JCBカードRを学生におすすめしない理由とメリットがある学生

「JCBカードRを学生でも持てるのか気になる」
「JCBカードRは学生が持つのにおすすめできるカードなのか知りたい」
そうお悩みではないでしょうか。

JCBカードRは学生でも申し込み可能で、ポイント還元率も高いため、学生におすすめのカードに見えます。

しかし、実際にはリボ払い専用カードのため、デメリットが大きくあまりおすすめできません。

この記事ではJCBカードRの特徴やデメリット、どのような学生におすすめなのかだけではなく、JCBカードR以外におすすめできるクレジットカードを紹介します。

この記事を読めば、自分がどのカードを持つのがよいか、判断でき、後悔しないカード選びができるでしょう。

JCBカードRは学生でも申し込み可能!

JCBカードRは学生でも申し込み可能なカードの一つです。学生が取得しやすい上他にもいくつかのメリットがあります。

具体的には以下の通りです。

  • JCBカードRの申し込み資格は18歳以上
  • 審査のハードルは低め
  • JCBカードRは年会費無料!
  • ポイント還元率が高い
  • 年会費無料で海外旅行傷害保険付き

では次で詳しく解説します。

JCBカードRの申し込み資格は18歳以上

JCBカードRの申し込み資格は、18歳以上で本人、または配偶者に安定した収入がある人です。

ただし学生の場合は、別の条件が適用されます。

専門学生・大学院生も申し込みできる

JCBカードRは専門学生や大学院生の人も申し込み可能です。

なぜなら、高校生を除く18歳以上の学生であれば、収入状況が問われません。

JCBカードRは年会費無料!

JCBカードRを持つメリットは年会費無料であることです。

年会費無料のため、持ち続けることのデメリットが少ないため、おすすめできます。

審査のハードルは低め

JCBカードRは審査のハードルが低めになっています。

リボ払い専用のカードのため、JCBの他のカードとは異なる独自の審査基準となっているため、JCBのそれ以外のカードよりも審査に通りやすいと言えるでしょう。

ポイント還元率が高い

JCBカードRのメリットは還元率が高いことです。簡単にまとめると、以下のようになります。

  • ポイント還元率が入会後3ヶ月間は6倍
  • 通常期間はポイント4倍
  • JCBオリジナルシリーズパートナーでさらにポイントアップ

では次で解説します。

ポイント還元率が入会後3ヶ月間は6倍

JCBカードRの還元率は入会後3ヶ月の間は6倍の還元率になります。

これはJCBの他のカードと比べても、かなり還元率が高いと言えます。

ただし、これはリボ払いの手数料を払っていることが条件です。

手数料を支払っていない場合はポイント還元率が4倍になります。これでも、還元率としては高い方ですが、注意しておきましょう。

通常期間はポイント4倍

初回キャンペーン後の還元率は通常期間でも、ポイントが4倍付与されます。

実質的なポイント還元率としては1.6%ほどとなり、他のカードと比べても、還元率がかなり高いカードだと言えるでしょう。

初回3ヶ月と比べると、還元率が下がりますが、それでも他のJCBのカードと比べて還元率が高いカードです。

JCBオリジナルシリーズパートナーでさらにポイントアップ

JCBカードRはJCBオリジナルシリーズパートナーを利用することで、さらにポイント還元率が上がります。

JCBオリジナルシリーズパートナーとは、いわゆるJCB加盟店のようなもので、対象の店舗でカードを利用すると、還元率がさらに上がります。

  • 出光昭和シェル
  • Amazon
  • セブンイレブン
  • スターバックス
  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • ウェルシア
  • モスフードサービス

それぞれの店舗でどの程度ポイントが還元されるかは、店舗ごとに異なります。

しかし、これらの店舗をよく利用する場合は、ポイント還元率がさらに上がるため、おすすめです。

年会費無料で海外旅行傷害保険付き

JCBカードRは年会費無料のカードの中では海外旅行傷害保険が付帯されている珍しいカードです。

海外旅行傷害保険があることで、海外旅行で万が一のケガや病気などのトラブルの際に補填してくれます。

このカードを利用する場合は、航空機などに対して、JCBカードRを使うことが条件ですが、それ以外に条件はないため、簡単に使えます。

海外キャッシングの1回まで利用できるため、海外旅行でも使いやすいカードです。

JCBカードRを学生が持つデメリット

JCBカードRは、学生でも申し込みが可能な上、審査の条件もゆるめのため、申込者が多いカードですが、学生が持つにはおすすめできません。

それは以下のデメリットがあるからです。

  • JCBカードRはリボ専用カード
  • リボ払いの手数料がつかない場合はポイント還元率が下がる
  • 毎月1回払いには設定不可

では次で詳しく解説します。

JCBカードRはリボ専用カード

JCBカードRを学生が持つのにおすすめできないのは、リボ払い専用のカードだからです。

リボ払いとは、毎月の支払いを一定額にして、安定した返済ができる支払い方法です。

しかし、手数料がかかるため、手数料分損をしてしまいます。

そのため、リボ払いを回避したい場合は、他の1回払いができるカードで利用する必要があるでしょう。

JCBカードRのポイント還元率を考えても損になる

JCBカードRはポイント還元率が高いカードですが、その還元率とリボ払いの手数料ではどちらが高いかと言えば、リボ払いの手数料の方が高くなります。

さらにJCBカードRの還元率はリボ払いで支払うことでポイントが上乗せされる仕組みになっており、一見すると、リボ払いの方がポイント還元率が高いように見えます。

しかし、実際には手数料の方が高くなるため、おすすめできません。

毎月1回払いには設定不可

JCBカードRは毎月1回払いに設定できないことに注意が必要です。

繰上げ返済の手続きを行うことで、手数料をかけずに支払う方法はありますが、毎月手続きをする必要があり、手間もかかります。

「リボ払いをせずに使えるカードが欲しい」という場合は、1回払いで支払えるカードの方がよいでしょう。

こんな学生にはJCBカードRがおすすめ

JCBカードRはリボ払い専用のカードでカードの手数料で支払いに困る可能性もあるため、学生にはおすすめできません。

しかし、以下のような学生の場合は、おすすめできるかもしれません。

  • 海外キャッシングを利用する予定がある学生
  • 急ぎでお金が必要な学生
  • 審査が不安な学生

これらの学生であれば、JCBカードRのデメリットがデメリットにならずに活用できるかもしれません。
では次で詳しく解説します。

海外キャッシングを利用する予定がある学生

JCBカードRがおすすめできる学生は海外キャッシングを利用する予定がある学生です。

海外キャッシングとは、海外のATMで現金を引き出せるキャッシングのこと。両替する方法もありますが、手数料がかかってしまいます。

JCBカードRは、海外キャッシングを1回払いで利用できます。国内であれば、手数料が高いキャッシングですが、海外キャッシングの場合は、繰上げ返済をすることで、現地で両替するよりも手数料を抑えて換金でき、使い勝手がよいカードです。

それに加え、海外旅行傷害保険が利用付帯でついており、ある程度の怪我や病気にも対応できます。そのため、海外キャッシングの手段として1枚持っておくのも選択肢です。

審査が不安な学生

JCBカードRがおすすめな学生は審査が不安な学生です。

JCBカードRは学生でもおすすめしやすいカードとして紹介され、初めての申し込みであっても、審査に通りやすいカードの一つ。

そのため、最初の1枚としてカードを作っておくのもよいでしょう。

学生のJCBカードR申し込み手順

「クレジットカードの申し込み方法がよくわからない」
学生の場合、そのようにお悩みの方も多いかと思います。

具体的には以下の手順で申し込みを進められます。

  • JCBカードRの入会ページから申し込む
  • 必要項目を記入する
  • 審査を受ける
  • JCBカードRを受け取る

では次で詳しく解説します。

JCBカードRの入会ページから申し込む

まずはJCBカードRの入会申し込みページから申し込みを行います。

最初に以下のページにアクセスしましょう。https://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/os_card_r.html?link_id=cojp_np3#contents__card__personal__detail__basicInfo

こちらのページの下にあるオレンジの「カードを申し込む」というオレンジのボタンをクリックすることで、申し込み手続きを進められます。

ちなみにJCBカードRはWEB申し込み専用のカードのため、他の方法で申し込みはできません。

必要項目を記入する

次にJCBカードRの申し込みのための必要項目を埋めていきましょう。

住所や電話番号、名前などを記載していきます。また年収なども記載します。このとき注意するべき点としては、間違いがないよう正確に記載することです。

名前のちょっとした誤字や住所や電話番号に間違いがあると、虚偽の申告とみなされ、審査に落ちることがあります。

また年収も正確に記入しましょう。年収の条件も調べられて発覚すると、虚偽の深刻だとみなされ落ちてしまいかねません。

一度審査に落ちてしまうと、半年の間はカードに申込なくなります。そのようなトラブルを事前に回避するためにも、申し込み情報は正確に記入しましょう。

審査を受ける

必要事項を記載し、申し込み手続きが完了したらそこから審査が始まります。

JCBカードRの審査基準は公式で発表されていませんが、学生でも申し込み可能なカードであることと、リボ払い専用カードであることから、審査のハードルはかなり低めだと言えるでしょう。

審査から発行までは3営業日ほどかかります。

また在籍確認や本人確認が行われる可能性があるため、電話には出られるようにしておきましょう。電話に出られない場合、それが原因で審査に落ちる可能性があります。

JCBカードRを受け取る

最後にJCBカードRの受け取りを行いましょう。JCBカードRは発行までに3日、遅くとも1週間後には手元に届きます。

学生がJCBカードRの審査を受ける際の注意点

学生がJCBカードRに申し込み審査を受ける場合はいくつか注意するべき点があります。

具体的には以下の点です。

  • 職業欄は学生で申し込む
  • キャッシング枠は0円で申し込む</>
  • 年収は0円でもOK

では次で解説します。

職業欄は学生で申し込む

学生がJCBカードRに申し込む場合、職業欄は「学生」で申し込みましょう。

これはアルバイトなどで生計を立てている場合も同様です。

18歳以上で学生の場合でも、申し込み条件を満たしているため、審査に通りやすいと言えます。

また、アルバイトなどで申し込む場合は、年収などの収入面で審査が厳しくなる可能性があるため、おすすめできません。

キャッシング枠は0円で申し込む

JCBカードRの申し込みをするときにはキャッシング枠を0円で申し込みましょう。

なぜならキャッシング枠を申し込むことで、審査に通りにくくなるからです。

キャッシング枠を申し込むと、通常のカードの審査に加えキャッシング枠の審査が別途必要になります。

審査のハードルが上がる上、審査結果が出るまでに時間がかかる要因にもなるため、避けた方がよいでしょう。

年収は0円でもOK

学生の場合年収条件を記載する項目がありますが、0円で記載しても問題ありません。

アルバイトなどで収入がある場合はその内容を記載してもよいですが、正直に記載することの方が重要度が高いです。

収入がないのに、収入があると記載すると、虚偽申告だとみなされ、落ちる可能性がむしろ高くなってしまいます。

JCBカードRより学生におすすめのクレジットカード

JCBカードRはリボ払い専用カードのため、学生には扱いにくく、おすすめできるカードとは言えません。

「じゃあ学生におすすめなのは、どんなカードかわからない」
という人もいるでしょう。

具体的におすすめできるカードとしては以下のものがあります。

  • JCB CARD W
  • 楽天カード
  • エポスカード

では次で詳しく解説します。

JCB CARD W

JCB CARD Wカードは、学生でポイントを貯めやすいカードをお探しの場合におすすめのカードです。

JCBのプロパーカード×高還率×年会費無料

JCB CARD WはJCBが直接発行しているプロパーカードです。そのため、他のカードと比べても、サービス面でも充実しています。

他のJCBカードでは0.5%なのに対して1%と高い還元率を持っているだけではなく、年会費無料、セブンイレブンやスタバ、アマゾンなど「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」の契約店舗で利用すると、その還元率はさらに高くなります。

また卒業後も年会費無料で利用できるのも嬉しいポイントです。

これらの店舗をよく利用する場合は、もちろんのこと、普段使いでも、VIASOカードより高い還元率を持っているため、ポイントをより貯めたい場合におすすめです。

楽天カード

「カードをよく使うため、限度額を高くしたい」
「楽天を利用する」
という場合におすすめなのが、楽天カードです。

楽天カードの場合には、最大50万円まで限度額を引き上げることができます。

「使いすぎが気になる」という場合には、あまりおすすめできませんが、夏休みなど出費がかさみやすい時期に利用限度額が高くなっていると便利な場面は多いでしょう。

楽天市場・楽天トラベルをよく利用する学生におすすめ

楽天カードは、楽天市場や楽天トラベルをよく利用する学生におすすめです。

楽天市場や楽天トラベルで利用することで還元率が3%となり、楽天を主に利用する方ほど、高い還元率になっていることが特徴です。

また楽天ペイを利用することで、ポイント還元率が1.5〜5%まで高まり、楽天ペイを利用する場合にはかなり優秀なカードです。

エポスカード

エポスカードは年会費無料で、学生でも発行可能なため、学生にもおすすめできるクレジットカードです。

カラオケ室料が30%OFF

エポスカードの大きな特徴は、カラオケのルーム料金の20〜30%の割引が受けられることです。

例えば以下の店舗が対象になります。

  • シダックス
  • ビッグエコー
  • カラオケ館
  • カラオケ CLUB DAM
  • ジャンボカラオケ広場

学生であれば、カラオケを利用する機会も多いでしょうから、そのような方にはメリットが大きいでしょう。

居酒屋の割引も受けられます。そのため、学生の飲み会などで利用するのにメリットが非常に大きいカードです。

結論:海外利用の予定がない学生は他のカードがおすすめ

この記事ではJCBカードRが学生向きと言えない理由について詳しく解説しました。

JCBカードRはリボ払い専用カードのため、ポイントの還元率こそ高いものの、手数料の方が高くついてしまう可能性があり、あまりおすすめできません。

海外旅行傷害保険や海外キャッシングなどが利用できるため、海外旅行をする人に取ってはメリットがありますが、それ以外の人にはデメリットの方が大きいと言えるでしょう。

そのため、JCBカードRよりは他のカードを利用した方がメリットが大きいかもしれません。

この記事を参考に学生でも利用しやすいクレジットカードを見つけてください。

タイトルとURLをコピーしました