ラグジュアリーカードは使えない?口コミ&評判と審査難易度を解説!

ラグジュアリーカードは使えない?口コミ&評判と審査難易度を解説! ラグジュアリーカード

ラグジュアリーカードは年会費は高めですが、その分特典とステータス性に優れたクレジットカードです。

1番年会費がお得なラグジュアリーカードチタンカードでも年会費は5万円かかるので、せっかくもうしこみたいなら本当に使えるカードなのか評判を知ってから申し込みたいですよね。

ここではラグジュアリーカードの良い口コミ・悪い口コミ・審査についての評判を紹介していきます。

ラグジュアリーカードを申し込もうか迷っている方は参考にしてみてください。

ラグジュアリカード良い口コミ・評判

金属製のカードでステータスが高い

ラグジュアリーカードは一番安い年会費のチタンカードでもMaster Cardの1番上のランク「ワールドエリート」の資格を獲得することができます。

日本が発行するクレジットカードでワールドエリートの資格を得られるカードはそうそう多くありません。

また、ラグジュアリーカードはTitaniumカード・ブラックカード・ゴールドカードともに金属製のカードになっています。

お店でラグジュアリーカードを出したときに驚かれるという口コミ・評判が多かったです。

1番したの金属製のカードでも金属の重みと質感があり、高級に見えるとの意見が多かったです。

審査のハードルは下がってきている

ラグジュアリーカードは以前まで年収1000万円以上は必要と入われるほど、審査のハードルが高いとされてきました。

申し込み条件は「20歳以上で安定した収入があること」のみですが、収入があればだれでも通るというわけではありません。

年収300万円~年収400万円だと審査に落ちる可能性が高くなりますが、今では年収500万円程度あればチタンカードの審査に通る方も多いです。

新卒で審査に通った方もします。審査には年収だけでなく、過去のクレジットカード履歴や、勤務先が審査される可能性が高いです。

年収はあくまでも審査の1つの目安です。ラグジュアリーカードの審査基準が詳しくしりたい方はこちらをご覧ください。

海外旅行保険が手厚い

ラグジュアリーカードの海外旅行保険が自動付帯で手厚いのが評判です。

カードのランクに関わらず、カード会員は最高1億2千万の海外旅行保険が付帯しています。

●ラグジュアリーカードの海外旅行保険

カード会員 家族特約対象者
傷害死亡・後遺障害保険金 最高1億2千万円 最高1000万円
傷害治療費用保険金 200万円
疾病治療費用保険金 200万円
携行品損害保険金 100万円(自己負担3000円)
賠償責任保険金 最高1億円
救済者費用保険金 500万円程度

また、航空機が遅れたときの乗継遅延費用・出航遅延・欠航などの補償や、手荷物紛失・遅延の補償も付帯しています。

24時間365日対応のコンシェルジュデスクの口コミ

ラグジュアリーカードは24時間365日対応のコンシェルジュが利用できます。

コンシェルジュには以下の様な依頼をすることができます。

  • 会食・接待で使うお店を探してほしい
  • 海外旅行の航空券をとって欲しい
  • 今から泊まれるホテルを探してほしい
  • 取引先に花を送りたい

高額の年会費も「秘書を1人雇っている」と考えれば安く感じるのではないでしょうか。

ラグジュアリーカードのコンシェルジュはメールでの依頼や返信ができるとう点。

なかなか電話で連絡を取れない…という方におすすめです。

しかしチタンカードはメールでの依頼ができず、返信のみメール返信可能になります。

最初からメールで依頼したい方は注意しておきましょう。

プライオリティパス付帯!ラウンジの口コミ

プライオリティパスとは世界の143ヵ国以上1200ヵ所以上の空港ラウンジが使えるパスのことです。

プライオリティパスには「スタンダード会員」「スタンダード・プラス」「プレステージ」の3つのランクがあり、ランクごとに無料で利用できる回数が決まっています。

ラグジュアリーカードは最上級ランクの「プレステージ会員」の資格を取得できます。カードの年会費さえ支払えば、無料でラウンジを利用できます。

1番年会費が安いチタンカードでもプレステージの資格をゲットできるので、これだけでも十分に元はとれます。

ラグジュアリカードの悪い口コミ・評判

ラグジュアリーカードが使えない店舗がある

ラグジュアリーカードは金属製でできています。かなり高級感がありますが、お店によっては使えない店舗があります。

カードを挿入したら戻ってこなかった…なんてこともあります。

MasterCardブランドなので、国際ブランド的にはJCBやアメックスより使える店舗が多いです。

しかし、金属製のカードが裏目にでていることもあるので注意が必要です。アメックスプラチナのようにプラスチックカードも別で発行してくれればいいのですが、発行は金属のみ。

ラグジュアリーカード1枚だけではなく、通常のプラスチックのカードも持っておいた方が良さそうです。

TOHOシネマズ映画無料特典がエントリー式になった

2018年12月のラグジュアリーカードが改悪されてしまい、TOHOシネマズの映画無料チケットがエントリー式になってしまいました。

ネットエントリーのみになるならまだよかったのですが、申し込み規定枚数が定められたことで、特典が受け取れない状態になることも…。

確実に特典んを受け取りたいなら、申し込みが始まる毎月1日の0:00にスマホをもって構えなくてはいけなくなりました。

特に年会費が一番安いチタンカードは規定の枚数が少ないため、エントリーが遅いと特典を受け取れません。

上位カードのブラックカードやゴールドカードを持っている方や、エントリーを忘れない方はいいですが、改悪によりめんどくさくなった…という口コミ・評判も見られます。

海外旅行保険の疾病治療の補償が少ない

ラグジュアリーカードの海外旅行の保険は、傷害死亡・後遺障害保険金の補償は最高1億2千万円とかなり高額です。

しかし、傷害治療費用と疾病治療費用保険の補償額が200万円程度と少ないのがデメリットです。

海外旅行中は保険が効かないので、1回診察にかかるだけでも高額な費用がかかります。

そのため海外旅行保険の中でも「傷害治療費用」と「疾病治療保険」は重要な項目です。

ラグジュアリーカードの、傷害治療費用と疾病治療費用の補償額は高い年会費の割には少なく感じます。

例えばエポスカードは海外旅行が自動付帯で最高500万円の補償がついています。

エポスカード

エポスカード
カード年会費 無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 0.5%
電子マネー
申し込み資格 満18歳以上の方
  • カード年会費・ETCカード年会費無料!
  • 海外旅行保険が最高500万円自動付帯
  • マルイで年4回10%OFF・カラオケ30%OFFなど優待点多数

500万円というと少なく感じますが、傷害治療費用200万円・疾病治療費用が270万円とラグジュアリーカードより高い補償額が設定されています。

しかもエポスカードの年会費は無料です。

ラグジュアリーカードの保険は一見充実してそうに見えますが、1枚だけですべてをカバーすることは難しいです。

海外旅行保険が自動付帯のクレジットカードを組み合わせて、足りない保険額をカバーしましょう。

ラグジュアリーカードの特典

ラグジュアリカードには「チタンカード」「ブラックカード」「ゴールドカード」の3つのランクがあり、上位カードになればなるのど特典が豪華になっていきます。

LUXURY CARD Titanium

TitaniumCard(ラグジュアリーカード)

LUXURY CARD BLACK

BLACK CARD(ラグジュアリーカード)

LUXURY CARD GOLD

GOLD CARD(ラグジュアリーカード)

年会費 5万円+税 10万円+税 20万円+税
還元率 1.0% 1.25% 1.5%
申し込み資格 20歳以上 20歳以上 完全招待制
コンシェルジュ 〇(メール可) 〇(メール可)
空港ラウンジ
プライオリティパス
ハワイアン航空ステータス × Pualani Gold Pualani Platinum
国内旅行保険 利用付帯

最高1億円

利用付帯

最高1億円

利用付帯

最高1億円

海外旅行保険 自動付帯

最高1億2千万円

 自動付帯

最高1億2千万円

自動付帯

最高1億2千万円

TOHOシネマズ優待  毎月1回無料  毎月2回無料  毎月3回無料
 ダイニング特典(2名以上でコース1名無料)  〇
 ダイニングリムジン  ×  △(往路のみ)  〇(往復)

大きく違いが出る項目は以下の5つです。

  • 還元率
  • TOHOシネマズの優待
  • ダイニングリムジン
  • コンシェルジュへのメール依頼
  • ハワイアン航空ステータス

ダイニングリムジンとは、指定のダイニングを予約すればリムジンによる送迎がつく特典です。

チタンカードにはついていませんが、ブラックカードだと片道、ゴールドカードだと往復の送迎が利用できます。

また、ブラックカード・ゴールドカードはハワイアン航空の上級会員資格を獲得できます。

ハワイアン航空の上級会員資格は、通常ハワイと日本を年に3回往復しないと取得できない資格です。ハワイ-日本間のフライトでしかマイルが貯まらないので取得が難しいと言われています。

ラグジュアリーカードを持っていれば自動的に上級会員資格を取得できます。

ラグジュアリーカードの口コミ・評判を元にラグジュアリーカードを申し込もう

ラグジュアリーカードの良い口コミと悪い口コミを両方みていきました。

良い口コミ・評判

  • 金属製のカードでステータス性が高い
  • コンシェルジュの質がよい
  • 審査ハードルが下がってきている

悪い口コミ・評判

  • 金属製のカードが使えない店舗もある
  • 海外旅行保険の疾病治療の補償が少ない
  • TOHOシネマズの映画無料特典がエントリー式になってから当たらない

ラグジュアリーカードは豪華な特典がついているカードではありますが、年会費が高いので慎重に選びたいところです。

ラグジュアリーカードのメリット・デメリットもしっかり押さえた上で、カードを申し込むようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました