MUFGイニシャルカードは学生向け!学生がイニシャルカードを作るメリット・デメリットは?

MUFGイニシャルカードは学生向け!学生がイニシャルカードを作るメリット・デメリットは? MUFGニコス

MUFGカードが発行しているクレジットカードの一つにイニシャルカードがあります。

こちらのクレジットカードはイニシャルカードが発行しているクレジットカードの中でも学生向けのものです。

数あるクレジットカードの中でもイニシャルカードにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

学生がイニシャルカードを発行するメリットなどをご説明します。

イニシャルカードは若者限定カード!学生でも申し込み可能

イニシャルカードは MUFGカードが発行しているクレジットカードの中でも若者限定で発行できるものです。

学生専用カードとして発行されているクレジットカードではなく、学生を含めた若者向けに発行されているクレジットカードです。

若者向けのクレジットからということもあり、クレジットカードに付帯されている特典が全体的に優遇されていることが特徴です。

また、申し込み条件が優しく設定されていたり審査基準が正しく設定されている特徴もあります。とにかく若者がクレジットカードを発行しやすいように考えられています。

イニシャルカードの申し込み資格は18歳以上29歳以下

イニシャルカードの申し込み資格は18歳以上29歳以下です。

若者向けのクレジットカードと言われると定義があいまいだと感じるかもしれませんが、申込対象となっているこちらの年代が若者として定義されています。

29歳まで申し込みできるクレジットカードですので、イニシャルカードは若者向けクレジットカードの中でも比較的幅広い人に向けて提供されています。20代前半だけが若者として定義されているクレジットカードもありますが、イニシャルカードは20代が全て若者として定義されています。

若者向けクレジットカードとなっていますので、自分は申し込みの対象外だと考えてしまう人もいるようです。

しかし、イニシャルカードは20代全員が申し込みできるクレジットカードですので、気になる人はまず申し込みをするようにしておきましょう。

専門学生・大学院生も申し込みできる

年齢の制限さえクリアしていれば、専門学生や大学院生でも申し込みができるクレジットカードです。そのため学生であることを気にして申し込みを避ける必要はありません。

クレジットカードの中には学生には申し込みできないものも存在しています。そのようなクレジットカードの場合、学生が申し込みをしても門前払いを受けてしまいます。そもそも申し込みが受付されないような仕組みになっているものもあります。

そのようなクレジットカードが存在しているの事実ですが、イニシャルカードの場合にはそのような条件が存在しているわけではありません。

学生だから申し込みできないクレジットカードではなく、学生であるかどうかに関わらず申し込みができるクレジットカードですので心配することなく申し込みをしておきましょう。

イニシャルカードを学生が持つメリット

イニシャルカードを学生が発行するメリットはどこにあるのでしょうか。

いくつかのメリットがありますので以下で順番にご説明をしていきます。

銀行系のカードでステータスあり

イニシャルカードはMUFGカードが発行しています。MUFGカードは銀行系のクレジットカード会社であり、ステータスが高いことが特徴です。

クレジットカードを利用するのであれば、ステータスの高いクレジットカードを利用することが理想的です。

イニシャルカードを利用することで、若い年代からステータスの高いクレジットカードを利用できることがメリットです。

年会費無料のカード

基本的にイニシャルカードは年会費が必要なクレジットカードです。

しかし、在学中は年会費が無料になるメリットがあります。条件を満たさなくとも自動的に年会費が無料になる点はメリットです。

学生のうちはクレジットカードに年会費を支払いたくないことでしょう。イニシャルカードであれば年会費のことを気にせずにクレジットカードを利用できる点がメリットです。

5年後にゴールドカードになる

イニシャルカードは有効期限が5年間で発行されることが基本です。5年経過することでクレジットカードの更新タイミングとなります。

イニシャルカードを利用していると、5年後の更新タイミングで自動的にゴールドカードとなります。本来はゴールドカードといえば審査の厳しいものではありますが、イニシャルカードを利用していることで自動的にゴールドカードへとランクアップするのです。

クレジットカードの中でもゴールドカードへのランクアップが保証されているものは限られています。イニシャルカードを利用するからこそのメリットです。

入会3ヵ月はポイント3倍

入会後3ヶ月間はポイントが3倍です。クレジットカードに入会してイニシャルカードを利用するだけで多くのポイントを獲得できます。

基本的な還元率は0.4%ですので、入会後3ヶ月間は還元率が1.2%になります。期間限定ではありますが、還元率1.2%のクレジットカードはほとんど存在していません。

お得に支払いができることがメリットのクレジットカードとなります。

1ポイント4円でキャッシュバックできる

イニシャルカードの利用で貯めたポイントはキャッシュバックにも利用できます。最近はクレジットカードのポイントでキャッシュバックできるものも多く、イニシャルカードもその流れに沿ったクレジットカードです。

キャッシュバックに利用する場合には1ポイントを4円の価値で利用できます。キャッシュバックの用途にポイントを利用した場合でも、ポイントの価値があまり下がらないことがメリットです。

クレジットカードの中にはキャッシュバックに利用する場合、ポイントの価値が下がってしまうものがあります。

しかし、イニシャルカードであれば大きくポイントの価値を下げることなくキャッシュバックが利用できます。キャッシュバックにポイントを利用したい学生もお得なまま利用できる点がメリットです。

イニシャルカードを学生が持つデメリット

イニシャルカードを学生が持つデメリットもあります。具体的にどのようなデメリットがあるのかも以下ではご説明します。

ポイント還元率が0.4%

イニシャルカードはポイント還元率が0.4%のクレジットカードであることがデメリットです。

一般的にクレジットカードのポイント還元率は0.5%です。多くのクレジットカードでこの還元率が設定されています。そのことを踏まえると、イニシャルカードは相場の還元率よりも少し低い還元率のクレジットカードだと言えます。

