エムアイカードのキャッシングの金利・返済方法・申し込み手順を解説!

エムアイカードのキャッシングの金利・返済方法・申し込み手順を解説! クレジットカード一覧

「エムアイカードでキャッシングを利用したい」
そうお悩みではないでしょうか。

エムアイカードは三越伊勢丹グループが発行しているカードで三越伊勢丹で利用すると還元率が高いカードです。

このカードはキャッシングをすることもできますが、利用する方法がわからない、という方もいるのではないでしょうか。

この記事ではエムアイカードでキャッシングを申し込む手順や、具体的な利用方法、返済方法について詳しく解説します。

エムアイカードのキャッシングは申し込みが必要

エムアイカードでキャッシングの申し込みをしたい場合には、以下2種類の方法があります。

  • インターネットから申し込む
  • 郵送で申し込む

これはキャッシング枠を新規で申し込む場合も、キャッシング枠の増額をしたい場合でも、基本的には変わりません。
ではそれぞれの方法について次で詳しく解説します。

インターネットから申し込む

エムアイカードでキャッシングする方法の一つはインターネットから申し込むことです。

  1. 「Webエムアイカード会員ログイン」から会員ページにログインします
  2. 「キャッシングサービス新規申し込み」を選択
  3. 審査結果を待つ

審査には申し込みから1〜2週間かかり、審査に落ちる可能性もあるため、その心算はしておきましょう。

郵送で申し込むより、手間がかからないため、こちらの方法の方がおすすめです。

郵送で申し込む

エムアイカードのキャッシング枠に申し込む方法は、郵送で申し込む方法もあります。

具体的な手順は以下の通りです。

  1. 電話(03-5273-6538)で手続き書類を申請する
  2. 専用の申込書に必要事項を記載する
  3. 収入が確認できる書類を添付する

まず、「キャッシングサービス/ローンエムアイカードに関するお問い合わせ」に連絡をします。
電話番号は03-5273-6538、受付時間は1月1日を除く、午前10時~午後6時です。

専用の申込書が届いたら、必要事項を記入します。
このときに本人確認書類(運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなど)のコピーが必要なため、あらかじめ準備しておきましょう。

これらの書類を準備し、返信用封筒に入れて返信します。
書類が到着してから、1〜2週間後に審査と手続きが完了です。

インターネットで手続きする場合と比べると、手間がかかり、審査に時間もかかってしまうため、インターネットで手続きできない場合を除いてこの方法で手続きするのはおすすめできません。

50万円以上のキャッシング枠を申し込む際は収入証明書が必要

50万円以上のキャッシング枠を申し込む場合、本人確認書類の他に収入確認書類によって年収の確認が必要になります。

具体的には以下のような書類があります。

  • 源泉徴収票
  • 課税証明書
  • 確定申告書

50万円以上のキャッシング枠が必要な場合には、これらの書類のコピーを提出しないと、審査に通らないため、あらかじめ準備しておきましょう。

キャッシング申し込みから1~2週間で利用可能

キャッシング申し込みから、実際にキャッシングが利用できるまでは1〜2週間程度かかることが一般的です。

郵送の場合は、到着してから審査が始まるため、その分だけ時間がかかります。

エムアイカードのキャッシング金利は17.95%

エムアイカードのキャッシング金利は17.95%です。

エムアイカードのキャッシング金利は他のカードと比べてそれほど高くもなく、安くもない、平均的な金利です。

しかし、キャッシング自体の金利が安いわけではないため、キャッシングを利用する場合には、計画的に利用しましょう。

エムアイカードでキャッシングする方法

エムアイカードでキャッシングする具体的な方法は、ATMで行います。

ここではエムアイカードでキャッシングする手順について詳しく解説します。

ATMキャッシングする

ATMでエムアイカードのキャッシングを行う場合、カードのブランドによって変わります。

ここではそれぞれのブランド別で利用できる銀行やコンビニについて紹介します。

【VISAの場合】キャッシング利用できる銀行

VISAの場合、エムアイカードでキャッシング利用できる銀行は以下の通りになります。

  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 千葉銀行
  • 第四銀行
  • 静岡銀行
  • 京都銀行
  • 大垣共立銀行
  • 北洋銀行
  • 北海道銀行

VISAの場合、これらの銀行のATMであれば、キャッシングを利用できます。

【VISAの場合】キャッシング利用できるコンビニ

VISAの場合、キャッシング利用できるコンビニは以下のコンビニがあります。

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • スリーエフ
  • セイコーマート
  • サークルKサンクス

ただし、サークルKサンクスは一部利用できない店舗があります。

また、上記以外のコンビニでも、E-netのATMがあれば、利用可能です。

【アメックスの場合】キャッシング利用できる銀行

アメックスの場合は、VISAと比べて利用できる銀行が多いことが特徴です。

具体的には以下の銀行がATMが挙げられます。

  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 千葉銀行
  • 静岡銀行
  • 福岡銀行
  • 大垣共立銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 愛知銀行
  • 関西アーバン銀行
  • 紀陽銀行
  • セブン銀行

などがあります。

数が非常に多いため、詳しくはこちらをご覧ください。

【アメックスの場合】キャッシング利用できるコンビニ

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • スリーエフ
  • コミュニティストア
  • サークルKサンクス

これらの店舗でATMの営業時間内であれば、利用することができます。

エムアイカードの海外キャッシング利用方法

エムアイカードは、海外キャッシングで利用することもできます。

海外キャッシングは返済を早く済ませることで、現地で両替するよりも手数料を抑えて現地通貨を手に入れられます。

  • VISA
  • Plus
  • American Express

のロゴマークが確認できるATMであれば、利用可能です。

具体的な手順は以下の通りです。

  • カードを挿入する
  • 使用言語を選択する
  • 利用額を指定する

以上で海外キャッシングが完了します。

エムアイカードのキャッシング返済方法

エムアイカードのキャッシング返済方法は、以下の2つがあります。

  • 1回払い
  • リボルビング払い

ではそれぞれの手順について解説します。

1回払い

1回払いとは、その月の利用金額を1回で支払いする方法のことです。

この場合、金利は借りた日から実際に引き落としが行われた日までの利率で引き落としが行われます。

毎月5日に締め、その月の26日(休祝日の場合は翌営業日)に引き落としが行われますので、それに応じて、大まかな金利を計算できます。

また繰り上げ返済を行うこともできます。

繰り上げ返済を行うと、通常の引き落としより早く支払えるため、金利をより抑えることが可能です。

例えば、10日程度で繰り上げ返済をすると、手数料はわずか0.5%程度まで抑えられます。

ただし、エムアイカード+でアメックスを利用している場合には、利用額が確定するまでは、繰り上げできないため、注意しましょう。

リボルビング払い

エムアイカードのキャッシングを利用した場合の返済方法の2つ目がリボルビング払いです。

リボルビング払いとは、毎月の支払い額に応じて、一定額ずつ返済していく方法のことです。

エムアイカードのリボルビング払いは残高スライド式を採用しており、以下の2種類に分かれます。

  • 残高スライドAコース
  • 残高スライドBコース

残高スライドAコースの場合の支払いは締め切り日時点での残高に応じて以下のように変わります。

  • 〜50,000円:毎月5,000円
  • 〜100,000円:毎月8,000円
  • 〜150,000円:毎月10,000円
  • 〜200,000円:毎月15,000円
  • 〜500,000円:毎月17,000円

こちらの場合、返済額が5,000円を下回った場合には、全額を返済する形になります。

残高スライドAコースは、毎月の支払額を小さく抑えられるため、無理がない返済計画を立てやすいことが特徴です。

ただし、支払い期間が長くなる分、金利も高くなってしまいます。

残高スライドBコースの場合の支払いは締め切り日時点での残高に応じて以下のように変わります。

  • 〜200,000円:毎月10,000円
  • 〜300,000円:毎月15,000円
  • 〜400,000円:毎月20,000円
  • 〜500,000円:毎月25,000円
  • 〜700,000円:毎月30,000円
  • 〜900,000円:毎月50,000円

こちらの場合、返済額が10,000円を下回った場合には、全額を返済する形になります。

残高スライドBコースの場合、一月あたりの金額が大きくなり、残高スライドAコースと比べると早く返済できます。

リボルビング払い返済シミュレーション

「キャッシングを利用したいけれど、1回払いでは返済が厳しい」
「でもどのくらいの金利がかかるのか、正直不安」

そのような場合はエムアイカードでキャッシングをリボルビング払いで返済するときのシミュレーションを行うことができます。

こちら(https://www2.micard.co.jp/money/cash/hensai_simulation.html)のサイトにアクセスし、利用希望金額、実質年率、返済方式、借入予定日を入力すれば、返済シミュレーションを実行できます。

これを利用することで、返済回数や返済が完了する日程、返済総額、利息について大まかな計算ができます。

例えば、10万円のキャッシングを残高スライドコースAを利用し、2019年11月4日にキャシングを行なった場合のシミュレーションは以下のようになります。

  • 返済回数:18回
  • 返済日:2021年4月26日
  • 返済総額:112,352円
  • 利息分:11,352円

また、毎月ごとの支払いは以下のようになります。

  • 2019年11月〜12月分:毎月8,000円
  • 2020年1月〜2021年3月:毎月5,000円
  • 2021年4月:3,352円

以上のように、このシミュレーションを使うと、月々の支払いがわかり、支払い計画が立て安くなります。

毎月の支払い額が安定しますが、金利が上乗せされてしまうというデメリットがあります。

そのため、手数料が非常に高額になるため、よほど理由がない限り、リボルビング払いはおすすめできません。

どうしても利用しなければいけない場合には、利用する前にシミュレーションを利用し、この結果を参考に、返済計画を立てるのがおすすめです。

エムアイカードの締め日と支払日は?

エムアイカードの締め日は毎月5日、支払日がその月の26日になっています。

支払日が休祝日の場合は翌営業日になります。

キャッシングをする場合は、1日ごとに金利が上乗せされるため、金利がどのくらいになるか把握するにはいつ頃引き落としがされるか、把握することが大切です。

キャッシングにおすすめなACマスターカード

「キャッシングで金利をできるだけ抑えたい」

そのような場合はACマスターカードがおすすめです。

というのも、以下の理由があるからです。

  • 最大30日間金利0円で利用可能
  • 最短30分のスピード審査
  • 自動契約機で即日発行もできる

こうした点があるため、30日以内の返済ができれば、エムアイカードのキャッシングよりも金利を抑えられますよ。

まとめ

この記事ではエムアイカードのキャッシングについて、申し込み方法や、利用手順、支払い方法などについて詳しく解説しました。

エムアイカードのキャッシングは、金利としては一般的ですが、より金利を抑えたい場合にはACマスターカードなどの利用がおすすめです。

この記事を参考に、エムアイカードでのキャッシングを無理なく行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました