ライフカードのETCカードを解約する方法とスムーズに解約する流れ

ライフカードのETCカードを解約する方法 ライフカード

ETCカードはあると便利なカードですが、年会費がかかるカードも中にはあるため、複数枚を持っていると、解約したいと思うカードも出てくるでしょう。

そうなると解約手続きを行うことになります。手続き自体は難しくないものが多いですが、手続きにもれがあると、解約できず、場合によっては、ふただび年会費を支払うことになる可能性もあります。

そのため、しっかりと確実に解約手続きを行うことが大切だと言えます。

今回は数あるETCカードの中でもライフETCカードに焦点を当て、その解約方法について解説します。ライフETCカードユーザーの方はぜひ参考にしてみてください。

ETCカードを解約したい時とは

今回のテーマはライフETCカードの解約方法です。

そこで、続いては、どういったときにETCカードを解約することになるのか簡単に確認していきましょう。

まずが、「車を使わなくなった」というケースです。車を手放してしまったり、移動手段として車をほとんど使わない地域に引っ越してしまったりした場合は、ETCカードは不要になるかもしれません。

ちなみに、ETCカードに関しては、レンタカー利用時にレンタカーショップでレンタルすることもできるため、どうしてもETCが必要、となればレンタカーを利用すればいいのです。

次に考えられるのが「新しいETCカードを手に入れた」「新しいETCカードの方がサービスが充実している」といったケースです。

ETCは1台の車に1枚が基本なので、複数の車を持っていなければ、いくつも持っておく意味はあまりありません。

そのためポイント還元率が高い、クレジットカード機能がついている、など性能が優れているものを使い、それ以外は解約したいと考えることもあるでしょう。

そして「年会費が気になる」という理由から解約を検討するケースもあります。

今回のテーマでもあるライフETCカードは年会費無料(一部カードを除く)ですが、中には年会費のかかるETCカードもあります。

無料で利用できるものがあるにも関わらずわざわざ有料のETCカードを使っているとなると、解約したくなるかもしれません。

ETCカードの解約というとあまりピンとこないかもしれませんが、上記のようにさまざまな理由から解約をする可能性が考えられます。

ライフETCカードを解約する方法

では、ライフETCカードの解約はどのようにすればいいのでしょうか。

引き続き解説していくのですが、ライフカードの解約はとってもシンプルです。

解約の申込先

まずは、カードの発行会社にライフETCカードを解約したい旨を伝えなければいけません。
解約手続きはオペレーターによる専用の電話窓口が用意されているため、そちらに電話をかけましょう。

電話番号は以下の通りです。

カード全般に関する各種お届け・お問い合わせ :045-914-7003

ライフETCカードを解約するまでの流れ

解約は基本的に電話1本で行うことができます。そのため、専用窓口に電話をしたらオペレーターの指示に従って手続きを行うのみです。

電話では、氏名や生年月日、ETCカードの番号など基本的な情報を確認されます。

ライフETCカードの解約に必要なこと

解約時には、ETCカードの番号を伝える必要があるため、ETCカードは車載器から取り出し、手元に用意しておくようにしましょう。

また、場合によってはクレジットカードについても聞かれる可能性があるので、念のため合わせてライフカードも手元に用意しておくと便利です。

ちなみに、解約手続きが完了したらETCカードはハサミなどで裁断して自分で破棄するようにしてください。カード会社にカード本体を返還する必要はありません。

ライフETCカードを解約する際の注意点

ライフETCカードを解約したとしても、支払い残高が残っていれば、支払わなければいけません。解約したからもう関係ない、というのは通用しないので注意してください。

次に、ライフETCカードだけでなく、ライフカードも解約したいという場合、カードごとに解約手続きを行う必要はありません。

ライフカードではクレジットカードの解約を行えばその付帯サービスであるライフETCカードを含んだ付帯サービス(保険や家族カードなど)も同時に解約することになります。ETCカードだけ残して、クレジットカードを解約するということはできないので、間違えてしまわないように注意してください。

解約する前に本当に解約していいのか確認しよう

ここまでは、ライフカードの解約手続きについて、その方法を紹介してきました。

さまざまな理由から「絶対に解約する」という場合は、特に問題ありませんが、「使用頻度が低いし、家に忘れてしまいがちだから」「必要になったらまた作ればいいから」など、軽い気持ちで解約すると、解約後に後悔してしまう可能性があります。

そのため、解約時には本当に解約していいのかしっかりと考えるようにしましょう。

その際、下記の点について確認しておくことをおすすめします。

ETCマイレージポイント

ETCカード利用者が登録できるポイントサービスで、ETCを利用するとポイントが貯められます。このポイントは有料道路の支払いなどに充てることができます。

もし、ETCマイレージポイントを所有した状態でETCカードを解約してしまうと、ポイントは消滅してしまいます。そのため、ポイントの有無を確認し、必要に応じてポイントを使い切ってから解約するようにしましょう。

年会費の更新月

ライフETCカードは、一部を除き年会費無料なので関係ありませんが、カードによっては年会費が発生するものもあります。

そのため、手続きのタイミングによっては、解約したにも関わらず、年会費の請求が届く、もしくは年会費を支払った直後に解約をしてしまうといった事態に陥る可能性もあります。

こういったことにならないように、更新月がいつなのか確認しておくと便利です。

まとめ

今回は、ライフETCカードの解約手続きについてその方法を紹介しました。

解約手続き自体は電話で簡単に行うことができます。

ただ、一度解約してしまうと、カードが必要になったら再び申し込み手続きを行わなければいけません。

そのため、解約にあたっては本当に解約していいのかしっかりと確認するようにしましょう。

ライフETCカードのメリット・デメリット!年会費・手数料・ポイント等徹底比較!

タイトルとURLをコピーしました