MUFGカード・イニシャルのメリット・デメリット!ETCカード・年会費・手数料・ポイント徹底比較

イニシャルカード ETC MUFGニコス

あまり審査基準が厳しくない流通系のカードは、トレンドに敏感な若者たちに広く受け入れられてきました。

しかし、進学や就職を機に、信頼性のある銀行系のカードを求めるユーザーは多いでしょう。

「敷居が高いカードには手を出せない…。」「できればクレジットカード初心者でも安心して利用できるものが欲しい…。」

そんな見込み顧客の期待に応えてくれるのが、三菱UFJニコスから発行されているMUFGカード「イニシャル」です。

MUFGカード・イニシャルの基本スペック

年会費 在学中は無料社会人は条件付きで無料
申しこみ資格 18~29歳(高校生を除く)
利用可能枠 学生…10万円

社会人…100万円(リボ払い、分割払いとも)

通常ポイント還元率 0.5%
ETCカード年会費 無料発行手数料1000円(税別)
海外旅行傷害保険 最大補償額2000万円
ショッピング保険 年間限度額100万円
カード発行 VISA・マスターカードは最短翌営業日

JCBは最短2営業日

更新期間 5年

MUFGカード・イニシャルのメリット

  • 在学中は年会費が無料
  • 特有のポイント加算システム
  • 充実、安心の自動付帯保険
  • 入会から5年後の切り替え時に自動アップグレード

在学中は年会費が無料

MUFGカード・イニシャルに申しこめるのは、18歳から29歳までの学生と社会人です。

在学中(高校生を除く)であれば年会費は無料。

社会人であれば、初年度こそ無料になりますが、次年度からは1250円かかります。

ただし、前年度のショッピングの利用額の合計が20万円以上で、WEB明細チェックに登録していれば、家族会員を含めて無料です。

家族会員の年会費は?

家族会員になれるのは、本会員の配偶者、親、18歳以上の子供(高校生を除く)です。

前年度のショッピングの利用額の合計が20万円以上、WEB明細の申し込みなら年会費は無料です。

上記の条件を満たさない場合は、1名につき400円(税別)の年会費が必要となります。

特有のポイント加算システム

カード利用金額に応じて「グローバルポイント」が加算されます。

そのさいに「グローバルPLUS」というシステムが自動適用されるため、月間利用額の範囲内で基本ポイントの10%分か20%分が加算されます。

しかも、「POINT名人.com」を経由してネットショッピングすることで通常の2~25倍のポイントが与えられます。

また、イニシャルカード限定のサービスとして「POINT名人マイセレクト」が設けられており、「POINT名人.com」内のショップを特別登録して買い物すれば、さらに優遇されたポイントが加算されることになります。

充実、安心の自動付帯保険

海外旅行傷害保険とショッピング保険が自動付帯されます。

海外旅行傷害保険は、旅行中の事故はもちろん、病気や怪我の治療費、携行品の破損や盗難などの損害を補償してくれます。

ショッピング保険は、破損や盗難といった被害を購入日から90日間補償してくれます。ただし、カードで購入された品物に限られます。

さらに、カードが盗難された、紛失した、偽造された、不正利用された、といった場合の補償制度も用意されています。

入会から5年後の切り替え時に自動アップグレード

イニシャルカードの有効期限である5年を経過すれば、初回更新時に、格上の「MUFGカードゴールド」へ切り替わることになります。

初めてクレジットカードを手にした大学生や専門学校生、就職を機に流通系のカードから銀行系のカードへ切り替えたフレッシュマンなど、クレジットカードの利用に慣れたうえで、いずれはゴールドクラスのカードを持ちたいと思っていたユーザーであれば嬉しいシステムです。

MUFGカード・イニシャルのデメリット

  • 通常還元率の低さ
  • 「PLUS10」と「PLUS20」に上がるのが難しい
  • 補償額の落差
  • ショッピング保険の適用範囲
  • ゴールドへの切り替え後も還元率0.5%

通常還元率の低さ

通常のポイント還元率は0.5 %と低いです。

学生が入会できるクレジットカードはほかにもありますし、通常のポイント還元率がイニシャルカードより高いものは発行されています。

同じ銀行系のカードで1.0%を超えているものもあります。

「PLUS10」と「PLUS20」に上がるのが難しい

グローバルPLUSでは、月間利用額だけでなく、年間利用額のレベルに応じたポイント加算も用意されます。

つまり、翌年の獲得ポイントが優遇されるシステムです。

月間利用額の場合と同じように「PLUS10」と「PLUS20」の2ステージがあり、基本ポイントの10%と20%が加算されます。

イニシャルカードは、学生などのクレジットカード初心者でも利用できる、というコンセプトでつくられたものですが、このケースでは「PLUS10」で50万円以上100万円未満、「PLUS20」で100万円以上の年間利用額が必要になります。

補償額の落差

海外旅行傷害保険は、年間のショッピング利用額の合計に応じて補償額が変わります。

初年度は一律に2000万円の補償が用意されるものの、2年目以降は20万円を境にして補償額に落差が出ます。

利用金額が20万円以上であれば、初年度と変わらず2000万円の補償が得られますが、20万円未満なら100万円までしか補償されません。

ショッピング保険の適用範囲

海外で商品を購入したときは、支払い方法を問わず、補償の適用対象とされます。

しかし、国内で商品を購入したときは、支払い方法をリボ払いか分割払いに指定した場合に限り適用対象となります。

一括払いを選択した場合は適用されません。ただし、登録型リボ「楽Pay」に登録しているカードを使用すれば、支払い方法を問わずに適用対象となります。

ゴールドへの切り替え後も還元率0.5%

5年後の初回更新時には、「MUFGカードゴールド」への自動切り替えがおこなわれます。

しかし、グローバルポイントを大幅に加算してくれる「POINT名人マイセレクト」はイニシャルカード限定のサービスであり、ゴールドカードでは利用できなくなります。

格上のカードではありますが、通常のポイント還元率は0.5%ほど。さらに、初年度こそ年会費は無料ですが、2年目からは2000円がかかります。

MUFGカード・イニシャルのポイント制度

  • 1000円ごとに1ポイント貯まる
  • 入会後3ヶ月間はポイント3倍
  • ポイントと商品を交換
  • 提携先のサービスにポイントを移行
  • ポイントの有効期限

1000円ごとに1ポイント貯まる

1ヶ月のショッピング総額において1000円ごとに1ポイント付与されます。

ただし、月額で1000円未満は切り捨てになり、MUFGカードを複数枚所有していても、付与はカード単位になるので注意が必要です。

入会後3ヶ月間はポイントが3倍

入会後3ヶ月間は、国内外どちらで利用してもポイントが3倍加算され、還元率は0.5%から1.5%にアップします。

進学や就職といった新生活をはじめるユーザーは、ひとり暮らしをはじめたり、新しい家具や電化製品を購入したり、と何かと出費が多くなります。

イニシャルカードを手にしてからの3ヶ月間がちょうど物入りの時期に重なるのであれば、通常よりも便利に使用できます。

また、4ヶ月目からも海外利用については2倍のポイントが加算されるため、還元率は1.0%になります。海外に出かけるユーザーには利便性の高さが維持されます。

ポイントと商品を交換

交換受付期間は毎年4月1日から翌年3月31日です

。郵送の場合は当日消印有効になります。ポイントで交換できる商品はWEB商品カタログで確認でき、ポイント数はもちろん、カテゴリ別でも選べます。

商品を交換した場合は、有効期限内のポイントで、なおかつ獲得月の古いポイントから減らされていきます。

提携先のサービスにポイントを移行

たとえば三菱UFJニコスギフトカード25000円分と交換するには5050ポイントが必要です。

そのほか様々なギフト券やカードと交換が可能となります。

ただし、相手ポイントによってグローバルポイントの価値が変わるため、利用するさいは注意が必要です。

ビックカメラやベルメゾンでは1グローバルポイントが5円であり、楽天スーパーポイントやTポイントなどに移行する場合は4円になります。

さらにJALとはマイル交換できますが、ANAとは交換不可となっています。

ポイントの有効期限

有効期限はポイントを獲得した月から24ヶ月間であり、期限を過ぎれば自動失効されてしまいます。

たとえば、8月請求分で獲得できたポイントは、2年後の8月15日まで有効です。

MUFGカード・イニシャルはETCカードを無料で発行できる?

年会費は無料ですが、発行手数料が1000円(税別)かかります。

ETCカードを申し込むにはMUFGカードが必要となります。

MUFGカードを持っていない場合は、MUFGカードの申し込みと一緒にETCカードを申し込むことができます。

ETCカードの申し込み方法

MUFGカードを持っているのであれば、WEBサービスかETCカード申込書を利用して申し込むことができます。

MUFGカードWEBサービスを利用するさい、会員登録を済ませていない場合は、新規にID登録しましょう。

  1. 登録後、ログインし
  2. WEBサービスメニューから「WEBサービストップ」をクリック
  3. 「追加カードお申し込み」から「ETCカードお申込み」を選択

なお、家族会員は「申込書の請求」により申し込むことができます。

MUFGカード・イニシャルはどんな人におすすめ?

  • 進学や就職を機に新生活をスタートする人
  • ネットショッピングを多用する人
  • 海外旅行によく行く人
  • 地道にポイントをためたい人

進学や就職を機に新生活をスタートする人

社会人であれば「安定した収入」という条件が申し込み資格に入りますが、学生ならアルバイトや仕送りに頼っていたとしても申し込むことができます。

在学中は年会費が無料で、5年後の更新時には自動でゴールドカードに切り替わる。とくに新生活をスタートさせるときはいろいろと必要なものが増えます。

入会後3ヶ月はポイントが3倍になりますから、買い物を済ませながらポイントを増やせるチャンスです。

社会人1年目はさほど収入がありません。学生時代にイニシャルカードをつくっておけば、就職してからカード選びに悩むということもなくなります。

ネットショッピングを多用する人

MUFGカード会員専用のインターネットショッピングサイトであるPOINT名人.comを利用すれば、2~25倍のポイントが通常ポイントとは別に加算されます。

POINT名人.comを通じて「楽天市場」や「ヤフー!ショッピング」で買い物をするだけです。

さらに、POINT名人.comに出店しているWEBショップのなかから、自分でお気に入りの店をセレクトし登録もできます。

あとはそのショップで買い物をするだけでPOINT名人.comを利用するときよりも優遇されたポイントが加算されます。

POINT名人マイセレクトというシステムで、イニシャルカード限定のサービスです。

海外旅行によく行く人

入会後3ヶ月間は、国内・海外の利用を問わず、ポイントが3倍加算されますし、4ヶ月目以降も海外での利用は2倍のポイントが加算されます。

また、国内旅行では傷害保険が適用されませんが、海外旅行は適用対象になります。

最高補償額が2000万円で、2年目以降は20万円以上の利用で最高額が維持されることになります。

さらにショッピング保険が付帯され、カードの盗難や紛失といったトラブルにも対応する補償制度が整っています。

地道にポイントをためたい人

ポイント還元率は高くありませんが、利用額に応じてグローバルポイントはたまっていきます。

ポイントの有効期限は2年間。

1000円につき1ポイントが付与され、200ポイントから商品、ギフトカード、商品券などと交換することができます。

さらに、ほかのポイントに移行することも可能です。それぞれに交換レートがあるため、グローバルポイントの価値も左右されます

MUFGカード・イニシャルポイント還元率を他社と比較

カード名 年会費 ポイント還元率 ポイント有効期限
イニシャルカード 在学中…無料

社会人…条件付きで無料

0.5%~1.5%

(1000円の利用で1ポイント付与)

2年間
三井住友VISAデビュープラスカード 初年度無料 1.0%~2.5%

(1000円の利用で2ポイント付与)

2年間
セゾンカード・インターナショナル 無料 0.5%

(1000円の利用で1ポイント付与)

無期限
JCBカードEXTAGE 無料 0.5%~0.75%

(1000円の利用で1~3ポイント付与)

2年間
ヤフーカード 無料 1.0%~3.0%

(100円の利用で1ポイント付与)

実質無期限

(最終のポイント利用・加算から12ヶ月)

楽天カード 無料 1.0%~3.0%

(100円の利用で1ポイント付与)

実質無期限

(年に1回でもカードを使用すれば12ヶ月延長

MUFGカード・イニシャルが届くタイミングは?

申し込み手続きには「オンライン」と「郵送」の2種類があり、指示通りに手続きを進めると、登録したメールアドレスに「審査終了のお知らせ」が届きます。

  • オンライン申し込み…VISA・マスターカードは最短翌営業日
  • オンライン申し込み…JCB 最短2営業日
  • 郵送申し込み…必要書類の返送後1~2週間

営業日は土、日、祝日および12月30日から1月30日を除いた月曜日から金曜日です。

実際にカードが届くまでにはさらに時間が必要となり、申し込みからカードが到着するまで1週間程度はかかります。

審査状況によって、手続きに時間がかかる場合があるので、早めに申し込みましょう。

MUFGカード・イニシャルの引き落とし日はいつ?

利用代金は、毎月15日に締め切られ、翌月10日に指定の金融機関口座から自動引き落としされます。(金融機関の休業日の場合は翌営業日になります)

ただし、指定した金融機関により、支払日が6日になる場合があるので注意しなければなりません。

支払日前に送られてくる利用明細書、MUFGカードWEBサービスの利用明細を確認し、支払口座の残高を確認する必要があります。

MUFGカード・イニシャルを実際に利用した人たちの口コミ

 

10代
専門学生

地方から上京して、念願のひとり暮らしをはじめました。

学生でも発行してもらえるカードだし、在学中は年会費もかからないらしいので、迷わず申し込もうと思いました。

 

もちろん、両親の了解は必要でしたけどね。でも「このカードなら」って許してくれました。

 

なんといっても驚かされたのは、入会後3ヶ月以内に使えばポイントが3倍だってこと。

このさい、と思って必要なものをまとめて買いましたよ。いまはバイト代が入ればネットで買って、コツコツためてます。

 

ビックカメラの交換レートが高いので、暇があると店に寄るようになりました。スマホ世代としては、ApplePayが使えるのもいいです。

 

年代20代
大学生

4大生です。カードは結構使いますよ。

イニシャルカードを持つまえは、審査基準があまいカードばっかり財布に入れてましたけどね。

 

進学して、周りを見て、銀行系のカードを持ってる子が多いことに気づいたんです。確かにゴールドには憧れてましたけど、大学生の身分で持つのはまだ早いでしょ。

 

かといって、社会人になればランクアップしたカードを持ちたくなる気もする。その点、イニシャルカードはおススメですよ。

卒業したあとのことまで気にしなくていいんだから。卒業して1年もすれば更新時期が来て、自動的にゴールドに切り替わるらしいし。

 

手間がかからなくて楽。それが一番気に入ってるところかな。大学生活でクレジットカードには慣れたことだし、いまからゴールドを使うのが楽しみですね。

 

20代
会社員

就職して数年経って、すっかり趣味が旅行になりました。

休日返上で勉強してる語学の成果を試そうと、半年に一度、海外へ行くんです。20万円以上の利用で補償額が2000万円もつくから安心だし、最大限度額が100万円というショッピング保険も魅力です。

 

あまりトラブルには巻きこまれませんが、いままでに一度だけカードを紛失したことがあります。

 

あのときはさすがにパニックになってしまいました…笑

 

でも、そっち方面の補償も万全で、なんとか無事でした。

まだ独身。時間とおカネに余裕があるうちに、今後も見聞を広めようと思ってます。

タイトルとURLをコピーしました