ライフカード(ETCカード)の利用履歴を確認する方法と注意点

ライフETCカードの利用履歴を確認する方法と注意点 ライフカード

ETCカードはキャッシュレスで高速道路が利用できるほか、ETC割引が受けられるなど、地黄車ユーザーにとって便利なカードです。

一方でキャッシュレスな分、利用明細が届いて予想以上の請求金額に驚いた経験のある人も少なくないのではないでしょうか。

特にETVカードを初めて利用するという人であれば余計に料金の感覚がつかみにくいかと思います。

そこで、今回は数あるETCカードの中でもライフETCカードに焦点を当て、ライフETCカードの利用履歴を確認する方法について紹介します。

これからETCを作ろうとしている人の中でも、ライフETCカードに興味がある人はぜひ参考にしてみてください。

ライフカードのETCカード利用履歴を確認する方法

まずはライフETCカードの利用履歴はどうすれば確認できるのかその方法について紹介します。

利用履歴の確認自体は難しくないので、これを読めばすぐに確認できるようになりますよ。

ライフカードの利用代金明細を確認する

ライフカードの利用明細に関しては、専用のWebサービスである「LIFE-Web Desk」で確認することができます。

また、郵送の「ご利用代金明細書」でも確認することができるため、Web、紙の両方に対応しています。

ただし、明細に記載される料金はETC単体のものではなく、ETCの利用料金を含めたクレジットカードの利用料金となっているため、その点には注意が必要です。

LIFE-Web Deskで確認する

LIFE-Web Deskは、ライフカード会員専用のインターネットサービスです。

利用明細はページにアクセスし、ページ内にある「ご利用代金明細照会」を選択すれば確認できます。

確認できるのは利用料金をはじめとして以下のようなものがあります。

  • 当月を含んだ過去6ヶ月分の請求金額
  • 翌月以降の請求金額の確認など

なお、サービスへの登録は無料となっており、インターネットサービスということで、パソコンやスマートフォン、タブレット端末があれば24時間365日確認可能です。

LIFE-Web Deskを使うメリットとしては、利用料金を早く確認できる点にあります。

後述する紙の明細書は郵送となるため、手元に明細が届くまでに時間がかかりますが、LIFE-Web Deskであればそれがありません。

また、LIFE-Web Deskでは、なりすましによるカードの不正利用を防止する「本人認証サービス」が使われているため、セキュリティ面でも安心できます。

郵送の利用代金明細書で確認する

紙の利用明細の方がいい、Webはなんとなく苦手といった人は紙の利用明細(郵送)で確認することもできます。

その場合、LIFE-Web Deskから以下の手順で、変更することになります。

  • LIFE-Web Deskにログインする
  • 「ご利用代金E-Mail送付サービスを解除する」を選ぶ
  • 「申込み」を押す
  • 【請求額等照会方法の変更と同意等】の「同意する」を選ぶ

以上で紙の明細への変更手続きは完了です。

もし、LIFE-Web Deskでの手続きがうまくできない場合は、オペレーターに電話で連絡するようにしてください。電話番号は以下の通りです。

ポイントカード全般に関する各種お届け・お問い合わせ
045-914-7003

手続きを行えば、自宅に利用明細が送られてくるのですが、以下の条件に全て当てはまってしまうと、明細は送られてこないので注意してください。

  • その月の請求額が1万円未満
  • その月の請求が、ショッピング1回払いのみの場合
  • カードの年会費が無料の場合
  • 支払い方法が口座振替の場合
郵送だと家族に詳細を見られる可能性もある

紙の利用明細の場合、自宅に届くタイミング次第では、家族が明細を受け取ることになり、明細をみられてしまう可能性があります。

「明細を見られても全く問題ない」という人なら特に気にしなくてもいいのですが、「ライフカード(ライフETCカード)は家族に内緒のカードなので明細は見られたくない」という場合は注意しなければいけません。

絶対に家族に知られたくないのであれば、明細の届け先を自宅ではなく、会社にするなどして家族の目が届かないようしましょう。

また、郵送でなければいけない理由が特にないのであれば、LIFE-Web Deskで明細を確認するようにすることをお勧めします。

利用履歴が反映されるまで1~2ヶ月ズレが生じることも

ETCの利用明細を確認する際に注意しなければいけないのが、利用履歴の反映までにタイムラグがある点です。

ETCを利用するタイミングによっても変わってきますが、ライフカードの場合、利用した日から1〜2ヶ月後に利用したデータがカード会社に届くことになります。

例えば、4月10日にETCを使って高速道路を利用したとしましょう。

一般的には、利用月の翌月である5月に請求されるイメージがあるかもしれませんが、利用料金の反映は利用から約1ヶ月後に行われるため、実際に反映されるのが5月となり、請求は6月になる可能性があります。

カード会社にデータが届いてから利用履歴や明細に反映されることになるため「あれ、ETC使ったのに反映されていない…」と勘違いしないようにしましょう。

また、このようなタイムラグがあることを踏まえて、利用履歴はしっかりと確認しておくことをおすすめします。

ETC利用照会サービスへ登録して確認する

ここまではライフETCカードのインターネットサービスであるLIFE-Web Deskや郵送による利用明細の確認方法について紹介してきました。

先ほども触れているように、LIFE-Web Deskや郵送による利用明細は、ETCカードの利用料金にクレジットカードの利用料金が合算された状態で記載されているため、ETCカード単体の利用料金は確認できません。

ETCカード単体の利用料金については、「ETC利用照会サービス」に登録することで確認することができます。

ETC利用照会サービスとは、道路事業者によって提供されているサービスでETCカードを発行しているクレジットカード会社とは関係ありません。

このサービスを利用することで、ETCの利用証明書や利用明細の確認ができます。

そのほかにも、ETCカードを使って実際に走行した区間やレーンを通過した時間など、詳細な情報についても確認できます。

これらの情報はクレジットカード会社の利用明細では確認できないものです。

ちなみに、ETC利用照会サービスはWebサービスなので、パソコンやスマートフォン、タブレット端末からいつでもどこでもアクセスして確認することができます。

また、ログインパスワードなどを家族に知られなければ、利用明細を見られてしまう心配もありません。

登録および利用は無料となっているため、どうしてもETC単体の利用明細が知りたいという人はぜひETC利用照会サービスを利用してみてください。

ETC利用照会サービスは事後登録でもすぐに確認可能

ETC利用照会サービスはETCカード作成時に必ず登録しなければいけないものではありません。

「やっぱりETCだけの利用明細が欲しい」など、ETCカードを利用し始めてしばらく経った状態でも事後登録することが現在ETCカード利用中の方もぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、ライフETCカードの利用履歴を確認する際の方法と注意点について解説しました。

利用明細自体は、専用のWebサービスである「LIFE-Web Desk」もしくは紙の明細の郵送によって確認することができます。

しかし、これらの明細はクレジットカードの利用料金が合算されているため、ETCカード単体の利用料金はわからない点には注意しなければいけません。

もし、どうしてもETCカードのみの利用明細を確認したいのであれば、道路事業者が提供するETC利用照会サービスを利用することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました