JCB CARD WはAmazonで一番お得なカード?Amazonカードと還元率を徹底比較!

JCB CARD WはAmazonで一番お得なカード?Amazonカードと還元率を徹底比較! JCBカード

お米・本・CD・家電などあらゆるものをAmazonで購入する方は多いのではないでしょうか。

「せっかくAmazonをよく利用するんだからポイントをお得に貯めたい!」という方はきっと多いはず。

Amazonでお得なカードと言えば、Amazonが発行している「Amazonカード」「Amazonカードゴールド」を思い浮かべるともいますが、自社発行のカードが必ずお得とはいえません。

Amazonでしかクレジットカードを使わない!という方はいいでしょうが、AmazonカードはAmazon以外で受けられるメリットが少ないため、JCB CARD Wをおすすめします。

JCB CARD Wはポイントサイト経由でAmazonで常時2.0%の還元率を誇るクレジットカードです。AmazonカードのAmazonでの還元率は1.5%になっているので、還元率だけみればJCB CARD Wの方がお得です。

JCB CARD WとAmazonカードの比較!おすすめなのはどっち?

結論、Amazonでの還元率だけでいうならJCB CARD Wの方がAmazonカードよりお得です。

  • JCB CARD WをAmazonで利用…還元率1.0%
  • AmazonカードをAmazonで利用…還元率1.0%

しかし、あなたがAmazonプライム会員かどうか、年間に100万円以上利用するかによって選ぶべきカードは違います。

また、めんどくさい手続きが嫌いだという方にはJCB CARD Wは向いていません。還元率2.0%にするためには、JCBのポイントサイトOki Dokiランドを経由する必要があるためです。

Oki Dokiランドを経由しないと還元率が1.0%になってしまうからです。

この点を頭に置いて読み進めてもらえればと思います。

JCB CARD WとAmazonカードを還元率で比較

まずはJCB CARD WとAmazonカードの通常還元率とAmazonでの還元率を比較してみましょう。

カード名 通常還元率 Amazonでの還元率
JCB CARD W 1.0% 2.0%
Amazonクラシックカード(非プライム会員) 1.0% 1.5%
Amazonクラシックカード(プライム会員) 1.0% 2.0%

もし、あなたがAmazonプライム会員ならAmazonでの還元率は2.0%なのでJCB CARD Wとかわりありません。

プライム会員でないならAmazonでの還元率は1.5%なので、JCB CARD Wの方がお得です。

プライム会員になると「プライムミュージック」「お急ぎ便」などのサービスが使えるようになりますが、これらのサービスを使う予定がなく、プライム会員になる予定のない方にはJCB CARD Wをおすすめします。

プライム会員の方はJCB CARD WとAmazonカードどちらを選べばいい?

プライム会員の方はJCB CARD WとAmazonカードどちらを選んでも還元率は1.0%で、Amazonでの還元率も2.0%なので違いがないようにみえます。

しかし、当然クレジットカードによって特性が異なるので自分がどちらのタイプに当てはまるか確認してから、申し込むカードを決めましょう。

選び方の基準として参考までにどうそ。

  • Amazon以外にも他の店舗で多くの優待を受けたい…JCB CARD W
  • ポイントアップモールを経由するのが面倒…Amazonカード
  • 40歳以上…Amazonカード
  • 完全に無料で利用したい…JCB CARD W

Amazon以外にも他の店舗で多くの優待を受けたい…JCB CARD W

JCB CARD WはAmazonで還元率が2.0%になるカードですが、その他の店舗でもポイントの優遇が受けられます。

  • スターバックカードへのチャージ…ポイント10倍
  • セブンイレブンでの利用…ポイント3倍
  • 昭和シェル…ポイント3倍

JCBカードWはJCBが直接発行するプロパーカードです。Oki Dokiランドを経由してもポイントを獲得できますし、JCBオリジナルシリーズ店舗でもポイントが優遇されます。

一方AmazonカードはAmazon以外での優待がありません。

Amazon以外の店舗でもポイントアップをしたい方はJCB CARD Wをおすすめします。

ポイントアップモールを経由するのが面倒…Amazonカード

JCB CARD WをAmazonで利用すると還元率が2.0%になりますが、還元率を2.0%にするためにはJCBのポイントサイト「Oki Dokiランド」を経由する必要があります。

商品を購入するときにOki Dokiランドに会員としてアクセスし、Amazonのサイトへ飛び…というひと手間がかかります。

手間といってもサイトを1つ経由するだけですし、スマートフォンのホーム画面にOki Dokiランドをブックマークしておけば簡単にアクセスできるのですが、「忘れがち」「面倒くさい」という方もいるでしょう。

JCB CARD W場合、万が一Oki Dokiランドの経由を忘れてしまうと還元率が1.0%に下がってしまうので要注意です。

40歳以上…Amazonカード

JCBカードWは40歳以上の方は申し込むことができません。

JCBカードWの申し込み資格は18歳以上39歳未満になっているので、40歳以上の方は必然的にAmazonカードへの申し込みになります。

なお、審査についてはJCBカードWの方が難しくなっています。

Amazonカードは流通系のカードで「カードを発行して自社でたくさん買い物をしてもらいたい」と思っているため、審査が多少甘めに設定されています。

収入面で審査が不安な方はAmazonカードがおすすめです。

完全に無料で利用したい…JCB CARD W

クレジットカードをあまり使わない方はJCBカードWをおすすめします。

●JCBカードWとAmazonカードの年会費を比較

カード名 年会費
JCBカードW 完全無料
Amazon MasterCardクラシック 初年度年会費無料

2年目以降1375円

(年に1回以上の利用で年会費無料)

Amazon MasterCardゴールド 11000円

参考までにAmazon MasterCardゴールドの年会費も記載しました。Amazon MasterCardゴールドは通常還元率1.0%、Amazonでの利用で還元率2.5%のゴールドカードです。

Amazonカードクラシックは初年度は年会費無料ですが、年に1回以上カードの利用をしないと年会費が1375円かかってしまいます。

クレジットカードを使わなくなるあそれのある方、何枚もカードをもっていて気が付いたら机の奥にカードをしまっている…という方にはおすすめしません。

年に1回以上の利用が確実にある方なら心配いりませんが、少し不安な方は年会費がかからないJCBカードWの方が安心でしょう。

JCBカードWなら40歳以上になってもずっと年会費無料で持つことができます。もちろん年会費無料条件はなく、年に1回も利用しなくても会費はかかりません。

JCBカードWとAmazonカードで迷っている方はこの基準を参考にカード選びをしてみてください。

  • Amazon以外にも他の店舗で多くの優待を受けたい…JCB CARD W
  • ポイントアップモールを経由するのが面倒…Amazonカード
  • 40歳以上…Amazonカード
  • 完全に無料で利用したい…JCB CARD W

JCBカードWのメリット・デメリット

JCBカードWは18歳以上39歳以下がWEB限定で申し込めるクレジットカードです。

JCB CARD W

JCBCARDW
カード年会費 永年無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 1.0%
電子マネー
申し込み資格 満18歳以上39歳以下
  • 海外旅行保険が最高2000万円
  • 通常還元率1.0%
  • Oki Doki ランド経由で最大20倍のポイント

JCBカードWのメリット

メリットとしては…

  • 通常還元率が1.0%
  • Amazonの他にも優遇される店舗が多い
  • 海外旅行保険が付帯する
  • 年会費が完全無料

が上げられます。

Oki Dokiランドを経由すればAmazonの他にもセブンイレブン・スターバックス・ビックカメラ・楽天市場・Yahoo!ショッピングなど、さまざまな店舗で優待を受けられます。

Amazon以外のネットショップ(楽天市場・Yahoo!ショッピング・航空系の予約)などを利用する方は、Oki Dokiランド経由でポイントが最大10倍になるので要チェックです。

ただし、Oki Dokiランドを経由しなくてはAmazonでのポイント2倍特典は受けられないので注意してください。

また、海外旅行保険が最高2000万円付帯しています。利用付帯なのでカードで旅行代金を決済することが条件ですが、保険付きのカードを探している方にはおすすめです。

JCBカードWのデメリット

JCBカードWのデメリットとしては以下があげられます。

  • Oki Dokiランドを経由しないとポイントアップができない
  • 貯まったポイントをAmazonで使うのはレートが下がる

Oki Dokiランドを経由しないと還元率は1.0%のままです。忘れてしまうと、このカードをAmazonで使うメリットは半減してしまいます。

また貯まったOki DokiポイントをAmazonで利用すると若干還元レートが下がるのも注意したいところです。

nanacoポイントやJCBプレモカードにチャージすると1ポイント5円の価値で交換できるのですが、Amazonで利用すると1ポイントが4円の価値になってしまいます。

Amazonで還元率が高いからといって、Amazonでのポイント交換はレートが少し下がってしまうと覚えておきましょう。

Amazonカードクラシックのメリット・デメリット

Amazonカードクラシック

amazonマスターカード
カード年会費 初年度無料
2年目以降1375円
(年1回の利用で無料)
ETC年会費 初年度無料
2年目以降550円
(年1回の利用で無料)
ETC発行手数料 無料
還元率 1.0%
電子マネー
  • ポイントがAmazonアカウントに貯まる
  • 即時審査サービスで当日からAmazonで買い物可能
  • Amazonプライム会員ならAmazonでの還元率2.0%

Amazonカードクラシックのメリット

Amazonカード(クラシック)は通常還元率1.0%でAmazonで最大2.0%の還元率になるカードです。

還元率2.0%にするにはプライム会員になる必要があります。(非プライム会員だと還元率は1.5%になります。)

JCBカードWはOki Dokiランドを経由しないと還元率がアップしませんが、Amazonカードはサイトを経由することなく還元率を上げることができます。

面倒な手続きはいらないからAmazonでの還元率をアップしたい!という方に向いています。

また、どこで買い物をしてもAmazonポイントが貯まり、貯まったポイントは1ポイント1円で利用できます。

Amazon特化型のカードとしてメリットがあります。

Amazonカードクラシックのデメリット

AmazonカードクラシックカードのデメリットはAmazon以外での特典や優待が特にないこと。

Amazon以外で還元率を上げようとしても1.0%からアップができません。また、海外旅行保険もついていません。

Amazon特化型のカードとして分かりやすいと言えば分かりやすいですが、他の店舗でも優待を受けたい方には不向きです。

JCBカードWとAmazonカードの比較まとめ

JCBカードWとAmazonカードは通常還元率・Amazonでの還元率ともに違いはありません。

カード名 通常還元率 Amazonでの還元率
JCB CARD W 1.0% 2.0%
Amazonクラシックカード(非プライム会員) 1.0% 1.5%
Amazonクラシックカード(プライム会員) 1.0% 2.0%

※非プライム会員の方のAmazonでの還元率は1.5%になってしまうので注意

そのため、Amazon以外でもポイント優待を受けたいなら「JCBカードW」、Amazon特化型のカードとして使いたいならJCBカードWがおすすめです。

ポイント還元率や優待店舗を総合比較するとJCBカードWに軍配があがります。

しかし、JCBカードWは不便もあります。

  • Oki Dokiランドを経由しないと2.0%還元が受けられない
  • 貯めたポイントをAmazonで使うと若干交換レートが下がる

以上のデメリットを考えた上で、JCBカードWとAmazonカードのどちらに申し込むか検討しましょう。

タイトルとURLをコピーしました