JCB CARD Wは即日発行できる?発行日数と最短発行する方法

JCB CARD Wは即日発行できる?発行日数と最短発行する方法 JCBカード

JCBが発行するクレジットカードにJCB CARD Wがあります。最近になり新しく発行されたクレジットカードです。比較的新しいクレジットカードですので、まだ知らない人もいることでしょう。

今回はJCB CARD Wの審査に注目をして発行日数や最短で発行する方法をご説明します。

JCB CARD W

JCBCARDW
カード年会費 永年無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 1.0%
電子マネー
申し込み資格 満18歳以上39歳以下
  • 海外旅行保険が最高2000万円
  • 通常還元率1.0%
  • Oki Doki ランド経由で最大20倍のポイント

JCB CARD Wは即日発行に対応していない

JCB CARD Wは即日発行に対応したクレジットカードではありません。

その日のうちにクレジットカードが手に入らないものです。

クレジットカードのうち即日発行できるものは限られています。JCB CARD Wは即日発行できるクレジットカードに分類されていません。

発行には3営業日かかる

発行には最短で3営業日が必要です。

クレジットカードの申し込みをしてからクレジットカードが実際に発行されるまでに3営業日が必要です。短時間で発行できるクレジットカードではありません。

JCBが発行するクレジットカードは審査に時間が必要となるものに分類されます。審査結果も即日でないものが多く、審査だけでも1日以上が必要となります。そのためクレジットカードの発行全体で時間が必要となります。

申し込み内容によっては審査にさらなる時間が必要となることもあります。審査だけでも時間が必要となることを理解しておきましょう。

手元に届くのは1週間~10日程度程度

クレジットカード会社にてクレジットカードが発行されるのに最短で3営業日必要となります。ただしこの段階ではクレジットカードはクレジットカード会社の中にあります。

そこから私たちがクレジットカードを手に入れるためには、郵送で受け取りをしなければなりません。クレジットカード会社から郵便局によって郵送されてやっと手に入るのです。

郵送にも時間が必要となる事を踏まえると、クレジットカードが手に入るのは1週間から10日経過してからです。クレジットカードが発行されてから手に入るまでの期間には差があります。

クレジットカードの発行自体は申し込みから最短で3営業日で完了します。そのため、クレジットカードもすぐに手に入ると考えてしまいがちです。しかし、実際にはクレジットカードの郵送などには時間が必要となってしまいます。

ETCカードも即日発行不可で最短1週間かかる

ETCカードの発行にも対応しています。しかし、ETCカードも即日発行には対応していません。

ETCカードを発行する場合には最短でも1週間必要となります。クレジットカード発行する時と同様に時間が必要となってしまうのです。一般的にETCカードの発行は時間が必要となります。JCBでクレジットカードを発行した時に限らず時間が必要となるのです。

クレジットカード会社によってはETCカード即日発行しているところもあります。ただ、そのようなクレジットカードの方が珍しいと考えてよいでしょう。

ETCカードの発行には時間が必要となり、JCB CARD WでETCカードを発行する場合にも1週間程度が必要です。

家族カードも即日発行不可で最短1週間かかる

家族カードの発行にも対応しているクレジットカードです。ただし、家族カードも即日発行は不可能です。家族カードの発行でも最短1週間程度必要です。

基本的には中心となる本会員のクレジットカードが発行されてから家族カードも発行されます。家族カードも即日発行不可であり発行には時間が必要なものだと理解しておきましょう。

JCB CARD Wを少しでも早く手に入れる方法

JCB CARD Wは基本的に発行するために時間が必要となるクレジットカードです。郵送時間などを踏まえても1週間程度必要です。

ただ、可能な限り早くJCB CARD Wを手に入れたいと考える人もいることでしょう。できるだけ早く発行する方法についてもご説明します。

ネットで支払い方法を指定する

支払い方法はネットから指定するようにしましょう。ネットから指定しない場合には手続きに時間が必要となってしまいます。

ネットの銀行口座を保有している場合にはネットから支払いの手続きが可能です。この手続きをしておくことによって郵送での支払い手続きをしなくてよくなります。クレジットカードの支払い方法を郵送で手続きするとどうしても時間が必要となります。純粋に郵送の時間が発生してしまうのです。

それに対してネットでの手続きをするとそのような時間は一切発生しません。ネットからの申し込みをして、その場で支払いの銀行口座が指定できるのです。

申し込みに必要な時間を短縮するという意味で、ネットから銀行口座を指定して申し込み手続きを進めましょう。

運転免許証で本人確認をする

本人確認書類は運転免許証を利用しましょう。

JCBでクレジットカードを発行するにあたり利用可能な身分証明書はいくつも存在しています。ただ、数ある身分証明書の中でも運転免許証は特に信頼度が高いとされています。そのため、審査が短時間で終了する可能性があります。

運転免許証利用することによって審査が短時間になると公式にアピールされているわけではありません。しかし、他の身分証明書で申し込みをする よりも運転免許証を利用した方がスムーズに審査が進むようです。

本人確認書類をアップロードする

本人確認書類の提出方法はネットでのアップロードや郵送などの選択肢があります。短時間で発行するためにはネットでのアップロードとしましょう。

そもそも、JCB CARD Wはネットからの申込みに限られたクレジットカードです。郵送で手続きをするのは無駄な手間を生んでしまうことに繋がります。可能な限り早く発行するためにも、無駄な手間は省いて申込みを進めることを心がけなければなりません。

JCB CARD Wはインタネット入会のみ

JCB CARD Wはインターネットからのみ申し込みができるクレジットカードです。

クレジットカードを紹介しているサイトによっては郵送での申し込みが可能とされていることもあります。しかし、そのようなクレジットカードではありませんので間違った認識を持たないようにしてください。

インターネットからの申し込みに限られていますが、スマートフォンでもパソコンでも申し込み可能です。自分が申し込みしやすい端末から申し込みができるようになっています。

WEB申し込みの手順

WEBから申し込みする場合、スマートフォンやパソコンからJCB CARD Wの公式サイトへアクセスしましょう。ネットなどで検索すると公式サイトが見つかります。

アクセスをすると申込みの案内がありますので、クリックしてJCB CARD Wの申込画面から必要な情報を入力するだけです。申込みに必要な情報に特別なものはありません。

本人確認に関する情報や勤務地に関する情報、収入に関する情報などを入力するだけで申込みは進められます。不明な情報がある場合には事前に用意しておきましょう。

オンライン口座設定だと本人確認不要

WEBから申込みをして、オンラインで口座設定をすると本人確認が不要となります。その分、JCB CARD Wの審査期間が短くなります。

口座設定ができるということは、JCB CARD Wを申込みしている本人しか知り得ない情報を持っているということを意味します。また、銀行口座が存在しているから実在している人物であると考えられます。

そのような本人確認の考え方がありますので、WEBからの申込みで口座設定まで完了すると審査が簡略化されます。

申し込み内容は確認して間違いがないようにする

カードの申し込みにあたり注意しておかなければならないのは申し込み内容に間違いを含めないことです。これはJCB CARD Wの申し込みをする時に限ったものではありません。どのようなクレジットカードに申し込みをするときも同様です。

申し込み内容に間違いがあるとクレジットカード会社は正しく審査ができません。その結果として審査に時間が必要となり、クレジットカードの発行までに時間が必要となってしまいます。場合によっては虚偽の申告と判断されて審査に落ちる可能性もあります。

クレジットカードの申し込みにおいて内容を間違えるというのはあってはならないことです。確認画面などでもよくよく確認をして、間違いのないように申し込みをしなければなりません。

利用限度額は30万円以下に設定する

クレジットカードの利用限度額は30万円以下に設定しましょう。

意外と知られていないことではありますがクレジットカードの限度額は審査に影響しています。高額な限度額を要求すればするほど審査は厳しくなりやすいのです。

審査が厳しくなるとそれだけ時間が必要となる可能性があります。自分から審査を厳しくしてしまっては意味がありません。無難な審査と考えられる限度額30万円以下で申し込みをしておきましょう。

JCB CARD Wの審査状況の確認方法

JCB CARD Wは審査状況が確認できるクレジットカードです。

審査状況の確認はJCBの公式サイトから可能です。ただ、確認のためには申込時に発行される「入会受付番号または照会番号(半角数字16桁)」と「判定状況確認用キーワード」が必要です。これが分からないと審査状況の確認はできません。

申込みが無事に完了していればメールなどで必要な情報が送付されます。それらのメールを確認し、審査状況の確認サイトを利用するようにしましょう。

即日発行できるクレジットカード

JCB CARD Wは即日発行に対応したクレジットカードではありません。

しかし、他社が発行しているクレジットカードでは即日発行に対応しているものがあります。即日発行に対応したクレジットカードを以下ではご紹介します。

エポスカード

百貨店のマルイが発行するクレジットカードです。百貨店が発行するクレジットカードですが即日発行に対応しています。
年会費無料でありマルイでの割引がお得なクレジットカードです。日頃からマイルを利用する人におすすめです。加えて、マルイ以外の提携店でも割引が受けられます。

飲食店やカラオケなどでもお得なクレジットカードです。マルイを利用する人はもちろんのこと、提携店も利用する機会がある人におすすめです。

店頭で当日中にカードを受け取れる

エポスカードは店頭で当日受け取りが可能です。マルイ内に設置されているクレジットカードカウンターで受け取りをしましょう。

ネットから申し込みをしている場合、審査に通過していれば本人確認書類などを持参することでエポスカードを即日受け取り可能です。ネットからの申し込みですので必要な時間も短縮できます。

また、クレジットカードカウンターで直接エポスカードに申込みも可能です。この場合には、審査をしている時間は待機しなければなりません。その場で待機する必要はありませんが、時間に余裕を持っておく必要はあります。

セゾンカードインターナショナル

セゾンが発行するクレジットカードの中でも標準的なものです。年会費完全無料で有効期限の無い永久不滅ポイントが貯まることが特徴です。

また、西友グループのクレジットカードですので量販店の西友やLIVINで割引が受けられるなどのメリットもあります。割引面でも魅力的ですが、即日発行にも対応したクレジットカードです。ネットで申込みをして全国のセゾンカウンターへ出向けばクレジットカードを即日発行できます。

ETCカードも即日発行可能

こちらであればETCカードも即日発行可能です。クレジットカード会社のなかでもETCカードの即日発行に対応しているのはセゾンだけです。

ETCカードも即日発行するためにはセゾンカウンターへ出向く必要があります。クレジットカードと同様に店頭で即日発行してもらいます。

注意しなければならないのはネットから申し込みする場合、申し込み内容を間違えると郵送での受け取りとなってしまうことです。郵送では即日発行できませんので注意が必要です。

アコムACマスターカード

消費者金融のアコムが発行するクレジットカードです。年会費無料で利用できて、毎回の支払いで0.25%の割引が受けられる特徴があります。

アコムが発行していますので審査が比較的易しいことが特徴です。審査が高速であるだけではなく、甘くお得にも利用できるクレジットカードです。

最短30分審査で即日発行

JCB CARD Wは最短で30分あれば審査が完了するクレジットカードです。最近は短時間で審査が完了するクレジットカードが増えています。JCB CARD Wもそのようなクレジットカードの一つです。

審査を短時間で完了させるためにはいくつか意識しなければならないことがあります。例えばアコムからの電話連絡にスムーズに対応する必要があります。電話連絡に対応できなければそこで審査が止まってしまいます。自分で審査時間を長くしてしまうことがないようにしなければなりません。

タイトルとURLをコピーしました