ルミネカードの審査基準と審査落ちの理由を徹底解説!審査で見られるポイントとは?

ルミネカードの審査基準と審査落ちの理由を徹底解説!審査で見られるポイントとは? ルミネカード

「働き出してから、毎週休みの日にルミネでショッピングするのが楽しみ!」

そんな方は、いつでも5%OFF、年に4回10%OFFのルミネカードは是非ゲットしたいですよね。

でも働き始めで収入もないと、カードの審査に落ちないか不安…。でもどうしてもルミネカードが欲しい!

今回はそんな方に「ルミネカードの審査基準」と「審査に通過するためのポイント」をご紹介していきます。

  1. ルミネカードの審査基準!安定した収入があればOK
    1. ルミネカードの申し込み資格は2点だけ
      1. 在籍確認の電話に繋がらないと審査に落ちる
    2. 20代・30代の方は審査に通りやすい
    3. 学生・専業主婦の方でも審査に通る可能性があるカード
  2. ルミネカードの審査で見られているポイント
    1. 過去に滞納を起こしていない信用できる人物かどうか
    2. クレヒスがしっかりしている人物かどうか
    3. 継続的な収入があるかどうか
      1. 審査に通りやすい年収は200万円以上
  3. ルミネカードの審査難易度は?
  4. ルミネカードの審査に通るために絶対に覚えておきたいポイント
    1. 一番低い利用額で申し込む
    2. クレジットヒストリーを育てる
    3. 複数のクレジットカードに申し込まない
    4. キャシング枠は低く設定する
  5. ルミネカードを申し込む方法
    1. 仮カードの審査に通っても本審査で落ちることも
  6. ルミネカードの審査に落ちる7つの原因とは?
    1. 原因①クレジットカードの利用実績が浅かった
      1. 申し込み者が信頼できるかどうかは、支払い能力でみる
    2. 原因②過去にクレジットカードの支払いを滞納したことがある
      1. 金融事故とは?どれくらい残るの?
    3. 原因③他の金融機関で年収の3分の1以上借りている
    4. 原因④収入が安定していない
    5. 原因⑤ルミネカードを同じ時期に複数のクレジットカードを申し込んだ
    6. 原因⑥在籍確認が取れなかった
    7. 原因⑦申し込みの内容に間違いがあった
  7. 審査に落ちたけどルミネカードをどうしても作りたい!改善すべき点は?
    1. 収入・借り入れなど審査の項目を改善する
    2. 再審査はすぐ申し込まない!少なくとも半年間は待とう
    3. キャシング枠は0円で申し込もう
    4. 持っているカードの枚数を見直そう
  8. ルミネカードの審査に落ちたらすぐ申し込まず、改善してチャレンジ!
  9. ルミネカードは社会人1年目でも作れる可能性はある

ルミネカードの審査基準!安定した収入があればOK

ルミネカードの申し込み資格は2点だけ

ルミネカードの申し込み資格は以下の2点だけです。

  • 18歳以上(高校生不可)
  • 電話連絡が可能なこと

収入については特に審査資格を設けていないため、学生や専業主婦の方、アルバイトの方もルミネカードを申し込むことができます。

また、18歳以上とありますが、未成年者の場合は親の同意が必要になります。

18歳以上であれば未成年でも申し込みが可能で、収入に関する決まり(例「安定した収入がある人」など)も特に記載されていないため、あまり収入が多くない人や安定していない人でも審査に通る可能性は十分にあると考えられます。

在籍確認の電話に繋がらないと審査に落ちる

必ずしも電話がかかってくるわけではありませんが、まれにカード会社から勤務先に在籍確認の電話がかかってくる可能性があります。

在籍確認の電話は本人がでる必要はなく、勤務先に申し込んだ人物が在籍していることが分かればOKです。

(例)

「○○さんはいらっしゃいますか?」
「○○は席を外しております。」

この場合は勤務先に在籍しているのでOK

「○○はうちの会社におりませんが…」
この場合はNGです。

在籍確認が取れないと審査に落ちてしまうので、申し込みの際は確実に在籍確認ができる番号を記入するようにしましょう。

20代・30代の方は審査に通りやすい

クレジットカードこれまでに作ったことないから審査通らないかぁ…

そんな女性の方も安心してください。ルミネカードの審査は年齢が若いほど審査は有利に、年を重ねるほど審査に不利になっていきます。

ルミネ側の「若いうちに作って長期間ルミネを利用してほしい」という思いから、若い方のほうが審査に通りやすくなっています。

学生・専業主婦の方でも審査に通る可能性があるカード

ルミネカードの審査では安定した収入があるかどうかが見られます。

学生や専業主婦の方は、自分の収入は高くありませんが、扶養してくれる親や、配偶者と世帯を共にしているので、「支払い能力がある」と判断されます。

ルミネカードの審査で見られているポイント

ルミネカードの申し込み資格はわりと緩いですが、審査では見るべきポイントをしっかり見ています。

過去に滞納を起こしていない信用できる人物かどうか

クレジットカードを作ると「個人情報信用機関」に登録者の情報が登録されます。

この個人情報信用機関には、「これまでにどんなクレジットカードを申し込んだか」だけでなく、「支払い滞納していないか」「金融機関でお金を借りていないか」などが記録されています。

1度でも滞納したことがあると、クレジットカード会社からの信用は薄くなり、審査に通りにくくなってしまいます。

クレヒスがしっかりしている人物かどうか

ルミネカードの審査には少し癖があると言われていますが、それは「クレヒス」を重要視している点。

クレヒスというのはクレジットヒストリーの略で、これまでのクレジットカード利用歴のことです。

これまでに1度もクレジットカードを申し込んだことのない人は、きちんとクレジットカードの支払いを行ってくれるかが分からないので、審査に通りにくくなってしまいます。

例えば、年収600万円の35歳サラリーマンでも、これまでに一度もクレジットカードを利用したことがないと審査に落ちてしまうことがあるのです。

もし年齢が高く、初めてクレジットカードを作ろうを思っている方は、1度他社のクレジットカードを申し込んでからルミネカードを申し込ん方が審査に通りやすくなるでしょう。

継続的な収入があるかどうか

ルミネカードの審査では、継続的な収入があることを求められます。

そのため銀行にお金が沢山あっても、働いていなくて収入がなければ審査に落ちてしまいます

また自営業や契約社員の方など十分な収入がある方でも、経営がうまくいかなかったり、契約を切られる可能性があるので、審査は通りにくくなってしまう傾向にあります。

審査に通りやすい年収は200万円以上

会社勤めの方がルミネカードの審査を通過するなら、年収200万円以上がひとつの目安になるでしょう。

まだ働き始めたばかりで年収200万円ぎりぎり…という方も希望を捨てる必要はありません。

ルミネカードの審査では、項目度とに点数をつけていく「クレジットスコア」を使って総合的に審査されているので、他の項目が基準を満たしていれば審査を通過する可能性は十分にあります。

ルミネカードの審査難易度は?

ルミネカードの審査難易度は普通~やや易しいです。

ルミネカードはショッピングモールのクレジットカードである流通系のクレジットカードと思われがちですが、実際ルミネカードは交通系のクレジットカードです。

クレジットカードには主に5つの種類があり、下に行けばいくほど審査難易度は低くなります。

銀行券のクレジットカード 銀行が発行しているクレジットカード

(例)三井住友VISAカードなど

交通系のクレジットカード 交通機関が発行しているクレジットカード

(例)ビューカードなど

信販系のクレジットカード クレジットカード会社が発行しているクレジットカード

(例)オリコカーカード・JCBカードなど

流通系のクレジットカード デパートやショッピングモールなどのクレジットカード

(例)イオンカードなど

消費者金融系のクレジットカード 消費者金融が発行するカード

(例)アコム・プロミスなど

ルミネカードはJR東日本グループの株式会社ビューカードが審査を行っているので、流通系のクレジットカードではなく、交通系のクレジットカードになり、審査難易度は「やや易しい~普通」になるんですね。

ルミネカードの審査に通るために絶対に覚えておきたいポイント

一番低い利用額で申し込む

ルミネカードの審査に通りやすくするコツ、1つ目は1番低い利用額で申し込むことです。

利用可能額を高く申し込めば高く申し込むど、支払い能力があるのか厳しく審査されます。

ルミネカードの最低額は毎月10万円なので、まずは10万円で申し込むといいでしょう。

足りないな…と思ったら、利用額を引き上げを電話で行うことができます。

クレジットヒストリーを育てる

ルミネカードの審査では「クリーンでクレジットカードの利用履歴が長い」ほど、信用されカードの審査に通りやすくなります。

特に金融事故を起こさないことは最重要です。

・クレジットカードの2か月以上の滞納をしている人

・他社でお金を借りまくっている人

・携帯電話の本体代金を滞納している人

このような方は、毎月きちんと返済してくれないかもしれない…と信用されず審査に通りにくくなってしまいます。

複数のクレジットカードに申し込まない

ルミネカードの審査に落ちたときのために、マルイのエポスカードと高島屋のカードと伊勢丹のカードと…

と複数のカードを申し込まないようにしてください。

短期間に複数のクレジットカードを持つと、「複数のカードを申し込むほどお金がないの?」「全部のカード代金払えるわけないからルミネカードは落としとこう」となってしまい審査に落ちてしまいます。

もし、他のショッピングセンターのクレジットカードが欲しい場合は、ルミネカードを申し込んでから6か月して申し込むようにしましょう。

キャシング枠は低く設定する

ルミネカードにはショッピング枠とキャシング枠があり、両方合わせた額が月の利用可能額です。

キャッシング枠を設置するということは、お金を借りる可能性あるという事。
その時点で審査は厳しくなります。

また、ルミネカードのショッピング枠の審査とキャシング枠の審査は別々です。
キャシング枠を設定すると2段階で審査を受けることになってしまうので、当然審査は厳しくなります。

キャシング枠を使う予定がないのなら、利用額は0円で申し込みましょう。

ルミネカードを申し込む方法

ルミネカードの申し込みには「店頭申し込み」と、「インターネットから申し込み」あります。

店頭で申し込むとルミネカードの本カードではなく、仮カードをその日に受けとることができます。

この仮カードは国際ブランドがついていないもので、ルミネ内だけで使えるカードです。
利用可能額は10万円と低めですが、カードで払ったものはしっかり5%OFF・10%OFFになります。

欲しい商品があるのに、あと1日で10%OFFセールが終わってしまう…そんなときに利用したいカードですね。

ちなみに仮カードは30分で即日発行、本カードが届くまでは約2週間かかります
インターネットで直接申し込みが場合は、約1週間で本カード届きます。

仮カードの審査に通っても本審査で落ちることも

ルミネカードは仮カードが発行されたからといって、本カードの審査が通ると限りません。

仮カードの審査に通ったからと言って、複数カードを申し込んだり、金融事故を起こさないように注意しましょう。

近年、クレジットカードをはじめとするキャッシュレス決済が浸透してきました。

これに伴い新たにクレジットカードを作ろうとしている人も少なくないのではないでしょうか。

一方で、クレジットカードは申請すれば誰でも作れるものではありません。時には審査に落ちてしまうこともあります。

そこで、今回は数あるクレジットカードの中でもルミネカードに注目し、ルミネカードの審査に落ちてしまう人の原因や、審査を通過するためのポイントなどについて解説します。

ルミネカードの審査に落ちる7つの原因とは?

クレジットカードを作ろうと思い、数あるカードの中からルミネカードを選んだものの、審査に落ちてしまうケースも中にはあります。

では、審査に落ちる場合その原因にはどのようなものがあるのでしょうか。確認していきましょう。

原因①クレジットカードの利用実績が浅かった

原因の1つとして考えられるのが、申し込みをした人のクレジットカードの利用実績があまりなかったということです。

クレジットカードは基本的に後払いの形をとっているため、クレジットカード会社は利用者を信頼することができなければカードを発行することはありません。

申し込み者が信頼できるかどうかは、支払い能力でみる

例えば、すでにクレジットカードを持っていて、毎月ちゃんと支払うことができている人であれば、カード会社も「この人ならカードを発行しても貸し倒れのリスクはなさそうだから大丈夫」となります。

一方で、過去にクレジットカードの利用実績がない人がカードの申し込みをしたとするとカード会社は「この人はどういった人なんだろう?」「もしかしてお金に困ってカードを作ろうとしているのでは?」と考えてしまうため、信頼を得ることができません。

クレジットカードの利用実績はカード会社がカードを発行する際の判断基準の1つになるため、初めてカードを作る人は、審査に通りやすいとされるカードを発行してからルミネカードを作るようにしましょう。

ちなみに、カード申込者の過去のクレジットカードの利用実績に関しては信用情報機関と呼ばれる機関で共有されています。

原因②過去にクレジットカードの支払いを滞納したことがある

先ほども触れているように、クレジットカードは後払いの形をとるため、カード会社は常に貸し倒れのリスクを背負っていることになります。

そのため、過去にクレジットカードの支払いが遅れてしまった人などはカード会社からしてみれば危ない人物となるため、審査に落ちてしまう可能性があります。

ちなみに、この支払い遅延の有無に関しても信用情報機関から情報が共有されます。

また、クレジットカードだけでなく、ローンや携帯電話の利用料金の支払い遅延も対象となるので注意が必要です。

ただ、1度遅延したからといってすぐに審査に通りにくくなるわけではありません。基本的には数ヶ月遅延が続くと審査にも通りにくくなってしまいます。

金融事故とは?どれくらい残るの?

クレジットカードの審査をする際に重要なポイントになるのが過去に金融事故を起こしていないかどうかという点です。

金融事故とは、簡単にいうと支払い遅延や代位弁済、債務整理、自己破産、携帯電話料金の滞納、奨学金の滞納などお金に関するトラブルを起こしていることです。

これらのトラブルを起こしている人は信用情報機関のもつ個人の信用情報に傷がついている状態となります。この状態は一般的に、ブラックリストに載ると表現されます。

多くの人が関係してくるのが支払い遅延ですが、1度遅れたくらいではすぐにブラックリストに載ることはありません。一般的に数ヶ月連続して遅延してしまうとブラックリストに載るとされています。

ブラックリストに情報が残る期間は信用情報機関によって異なりますが、一般的には最低でも5年は残るとされています。

ブラックリストに載ってしまうとクレジットカードの審査やローンの審査に通りにくくなってしまうので注意が必要です。

こうならないためにも毎月の支払いは必ず遅れることなく支払うようにしましょう。

原因③他の金融機関で年収の3分の1以上借りている

クレジットカード会社は、利用者に対して年収の3分の1以上のお金を貸してはいけないと貸金業法という法律で定められています。これを総量規制と言います。

つまり、他の金融機関やクレジットカードで年収の3分の1以上のお金を借りていたり、未払いのお金があったりすると、そもそも新たなクレジットカードを発行することができないのです。

また、複数の会社からお金を借りている状態でも同じです。

例えば年収300万円の人がクレジットカード会社5社から20万円ずつ借りているとするとすでに年収の3分の1である100万円に達しているため、それ以上のお金を借りる(クレジットカードを使う)ことはできないのです。

原因④収入が安定していない

なんども書いているように、クレジットカードはカード会社が利用者のことを信頼しなければ成り立ちません。その信頼を得るには、支払い能力があることつまり毎月安定した収入があることが重要です。

正社員など雇用が安定し、毎月一定の収入が入ってくる人などは審査に通りやすいと考えられますが、逆にアルバイトなど雇用が安定しておらず収入も安定していない人だと審査に落ちる可能性があります。

もちろんアルバイトでも審査に通る可能性は十分にあるため、一概に断言はできませんが、収入は審査において重要な項目となるでしょう。

原因⑤ルミネカードを同じ時期に複数のクレジットカードを申し込んだ

短期間の間に複数のクレジットカードに一気に申し込んでいる人というのはカード会社からしてみれば危ない人物だと言えます。

これは複数のカードに申し込んでいるということでお金に困っている人である可能性があるためです。

仮にこの人にカードを発行してもそのまま使えるだけ使って支払いができないといった事態に陥る可能性があるため、審査で落とされる可能性があります。

なお、クレジットカードの申し込み状況に関しても信用情報機関によって情報が共有されているので、カード会社もすぐにわかります。

一般的に一度に3枚以上のカードを同時に申し込んでいると審査に通りにくくなると言われています。

また、一度カードの審査に落ちると他のカードの審査も通りにくくなってしまうので注意が必要です。

クレジットカードの申し込みをしたという情報は6ヶ月間保管されるため、もし過去にカードの申し込みを行い審査に落ちた経験があるのであれば、6ヶ月たってから別のカードの申し込みを行うようにしましょう。

原因⑥在籍確認が取れなかった

クレジットカードを申し込む際には勤務先を記入するのが一般的ですが、カードの審査過程で本当にその人がその勤務先に勤めているのか確認の電話が行われることがあります。これを在籍確認と言います。

在籍確認は、勤務先の会社にカード会社が電話をかけ「◯◯さん(申込者)はいらっしゃいますか」といった具合で申込者が本当に在籍しているのか確認を行います。

もし、この在籍確認の結果その人が会社に在籍していないことがわかると嘘をついたことになるため、審査にも落ちてしまいます。

原因⑦申し込みの内容に間違いがあった

申し込み内容に間違いがあると審査に落ちる可能性があります。

例えば年齢が間違っていたり、郵便番号が間違っていたり、記入が必要な部分が空白だったりといったことが考えられます。

これはちゃんと申し込み用紙やページを読み込めば防げるものなので、申し込む際は焦らずにきちんと確認するようにしましょう。

審査に落ちたけどルミネカードをどうしても作りたい!改善すべき点は?

条件から考えると審査自体は決して難しいものではない、と予想できるルミネカードですが、確実に作りたいという人に向けて押さえておきたい点を紹介します。

収入・借り入れなど審査の項目を改善する

審査の際には収入や借入の有無がチェックされるため、収入を安定させること、そして借入金を減らすことは非常に重要です。

収入に関してはすぐにどうこうできるものではないかもしれませんが、借入金に関しては減らすことができます。

申し込みをする前に可能な限り少なくしておくようにしましょう。

再審査はすぐ申し込まない!少なくとも半年間は待とう

先ほども紹介しているように、カードの審査に落ちた場合、その情報は半年間は残ります。

これは、同じカード会社はもちろん、別のカード会社でもその情報は共有されるため、注意してください。

審査に落ちたら一度間をあけ、半年経過してから再度申し込むようにしましょう。

キャシング枠は0円で申し込もう

キャッシング枠を設定することで、利用者はいざという時にお金の借入をすることができます。

しかし、借り入れができるということは、カード会社はより慎重に審査を行うことになるので、審査に時間がかかったり最悪の場合落とされたりする可能性もあります。

特にキャッシングを利用しないのであれば、0円にしておく方がいいでしょう。

持っているカードの枚数を見直そう

たくさんのカードに申し込んでいる状況はカード会社からしてみればお金に困っている人とみなされる恐れがあり、審査に落ちてしまう可能性も十分にあります。

そのため、複数のカードを作る前に本当にたくさんのカードが必要なのか、何枚あれば生活するのに十分なのか、よく考えるようにしましょう。

クレジットカードは多く持っていればいいというものではありません。

ルミネカードの審査に落ちたらすぐ申し込まず、改善してチャレンジ!

今回は、ルミネカードの審査に落ちる原因と落ちた場合の対処法などについて紹介しました。

「収入が安定している」や「借入金が多くない」「毎月ちゃんと支払いができる」など審査基準はいくつかあります。

また、残念ながら審査に落ちてしまった場合は、すぐに再申し込みをするのではなく、少なくとも半年間は間を明けてから再チャレンジするようにしてください。

その間に借入金があれば少なくするなど状況を改善するようにしましょう。

ルミネカードは社会人1年目でも作れる可能性はある

クレジットカードが作るのが初めてでも、年齢が若いならルミネカード審査通過の可能性は十分にあります。

将来的にルミネカードの申し込みを考えているなら、審査が優遇されやすい年齢の若いうちに申し込みをしましょう。

ポイント

  • 一番低い利用額で申し込む
  • クレジットヒストリーを積む
  • 複数枚のクレジットカードに申し込まない
  • キャシング枠を0円で申し込む

以上のポイントを押さえて、ルミネカード審査に通過できるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました