イニシャルカードの審査難易度は低め!若者がカードを使うメリットは?

イニシャルカードの審査難易度は低め!若者がカードを使うメリットは? MUFGニコス

MUFGカードは様々なクレジットカード発行しています。その中に若者向けのクレジットカードであるイニシャルカードと呼ばれるものが含まれています。

こちらのイニシャルカードはクレジットカードの中でも若者向けの特典が多く付帯されているものです。

しかも審査基準が低めとなっていますので発行しやすいクレジットカードでもあります。

審査基準も含めて若者がイニシャルカードを利用するメリットについてご説明します。

イニシャルカードの審査難易度が低い理由

MUFGカードが発行しているクレジットカードの中でも、イニシャルカードは審査の甘いものに分類されます。

数多くのクレジットカードが発行されている中で、なぜ審査の甘いものに分類されているのでしょうか。その理由について以下ではご説明をしていきます。

若者を優先的に審査に通したい

わかりやすいものは若者を優先的に審査に通過させたいというものです。

人生の中で若いうちに発行したクレジットカードは、その後に発行するクレジットカードにも長く使う傾向があると言われています。

そのためクレジットカード会社は、若者に早い段階でクレジットカードを発行してもらうことを目指しています。

クレジットカード会社は発行したクレジットカード利用してもらうことで利益を上げています。発行したクレジットカード長く利用してもらえるのであれば、それだけ利益を上げられる可能性も高まります。

そのような背景がありますので、クレジットカードは若者へ積極的にクレジットカードを発行しています。そのことから比較的審査は甘くなっています。

イニシャルカードの審査時間は?

イニシャルカードを発行する時にはどの程度の審査期間が必要となるのでしょうか。

審査期間は申し込みをするタイミングにも左右されるものですが、ここでは一般的な期間についてご紹介をします。

イニシャルカードは最短即日発行

イニシャルカードは最短で即日審査が完了して発行手続きも完了するものです。クレジットカードの発行には時間が必要となるものも多いのですが、イニシャルカードであればスムーズな発行が期待できます。

最近は審査が即日完了するクレジットカードも増えているものの、発行まで即日完了するものは限られています。クレジットカードの発行には様々な手続きが必要ですので、どこのクレジットカード会社を利用しても一般的には時間が必要となります。

しかし、イニシャルカードであればMUFGカードの企業努力によって最短即日発行が可能です。ただ、イニシャルカードは郵送で受け取りをするクレジットカードです。

郵送の時間を考慮しなければなりませんので、りさにクレジットカードが手元に届くのは早くても数日後であると考えておきましょう。

イニシャルカードの審査に通りやすくなるコツ

イニシャルカードの審査に通過したいのであれば、審査に通過するためのコツを理解しておくことが重要です。
以下ではイニシャルカードの審査に通過するために理解しておきたいコツをご説明します。

クレジットカード支払いの延滞・遅延をしない

イニシャルカードを含めてクレジットカードの審査に通過したいのであれば、その他のクレジットカードで支払いの遅延や延滞をしないことが重要です。

クレジットカードはクレジットカード会社との信頼によって発行されるものですので、支払い遅延など信用力を下げるような行為は審査に落ちてしまう原因となりかねません。

クレジットカードの支払い状況は信用情報と呼ばれるものに記録されています。信用情報は信用情報機関と呼ばれる会社が管理してるものであり、全てのクレジットカードやローンなどの支払い状況が記録されています。そして、クレジットカード会社は審査の際にこちらの情報を参照する仕組みをとっています。

クレジットカード会社が参照した情報に支払遅延などが存在している場合、クレジットカード会社はリスクのある人ではないかと判断してしまいます。

つまり、クレジットカードを発行しても同じ行に支払い遅延をする可能性があると警戒してしまうのです。

このようにクレジットカード会社から警戒をされてしまうと、クレジットカードの審査に通過しにくくなることは言うまでもありません。イニシャルカードをスムーズに発行するためにも、他のクレジットカードなどを持っている場合は、支払いの遅延や延滞を引き起こさないことが重要です。

同時に複数のカードに申し込まない

同時にクレジットカードを申し込みしないこともコツです。例えばイニシャルカードと他の会社が発行する若者向けクレジットカードに同時に申し込みをするようなことです。

クレジットカードの申し込み履歴も信用情報に記録されています。クレジットカード会社は審査の時に信用情報を参照しますので、クレジットカードの申し込み履歴についても必ず確認できるようになっています。

この時に複数のクレジットカードに同時に申し込みをしていると、クレジットカード会社の審査において悪印象を与えてしまいます。その理由は様々ではありますが、例えばクレジットカードの種類にこだわっていない人との印象を与えてしまいます。

多くのクレジットカードに申し込みをしているのであれば、どのようなクレジットカードでもとにかく発行した人であると考えられます。つまり自社のクレジットカードにこだわりがあるわけではないと判断されて審査に落とされてしまうのです。

その他にも多くのクレジットカードに申し込みをしている場合、クレジットカードがなければ生活が出来ない人であると判断されたこともあります。

このように判断されてしまうと支払い能力に不安を感じてしまいますので、クレジットカード会社はこれを警戒して審査落ちにする場合があります。

クレジットカードの同時申し込みは意外と意識されていない部分です。イニシャルカードを発行するためにも複数のクレジットカードに同時申し込みはしないようにしましょう。

イニシャルカードの審査結果の確認方法は?

イニシャルカードに申し込みをしたあとは、審査結果を確認しなければなりません。

審査確認する方法はウェブサイトの「審査結果照会」を利用します。こちらのサービスを利用することによって、簡単に審査結果を照会できます。

ただ、こちらのサービスを利用するためにはイニシャルカードの申込時に発行される受付番号が必要です。こちらがなければ確認作業ができません。

メールにて送付されてきますので、誤って消してしまうなどしないようにしましょう。

イニシャルカードのメリット・デメリット

イニシャルカードにはメリットもデメリットもあります。具体的にどのようなものがあるのかを以下ではご説明します。

自動的にゴールドカードにランクアップする

イニシャルカードを利用していると、更新時に若者向けのゴールドカードにランクアップします。

ゴールドカードは本来審査の厳しいものです。若者向けのゴールドカードであっても、一般カードと比較すると入手の難易度は厳しくなっています。

しかし、イニシャルカードを利用していると自動的にゴールドカードが手に入ります。審査は存在しているものの、ほぼ自動的に手に入る点はメリットです。

初年度の年会費無料

年会費が必要なクレジットカードですが、初年度は年会費無料です。年会費無料で利用できますので、初年度は年会費を気にすること無く利用できます。

年会費が必要なクレジットカードは申込みにハードルを感じることもあります。しかし、イニシャルカードであればひとまず申し込みをしてみることが可能です。

ショッピング保険が最高100万円付帯している

若者向けのクレジットカードで気軽に利用できるものですが、ショッピング保険が最高100万円まで付帯されています。

一般カードに分類されるクレジットカードの場合、全く保険が付帯されていないクレジットカードも多数存在しています。サービスを重視したクレジットカードでは無いため、保険が付帯されていないことはやむを得ないことでもあります。

しかし、イニシャルカードを利用しているとショッピング保険が手に入ります。この点は他のクレジットカードよりもメリットです。

ショッピング保険が付帯されていると、イニシャルカードで購入した商品が破損や盗難などのトラブルに遭ったときに補償を受けられます。いくつかの条件はありますが、高額な商品はイニシャルカードで購入しておくと安心です。

イニシャルカードを利用するごとにポイント還元率アップ

グローバルPLUSと呼ばれるサービスで、イニシャルカードを利用するごとにポイント還元率がアップします。毎月の利用金額に応じて、その月に獲得できるポイントがアップする制度です。アップする割合は以下の通りです。

  • 3万円以上10万円未満:20%
  • 10万円以上:50%

少々ハードルが高いと感じるかもしれませんが、意識して利用してみると良いでしょう。

イニシャルカードは年間20万円利用しないと年会費が有料に…

イニシャルカードは若者向けのクレジットカードであり年会費が無料に設定されていると考えるかもしれません。

しかし、実際には年間20万円以上の利用をしなければ年会費が有料になってしまいます。年間20万円といえば月間で17,000円弱ですので携帯電話の料金などを支払うのに利用すると良いでしょう。

この点を勘違いしていると、イニシャルカードを持っているだけで年会費が発生する無駄な事態が起きてしまいます。そのようなことは発生させないように注意して利用しなければなりません。

タイトルとURLをコピーしました