JCB CARD EXTAGEの審査の時間にかかる時間は?審査が遅い6つ原因

JCB CARD EXTAGEの審査の時間にかかる時間は?審査が遅い6つ原因 JCBカード

クレジットカード会社大手のJCBが若者向けに発行しているクレジットカードがJCB CARD EXTAGEです。

JCBが発行するクレジットカードでありながら年会費無料で利用できたりポイントが貯まりやすいなどのメリットがあります。若者であればぜひとも利用してもらいたいクレジットカードです。

手に入れようと申し込みをしたものの、JCB CARD EXTAGEの審査結果が出ないと不安になることでしょう。審査が遅いと審査落ちになっているのではないかと心配になってしまう人もいるはずです。

今回はJCB CARD EXTAGEに申し込みをしてから審査が出るまでに必要な時間についてまとめています。

JCB CARD EXTAGEの審査結果がでるまでの時間は?

JCB CARD EXTAGEの審査結果が出るまでの時間は、通常1-2営業日です。

JCBが発行するクレジットカードは審査に時間がかかる傾向があり、即日審査結果が分かるケースは限られています。JCB CARD EXTAGEの審査には時間がかかると捉えておくべきです。

また、審査が込み合っている場合などはさらに時間を要して最大で1週間程度必要になると考えておきましょう。

審査結果が出るまでの期間はクレジットカードとしては標準的です。最近は即日審査結果が出るクレジットカードも増えていますが、一般的にはJCB CARD EXTAGEと同様に1-2営業日が必要となります。

JCB CARD EXTAGEの審査結果はメールで送られてくる

JCB CARD EXTAGEの審査結果はメールで連絡される仕組みです。申し込みの際に申請したメールアドレスに結果が届きますので、こちらを確認するようにしておきましょう。

場合によってはJCB CARD EXTAGEの審査結果が迷惑メールに振り分けられてしまうことも考えられます。

審査結果が出ないと感じているのであれば、迷惑メールフォルダに審査結果が含まれていないかも確認しておくことをおすすめします。

メールを探す際には「JCB CARD EXTAGE」と検索すると良いでしょう。

JCB CARD EXTAGEの審査状況を確認する方法

JCB CARD EXTAGEに申し込みをしたものの、なかなか審査結果が届かないと不安が高まってしまうでしょう。このときはJCBにクレジットカードの審査状況を問い合わせすることをおすすめします。

問い合わせをすることで審査に落ちているのか、単純に時間が必要となっているのかを判断可能です。

審査状況を確認して審査中であればまだ安心はできるでしょう。また、審査が完了して通過していても、まだ連絡が来ていないということもありえます。

また、審査に通過したもののJCB CARD EXTAGEがなかなか発送されないというときにも状況を確認できます。

JCBのWEBサイトで確認する

JCB CARD EXTAGEの審査状況は専用のWEBサイトで確認できます。確認の際には以下の2つの情報が必要となります。

  • 入会受付番号または照会番号(半角数字16桁)
  • 判定状況確認用キーワード(半角英数字・記号8~20桁)

これらの情報はJCB CARD EXTAGEを申し込みした際にメールで届くものです。

これがなければ状況確認ができなくなってしまいます。誤ってメールを削除してしまうことがないように、慎重に情報は取り扱うようにしましょう。

失くしてしまうと再発行ができませんので、審査結果が出るまで待つしかなくなってしまいます。

JCB CARD EXTAGEのコールセンターで確認する

JCB CARD EXTAGEのコールセンターに連絡をすることでも確認が可能です。

コールセンターへの問い合わせは以下の番号を利用します。

  • 0120-015-870(営業時間 9:00〜17:00)

コールセンターは営業時間が短いことが特徴です。

この時間内に連絡をしなければクレジットカードの審査状況は確認できません。どうしてもWEBから確認できない場合はやむを得ませんが、それ以外の場合にはWEBから確認しておくことをおすすめします。

JCB CARD EXTAGEの審査に時間がかかっている6つ原因

JCB CARD EXTAGEの審査にスムーズに通過できていると、申し込みをしてから翌日には審査結果が届きます。混雑していても2日以内には届くことが大半です。

この期間に審査結果が届かなかった場合の理由についてもご説明します。

①過去に金融事故を起こしたなど、信用情報に傷がある

過去に金融事故を起こしているなど、信用情報に傷があることで審査に時間がかかっている可能性があります。過去にクレジットカードの支払いが遅延していたりするとこれに該当します。

ただ、支払い遅延をするとすぐに金融事故に該当するわけではありません。長期的に支払いが遅延してしまったり、何回も支払い遅延することが問題視されるのです。

また、自己破産をしている場合も金融事故に該当します。JCB CARD EXTAGEに申し込みをする年齢で該当する人は居ないと思われますが、これも金融事故に該当することは理解しましょう。

家賃の滞納は審査落ちの原因にはならない

家賃は滞納しても審査落ちの原因とはなりません。理由は簡単で信用情報に記録されない情報であるからです。信用情報に記録される情報は内容が限られていて、家賃の滞納などは記録されないのです。

クレジットカードやローンに関するものに限られています。

信用情報には記録されないものの、家賃の滞納をしている人はクレジットカードの支払いにも注意が必要です。うっかりと支払い日に入金できていないなどの状況になりえます。

②入会キャンペーンなどで申し込みが殺到している

JCB CARD EXTAGEは時折入会キャンペーンを実施しています。このタイミングは申し込みが殺到しますので、そのことが原因で審査に時間がかかっている可能性があります。

キャンペーンのタイミングではどのようなクレジットカードでも申し込みが殺到します。クレジットカード会社もこれに対応できるように審査に人員を増やすなどの対策をしています。

ただ、どうしても申し込みが想定を上回ってしまうこともあるのです。その結果、審査に時間を要してしまいます。

このタイミングに申し込みをしたのかどうかは自分でも判断しやすいでしょう。キャンペーン中の申し込みは通常よりも余裕を持って待つべきです。

③年齢が高いのにクレジットカード利用歴がない

年齢が高いにもかかわらず他社でのクレジットカード利用履歴などがなければ、クレジットカード変更して問題なく利用できるかの判断にかけてしまいます。

クレジットカード会社は支払いができない人にはクレジットカードを発行できないのです。

実際には支払いができるかもしれませんが、判断材料が乏しいことで審査に落としてしまうことがあるのです。

信用情報がないと審査側が懸念するもう1つの可能性

信用情報がなければクレジットカード会社は自己破産の可能性も警戒します。

自己破産をすると信用情報がまっさらになるのです。ただ、JCB CARD EXTAGEを申し込みする年代では自己破産をしていることもほぼ無いはずです。

特段気にする必要はないでしょう。

④申し込み時にキャシング枠を申し込んだ

申込時にキャッシング枠を申し込みしたことで審査に時間がかかっている可能性もあります。

どこのクレジットカード会社であっても、キャッシング枠に申し込みをすると審査に時間がかかってしまいます。

キャッシング枠はショッピング枠とは異なった審査が実施されています。つまりショッピング枠とキャッシング枠で2種類の審査が実施されるのです。

審査の内容が増えてしまうことによって審査に時間が必要となります。また、キャッシングはショッピングよりも慎重に審査されるものです。

そのことも相まって、キャッシング枠を申し込みすると審査に時間がかかる可能性があるのです。

⑤申し込み時に記入漏れや不備があった

申込時に記入漏れや不備があることでJCB CARD EXTAGEの審査に時間がかかっていることも考えられます。間違いがあると正しく審査ができなくなってしまいますので、事実確認などをするために余計な時間がかかってしまうのです。

最近はWebからの申し込みが大半となっているでしょう。この場合には記入漏れについてはシステムで指摘されます。そのため、記入漏れがあるまま申込みができなくなっています。

しかし、入力間違いなどはシステムだけでは判断できない部分です。自分で間違いが無いか念入りに確認してから申込みをしましょう。

⑥短期間に複数枚のクレジットカードを申し込んだ

短期間に複数のクレジットカードに申し込みをしたことが原因である可能性もあります。例えばJCB CARD EXTAGEの他にも三井住友VISAデビュープラスカードや楽天カードなどにも申し込みをするのです。

短期間に複数枚のクレジットカードに申し込みをすると、クレジットカード会社は「お金に困っている人ではないか」と判断してしまいます。そのことが理由となり審査に時間がかかってしまうのです。

クレジットカードの申し込み状況など分からないだろうと考える人もいるはずです。

しかし、信用情報にクレジットカードの申し込み履歴は記録されています。短期間に複数枚のクレジットカードに申し込みをしていることは簡単にわかってしまうのです。

審査時間を短くする方法とは

審査時間を短くするには信用力を高めることが重要です。これを意識することでJCB CARD EXTAGEの審査を短くできる可能性があります。

信用力を高める方法はいくつもあります。例えば若者であれば収入が安定する企業に就職することが挙げられます。また、クレヒスを積み上げていくことも考えられます。

何かしらの方法で信用力を高めることで、JCB CARD EXTAGEの審査時間を短くできるのです。

営業時間内に申し込みで審査時間を短くしよう

営業時間内に申し込みをすることでJCB CARD EXTAGEの審査時間を短くできる可能性があります。JCBも24時間体制で審査に対応しているわけではありません。

そのため営業時間外に申し込みをしてもすぐに審査を進めてもらうことは不可能で待ち時間が発生します。

申し込みはWebからできますので24時間体制です。自分の都合が良い時間に申し込みをすると良いでしょう。ただ、審査は24時間ではありませんのでこの点を勘違いしないようにだけしなければなりません。

即日発行したいならセゾンカードに申し込みもおすすめ!

クレジットカードを即日発行したいのであれば、JCB CARD EXTAGEではなくセゾンカードもおすすめです。Webから申し込みをして審査に通過すれば、最短即日でセゾンカウンターでの受け取りが可能です。

クレジットカードの中でも短時間で受け取れることが魅力的なものです。

セゾンカード以外にもセゾンパール・アメックスも選択肢として考えられます。

こちらはセゾンカードよりも特典が充実しているものです。JCB CARD EXTAGEを発行する年代である25歳以下であれば年会費も無料です。

審査時間が長いから審査落ちしているわけではない

JCB CARD EXTAGEに審査に時間がかかると審査に落ちていると心配になってしまうことがあるでしょう。

ただ、審査に時間がかかってしまうことには理由があります。正当な理由で審査に時間を要していることもあるのです。

早ければ審査は1営業日で完了します。ただ、キャッシングを申し込みしている場合など一週間程度が必要となることもあります。審査に時間がかかっていても、諦めずに待つようにしてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました