ラグジュアリーカードの審査期間は最短何日?審査を短くする方法とは

ラグジュアリーカードの審査期間は最短何日?審査を短くする方法とは ラグジュアリーカード

クレジットカードの中でもステータスが高いことで人気であるのがラグジュアリーカードです。比較的新しいクレジットカードではありますが、ステータスの高さで注目を集めています。

人気のクレジットカードですので「できるだけすぐに手に入れたい」「審査期間がどの程度なのか気になる」という人も増えているようです。

ステータスの高いクレジットカードでもありますので、審査にどの程度の期間が必要となるのかイメージできていない人もいるでしょう。

ラグジュアリーカードは審査にどれぐらいの時間が必要なクレジットカードなのでしょうか。

これらからラグジュアリーカードに申し込みをしたいと考えている人は気になることでしょう。

具体的にどの程度の審査期間が必要となるのかと、審査を短くするためにはどうすればよいのかをご説明します。

ラグジュアリーカードの審査期間は最短5日~10日

ラグジュアリーカードには3種類存在しています。

どのラグジュアリーカードに申し込みをするのかによって、必要な審査期間は異なります。最も下位に位置するラグジュアリーカードチタンカードでも最短5営業日必要です。

審査期間に幅があるのはラグジュアリーカードに限ったことではありません。多くのクレジットカードにおいて申し込みをするタイミングなどによって必要な審査期間は異なります。

必ず最短の期間でラグジュアリーカードの審査結果が出るわけではありませんので注意が必要です。

なお、ラグジュアリーカードの審査が完了してから手元に届くまでには郵送の時間も必要とされます。

つまり、審査期間が最短で済んだとしても、実際にラグジュアリーカードが手元に届くまでにはさらに時間がかかるのです。

審査期間とクレジットカードが手元に届くまでの期間には差がありますので、この点も理解しておくようにしましょう。

インターネットで申し込み:最短5~10日営業日

ラグジュアリーカードの申し込みはインターネットが基本です。

インターネット以外からの申し込みは無いと認識しておいたほうが良いでしょう。紙での申し込みも用意されているとは考えられますが、日頃から受付されているものではなく、キャンペーンなど用と思われます。

インターネットからの申し込みでも最短で5営業日が必要です。ラグジュアリカードはプラチナカード並のクレジットカードですので、審査に時間が必要となってしまいます。

他社のプラチナカードでも同程度の審査期間が必要です。そのことを踏まえるとラグジュアリーカードの審査だけが長期間であるわけではありません。

むしろ有名なプラチナカードと比較すると、ラグジュアリーカードの審査期間は短いと判断できることもあるぐらいです。

WEB申し込みでスピード審査ではあるものの長めではある

多くのクレジットカードがWEB申し込みに対応しています。

こちらの申し込み方法を利用することで、他の申し込みよりも短時間で審査結果が出る仕組みです。これは、クレジットカードの審査に必要な情報をWEBで入力していますので、クレジットカード会社の対応業務が少なくなることが理由です。

WEB申し込みであれば即日審査で結果が出ることもありますが、ラグジュアリーカードでは基本的に審査に時間が必要です。

他社で利用されているような自動審査のイメージとは少々異なっています。自動審査で基本的な審査をしてから、ラグジュアリーカードの担当者がさらに審査をしているようなイメージでしょう。

言い換えると自動審査で審査に落ちてしまった場合にはすぐに決まってしまうことを意味します。まずは機械的に審査をして、それを通過できた人だけがさらに細かい審査を受けるのです。

WEB申し込みであれば審査が短時間で完了することが多いのですが、ラグジュアリーカードではそういうわけではありません。

ラグジュアリーカードゴールドカードは招待制

ラグジュアリーカードの中にはラグジュアリーカードゴールドカードと呼ばれるものがあります。こちらのクレジットカードに限っては、ラグジュアリーカードの中でも招待制が採用されています。

そのため自分で申し込みをして、審査結果を待つという仕組みではありません。ゴールドカードの招待が届く段階である程度の審査はされていて、実際に申し込みをすると本審査が実施されると考えられます。

招待制のクレジットカードですので、ラグジュアリーカードゴールドカードに関しては上記の審査期間が適用されません。独自の審査期間で考える必要があります。招待制のクレジットカードは申し込みをしてみないと判断ができない部分もあるのです。

ラグジュアリーカードゴールドカードの招待が来るということは、ラグジュアリーカードを多用している人であると考えられます。

既にラグジュアリーカードを保有している人へ招待が届きますので、ゴールドカードを急いで手に入れなければならないということも無いでしょう。

ゴールドカードの招待が届いている場合には、気持ちに余裕を持って審査期間を過ごすようにしてみましょう。

ラグジュアリーカードの審査期間が長引く理由とは?

ラグジュアリーカードの審査が長引く理由はどこにあるのでしょうか。

考えられる理由について以下ではご説明します。

審査合格基準ギリギリのラインにいる

具体的に公開されているわけではありませんが、クレジットカードには審査基準が存在しています。

基準が存在していることで、審査に通過できる人とそうではない人がいます。この基準を満たしていることでラグジュアリーカードが発行されます。

もし申し込みをした人が審査基準のギリギリにいた場合、審査が通常よりも長くなってしまう可能性があります。審査基準を満たしているためラグジュアリーカードは発行できるものの、念のために不安な部分を解決しようとするのです。

審査基準を満たしているため本来は発行できるものですが、ギリギリとなるとクレジットカード会社側も考えてしまいます。

例えばクレジットカードの支払いが遅延しないかどうかやラグジュアリーカードのようなステータスが高いクレジットカードにふさわしいかどうかです。

通常よりも念入りに審査をして、ラグジュアリーカードの発行が適切であると判断されれば審査に通過します。念入りに審査されることで時間がかかってしまう可能性があります。

キャンペーンなどで申し込みが殺到している

新規入会キャンペーンなど大々的に入会を募集している場合には、申し込みが殺到することで審査に時間がかかる可能性があります。

通常よりも多くの審査をしなければなりませんので、審査待ちの状態が発生してしまうのです。

キャンペーンで申し込み数が増えると予測される場合には、クレジットカード会社側もある程度の対策をしているとは考えられます。

ただ、申し込み数は予測できませんので完璧な対策をすることは不可能でしょう。その結果、クレジットカード会社側の予定に反して審査に時間がかかることがあります。

どこのクレジットカード会社でもキャンペーンが開始してすぐと、終了間際は申し込みが集中する傾向にあります。このタイミングは特に注意しておくと良いでしょう。

申し込み内容に不備があった

申し込み内容に不備があることで審査に時間が必要となることがあります。

新しい情報は申告されていないと、ラグジュアリーカードは審査の過程で再確認しなければなりません。正しく申告されていればスムーズに進む審査も、確認作業があることで無駄な時間を要してしまうのです。

例えばインターネットからの申し込みの場合、入力内容の打ち間違いなどが考えられます。紙で申し込みをする場合には、そもそも記入忘れなどがありました。

しかし、インターネットからの申し込みではチェックが入りますので入力漏れはなくなっています。

ただ、入力間違いについては機械だけでは判断できない部分があります。そのためそのままの申し込みとなってしまい、人間が確認した段階で誤りに気づくことがあるのです。

入力間違いは申し込みをする側の注意で防げるものです。インターネットからの申し込みであれば確認画面も表示されます。適当に流すのではなく、正しく入力できていることを再確認しておきましょう。

在籍確認がとれなかった

確認できないことで審査に落ちることもあります。

全てのクレジットカードで在籍確認が実施されているわけではありません。

また、ラグジュアリーカードも必ず在籍確認が実施されているとは限りません。しかし在籍確認が発生した場合には、これに対応しなければ審査に落ちてしまいます。

在籍確認は基本的に申し込みをした会社で働いているかどうかを確認されます。申し込みをした勤務先の電話番号に連絡が来て、本人が本当に働いているのかを確認されます。働いていることさえ確認できれば本人が電話に対応する必要はありません。

在籍確認の連絡は一回限りではありません。もし仮にその場で対応できなかったとしても、ある程度時間をおいて再度電話もしてくれます。そこで対応できれば審査に落ちることはなく、そのまま審査を続けてもらうことが可能です。

ただ、何回も電話をしてもらうことになると待ち時間が発生します。その間はラグジュアリーカードの審査が進みません。

在籍確認が発生する場合には、非通知で電話がかかってくることが大半です。自分で折り返しをして時間の短縮ができないのです。

ラグジュアリーカードの発行を急いでいるときの対処法

ラグジュアリーカードの発行を急いでいるときにはどうすればよいのでしょうか。審査はクレジットカード会社のペースで進められるものですので対処には限界があります。

ただ、できる可能性がある対処法をご紹介します。

ラグジュアリーカードに電話して審査期間を縮めてもらう

ラグジュアリーカードに電話連絡することで、審査期間を縮めてもらえる可能性があります。何かしら理由がある場合には、審査の優先順位を上げてもらえる可能性があるのです。

もちろん、必ず受け入れられるとは限りませんが交渉してみる価値はあるでしょう。

例えばラグジュアリーカードを海外旅行に持っていきたい場合、審査の優先順位を上げてもらえないか交渉できるかもしれません。ラグジュアリーカードも利用してもらえることが決まっていれば、優先的に審査をする可能性があります。

ただ、基本的にはラグジュアリーカードの審査は申し込みを受け付けた順番で進められます。頼み込んだからと言って、審査期間を縮めてもらえるとは限りません。

インビテーションから申し込む

ラグジュアリーカードのインビテーションから申し込みをした場合には短期間で審査が完了します。

基本的にラグジュアリーカードは自分で申し込みをして審査を受けるクレジットカードです。

ただ、既存の利用者から強い推薦があった場合などは、ラグジュアリーカードから入会の招待であるインビテーションが届くことがありえます。これを利用して申し込みをすると審査期間が短縮されるのです。

インビテーションを出すということは、既に高い信用力がある人であると考えられます。審査は信用力を確かめるために実施するものですので、信用力が高いことが判明していると短時間で完了させられるのです。

ラグジュアリーカードがどの程度のインビテーションを発行しているのかは不明です。インビテーションは簡単に受け取れるものではないのも事実です。

ただ、何かしらラグジュアリーカードのインビテーションを受けるチャンスがある場合には、これを利用することで審査期間を短縮できます。

ラグジュアリーカードの審査状況を知る方法は?

ラグジュアリーカードに申し込みをすると審査結果が気になることでしょう。

可能な限り早くクレジットカードの審査結果を知りたいと考えるはずです。結果が出るまでに後どれぐらい必要なのかが気になる人もいるかもしれません。

しかし、ラグジュアリーカードの審査結果を確認する方法はありません。審査に通過していれば会員サイトへの案内が届きますし、審査に落ちていれば封筒で連絡が届きます。

どちらかの連絡が来るまでは、審査に通過しているのかどうかや審査中なのかどうかの判断ができません。

なお、基本的には電話連絡では審査状況や確認を教えてはもらえません。上記のように審査の短縮を依頼できることはありますが、対応してもらえない部分もあります。

ラグジュアリーカードの審査結果が3週間以上ない場合は問い合わせを

ラグジュアリーカードの審査期間についてご説明しました。プラチナカード並ですので、基本的には審査に時間が必要です。平均して一週間程度は様子を見てみましょう。

ただ、3週間以上待っても審査結果が届かない場合には何かしらのトラブルが発生している可能性があります。

メールが届いていないなどのトラブルが考えられますので、審査結果が長期間届かない旨を問い合わせしてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました