ラグジュアリーカードの特徴・メリットデメリット・特典内容を徹底解説!金属製カードの実力は?

全ラグジュアリーカードを徹底解説!金属製のチタン~ゴールドの特徴・メリットデメリット・特典内容 ラグジュアリーカード

今注目されているステータス性の高いクレジットカードと言えば新生銀行が発行する「ラグジュアリーカード」

3つのランクがありますが、どのカードもMasterCardの最上位のランク「Mastercardワールドエリート」の称号を手に入れられます。

Master Cardの最上位ランクのため、事実上のブラックカード。

しかも金属製のカードのため、見た目もゴージャスです。もちろん見た目だけではなく特典も充実しています。

  1. ラグジュアリーカード共通の特徴
    1. 金属製のカード
    2. MasterCardの最高ランクを誇る
  2. ラグジュアリーカード(LUXURYCARD)の種類
    1. コスパ最強!ラグジュアリーカードチタン
      1. 年会費5万円でワールドマスタークラスの資格を得られる
      2. ラグジュアリーカード チタンの審査難易度は?年収はいくら必要?
      3. チタンカードはリムジン送迎・メールでの依頼ができない
    2. 券面がブラック!ラグジュアリーカードブラック
      1. 見た目はブラックカード
      2. ラグジュアリーカードブラックの審査難易度と必要年収
      3. ダイニングのリムジン片道は送迎
    3. 年会費20万円のステータスカード!ラグジュアリーカードゴールド
      1. 最高のステータスカード
      2. ゴールドカードを手に入れる方法は完全招待のみ
      3. ラグジュアリーカードゴールドのみに付帯する特典
  3. ラグジュアリーカードのメリット
    1. 24時間365日対応のコンシェルジュ
    2. 空港での特典
      1. 国内外の主要空港ラウンジ利用可能
      2. プライオリティパス付帯
      3. 空港リムジン
      4. 国際線手荷物宅配無料サービス
    3. グルメ関係の特典
      1. ラグジュアリー・リムジン
        1. ゴールドカードは海外でもリムジンが利用可能に
      2. ラグジュアリー・ダイニング
      3. ラグジュアリー・アップグレード
      4. ケンズカフェ東京優待
    4. 得られる資格
      1. Master Cardワールドエリート
      2. ハワイアン航空上級会員資格
      3. 新生銀行のプラチナ会員資格
    5. ライフスタイルでの特典
      1. TOHOシネマズで映画を無料鑑賞
      2. 国立美術館が無料で利用可能
  4. ラグジュアリーカードのデメリット
    1. 金属製ゆえにお店で使えないリスクも…
    2. 利用できない店舗もある
    3. 年会費が高い
    4. 発行元が有名じゃない
  5. 迷ったらどのラグジュアリーカードがおすすめ?
  6. ラグジュアリーカードは人と被らない特別なカードが欲しい方にぴったり!

ラグジュアリーカード共通の特徴

金属製のカード

ラグジュアリーカードの特徴は金属製で出来たカードだということ。

通常のクレジットカードはプラスチック製だけど、ラグジュアリーカードは金属でできています。ラグジュアリーカードの最高ランク、「ラグジュアリーカード ゴールド」は24金でコーティングされています。

持っている人もあまりいないので、店員さんにも驚かれること間違いなしです。

MasterCardの最高ランクを誇る

ラグジュアリーカードはランクが下の方からチタン・ブラック・ゴールドがありますが、一番したのランクのチタンカードであってもランク的にはMasterCardの最高位「ワールドエリート」の資格を持っています。

Master CardはVISAと同様に自社でのクレジットカードを行っていません。しかし、MasterCardブランドのクレジットカードは6つのグレードに分かれています。

Mastercardランクではプラチナ以上のグレードが「ワールド」と「ワールドエリート」の2つあります。

ラグジュアリーカードは3つのうちどのカードを選んでも、最高位ランクのワールドエリートの資格を得れます。見た目だけでなく、ステータス性はばっちりですね。

ラグジュアリーカード(LUXURYCARD)の種類

ラグジュアリーカードにはチタン・ブラック・ゴールドの3種類があります。

特典の多さがラグジジュアリーカードの魅力なのでまずはどのカードにどの特典がついているのか見てみましょう。

LUXURY CARD Titanium

TitaniumCard(ラグジュアリーカード)

LUXURY CARD BLACK

BLACK CARD(ラグジュアリーカード)

LUXURY CARD GOLD

GOLD CARD(ラグジュアリーカード)

年会費 5万円+税 10万円+税 20万円+税
還元率 1.0% 1.25% 1.5%
申し込み資格 20歳以上 20歳以上 完全招待制
コンシェルジュ 〇(メール可) 〇(メール可)
空港ラウンジ
プライオリティパス
ハワイアン航空ステータス × エリート会員 エリート会員
国内旅行保険 利用付帯

最高1億円

利用付帯

最高1億円

利用付帯

最高1億円

海外旅行保険 自動付帯

最高1億2千万円

 自動付帯

最高1億2千万円

自動付帯

最高1億2千万円

TOHOシネマズ優待  毎月1回無料  毎月2回無料  毎月3回無料
 ダイニング特典(2名以上でコース1名無料)  〇
 ダイニングリムジン  ×  △(往路のみ)  〇(往復)

コスパ最強!ラグジュアリーカードチタン

ラグジュアリーカード・チタン

TitaniumCard(ラグジュアリーカード)
カード年会費 50,000円+税
ETC年会費 無料
家族カード年会費 15,000円+税
還元率 1.0%
  • 金属製のカード
  • プライオリティパス付帯
  • TOHOシネマズで毎月1回無料

年会費5万円でワールドマスタークラスの資格を得られる

ラグジュアリーカードの中でどれを選ぶか迷ったら…。そんなときはまず一番コストパフォーマンスが高い「ラグジュアリーカード チタン」がおすすめです。

ラグジュアリーカードの中ではゴールドカードの位置付けですが、Mastercardのランクではブラックカードの階級に属します。

カードの表面はステンレス加工になっていて年会費は5万円とゴールドカードにしては高めですが、それに伴い特典は充実しています。

ラグジュアリーカード チタンの審査難易度は?年収はいくら必要?

チタンカードの申し込み資格は20歳以上(学生除く)です。記述はありませんが、年会費5万円が必要になってくるため安定した職についていることは大前提でしょう。

チタンカードのカード利用限度額は100万円~300万円ほどなので、少なくとも年収400万円以上は必要と考えます。

チタンカードはリムジン送迎・メールでの依頼ができない

空港ラウンジ利用可能・プライオリティパス・国内旅行保険も海外旅行保険もラグジュアリーカードブラックとゴールドと変わりなし…チタンカードですが、上位カードでできて、チタンカードでできないこともあります。

  • コンシェルジュにメールでの依頼ができない
  • ダイニングまでのリムジン無料送迎が使えない

24時間365日対応してくれるコンシェルジュはつくものの、チタンカードはメールでの依頼ができません。返信はメールでもできるのですが、電話ができない環境にいるときは使いにくいもの…。

また、チタンカードではダイニングまでのリムジン送迎がありません。ラグジュアリーカードと提携しているレストランと自宅を往復してくれるサービスです。

ラグジュアリーカードの目玉であるリムジンサービスが利用できないのは、チタンカードのデメリットでしょう。

券面がブラック!ラグジュアリーカードブラック

LUXURY CARD BLACK CARD

BLACK CARD(ラグジュアリーカード)
カード年会費 100,000円+税
家族カード年会費 50,000円+税
ETC発行手数料 無料
還元率 1.25%
電子マネー
  • 重厚感のある金属製のカード
  • 空港やダイニングまでのリムジン送迎が無料
  • プライオリティパス無料付帯

見た目はブラックカード

ラグジュアリーカードブラックはラグジュアリーカードの中では2番目のランク(プラチナカード)にあたります。

BLACKの券面がとてもかっこいいです。知らない人がみたらブラックカードだと思いますよね…。

ラグジュアリーカードブラックの審査難易度と必要年収

ブラックカードの申し込み資格はチタンカードと変わらず「20歳以上(学生不可)」です。もちろん、年会費も利用限度額も高いため安定したある程度の収入があることが条件でしょう。

年会費が10万円と高額のため「経営者や富裕層向け」のクレジットカードです。審査難易度的にはアメックスプラチナカードと同等ぐらいです。

必要年収は少なくても500万円以上は欲しいですが、400万円でも審査に通過した事例もあるため、その人の属性や信用情報によって異なります。

ダイニングのリムジン片道は送迎

ブラックカードからラグジュアリーカードの目玉ともいえる「ダイニングまでの無料リムジン送迎」が使えます。

ただし、利用できるのは片道のみ。往路しか利用できないため注意しましょう。どうせ片道なら復路がよかったな…と思います。

特別な食事をしたあとに電車で帰ると一気に現実に引き戻されますよね…。なお、ブラックカードからコンシェルジュにメールで依頼できるようになります。

年会費20万円のステータスカード!ラグジュアリーカードゴールド

Master card Gold Card(LUXURY CARD)

GOLD CARD(ラグジュアリーカード)
カード年会費 200,000円+税
追加カード年会費 50,000円+税
ETC発行手数料 無料
還元率 1.50%
電子マネー
  • センチュリオンに次ぐステータスカード
  • 空港・指定レストランから無料リムジン送迎
  • 24金でできたカード

最高のステータスカード

ラグジュアリーカードの最高ランクのGOLDカード、なんと24金でできています。ステータス性の高いカードと言えば「アメックスセンチュリオン(年会費35万円)」を思い浮かべる方も多いと思います。

しかし海外の一部地域ではアメックスセンチュリオンよりもステータス性が高いと評価されているとか…。

ゴールドカードを手に入れる方法は完全招待のみ

ラグジュアリーカードゴールドは現在完全招待制になっており、直接申し込むことはできません。

ゴールドカードを手に入れるには、ラグジュアリーカードのチタンやブラックカードを手に入れ、かなりの額をカードで支払うと新生銀行からインビテーションが送られてきます。

ラグジュアリーカードゴールドのみに付帯する特典

ラグジュアリーカードのみに付帯する特典は以下の通りです。

  • 国立美術館・東京国立近代美術館の企画展が同伴者1名まで無料
  • 京都国立近代美術館・国立西洋美術館・国立国際美術館の所蔵作品展が同伴者1名まで無料
  • ダイニングまでのリムジン送迎が往復無料

国立美術館はブラックカードでも無料鑑賞できますが、金曜日のみという制限があります。金曜日お休みが取れない方にとっては特典を使うのが難しいでしょう。

しかし、ラグジュアリーカードゴールドなら利用の回数や曜日・時間帯に制限がありません。

また、ブラックカードでは片道しか使えなかったリムジン送迎が往復利用可能になります。

ラグジュアリーカードのメリット

見た目やステータスだけでなく、様々な特典(しかもラグジュアリーカードにしかない特典あり)が付帯しているラグジュアリーカード。その特典内容と対象のカードを紹介していきます。

24時間365日対応のコンシェルジュ

LUXURYCARD Titanium

TitaniumCard(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD BLACK

BLACK CARD(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD ゴールド

GOLD CARD(ラグジュアリーカード)

〇(電話のみ) 〇(メール依頼可) 〇(メール依頼可)

ラグジュアリーカードはチタン・ブラック・ゴールドの3つすべて、コンシェルジュを付けることができます。

コンシェルジュとは秘書のような物で、旅行で使う航空券やホテルの手配を頼めたり、お店の予約を頼めたり…と便利なサービスです。

「急に近くで食事場所が必要になったけど知らない土地だし、お店を外したくない…」そんなときにとても重宝します。

なお、依頼はチタンカードは電話のみ。ブラックカードとゴールドカードはメールでも依頼ができます。最高峰のステータスカードアメックスセンチュリオンであっても依頼は電話予約のみのため、ラグジュアリーカードの方が便利です。

空港での特典

国内外の主要空港ラウンジ利用可能

LUXURYCARD Titanium

TitaniumCard(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD BLACK

BLACK CARD(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD ゴールド

GOLD CARD(ラグジュアリーカード)

ラグジュアリーカードは国内主要空港22ヵ所と海外3ヵ所の空港ラウンジを利用可能です。

同伴者1名の無料で利用可能なため、夫婦や友人と一緒にフライトまでの時間を過ごせます。

プライオリティパス付帯

LUXURYCARD Titanium

TitaniumCard(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD BLACK

BLACK CARD(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD ゴールド

GOLD CARD(ラグジュアリーカード)

上級カードに付帯している空港特典と言えばプライオリティパスです。「プライオリティパス」とは世界143ヵ国500都市以上1200ヵ所以上の空港ラウンジを利用できるパスのことです。

  • アルコール飲み放題
  • シャワールーム

通常の空港でが上記のふたつのサービスは受けることができませんし、ラウンジ利用は有料です。しかし、プライオリティパスを持っていれば無料で空港ラウンジを利用できます。

空港リムジン

LUXURYCARD Titanium

TitaniumCard(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD BLACK

BLACK CARD(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD ゴールド

GOLD CARD(ラグジュアリーカード)

コンシェルジュを経由して100万円以上の海外旅行を決済すると、自宅から対象空港までを無料で送ってもらえます。

100万円以上だと片道のみの送迎ですが、200万円以上だと往復リムジン料金が無料になります。

国際線手荷物宅配無料サービス

LUXURYCARD Titanium

TitaniumCard(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD BLACK

BLACK CARD(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD ゴールド

GOLD CARD(ラグジュアリーカード)

3個まで無料 3個まで無料 3個まで無料

海外旅行に行く際は、衣服やお土産などでどうしても手荷物が多くなりがち…。

ラグジュアリーカード以外の上級のクレジットカードでも、国際線の手荷物宅配無料サービスが付帯しているクレジットカードも多いですが、ラグジュアリーカードは最大3個まで宅配可能です。

通常なら3つ往復で荷物を宅配すると1万円以上はかかってしまいます。

グルメ関係の特典

ラグジュアリー・リムジン

LUXURYCARD Titanium

TitaniumCard(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD BLACK

BLACK CARD(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD ゴールド

GOLD CARD(ラグジュアリーカード)

× △(往路のみ)

(往復利用可能・海外でも利用可能)

コンシェルジュ経由でラグジュアリーカードと提携しているレストランを予約すると、なんと自宅からレストランまでリムジンで送迎してくれます。

特別なダイニングで美味しいお酒を飲みたくありませんか…?リムジンがなければ、車で買えるか電車で帰るしかありません。

車でくればアルコールが飲めなくなるし、電車だと混雑に巻き込まれるからムードが壊れる…。送迎リムジンがあればそんな心配もありません。

対象地域は東京23区と神奈川県・千葉県の一部地域・大阪市内・京都市内などです。例え大阪から京都のレストランでリムジンを利用しても、高速料金込みで無料です。

ゴールドカードは海外でもリムジンが利用可能に

ゴールドカードのみの新サービスとして、海外でもダイニング特典が利用できるようになりました。

上海やシンガポール、ワイキキ、マンハッタン・サンフランシスコなどのアメリカの一部で同じようにリムジン送迎が利用できます。

ラグジュアリー・ダイニング

LUXURYCARD Titanium

TitaniumCard(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD BLACK

BLACK CARD(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD ゴールド

GOLD CARD(ラグジュアリーカード)

全国の200店舗ほどのレストランで2名以上のコースを予約すると1名分が無料になるサービスです。

提携しているレストランのコースは1名1万円以上ものがほとんどです。ラグジュアリーカード・ダイニングを利用すれば年会費の半分の元はすぐに取れるでしょう。

ラグジュアリー・アップグレード

LUXURYCARD Titanium

TitaniumCard(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD BLACK

BLACK CARD(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD ゴールド

GOLD CARD(ラグジュアリーカード)

ラグジュアリーカードが厳選したレストランでコース料理のアップグレード・会員限定の優待を受けることができます。

ケンズカフェ東京優待

LUXURYCARD Titanium

TitaniumCard(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD BLACK

BLACK CARD(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD ゴールド

GOLD CARD(ラグジュアリーカード)

ラグジュアリーカードは世界最高峰のチョコレートを使用したガトーショコラの焼きたてを1日5本取り置きしています。

百貨店でも販売していることはあるのですが、焼きたてを販売しているのは新宿本店のみ。通常なら数ヵ月待たなければいけませんが、ラグジュアリーカードなら当日に受け取ることも可能です。

しかし、取り置いてくれるのは平日のみのため注意しましょう。

得られる資格

Master Cardワールドエリート

LUXURYCARD Titanium

TitaniumCard(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD BLACK

BLACK CARD(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD ゴールド

GOLD CARD(ラグジュアリーカード)

ラグジュアリーカードは、3つのカードすべてMaster Cardワールドエリートの資格を得られます。

実はMaster Cardのワールドエリートの資格が採用されているのは、日本で新生銀行が発行する「ラグジュアリーカード」と、三井住友トラストクラブの「TRUST CLUBワールドエリートカード」のみ。

Mastercardワールドエリートのプログラム「Taste of Premium」が利用できます。

  • ダイニングby招待日和(2名以上のコース料金が1名無料)
  • 国際線の手荷物が3つ無料
  • ポイントの有効期限なし
  • 世界1000ヵ所以上の空港ラウンジサービス「Lounge Key」が本人と同伴者1名まで無料

以上のように最上急にふさわしい特典が付帯しています。

ハワイアン航空上級会員資格

LUXURYCARD Titanium

TitaniumCard(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD BLACK

BLACK CARD(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD ゴールド

GOLD CARD(ラグジュアリーカード)

×

ラグジュアリーカードのブラックとゴールドはハワイアン上級会員資格が付帯されます。

ブラックカードはハワイアン航空の「Pualani Gold」、ゴールドカードにはハワイアン航空の「Pualani Platnium」のステータスが付帯されます。

通常であればPualani Goldはハワイアン航空を30回登場、Pualani Platniumはハワイアン航空を60回以上搭乗しなければ資格を習得できません。

しかしラグジュアリーカードならカードを持っているだけで上級資格をゲットでき、フライトマイルボーナスが貯まる・無料アップグレードなどの特典を受けられます。

新生銀行のプラチナ会員資格

LUXURYCARD Titanium

TitaniumCard(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD BLACK

BLACK CARD(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD ゴールド

GOLD CARD(ラグジュアリーカード)

ラグジュアリーカードの引き落とし口座を申請銀行に設定すると、新生銀行ステップアッププログラムの最上位プラチナ会員資格を貰えます。

  • 他銀行への振り込み手数料が月10回まで無料
  • 海外送金手数料はつき1回無料

1回当たりの振り込み手数料を300円だとすると、毎月10回振り込む方は年に36000円お得になります。

ライフスタイルでの特典

TOHOシネマズで映画を無料鑑賞

LUXURYCARD Titanium

TitaniumCard(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD BLACK

BLACK CARD(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD ゴールド

GOLD CARD(ラグジュアリーカード)

月1回 月2回 月3回

会員サイトぺージから毎月決まった期間にエントリーすれば、カードのランクに応じて毎月無料でTOHOシネマズの映画を見ることができます。

ただし、チケットは先着順になっており、ランクが上のカードはエントリー期間も短いので注意しましょう。

国立美術館が無料で利用可能

LUXURYCARD Titanium

TitaniumCard(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD BLACK

BLACK CARD(ラグジュアリーカード)

LUXURYCARD ゴールド

GOLD CARD(ラグジュアリーカード)

・東京国立鎮台美術館

・国立西洋美術館

・国立国際美術館

・国立映画アーカイブの7階

・京都国立近代美術館

・東京国立鎮台美術館

・国立西洋美術館

・国立国際美術館

・国立映画アーカイブの7階

・京都国立近代美術館

以下金曜日限定

・国立新美術館

・東京国立近代美術館(本館・工芸館)

・東京国立鎮台美術館

・国立西洋美術館

・国立国際美術館

・国立映画アーカイブの7階

・京都国立近代美術館

以下曜日の制限なし

・国立新美術館

・東京国立近代美術館(本館・工芸館)

対象の美術館の所蔵作品展を無料で鑑賞できます。カード会員のみでなく、同伴者1名も無料です。

国立新美術館と東京国立近代美術館の企画展も、ラグジュアリーカードのブラックとゴールドなら無料で鑑賞できます。

ブラックカードは金曜日限定とやや条件が厳しいのですが、ゴールドカードなら曜日の制限はありません。

ラグジュアリーカードのデメリット

金属製ゆえにお店で使えないリスクも…

金属製で高級感もありますが、同時にお店で使えないリスクもあります。

お会計のときに機械に通すとカードが読み込めない…なんてことも。高級感のあるカードですが、実用性を考えるとラグジュアリーカードの他にクレジットカードを持ち歩く必要があります。

利用できない店舗もある

現在、ラグジュアリーカードの利用ができない店舗もあります。利用する機会が多い方は合わせて別のカードを用意しておきましょう。

利用ができない店舗や加盟店は以下の通りです。

  • 昭和シェル
  • エッソ・モービル・ゼネラル
  • ファミリーマート
  • セブンイレブン
  • コミニティ・ストア
  • Times24・三井のリパークなどのコインパーキング
  • スピードパス

セブンイレブンやファミリーマートなど、コンビニで使えないのは痛いですね…。しかし、ラグジュアリーカードに紐付けたQUICPayで会計ができます。

QUICPayはクレジットカードと違ってスピーディーに会計ができるのも嬉しいですね。

年会費が高い

一番年会費が安いチタンカードでも年会費は5万円です。アメックスのゴールドカードが年会費3万円程度だと考えると、少し年会費が高く感じるかもしれません。

もちろん、ラグジュアリーダイニングやTOHOシネマズでの特典を使っていけば5万円の元は取れるかもしれませんが、普段ダイニングサービスやラウンジを利用しない方にとっては元を取ることは難しいでしょう。

発行元が有名じゃない

ラグジュアリーカードの発祥自体は米国のものですが、日本では新生銀行が提携して発行しています。

カード自体2016年の11月1日に日本でスタートし、まだ日が歴史が浅いのもありますが、やはり「アメックス」「ダイナース」の発行元と比べると少々知名度が薄いです…。

また、ラグジュアリーカードは経営者や富裕層向けのカードといいながら、ローンも扱っている信販系会社の新生銀行が発行していることにも賛否が分かれています。

良くも悪くも、人と違った派手なカードです。

迷ったらどのラグジュアリーカードがおすすめ?

3つのうちどのラグジュリーカードにしようかな…という方で、ステータス性にこだわりがない方には「チタンカード」がおすすめです。

正直、ブラックカード以上は年会費が10万円・20万円と高額のため、特典を使いまくらない限りは元を取るのが難しいでしょう。

  • コスパ重視する→チタンカード
  • ステータスを重視する・リムジンを利用りたい・メールでコンシェルジュに依頼したい→ブラックカード・ゴールドカード

ラグジュアリーカードは人と被らない特別なカードが欲しい方にぴったり!

ラグジュアリーカードは2016年11月1日から新しく発行されたカードのため、まだ歴史が浅く、特典やサービスも変わっていくカードではあります。

「ステータス性のあるカードが欲しいけど、アメックスじゃ分かりやすすぎて恥ずかしい…」

「誰とも被らないカードが欲しい!」という方にぴったりです。

特典もかなり充実しており、ラグジュアリーカードブラックカード・ラグジュアリーカードゴールドカードは他のカードにはない特別な体験ができます。

  • メールでコンシェルジュに依頼できる
  • 提携ダイニングまで無料でリムジン送迎してくれる

カードのステータスだけではない、ラグジュアリーカードならではの特別な体験をしてみたい方は是非申し込んでみてはいかがでしょうか

タイトルとURLをコピーしました