JCBカードの審査難易度は厳しい?審査基準と通過のコツを解説!

JCBカードの審査難易度は厳しい?審査基準と通過のコツを解説! JCBカード

JCBのクレジットカードを発行したいと考えている人は多数いることでしょう。クレジットカードの国際ブランドの中でも日本で生まれたものであり日本中で利用しやすいクレジットカードの一つです。

そのようなクレジットカード発行するにあたり、気になることといえばクレジットカードの審査難易度ではないでしょうか。

どのようなクレジットカードでも審査に通過しなければ発行は不可能です。私たちがどんなにクレジットカードを手に入れたいと考えてもJCBの審査に通過しなければ手に入りません。

JCBカードを発行するにあたり気になる審査について解説していきます。

  1. JCBカードの審査難易度は高い?
    1. プロパーカードか提携カードかで審査難易度が決まる
      1. 提携カードはJCBではなく発行会社が審査する
  2. JCBカードの種類とそれぞれの審査難易度
    1. 39歳以下はお得!JCB CARD W
      1. 18歳以上(高校生不可)39歳以下なら審査は難しくない
    2. 18歳~29歳限定のJCB CARD EXTAGE
      1. 20代向けで安定収入がなくても審査に通りやすい
    3. スタンダードなJCB一般カード
        1. ポイント還元率は高くない
      1. 本人か配偶者に安定収入が必要
    4. 空港ラウンジ利用可能!JCBゴールドカード
      1. 本人に安定したの収入(年収400万円前後)が必要
    5. JCBプラチナはコスパ◎
      1. 25歳以上で安定した収入(年収500万~600万円前後)が必要
      2. JCBゴールドからのランクアップを狙おう
    6. JCBカードの最高峰!JCBザ・クラス
      1. 完全招待制で審査は厳しい
      2. JCBプラチナからのインビテーションが1番の近道
  3. JCBカードの審査通過のポイント
    1. JCBは特にクレヒスを重視する
    2. 自分にあったJCBカードを選ぶ
    3. キャッシング枠はできるだけ0円で申し込む
        1. キャッシング枠を申し込むと2重に審査される
        2. キャッシング枠の審査はショッピング枠の審査より厳しい
    4. 複数のカードを申し込まない
  4. JCBカードの審査時間は?
    1. 審査状況はWEBで確認できる
  5. JCBカードの審査に落ちてしまう人の特徴
    1. 個人信用情報に傷がある
    2. 申し込みの記入を間違えた
    3. 複数枚のカードに申し込んだ
  6. JCBカードの審査に落ちてしまったらどうする?
    1. 半年後にJCBカードに申し込む
    2. 審査に通りやすいクレジットカードに申し込む
      1. オリコ・ザ・ポイントカード
      2. 楽天カード
      3. エポスカード
      4. イオンカード
  7. JCBカードの審査通過にはクレヒスが重要!

JCBカードの審査難易度は高い?

審査の難易度についてはクレジットカード会社が直々に公表しているものではありません。

クレジットカード会社が自ら審査の難易度について触れることはないので、ここでは口コミなどからJCBカードの審査難易度について確認していきます。

プロパーカードか提携カードかで審査難易度が決まる

JCBカードの審査難易度はプロパーカードか提携カードかによって決まると考えられます。

口コミなどを確認してみると、どちらのクレジットカードに申し込みをしたかによって審査の難易度が大きく異なるようなものが確認されます。

上記のことを踏まえるとJCBカードに申し込みをするにあたり注意しておきたいことは、JCBが発行するプロパーカードであるのか、提携カードであるのかということです。

この点が審査難易度を左右する部分なのです。

提携カードはJCBではなく発行会社が審査する

クレジットカードの提携カードについて理解できていない人もいるかもしれません。

提携カードとはJCBが直接発行するクレジットカードではなく、JCBの国際ブランドを利用する許可を受けた他のクレジットカード会社が発行するクレジットカードのことです。

JCBではなく他のクレジットカード会社が審査を実施しますので、JCBのプロパーカードよりも審査が優しくなる傾向になります。

クレジットカードの審査はクレジットカード会社が実施しています。JCBカードの審査も国際ブランドのJCBが実施しているのではなくそれぞれのクレジットカード会社が実施しています。

提携カードのようにJCB以外が審査しているクレジットカードにおいては、JCBが審査しているクレジットカードよりも発行しやすいものが多いようです。

JCBカードの種類とそれぞれの審査難易度

JCBカードには様々な種類があります。申し込みするJCBカードによって審査の難易度も異なっています。

今回はJCBが発行するプロパーカードの特徴と審査の難易度についてご説明していきます。

39歳以下はお得!JCB CARD W

JCBCARDW

18歳以上39歳以下のみが発行できるJCBカードです。JCBは若者向けのクレジットカードも発行していますが、こちらに関しては若者よりも幅広く発行できるJCBカードとなっています。

JCBカードの中でも珍しいもので年会費は完全無料です。一般カードから年会費が必要となるものがJCBカードなのですが、JCB CARD Wを利用することで年会費を無料にできます。

しかも、年会費が無料であるだけではなくJCB一般カードと比較すると2倍のポイントが貯まります。

2倍になった結果、還元率は1%になりますのでJCBカードの中でも高い還元率で利用できるクレジットカードとなるのです。

JCBから新しく発行されたクレジットカードであり知名度はまだ低いですが、年会費完全無料でポイント還元率も高い特におすすめのクレジットカードです。

18歳以上(高校生不可)39歳以下なら審査は難しくない

比較的若者向けに発行されているクレジットカードですので、年齢制限の範囲内に含まれている人であれば審査は難しくありません。

JCB一般カードは若い人が発行するのは難しいと言われることもあるのですが、JCB CARD Wであれば最初から年齢制限が設けられており特段厳しい審査は用意されていません。

もちろん対象年齢であれば誰でも発行できるクレジットカードというわけではありませんし、他のクレジットカードと同様にJCBカードも多角的な審査が実施されています。

ただ、他のJCBカードと比較すると年齢制限のあるクレジットカードであり、柔軟な審査がされていると考えられます。

18歳~29歳限定のJCB CARD EXTAGE

JCB CARD EXTAGE

JCBが発行するクレジットカードのうち若者向けとされているのが、JCB CARD EXTAGEです。

上記のクレジットカードとは異なり申込みは18歳以上29歳限定となっています。また、クレジットカードを更新するときには若者向けJCBカードから一般のJCBカードに切り替わります。

JCB CARD Wであれば更新を続けることで40歳以上も持てるのですがJCB CARD EXTAGEは異なります。

若者向けに発行されているクレジットカードであり、ポイント還元率が特に高いことが特徴です。入会後すぐはさらにポイント還元率が高まるなどの特徴もあります。

最近では還元率がさらに高いJCB CARD Wが人気だよ

20代向けで安定収入がなくても審査に通りやすい

20代向けに発行されているクレジットカードであり学生でも発行できるものです。

学生も発行することを踏まえて発行されているクレジットカードですので、安定した収入がなくとも審査に通過しやすいことが特徴です。

JCBカードの中では比較的設定される限度額が小さいのですが、これは収入が不安定な20代でも審査に通過しやすいことの裏返しでもあります。

クレジットカード会社側もリスクを回避するために限度額を小さく設定しています。ただ、限度額が小さくともJCBカードが発行できることには違いがありません。

スタンダードなJCB一般カード

JCB一般カード

JCBカードの中でもスタンダードなものがJCB一般カードです。一般との名称からもわかるとおりJCBカードの中でも標準的な位置づけです。

一般カードですが年会費は1,250円(税別)に設定されています。基本的にJCBカードは年会費が必要ですので、こちらの年会費がJCBカードの標準的な年会費であると考えておいて良いでしょう。

JCBが発行するプロパーカードですので一般カードではありますが、お得に利用できる特典が多く付帯されています。年会費完全無料のクレジットカードでは付帯されていることが少ない各種保険も付帯されています。

ポイント還元率は高くない

クレジットカードの中では特段ポイント還元率が高いものではありません。還元率だけで比較するのであれば、年会費無料で利用できるクレジットカードで還元率がJCBカードよりも高いものが存在しています。

そのことを踏まえると、JCB一般カードはクレジットカードの支払いでポイントを貯めてお得になるようなクレジットカードではなく、付帯されているJCBらしいサービスを活用してお得になるクレジットカードであると言えます。

本人か配偶者に安定収入が必要

一般カードですので審査基準は厳しいものではありません。他のクレジットカード会社と同様に本人化配偶者に安定した収入が必要です。

具体的に年収の基準は用意されていませんし、職業などの制限も設けられていません。そのため安定した収入があればフリーターやアルバイトでも審査に通過できる可能性があります。

また、配偶者の信用を利用できますので本人に収入がなくとも、配偶者に安定した収入があれば審査に通過できる可能性もあります。まずは申込みをしてみても良いでしょう。

空港ラウンジ利用可能!JCBゴールドカード

JCBゴールド法人カード

年会費10,000円(税別)の通常のゴールドカード価格帯で持てるJCBのゴールドカードがJCBゴールドです。

一般カードでもさまざまなサービスが提供されているクレジットカードですが、ゴールドカードになったことでさらに多くのサービスが付帯されています。

特にJCBブランドのクレジットカードということもあり、日本国内でのサービスが充実していることが特徴です。

本人に安定したの収入(年収400万円前後)が必要

ゴールドカードですので審査に通過するためには本人に安定した収入が必要です。一般カードとは異なりクレジットカードを持つ本人の信用力が問われるクレジットカードだからです。

安定した収入の基準はJCBから公表されているものではありません。

ただ、口コミなどを確認してみると年収400万円前後の人が審査に通過している傾向があります。そのため、この年収が一つの基準になると考えて良いでしょう。

JCBプラチナはコスパ◎

JCBプラチナ

プラチナカードの中でも低価格な年会費である25,000円(税別)でもてるのがJCBプラチナです。

今までJCBは申し込みで持てるプラチナカードを発行していませんでした。しかし、近年のクレジットカード需要の高まりとともにプラチナカードも直接発行できるようになりました。

JCBのプラチナカードでありながら、プラチナカードの年会費相場である5万円の半額程度で持てるクレジットカードです。

低価格な割りに多くのサービスが手に入りコストパフォーマンスの高いJCBカードです。

25歳以上で安定した収入(年収500万~600万円前後)が必要

JCBプラチナカードの申し込み資格は25歳以上です。

また、ステータスの高いクレジットカードとなり求められる年収も500万円~600万円と比較的高額になります。

今までのクレジットカード利用実績と年収の両面から判断されると考えられます。

JCBゴールドからのランクアップを狙おう

プラチナカードですので、ワンランク下のJCBゴールドカードからのランクアップをおすすめします。

直接申し込みができるプラチナカードではありますが、申し込みで入会するのはよほどの信頼情報と年収がないとハードルが高いです。

JCBゴールドで実績を積んでいればプラチナカード入会への素質があるのかを判断してもらえます。

年間の利用金額が多い、支払い遅延が発生していないなどの条件を満たしているとプラチナカードへランクアップできる可能性が高まります。

JCBカードの最高峰!JCBザ・クラス

JCBザ・クラスはJCBが発行するクレジットカードの中でも最高峰に位置します。

インビテーションのみで発行できるものであり、年会費は50,000円(税別)に設定されています。

年会費格安のブラックカードではあるものの、付帯されているサービスは特に充実しています。同価格帯のほかのプラチナカードと比較しても特典の多いクレジットカードであるといえます。

完全招待制で審査は厳しい

完全招待制で発行されるクレジットカードです。そのため、他のJCBカードと比較すると審査は厳しいと考えられます。

具体的にどのような条件を満たしているとJCBザ・クラスへのインビテーションが届くのかは公開されていません。

とにかくJCBカードを活用してステータスの高い生活を送っていることが求められると考えられます。

また、JCBカードをしっかりと利用していてもJCBザ・クラスへのインビテーションが届かないという口コミも見かけます。それらのことを勘案すると審査は特に厳しいと思われます。

JCBプラチナからのインビテーションが1番の近道

まずは申し込みでも発行できるJCBプラチナカードを発行するのが良いでしょう。ゴールドカードから実績を積み続けるのも悪くありません。

プラチナカードを保有している状態でさらに高額な利用を続けるとJCBザ・クラスへのインビテーションが届く可能性が高まります。

プラチナカードを持てるというステータス性を証明しながら、加えて支払い金額でも実績を残していくことがJCBザ・クラス発行への近道です。

JCBカードの審査通過のポイント

JCBカードの審査に通過するためにはいくつかのポイントがあります。

審査に通過したいと考えているのであれば最低限、審査通過のポイントは理解しておいた方が良いでしょう。

JCBは特にクレヒスを重視する

JCBはクレジットカードケースの中でも特にクレヒスを重要視していると考えられます。

クレヒスとは今までにクレジットカードの支払いが正しくできているのかどうかをまとめた情報のことです。

今までにクレジットカードなどの支払いが正しくできていると、クレジットカード会社は信頼の高い人、約束の守れる人との判断をします。

JCBはこの信頼の高さを審査で重要視しているのです。今までにクレジットカードを使い続けていて、支払い遅延もなく約束どおりに決まった金額を支払えている人が高評価となるのです。

自分にあったJCBカードを選ぶ

JCBカードには複数の種類があります。それぞれのJCBカードで発行するターゲットがある程度決まっています。

ターゲットが決まっていますので、自分が発行できるJCBカードよりも上位のものに申し込みをしても審査に落ちてしまう可能性が高まります。

下位のものに申し込みをするぶんには問題がありませんが、上位のものには申し込みをしないようにしましょう。

キャッシング枠はできるだけ0円で申し込む

キャッシング枠を申し込むと2重に審査される

審査に通過するためにはキャッシング枠をできるだけ0円で申し込みすることも大切です。

クレジットカードのキャッシングはショッピングとは異なった審査がされています。つまりキャッシングに申し込みすることによって2種類の審査を受けなければなりません。

クレジットカードにキャッシング枠を付帯させるということは自分から審査のハードルを上げているということになります。

キャッシング枠の審査はショッピング枠の審査より厳しい

しかもキャッシング枠の審査はショッピング枠の申請にも厳しい傾向にあります。これは管理されている法律の都合などからキャッシング枠は厳しい条件が設けられているからです。

キャッシングを申し込みしたことによってキャッシング枠の審査に落ちてしまいJCBカード自体が発行されないという可能性もあります。

そのような可能性が隠されていますのでキャッシング枠は申し込みをしないに越したことはありません。JCBカードが発行されてから必要に応じて追加で申し込みをするのでも遅くはありません。

複数のカードを申し込まない

JCBカードの審査に通過するためには複数のカードを同時に申し込まないことがコツです。

JCBカードに限らずクレジットカードの同時申し込みはクレジットカード会社に良い印象を与えません。あまりに多くのクレジットカードに申し込みをしているとどのようなクレジットカードでも良いから発行したい人であると受け取られてしまいます。

また、クレジットカードがなければ支払いができないような危ない人であると判断される可能性もあります。

どちらの場合でもクレジットカード会社に良い印象を与えるものではありません。むしろ悪い印象を与えてしまいますので審査落ちに繋がってしまう可能性があります。

JCBカードの審査時間は?

JCBカードの審査時間はどれくらい必要なのでしょうか。これはJCBカードの中でもどれに申し込みをするかによって左右されます。

JCBカードの中でも標準的なJCB一般カードの場合、審査は最短で1営業日です。審査は昨日出るものではなく最短でも翌日連絡が届きます。

最近は即日審査結果が確認にできるクレジットカードも増えてきています。しかし、JCBカードでは最短即日の審査結果確認はできません。

ただ、一般的にクレジットカードの審査には時間が必要となるものです。JCBカードの審査がクレジットカード会社の中でも特段遅いというわけではありません。その点は勘違いしないようにしてください。

審査状況はWEBで確認できる

審査の状況はWEBから確認できます。申し込み時に提供される情報を利用して専用サイトから照会できるのです。

JCBは他のクレジットカード会社と比較すると審査に時間が必要となるクレジットカード会社です。そのため審査の状況が気になって仕方がないひともいることでしょう。

そのようなときにはWEBを利用してこまめに状況を確認してみましょう。

JCBカードの審査に落ちてしまう人の特徴

JCBカードの審査に落ちてしまう人にはいくつかの特徴があります。

この条件に当てはまると必ず審査に落ちてしまうというわけではありません。どのような特徴があるのかは念のために理解しておきましょう。

個人信用情報に傷がある

個人信用情報に傷があることによって審査に落ちてしまう可能性があります。

「個人信用情報に傷がある」とは今までにクレジットカードの支払い遅延などを引き起こしている人のことです。

今までに支払い遅延を起こしていると、これからも支払い遅延を起こす可能性があると判断されてしまいます。

その結果、クレジットカード会社から信頼を獲得できず、JCBカードにおいても支払い遅延の可能性がある人に対してはリスクを感じてクレジットカードの発行を見送る可能性があります。

申し込みの記入を間違えた

クレジットカードの発行にあたり重要なことは、クレジットカード会社との信頼関係を結ぶことです。クレジットカードですので信頼関係があってこそ発行されるカードなのです。

もちろん申し込みをした側は意図的に嘘の申し込みをしているわけではないでしょう。しかし、クレジットカード会社はその都度間違った入力であるのかどうかを判断している時間がありません。

そのため嘘の申告をしていると判断するとクレジットカードの発行を見送ることがあります。

複数枚のカードに申し込んだ

JCBカードを含めて同時に複数のクレジットカードに申し込みをすると審査に落ちることがあります。
クレジットカードの申し込み状況は個人信用情報に記録されます。

つまりクレジットカードを発行する時には他社のクレジットカード会社にも申し込みをしているかどうかも確認が取れます。この時に複数のクレジットカードに申し込みをしているとクレジットカード会社への印象を悪くしてしまいます。

その結果、JCBカードのように言ってブランド価値の高いクレジットカード会社はレジットカード会社はクレジットカードの発行を見送ってしまうことがあります。

JCBカードの審査に落ちてしまったらどうする?

半年後にJCBカードに申し込む

審査に落ちてしまった場合には半年後に改めてJCBカードに申し込みましょう。基本的にクレジットカードの申し込み履歴は半年間管理されています。この期間内にクレジットカードの申し込みをしても再度審査に落ちてしまう可能性が高まってしまいます。

逆に半年以上の期間を空けてから申し込みをすると過去の申し込み履歴は管理されていません。そのため審査落ちの過去を消して、一から新しくに審査を受けることが可能です。

過去に審査落ちをしている履歴が残っている状態で申し込みをしても基本的には結果が変わりません。

焦って何度も申し込みをするのではなく、一度審査に落ちてしまった場合には半年以上は申し込みを我慢するようにしておきましょう。

審査に通りやすいクレジットカードに申し込む

JCBカードを諦めて最初から見る審査の甘いクレジットカードに申し込みをするのも一つの手段です。

とにかくお得なクレジットカードを発行したいと考えている場合にはこの選択肢も悪いものではありません。具体的に審査に通過しやすいクレジットカードをご紹介します。

オリコ・ザ・ポイントカード

オリコカード

クレジットカード会社大手のオリコが発行するものがオリコ・ザ・ポイントカードです。年会費完全無料のクレジットカードでありながらポイント還元率1%の優秀なクレジットカードです。

最近は還元率の高いクレジットカードが注目される傾向にあり、オリコ・ザ・ポイントカードの還元率1%は高還元率に分類されます。

ポイント還元率が高くお得に利用できるクレジットカードというだけではなく、オリコは審査のやさしいクレジットカード会社に分類されるという特徴もあります。

クレジットカードをどんどんと利用してもらい、高い還元率で還元をしながら利用者をさらに増やすという方針を採用しています。

楽天カード

楽天カード

クレジットカードの中でも特に知名度が高く人気も高いものです。顧客満足度も1位であり名実ともに人気のクレジットカードと言えるものです。

年会費は完全無料でありながら還元率は1%の高還元率クレジットカードです。通常の利用でも高還元率ですし、楽天市場でのお支払いに利用すると還元率が3%以上になるなどさらにお得に利用できるクレジットカードです。

お得なクレジットカードであるというだけではなく楽天カードも発行しやすいクレジットカードの一つです。フリーターでも楽天カード発行した実績は多数確認されています。

ただ、楽天カードは初回に設定される限度額が低いクレジットカードでもあります。比較的クレジットカードを発行しやすくなっていますのでリスクを回避するために楽天カード側は限度額を低く設定しています。

設定されている限度額は小さくともクレジットカードが発行されることに間違いありません。まずは発行されたクレジットカードシークレット利用して実績を積むようにしてみましょう。

エポスカード

エポスカード

百貨店のマルイが発行しているクレジットカードです。百貨店が発行しているクレジットカードですので審査は厳しいと思われるかもしれません。

しかし、エポスカードは百貨店が発行するクレジットカードになりながら審査に通過しやすいことが特徴です。

エポスカードは年会費無料で幅広い人に対して発行されているクレジットカードなのです。

エポスカードは百貨店が発行するクレジットカードでありながら大学生などでも発行が確認できています。

なかなか百貨店を利用しないであろう人であってもエポスカードは発行できているのです。つまり、クレジットカードの中でも比較的低いハードルで発行できるものであると考えられます。

イオンカード

イオンカード

ショッピングモールなどを経営するイオングループが発行するクレジットカードです。日頃からイオンモールを利用している人であれば、イオンカードの名称は目にしたことがあるでしょう。

イオングループが発行するクレジットカードということもあり審査には通過しやすいことが特徴です。その理由は簡単でイオンカードを発行することによってイオンの売り上げがアップすると考えられるからです。

イオンカードはイオングループでの支払いがおトクになるクレジットカードです。日頃からイオンを利用している人であればイオンカード発行することによって割引などが受けられます。イオンカードを発行するとこの割引を目的として利用者が増えると考えられるのです。

そのような考え方が背景にありますのでイオンカードは比較的発行のしやすいクレジットカードとなっています。イオンカードを発行してクレジットカードの利用実績を積んでみましょう。

JCBカードの審査通過にはクレヒスが重要!

JCBカードの審査に通過するためにはクレヒスが重要です。他のクレジットカードも含めて正しく支払いを続けてクレヒスを積み重ねることで審査に通過できる可能性があります。

また、クレヒスと同時に重要であることは申し込みをするJCBカードを間違えないということです。JCBカードには様々な種類がありますので申し込みするものを間違えるとステータス性の面から審査に落ちてしまう可能性があります。

申し込みをするJCBカードを間違えたせいで審査落ちしてしまうと半年間はJCBカードの発行をしにくくなってしまいます。審査落ちをするとクレヒスにも影響が出ますのでそのような観点からも申し込みをするJCBカードは間違えないように意識しておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました