デポジット型ライフカードの審査基準!それでも審査落ちする人の特徴とは

デポジット型ライフカードの審査基準!それでも審査落ちする人の特徴とは ライフカード

デポジット型ライフカード(Dp)と呼ばれるクレジットカードが注目を集めています。

ライフカードの中でも比較的審査に通過しやすいものであり、クレジットカードの審査にどうにか通過したいと考えている人におすすめの一枚です。

ただ、比較的審査の甘いクレジットカードではありますが、必ずしも審査に通過できるわけではありません。クレジットカードの審査ですので、何かしらの理由で落ちてしまう人はいます。

今回はクレジットカードの中でもデポジット型ライフカード(Dp)の審査に落ちてしまう人の特徴についてご説明します。

デポジット型ライフカード(Dp)の審査落ちになる原因

デポジット型ライフカード(Dp)の審査に落ちてしまう理由はどこにあるのでしょうか。

審査の基準は公開されているものではありません。そのため私たちは審査落ちの理由明確にすることは不可能です。

ただ、審査落ちの理由についてある程度推測することは可能です。

クレジットカードの審査に落ちる理由はある程度王道の理由が存在しているのです。今回は審査落ちしまう王道の原因についてご紹介します。

自己破産から1年以内に申し込んだ

自己破産から1年以内に申し込みをしていることが原因で審査落ちとなっている可能性があります。

自己破産をするとその事実が信用情報に記録されています。そしてクレジットカード会社はこの信用情報を審査の際に利用します。

信用情報から自己破産していることが分かると、クレジットカード会社は信用力のない人であると判断してしまいます。特に1年以内であればまだまだ信用力が不足している人であると判断してしまうのです。そのため審査に落ちてしまう可能性が高まります。

自己破産の自立をクレジットカード会社に隠すことは不可能です。必ず信用情報に記録されてしまいますので、クレジットカード会社は必ず自己破産の事実を知れる仕組みとなっています。

自己破産の記録自体は5年程度記録されます。ただ、1年以上経過していれば、デポジット型ライフカード(Dp)の審査に通過できる可能性はあります。

社内ブラックだった

社内ブラックであることでデポジット型ライフカード(Dp)の審査に落ちている可能性もあります。

社内ブラックとは信用情報に問題があるのではなく、特定のクレジットカード会社にのみブラック扱いされている状況です。

一般的にブラックとは信用情報に問題があることを指していますが、社内ブラックは信用情報に問題がなくても発生する可能性があります。

社内ブラックになる理由は様々考えられます。例えばデポジット型ライフカード(Dp)の場合、他のライフカードを短期間で解約したことが原因となる可能性があります。

クレジットカード会社は短期間で解約されることを嫌います。

そのためクレジットカードを短期間で解約してしまうと、それ以降は同じクレジットカード会社でクレジットカードが発行できなくなる場合があるのです。

また、発行したライフカードの支払いが遅延していたなどの理由も考えられます。何かしらライフカードにとってデメリットがあることをすると、そのことが原因でデポジット型ライフカード(Dp)を発行できない社内ブラックとなる可能性があります。

アイフルが免責債権者に入っていた

アイフルが免責債権者に入っていたことで審査に落ちている可能性もあります。

免責債権者とは自己破産などをしたときに支払いが免除された債権者のことを指します。つまり、今までに自己破産を経験していて、そのときにアイフルが含まれているとデポジット型ライフカード(Dp)の審査に落ちてしまう可能性があります。

アイフルとライフカードは関係がないと思われるかもしれません。

しかし、実はライフカードはもともとアイフル系のクレジットカードであり、消費者金融系クレジットカードの1つでした。そのような背景がありアイフルの利用実績はデポジット型ライフカード(Dp)の審査に影響が出ることがあります。

免責債権者が理由となっているのは社内ブラックであるのと実質的には同じです。

他のクレジットカード会社へと悪印象を与えるものではないものの、アイフルやライフカードに対して悪印象を与えてしまうことで審査に落ちてしまうものです。

申し込みに記入した住所が違う

申し込みに記入した住所が違うことによって審査に落ちている可能性もあります。

クレジットカードの申し込みでは情報の正確性が重要です。誤った情報を記入して申し込みをしてしまうと、本人確認ができず審査に落ちてしまう原因となります。必ず本人確認ができる正しい住所で申し込みをしなければなりません。

ただ、必ずしも現住所で申し込みをしなければならないというわけでもありません。クレジットカードを申し込む際には本人確認書類を提出します。ここに記載されている住所と一致する必要があるのです。

場合によっては住所変更をしていないこともあるでしょう。現在は引っ越しをしているものの、免許証の住所は変更していないケースなどが考えられます。

このような場合、本人確認書類と異なった住所に申し込みをすると審査に落ちてしまう可能性があります。

しかし、デポジット型ライフカード(Dp)の受け取りをするためには現住所を記載しなければなりません。住所に関して何かしら不明点がある場合には、申し込み前にお問い合わせをして確認しておくことが審査落ちを防ぐコツでもあります。

多重債務者だった

多重債務者であることによって審査に落ちている可能性もあります。

一般的に多重債務者は新しいクレジットカードの発行が難しくなっています。全くクレジットカードが発行できないわけではありませんが、クレジットカード会社は支払い能力を危惧して審査を落とす傾向にあります。

支払い能力がなければクレジットカードの発行は出来ませんので、デポジット型ライフカード(Dp)であっても多重債務者の場合には審査落ちする可能性があります。

多重債務者がクレジットカードの審査に落ちることは珍しいことではありません。デポジット型ライフカード(Dp)ではなくても審査に落ちることは多々あります。

また、審査が甘いと言われているデポジット型ライフカード(Dp)でも審査に落ちてしまう可能性はあります。

多重債務の状態にある場合には、まずその状況を解消してからデポジット型ライフカード(Dp)へと申し込みすることが理想的です。

デポジット型ライフカード(Dp)の審査は厳しくない!

デポジット型ライフカード(Dp)の審査はクレジットカードの中でも厳しくないことが特徴的です。

理由の一つ目はデポジット型のクレジットカードであることです。デポジット型ですので扱いとしてはクレジットカードではなくデビットカードに近いものとなっています。

デビットカードは審査不要で発行できるものであり、その理由は銀行の預金金額がそのまま信用となるからです。クレジットカード会社が建て替えをする必要がありませんので、デビットカードは審査不要で簡単に発行できます。

それと同様にデポジット型ライフカード(Dp)もデポジット式であり事前に万が一のときに支払う金額を入金しておきます。この金額の範囲内でのみ支払いをしますので、クレジットカード会社に対しては信用を預けている状態となります。

クレジットカード会社が立て替えをしないことで、比較的審査の甘いクレジットカードであると考えられるのです。基本的には銀行から引き落としされますが、支払いができないときはデポジットから差し引かれる仕組みです。

二つ目はライフカードが発行していることです。ライフカードは様々なクレジットカードを発行していて、実績を踏まえると比較的審査の甘いクレジットカード会社です。

ライフカードが直々に審査の甘さを公言しているわけではありませんが、審査に通過した実績などを確認してみると比較的審査の甘いクレジットカード会社に分類されます。

これらの理由からデポジット型ライフカード(Dp)も審査は厳しくないクレジットカードであると考えられます。

口コミなどからも審査に通過した実績を多数確認していますので、審査が不安な人でも申し込みできるクレジットカードです。

デポジット型ライフカード(Dp)の審査で気を付けるポイント

デポジット型ライフカード(Dp)の審査を受ける際に注意しなければならないことはどのようなことなのでしょうか。

申し込みをする前に気をつけるポイントについてご説明をします。

再申し込みは6ヵ月間あける

一度デポジット型ライフカード(Dp)の審査に落ちていて、再度申し込みをするのであれば6ヶ月間は空けてから申し込みをしましょう。

短期間で連続して申し込みをすると審査に落ちてしまう原因となります。

クレジットカードの申し込み履歴は信用情報に記録されています。クレジットカード会社は審査の際に信用情報を利用しますので、デポジット型ライフカード(Dp)への申し込み履歴も確認が可能です。

申し込み時に審査落ちの履歴があるのであれば、審査において悪い印象を与えてしまいます。その結果、デポジット型ライフカード(Dp)の審査に落ちてしまう可能性があるのです。

ただ、申し込みの履歴は永遠に記録されているわけではありません。基本的に保存期間は6ヶ月間とされています。そのためこの期間を空けて再度申し込みをすれば、まっさらな状態でデポジット型ライフカード(Dp)の申し込みが可能となります。

クレジットカード会社の中では申し込みの履歴を管理している可能性があります。

ただ、信用情報からは削除されますのでこれによって審査に通過できる可能性が高まります。

現金はあらかじめ用意

現金はあらかじめ用意しておくようにしましょう。

デポジット型ライフカード(Dp)の限度額はデポジットで入金した金額となります。デポジットを事前に支払わなければ利用できませんので、支払いができるように事前に用意しておくことが重要です。

デポジットはクレジットカードが届いた際に年会費とあわせて支払いをします。ここで支払いができなければデポジット型ライフカード(Dp)は利用できないままです。

クレジットカードが郵送されてきた際に焦らないように、事前にデポジットする金額は用意しておくことを心がけましょう。

デポジット型ライフカード(Dp)の審査期間は最短3営業日

デポジット型ライフカード(Dp)の審査期間は最短で3営業日です。

ライフカードのクレジットカードは基本的に即日審査されず、大半のクレジットカードと同様に3営業日必要です。デポジット型ライフカード(Dp)もこの例外ではありません。

最近はクレジットカードの審査が短期間になっています。そのためデポジット型ライフカード(Dp)もすぐに審査結果が出ると判断してしまうかもしれません。

しかし、実際には審査結果が出るまで時間が必要となってしまいます。申し込みをする際には時間に余裕を持っておくことが理想的です。

なお、検査結果が出てから手元に届くまでは郵送の時間が必要となります。この時間も考慮するとクレジットカードが手に入るのは申し込みをしてから一週間程度必要です。

デポジット型ライフカード(Dp)はすぐに手に入るクレジットカードではありませんので、その点は意識して申し込みをしておきましょう。

デポジット型ライフカード(Dp)のメリット

デポジット型ライフカード(Dp)にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

クレジットカードを利用するにあたりメリットを理解しておかなければなりません。以下では具体的なメリットをご説明していきます。

業界初のデポジット型クレジットカード

デポジット型ライフカード(Dp)は業界初のデポジット型クレジットカードです。

基本的にクレジットカードは信用力だけで発行するものです。そのためクレジットカード会社からの信用を勝ち取れない場合には審査に落ちてしまいます。

また、審査は信用に値する人であるかどうかを判断するために実施されているともいえます。

しかし、デポジット型ライフカード(Dp)は万が一に備えてデポジットを用意する仕組みです。

銀行から引き落としができない場合でも、万が一の備えとしてクレジットカード会社に提供しているデポジットから支払えるのです。

現金という大きな担保がありますので、クレジットカード会社も安心して発行しやすいメリットがあります。

ETCカードも発行可能

ETCカードも発行できることがメリットです。そもそもクレジットカードの中にはETCカード発行できないものもあります。

そのようにクレジットカードを利用している場合には、他のクレジットカードを利用してETCカードを発行しなければなりません。

デポジット型ライフカード(Dp)はデポジット型のクレジットカードですので、ETCカードなど追加カードの発行には対応してないと思われていることがあります。

しかし、実際にはETCカードが発行できる点がメリットです

基本的にETCカードはクレジットカードがなければ発行できません。そのため、デポジット型ライフカード(Dp)しか発行できない場合、ETCカードに対応していないと発行する方法がなくなってしまいます。

しかし、こちらはETCカードの発行に対応したクレジットカードです。ETCを利用したい人も安心して利用できることがメリットです。

クレヒスが積める

デポジット型ライフカード(Dp)で支払いをすることでクレヒスが積めます。

クレヒスとはクレジットカードの支払い履歴のことです。信用情報として管理されている履歴のことを、クレジットカードヒストリーと呼んでいます。省略するとクレヒスです。

クレヒスを積んでおくと他のクレジットカードの審査で有利になります。クレジットカードの審査では必ずクレヒスが利用されます。他社のクレジットカードの支払い履歴などが確認されるのです。また、クレジットカードの利用状況なども確認されます。

このクレヒスで他社のクレジットカードでの適切な利用が確認できれば審査で有利になります。正しく支払いができている人であれば、これからも正しく支払いができると認識してもらえるのです。

つまり、クレヒスを積むことはクレジットカード会社からの信用力を勝ち取ることにつながります。

ただ、何もクレジットカードを発行できなければクレヒスは積めません。利用しなければ支払いもできないからです。

その点でデポジット型ライフカード(Dp)の発行ができれば、利用も支払いも可能となります。発行してもらうことでクレヒスが積めるようになるのです。

公共料金・携帯電話料金も支払える

ライフラインや携帯電話の通信費など公共料金の支払いにも利用できます。

今までは銀行引き落としが主流でしたが、デポジット型ライフカード(Dp)を利用すればクレジットカードで支払いができるようになります。

昔に契約した人は銀行引き落としの人がまだまだ多数を占めています。しかし、銀行引き落としで支払いをしたとしてもポイントなどは貯まりませんので特にメリットはありません。口座に入金をしておけば忘れることなく支払いができるというだけです。

それに対してクレジットカードであるデポジット型ライフカード(Dp)で支払いをすればポイントが貯まります。

銀行引き落としで支払いをするよりも簡単で、なおかつポイントも貯まるメリットがあるのです。公共料金の支払いなどをクレジットカードにしたいと考えている人にもおすすめです。

誕生月ポイント3倍は健在

ライフカードが発行しているクレジットカードのシートですので、デポジット型ライフカード(Dp)も誕生月はポイントが3倍です。普段よりも効率よくポイントを貯められます。

ライフカードといえば誕生月にポイントが3倍貯まることが魅力的です。このメリットがありますので、誕生月に積極的にクレジットカードを利用するだけでもお得になります。

特に年会費は無料ですのでこのタイミングにしか利用しなくても損をすることはありません。

ただ、効率よくポイントは貯められるようになるものの、ポイントの有効期限には注意をしなければなりません。

誕生月にはポイントがよく貯まりはしますが、デポジット型ライフカード(Dp)を利用する人であれば積極的に毎月支払いに利用した方が良いでしょう。

海外旅行保険も付帯

海外旅行保険も付帯されています。

年会費無料で利用できるクレジットカードですが、海外旅行保険が付帯されている点はメリットです。年会費無料のクレジットカードには海外旅行保険が付帯されていないものが多数あります。

海外旅行保険は海外のトラブルから私たちを守ってくれるものです。例えば海外で怪我をして通院をしたり病気で入院をした場合に発生する医療費を補償してくれます。

海外では医療費が高額になるケースが多々あります。日本のように低価格で医療機関を利用することはほとんど不可能です

そのような万が一の出費に備えてくれるのが海外旅行保険です。これがデポジット型ライフカード(Dp)を利用するだけで手に入りますので大きなメリットなのです。

ただ、海外旅行保険は自動的に手に入るわけではありません。デポジット型ライフカード(Dp)でツアーの代金を支払ったり公共交通機関の料金を支払ったりしなければなりません。

この支払いを忘れてしまうと、デポジット型ライフカード(Dp)に海外旅行保険が付帯されていても適用されませんので注意が必要です。

デポジット型ライフカード(Dp)のデメリット

デポジット型ライフカード(Dp)にはデメリットもありますのでご紹介します。

一般カードでも年会費が発生する

デポジット型ライフカード(Dp)は一般カードでも年会費5000円(税別)が必要です。

最近は年会費無料のクレジットカードが多数発行されていますので、年会費が発生することはデポジット型ライフカード(Dp)を利用するデメリットといえます。

ただ、年会費が発生してもクレジットカードが発行されるメリットのほうが大きいことでしょう。

年会費が発生することはデメリットになってしまいますが、審査の甘いクレジットカードであるメリットで相殺できるはずです。

タイトルとURLをコピーしました