ラグジュアリーカードの審査基準!年収400万円でも審査に通る?

ラグジュアリーカードの審査基準!年収400万円でも審査に通る? ラグジュアリーカード

最近になりステータスの高いクレジットカードで注目を集めているのがラグジュアリーカードです。

比較的新しいクレジットカードですので、これから発行を考えている人も多いことでしょう。

発行にあたり気になることといえば審査基準ではないでしょうか。申し込みをしてみれば分かることですが、事前に知りたい人が大半のはずです。

今回はラグジュアリーカードの審査基準についてまとめています。

ラグジュアリーカードの審査基準と申し込み資格

ラグジュアリーカードの正式な申込基準はどうなっているのでしょうか。

まずはこれらの情報についてまとめていきます。

正式な審査基準は公開していない

公式サイトによると申込基準は以下の通りです。

  • 20歳未満の方および、学生の方はお申し込みいただけません

上記からも分かるとおり、ラグジュアリーカードは正式な審査基準を公開はしていません。大雑把な審査基準しか公開されていないことが特徴です。

基本的にクレジットカードの審査内容は、それぞれのクレジットカード会社の機密事項です。クレジットカード会社の中でも知っている人は限られていると考えられます。これが外部に漏れてしまうと審査の対策をされてしまうからです。

ただ、それを踏まえてもある程度の審査基準は公開されていることがあります。年収の基準などが設けられていることもあります。

しかし、ラグジュアリーカードにおいてはこれらの情報が全く公開されていないことが特徴です。

20歳以上なら申し込み可能

ステータスの高いクレジットカードではありますが、ラグジュアリーカードは20歳以上であれば申し込みが可能です。

ゴールドカードなどは30歳以上からしか申し込みができないものがあります。そのようなクレジットカードと比較すると、ステータスの高いクレジットカードではあるものの比較的低いハードルで申し込みが可能です。

ただし、ラグジュアリーカードへの申し込みが可能なだけであり、実際に審査に通過するかどうかは別の話です。

受付はされているものの、20代前半ではほとんど審査に通過しないなどのことも考えられます。

安定した収入は必須条件

ステータスの高いクレジットカードのひとつですので、安定した収入を得ていることは最低限の条件です。

そもそもクレジットカードの審査において安定した収入は特に重要視される部分です。ラグジュアリーカードの審査に限らず、安定した収入がなければクレジットカードの審査には通過できません。ある程度は貯金があったとしてもそれ以上に安定した収入が重要視されます。

どの程度の収入があれば安定した収入があると言えるのかは、申し込みをするクレジットカードにより異なります。

ラグジュアリーカードにも種類がありますので、申し込みをするものによって求められている収入は違うと考えましょう。

各ラグジュアリーカードの審査基準

ラグジュアリーカードには3種類存在しています。どれもステータスの高いクレジットカードであり、審査の難易度が厳しくなることは容易に考えられます。

それでは収入に関してはどれくらいの審査基準が設けられているのでしょうか。実際にラグジュアリーカードの審査に通過した人の口コミなどを踏まえて判断してみます。

ラグジュアリーカードチタンの審査通過には年収500~600万円

TitaniumCard(ラグジュアリーカード)

ラグジュアリーカードの入門編がチタンカードです。最も下位に位置するラグジュアリーカードですが、それでも年収は500万円から600万円必要です。

この年収はゴールドカードのステータスが高いものやプラチナカードの大半と同様の審査基準です。

ラグジュアリーカードですが、チタンカードであれば比較的低い審査基準で発行されています。

ラグジュアリーカードブラックの審査通過には年収600万円以上

BLACK CARD(ラグジュアリーカード)

ラグジュアリーカードの中間に位置するものがブラックカードです。世の中的にはブラックカードといえば最上位のクレジットカードなのですが、ラグジュアリーカードにおいては中間です。

ブラックカードでは年収600万円以上が審査基準です。チタンカードよりは高いハードルが設けられています。他社でもステータスの高いプラチナカードであれば同様の審査基準が設けられています。

クレジットカードの中では高い審査基準ですが、クレジットカードのステータスを踏まえると特段高いとも言えません。

ラグジュアリーカードゴールドは完全招待制

GOLD CARD(ラグジュアリーカード)

ラグジュアリーカードの最高峰であるゴールドカードは完全招待制です。

すでにラグジュアリーカードのチタンやブラックを利用している人の中から、条件を満たした人にだけ招待が届きます。

具体的にどのような条件で招待が届くのかは不明です。すでに発行されているラグジュアリーカードを高額利用するなどの条件を満たすことで招待が届くと考えられます。

年収だけでなく職業など総合的に判断して審査される

ラグジュアリーカードの審査は年収面だけでもありません。職業なども含めて総合的に審査が実施されています。単純に収入が多い人に発行されているクレジットカードではありません。

ステータスの高いクレジットカードの場合、年収など以外にもクレジットカードを利用する人の属性を総合的に判断する傾向にあります。

ラグジュアリーカードにもブランド価値がありますので、ブランド価値を崩さないためにも発行する人を選んでいるのです。

どのような人であればラグジュアリーカードのブランド価値を満たしているのかを判断はできません。その点は公開されていない情報です。こちらも推測で判断するしかありません。

年収400万円でも審査通過の口コミも

チタンカードでも年収は500万円以上であるとの認識が基本的です。ただ、口コミを見る限りでは年収400万円程度でも審査に通過した実績があります。

一般的にクレジットカードの審査は多角的に実施されています。安定した収入があることが基本の軸であると考えられますが、それ以外の観点からも審査がされていることは間違いありません。

そのため、特定の条件を満たしている場合には、年収が500万円に満たしていなくとも発行される可能性があるようです。(職業ステータスが高いなど)

ただ、あくまでもこのような口コミも存在しているだけで、実際に審査に通過できる保証はありません。安心して審査が受けられるのは年収500万円以上であると考えておきましょう。

ラグジュアリーカードの審査で重視されるポイント

ラグジュアリーカードの審査で注目されるポイントはどこなのでしょうか。押さえておきたいポイントについて解説します。

勤続年数が長い

勤続年数は長ければ長いほど審査に通過しやすいです。大半のクレジットカード会社でこの審査基準が採用されています。

ラグジュアリーカードの場合には最低でも5年以上は勤続していることが理想です。そうすることによって安定した収入を得ているとの印象を与えられます。

クレジットカード審査において勤続年数の長さは安定した収入の評価につながります。ラグジュアリーカードでは収入の安定性が重要視されますので、勤続年数の長さが審査に影響します。

大企業・医者・経営者など職業の社会的信用が高い

ステータスの高いクレジットカードということもあり、申込者の社会的地位も重要です。

例えば大企業に勤めている、医者や弁護士などの士業、経営者など一般よりも高収入を得やすいと考えられていて信用力の高い人が有利です。

また、公務員も収入の安定性では高い評価を受けると考えられます。ただ、年収に関しては特段高額になることが少ないですので、その点も組み合わせて審査されていると考えられます。

他社のクレジットカードの信用情報

他社のクレジットカードやローンを利用した信用情報も重要です。今までにクレジットカードなどの支払い遅延が発生していないことが求められると考えられます。

今までに支払い遅延などがある場合、ラグジュアリーカードにおいても同様に支払い遅延を引き起こす可能性があります。これではステータスの高いクレジットカードを持つに値しないと判断されてしまいます。

逆に今までのクレジットカード利用で遅延なくしっかりと支払いができていれば、信用力の高い人と判断されて審査に有利です。

ラグジュアリーカードの審査~発行までにかかる日数は2週間~3週間程度

ラグジュアリーカードは申し込みをして、審査が開始されて発行されるまでに2週間から3週間程度必要なクレジットカードです。

プラチナカードクラスのクレジットカードであれば、一般的に発行まで3週間程度は必要です。

そのため、ラグジュアリーカードに関しても他のプラチナカードと同程度の期間で発行されるものであると言えるものです。

申し込みから受け取りまでの手順

ラグジュアリーカードは本人限定受取郵便で送付されます。そのため、クレジットカードが発行されるとまずは郵便局で管理されます。

郵便局で保管されたあとは、本人限定受取郵便が届いたことが郵便局から連絡されます。その連絡を受けてから、実査に受け取りをする手続きをします。

受取時には運転免許証など、本人であることが判断できる身分証明書の提示が必要です。

金属製のカードのため即日発行には対応していない

ラグジュアリーカードは特許を取得した技術による金属製のクレジットカードです。加工に時間を要することもあり、即日発行には対応していません。

そもそも、ステータスの高いクレジットカードですので審査に時間がかかります。即日で審査結果が分かるようなクレジットカードではありません。

審査結果が気になったりクレジットカードの到着が待ち遠しくなったりするとは思いますが、金属製のクレジットカードが到着するのを待ちましょう。

審査に落ちてしまう人の特徴

ラグジュアリーカードの審査に落ちてしまう人には特徴があります。この特徴に当てはまっていると、申し込みをしても審査落ちしてしまう可能性が高くなってしまいます。

条件に当てはまっていることによって必ず審査に落ちてしまうとは限りません。しかし、審査に落ちてしまう可能性が高まってしまいますので、どのような人が注意しなければならないのかをご説明します。

無職・パート・アルバイトなど収入の少ない人

無職やパート、アルバイトなど年収の少ない人は審査に落ちる可能性が高まります。

ラグジュアリーカードはステータスの高いクレジットカードであり、クレジットカード利用者の収入を特に重要視していると考えられます。貯金などを考慮する可能性はありますが、基本的には毎月の収入で審査がされていると考えられます。

そのように考えると、上記で挙げたような属性の人は収入面で不安を感じます。ラグジュアリーカードの審査に通過できるほどの収入があるとは考えられないでしょう。そのため審査落ちてしまう可能性が高まってしまいます。

お金があればそれなりの生活をしているかもしれません。しかし、重要視されることは収入の安定性です。収入が少なく不安定な人は審査に通過することが難しいでしょう。

過去にカードの支払いを延滞・滞納したことがある方

過去にクレジットカードや各種ローンの支払いを遅延したり滞納したりしたことがある人は審査落ちの可能性があります。

クレジットカードの発行は、クレジットカード会社との信頼関係が特に重要視されています。信頼関係が結べない人とはクレジットカードの発行ができません。

ラグジュアリーカードのようにステータスの高いクレジットカードの場合、なおさら信頼関係が重要視されています。過去に支払い遅延などを引き起こしていて、信用力の低い人は審査に通過しにくいのです。

勤務続年数が短い・勤務先の住所が間違っている方

勤続年数が短い場合や勤務先の住所などが間違っている場合は審査に落ちやすくなります。

まず、勤続年数が短い場合には信用度が低いと判断されます。安定した収入を得ているとは判断されないことがあります。勤続年数が短いことによって仕事を辞めてしまわないか不安に思われるのです。

また、勤務先の情報を間違えて申告した場合も審査に落ちる原因です。正しい情報が申告できていない場合、本人確認ができず審査に落ちてしまいます。そもそも、誤った情報での申し込みですのでクレジットカード会社に悪印象を与えます。

これらの理由によって勤務先関連の情報から審査に落ちてしまうことがあります。

ラグジュアリーカードの審査基準は厳しめだが職業と信用次第で審査は通過できる

ステータスの高いクレジットカードですのでラグジュアリーカードの審査基準は厳しめです。他社ではプラチナカードに申し込みをするのと同様のハードルが設定されています。

ただ、審査基準は年収だけではありません。職業や信用状況などを総合的に判断しています。そのため、多少基準よりも年収が低かったとしても審査に通過できる可能性もあります。

基本的にはステータスの高いクレジットカードということもあり、年収500万円以上が一つの基準です。

ただ、年収400万円代でも審査に通過できる可能性はありますのでまずは申し込みをしてみると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました