三井住友VISAカードでETCカードを追加発行する方法!何枚でも発行できる?

三井住友VISAカードでETCカードを追加発行する方法 三井住友カード

ETCカードは、高速道路などの有料道路の利用料金が割引になるほか、ETCマイレージサービスの利用によって利用料金を安くすることができるなど、車をよく利用する人にとっては非常に便利なカードだと言えます。

また、ETCカードの中にはクレジットカードの付帯サービスとして利用できるものもあり、ポイントが貯められる場合もあります。

ETCカードは、1枚あれば異なる車でも利用できるため、基本的に1枚あれば十分です。しかし、中には予備として複数枚を持っておきたいと考える人などもいるでしょう。

そこで、今回は、ETCカードを複数枚発行できるのか、という点について数あるETCカードの中でも三井住友VISAカードのETCカードを取り上げて解説します。

また、紛失した際の再発行方法についても解説するので参考にしてみてください。

三井住友VISAカードのETCカードは追加発行可能?

三井住友VISAカードのETCカードに関しては追加発行することができません。

基本的に、1枚のカードに対して発行できるETCカードは1枚と決められています。

もし2枚目以降のETCカードが欲しいというのであれば、別途新たに三井住友VISAカードを作成する必要があります。

家族のETCカードも発行できる?

クレジットカードには、カード契約者の家族が発行できるクレジットカードがあります。これを家族カードと呼びます。家族カードはカード契約者の信用情報にもとづいて発行されるため、発行時に審査などは特に行われません。

その一方で、機能はカード契約者が持つカードとほとんど同じものとなっているため、お得に利用することができます。

主婦や学生の方など、安定した収入が得られない人でも簡単にクレジットカードを持つことができるのが大きな特徴です。

三井住友VISAカードの場合、この家族カードでもETCカードを発行することができます。ただし、家族カードの場合、カード1枚につき発行できるETCカードは1枚となっています。

三井住友VISAカードを紛失してしまった場合の対処法

起こってほしくはありませんが、時にはクレジットカードを紛失してしまうこともあります。そこで、続いては三井住友VISAカードを紛失してしまった時の対応について紹介します。

紛失・盗難受付デスク(VJ紛失・盗難受付デスク)まで連絡をする

三井住友VISAカードの場合、紛失したことに気づいたら、「紛失・盗難受付デスク(VJ紛失・盗難受付デスク)」に連絡し、カードの利用停止手続きを行うようにしてください。するようにしてください。電話番号は以下の通りです。

ポイント三井住友カード紛失・盗難受付デスク(VJ紛失・盗難受付デスク)
0120-919-456

こちらは、オートコレクトコールで24時間年中無休で受付しているので、紛失が発覚したらすぐに連絡を入れるようにしましょう。この番号は携帯電話やPHSからもかけることができます。

なお、デスクへの連絡と同時に、紛失・盗難の旨を最寄りの警察や交番に届けるようにしてください。

また、海外でカードを紛失した、盗難にあったという場合でも、受付デスクに連絡することができます。

海外の場合、緊急カードと呼ばれる暫定的なカードを現地に届けてもらうことができます。その際、手数料として、10,000円(税抜)がかかるので注意してください。

なお、三井住友プラチナカード、ゴールドカード、プライムゴールドカード、ヤングゴールドカード会員は手数料無料となっています。

紛失したカードについては一時的な利用停止はできないため、もしカードが見つかったとしてもそのカードを再び使うことはできません。そのため、カードが見つかった時は、ハサミなどで裁断し、破棄するようにしてください。

ただし、カードの種類によっては、破棄ではなく、カード会社に連絡を入れる必要があるケースもあります。

不正利用に伴う補償制度

三井住友VISAカードでは、会員保障制度を用意しており、紛失や盗難によってカードを不正利用されたとしても、その金額を補償してもらえます。

基本的には、紛失や盗難の届け出を行ってから遡って60日前からその損害を補償します。

再発行を依頼する

紛失や盗難の届け出が完了したら、引き続き再発行手続きを行います。

個人カード会員の場合、インターネットサービスである「Vpass」で再発行手続きを行うことができますが、一部のカードに関しては、電話や書面での手続きとなるケースもあります。

1週間~ 2週間程度でカードは到着

カードの再発行手続きを行ったら、カードは大体1〜2週間ほどで手元に届きます。

カード決済を頻繁に行う人は1〜2週間でもカードが使えない状況になると困ってしまうはずです。

そのため、万が一の時に備えて、普段から複数枚のクレジットカードを持っておくといいでしょう。

三井住友VISAカードは再発行手数料が必要?

三井住友VISAカードの再発行にあたっては、再発行手数料として、1,000円(税抜)が必要になります。ただし、プラチナカードとゴールドカードに関しては、再発行手数料はかかりません。

ちなみに、再発行を行うとカード番号がそれまでのものと変わってしまいます。

そのため、クレジットカードを登録して公共料金や携帯電話などの支払いなどを行っている場合、カード番号の変更手続きを行う必要があるので注意してください。

もし、変更手続きが遅れてしまうと、タイミングによっては、滞納となってしまう可能性があります。

ETCカードの再発行も可能?

クレジットカードと同じように、ETCカードに関しても再発行を行うことができます。

三井住友VISAカードのETCカードの規約を確認してみると、再発行は、カード会社が決めた届け出を行う必要があるほか、再発行の理由が適当であると認められた場合に行われるということです。

ETCカードの再発行にあたっても再発行手数料が必要となります。規約には料金などは記載されていないため、詳しくは受付デスクに電話して確認してみてください。

突然ETCカードが使えなくなった時の対処法

ETCカードを再発行するのは、何も紛失した時だけではありません。ETCカードの調子が悪くなった時もカードの再発行が必要になります。

しかし、調子が悪いからといって、すぐに再発行手続きをするのではなく、まずは自身でこれから紹介するいくつかの点を確認してみてください。

磁気が弱くなった・破損した形跡がないか確認

ETCカードなどの磁気を利用するカードは、カードに傷がついているとうまく反応しなくなることがあります。そのため、まずはカードの表面を確認してみてください。

また、水に濡らしてしまった、他の磁気系カードと一緒に保管している、財布に入れて折り曲がってしまった、磁気部分が汚れているといった場合も磁気が弱くなる可能性があります。

車載器が故障していないか確認

故障の原因がETCカードではなく、車載器の場合もあります。この場合、ETCカードを別の車載器に入れてみて、利用できるかどうかを確認してみてください。

なお、他の車につけている車載器を取り外して自分の車に持ってくるということはできないので注意が必要です。

カードに問題があるなら再発行を依頼する

これらの確認の結果、ETCカード自体に問題があることがわかったら、カードの再発行手続きを行うようにしましょう。

なお、故障したETCカードを車載器に差し込んでETCレーンに向かってしまうと、レーンが開かずに大事故につながる恐れがあります。

そのため、再発行手続きを行ったら、故障したETCカードは速やかに裁断し、破棄するようにしてください。

まとめ

今回は、三井住友VISAカードのETCカードについて、追加発行できるのかどうかという点とETCカード紛失に伴う再発行について紹介しました。

追加発行に関しては、1枚の三井住友VISAカードにつき1枚のETCカードしか発行することができません。一方で紛失に伴う再発行は電話窓口で行うことができます。

また、ETCカードの調子が悪い時でもカードの再発行が必要になることがあるので、注意してください。

タイトルとURLをコピーしました