に行く予定に合わせて、初めてクレジットカードを作る場合には向きません。

対象年齢が25歳までに限定される

三井住友VISAデビュープラスカードは25歳までしか持てないため、この年齢を超えている人は申し込むことができません。

そもそも、三井住友VISAデビュープラスカードには、学生向けとそれ以外の人向けの2つの種類があります。

どちらも高校生を除く満18歳~25歳までの人が対象ですが、内容にはわずかな違いがみられます。

学生向けのカードであっても、研究生や聴講生、語学学校の学生や予備校生などは対象外となるため注意しましょう。

また、未成年の場合は親権者の同意が必要です。

学生の場合は利用可能枠がかなり少なめ

三井住友VISAデビュープラスカードの総利用枠は、学生向け以外では10万円~80万円に設定されています。

このうち、キャッシング枠は0円~50万円です。

そもそも、クレジットカードの利用枠は、ショッピングで利用できるショッピング枠と、直接お金を借りられるキャッシング枠の2つからなっています。

この2つの合計額を、総利用枠の範囲内に収める必要があるのです。

例えば、キャッシングで50万円利用しているなら、ショッピングでは30万円までしか使えません。

一方、学生向けのカードの場合、総利用枠は10万円~30万円で、キャッシング枠は0円~5万円と低く抑えられています。

学生の場合は利用者本人に収入がなく、クレジットカードの支払いを親が負担することも少なくありません。

使いすぎを防ぐため、利用枠が低めに設定されているのです。

三井住友VISAデビュープラスカードのポイント制度

  • リボ払い「マイ・ペイすリボ」の利用でお得
  • 年間利用額に応じてポイントアップ
  • 専用のポイントUPモールやココイコ!が使える

リボ払い「マイ・ペイすリボ」の利用でお得

「マイ・ペイすリボ」は、三井住友カード独自のリボ払いによる返済システムです。

通常リボ払いを利用すると、基本的に手数料が発生します。

キャッシングを利用したときに付く利息のようなものと考えれば良いでしょう。

「マイ・ペイすリボ」の手数料が発生した月は、ポイント還元率が0.5%アップします。

三井住友VISAデビュープラスカードの基本還元率は1.0%なので、それが1.5%になる計算です。

これは、他の高還元率カードと比べても見劣りしない数字です。

特に、「マイ・ペイすリボ」の手数料が1円でも発生すれば、その月の利用額が全額ポイントアップの対象となるのは大きなメリットでしょう。

繰り上げ返済や追加返済等を利用して手数料が最少額になるように調整すれば、賢くポイントアップが狙えます。

年間利用額に応じてポイントアップ

三井住友VISAデビュープラスカードの会員は、年間利用額に応じてさまざまな特典を利用できます。

翌年度の年会費が安くなるだけでなく、ポイント還元率もアップするのです。

年間利用額の多さによって、V1~V3という3つのステージが用意されています。

  1. V1…年間利用額50万円以上 50万円の利用で+50ポイント それ以降10万円毎に+10ポイント ポイント還元率0.05%アップ
  2. V2 年間利用額100万円以上 50万円の利用で+75ポイント それ以降10万円毎に+15ポイント ポイント還元率0.075%アップ
  3. V3 年間利用額300万円以上 50万円の利用で+150ポイントそれ以降10万円毎に+30ポイント ポイント還元率0.15%アップ

専用のポイントUPモールやココイコ!が使える

三井住友VISAデビュープラスカードをはじめ三井住友カードの会員は、ワールドプレゼントポイントがお得にたまるポイントアップサイト「ポイントUPモール」が使えます。

そのサイトを経由してショッピングをするだけで、ポイントが通常の2倍以上になるという仕組みです。

人気のAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングやLOHACOなどをカバーしているため、利用できなくて困ることはないでしょう。

「ポイントUPモール」を通していつも通りショッピングするだけなので、利用しない手はありません。

一方、リアルの買い物に便利なのが「ココイコ!」です。

お出かけ前に「ココイコ!」の対象サイトでエントリーしておけば、店舗での利用時にボーナスポイントかキャッシュバックが適用になります。

高島屋や東急百貨店、三井アウトレットパークや東急ハンズなど、幅広い店舗が登録されているので、お目当ての店舗が対象になっているかどうかを、あらかじめチェックしておくと良いでしょう。

そもそも、三井住友VISAデビュープラスカードの場合、ワールドプレゼントポイントの利用期限は2年間と長めです。

ポイントが失効するリスクも少なく、ゆっくりためて余裕を持って使えるので安心です。

三井住友VISAデビュープラスカードはどんな人におすすめ?

  • 海外旅行に行く予定がないなど、カードを国内のみで使う前提の人
  • 将来的に三井住友カードを使い続けたい人向け

カードを国内のみで使う前提の人

三井住友VISAデビュープラスカードの最大のデメリットは、海外傷害保険が付帯しない点にあります。

他に十分な補償の付いたクレジットカードを持っているなら問題ないものの、海外に行く予定がある人は十分に注意しなくてはなりません。

親の持っているクレジットカードの家族会員になっている場合、海外傷害保険が利用できることがあります。

本会員が同行しなくとも適用になるケースも多いため、一度チェックしておくと安心です。

こうしたことから、三井住友VISAデビュープラスカードは海外傷害保険の付いたクレジットカードがほかにあるか、国内だけで利用するのが前提の人に適したカードといえます。

将来的に三井住友カードを使い続けたい人

三井住友VISAデビュープラスカードは、三井住友カードが発行する銀行系クレジットカードです。

三井住友カードの三井住友VISAカードは大変有名なので、知らない人はあまりいないでしょう。

そんな三井住友カードの審査は、ハードルが決して低くありません。

特に、ゴールドグレードともなると、持つのが簡単ではないのです。

ところが、同じ三井住友カードのなかでも三井住友VISAデビュープラスカードなら、審査の難易度は低めです。

26歳の更新時までに延滞や滞納などの問題を起こさず利用実績を作っておけば、三井住友VISAプライムゴールドカードに自動的にランクアップできるのです。

信用度がアップすれば、さらに上のグレードが狙える可能性もあります。

三井住友カードが発行するカードは、セキュリティが高いことで知られています。

提携カード以外のカードはすべてICチップを搭載しており、不正利用の監視体制も万全です。

三井住友フィナンシャルグループに所属し、背後に三井住友銀行があることも安心感を高めています。

安定性やセキュリティの高さを重視して、一生涯三井住友カードを使い続けたい人にとっては、その入門カードとしてうってつけでしょう。

三井住友VISAデビュープラスカードポイント還元率を他社と比較

ここでは、基本のポイント還元率を他社と比較してみます。

一般的なクレジットカードのポイント還元率は0.5%ほどです。

1.0%以上のカードは高還元率カードといえるでしょう。

三井住友VISAデビュープラスカードの場合、基本の還元率は通常カードの2倍で1.0%です。

これだけでも高い還元率を達成していますが、最初の3カ月はポイント5倍になるためさらに2.5倍にアップします。

リボ払いを賢く利用すれぱ、3カ月を過ぎたあとも常時1.5%が適用されます。

カード名 還元率
JCB一般カード 0.5%
JCB CARD W(ダブル) 1.0%~3.0%
オリコカード THE POINT 1.0%~3.0%
楽天カード 1.0%~3.0%
ライフカード 0.5%~1.5%

三井住友VISAデビュープラスカードが届くタイミングは?

三井住友VISAデビュープラスカードは、インターネットによる入会申し込みをすると、最短で3営業日後に発行されます。

そのため、自宅にカードが届くのに、最低でも1週間程度はみておく必要があるでしょう。

ただし、最短でカードを発行してもらうためには、「らくらく発行」を利用する必要があります。

「らくらく発行」とは、クレジットカードの入会申し込みと同時に、返済用の振替口座を指定する方法です。

とはいえ、利用している金融機関がネット上での口座振替の設定に対応していないと、この方法は使えません。

そのような場合は、インターネット申し込みのあと郵送による手続きが発生するため、カードが自宅に届くまでさらに時間がかかるでしょう。

三井住友VISAデビュープラスカードの引き落とし日はいつ?

三井住友VISAデビュープラスカードの返済方法は、指定口座からの口座引き落としになります。

引き落とし日は、2つのパターンから選べます。

1つは月末締めで翌日の26日が引き落とし日になるパターンで、もう1つが15日締めで翌月の16日が引き落とし日になるパターンです。

締め日とは、その月の利用額を集計して確定する日で、一度決まった金額が変更になることは通常ありません。

クレジットカードによる支払いでは、実際に買い物をした日と代金を請求される日がかなりずれてしまいます。

その結果、どのくらいお金を使ったのかわかりにくくなることがあります。

たとえば、月末締めで翌日の26日に引き落としになるパターンについて、考えてみましょう。

1月15日に買い物をした場合、利用額は1月末日に締められて1月分の請求として確定します。

ただし、実際に請求されるのは翌月2月26日になり、この日に口座引落が実施されるのです。

1カ月以上前の買い物になってしまうので、うっかり忘れてしまわないように注意しましょう。

引き落とし日に口座残高が不足していると、安くない遅延損害金がただちに発生します。

三井住友VISAデビュープラスカードを実際に利用した人たちの口コミ

年代 10代
職業 学生

三井住友VISAデビュープラスカードは、初めて作ったクレジットカードです。最初は不安でしたが、心配していたほど手続きは難しくありませんでした。カードもすぐに発行してもらえたのでホッとしています。急にお金が必要になったとき、クレジットカードがあると便利ですね。ポイントがたまりやすいのも、とても助かっています。とはいえ、つい使いすぎてしまうのがこわいので、利用枠が少なめな三井住友VISAデビュープラスカードは自分にピッタリではないかと思っています。

年代 20代
職業 会社員

年に1回でもクレジットカードを利用すれば年会費がかからないのはありがたいところです。ずっと使えるカードを探していたので、安定感のある三井住友カードを持てたのは良かったです。今のところ、海外に行くことはあまりないので問題ありませんが、将来的には行く機会も増えるでしょう。その点、三井住友VISAデビュープラスカードには海外傷害保険が付いていないので、26歳の更新時までに利用実績を積んでゴールドカードに切り替えたいと思っています。海外に頻繁に行く人は、ほかに海外傷害保険の付いたクレジットカードを1枚作っておくと良いかもしれませんね。

年代 20代
職業 会社員

単なる高還元率カードにはないステイタス性が感じられて気に入っています。ホテルやレストランで使うときも、堂々と出せる有名なカードです。白を基調としたシンプルで格調高いデザインも魅力的なところですね。クレジットカードに顔写真を載せられるので、万が一紛失しても不正利用されにくいだろうとも思っています。電子マネーiDの利用にもポイントが付くため、コンビニや自動販売機でもちょくちょく利用しています。ネットではポイントUPモール、リアルではココイコ!と、ポイントをためる方法が豊富なのも良い点です。

タイトルとURLをコピーしました