還元率だけで見ると0.1%の違いではありますが、割合で見ると20%の違いです。大きな違いがある点が意外にもデメリットではあります。

カード利用でポイント還元率アップも可能

基本的には還元率が相場よりも低いクレジットカードです。そのことがデメリットでもあります

しかし、イニシャルカードでの月間支払金額によってポイント還元率がアップするグローバルPLUSと呼ばれるサービスがあります。このサービスを利用すると以下の通り毎月の獲得ポイントがアップします。

  • 月間の支払金額が3万円以上10万円未満:20%
  • 月間の支払金額が10万円以上:50%

学生には厳しい条件かもしれません。ただ、クリアできるのであれば多くのポイントを獲得できるクレジットカードです。

ハローキティのかわいいデザインに騙されないように注意

イニシャルカードにはハローキティのかわいいデザインが存在しています。このデザインに釣られて申し込みをする人も少なくありません。

ただ、イニシャルカードは還元率では注意が必要なクレジットカードです。他の学生向けクレジットカードを利用したときと比較すると、獲得できるポイントが少なくなってしまう可能性があります。

その点も含めて考える必要があり、デザインだけで選ばないように注意が必要です。

学生のイニシャルカード申し込み手順

学生がイニシャルカードに申し込みする場合どのように申し込みをすると良いのでしょうか。

申し込み手順について解説をします。

イニシャルカードの入会ページから申し込む

まずはイニシャルカードの入会ページにアクセスをします。インターネットで検索をすればすぐに入会ページは見つかります。

そのため、まずはGoogleなどで検索することから始めましょう。

公式サイトにアクセスをすると、イニシャルカードへの入会を案内するボタンが用意されています。そちらのボタンをクリックして、イニシャルカードの申し込みページへと進んでいきましょう。

必要項目を記入する

申し込みページでは必要項目に記入するだけです。

求められているとおりに情報を入力していきましょう。
ここで間違いがあると審査落ちの原因となってしまいます。

自分から原因を作ることが無いように、正しい情報を入力することを心がけてください。なお、入力時の注意点についてはのちほどご説明をします。

審査を受ける

全ての情報を入力すればあとは審査を受けるだけです。申し込みをするためのボタンを押すと、自動的に情報がクレジットカード会社に送られて審査が始まります。

審査の状況は、審査を受付したことを知らせるメールから確認が可能です。

こちらのメールをなくしてしまうと確認ができなくなりますので注意しなければなりません。

イニシャルカードを受け取る

無事に審査に通過すればイニシャルカードの受け取りができます。イニシャルカードは郵送で受け取りをするクレジットカードですので、郵送で届くのを待つようにしましょう。

なお、審査が完了すればすぐにクレジットカードが郵送されるわけではありません。審査が完了してから受け取りをするまでは数日必要となることを理解しておきましょう。

学生がイニシャルカードの審査を受ける際の注意点

学生がイニシャルカードの審査を受けるときには注意点もあります。

どのようなことに注意するべきであるのかを以下でご説明します。

職業欄は学生で申し込む

クレジットカードの職業欄は学生で申込みをしましょう。他にも選択肢が用意されていますが、学生を選択することで優遇された審査を受けられます。

クレジットカードの審査において学生は特殊な審査がされています。社会人が申し込みをするときと比較すると、審査に通過しやすくなっているのです。

そのため、職業欄は学生で申し込みするように注意をしましょう。

キャシング枠は0円で申し込む

クレジットカードでお金を借り入れるキャッシング機能があります。イニシャルカードはキャッシングに対応していますが学生は利用しないことをおすすめしています。

キャッシングを利用しないことを示すためには、キャッシング枠を0円で申し込みします。

学生でもキャッシングは申込みできますが、キャッシング枠は0円で申し込みしましょう。

リボ払いは絶対に利用しないにチェックを!

リボ払いを利用するための申込み欄も存在しています。

こちらは必ず利用しないにチェックをしましょう。
リボ払いは賢くりようできなければ大損をする可能性のある支払い方法です。

学生のうちは利用をおすすめできませんので、申し込みしないように注意しましょう。

年収は0円でもOK

学生がイニシャルカードに申し込みをする場合、年収は0円でもOKです。

社会人であれば年収0円ではクレジットカードの発行が不可能です。しかし、学生では独自の審査が実施されていますので、年収が0円でも審査に通過できる仕組みとなっています。

イニシャルカードより学生におすすめのクレジットカード

イニシャルカード以外にも学生におすすめのクレジットカードは存在しています。以下では皆さんにおすすめしたいクレジットカードを3種類ご紹介します。

JCB CARD W

JCB CARD WはJCBが発行する若者向けクレジットカードです。通常のJCB一般カードよりもポイント還元率が優遇されていて、しかも年会費無料で利用できます。

JCBが発行しているプロパーカードですので、クレジットカードの中でもステータスが高いものに分類されます。同じJCBブランドの提携カードよりも、優位なクレジットカードだと考えられるのです。

年会費無料で還元率1%が手に入りますので、イニシャルカードに代わっておすすめです。

楽天カード

クレジットカードの中でも特に人気が高いものが楽天カードです。この楽天カードは学生でも発行できるクレジットカードであり、学生におすすめのクレジットカードです。

年会費無料で発行できるクレジットカードで還元率は1%に設定されています。クレジットカードの還元率相場から考えると高いものであり、効率よくポイントを獲得できるクレジットカードとなっています。

また、楽天市場を利用する学生であれば最低でも3%の還元率で支払いが可能です。楽天Payなどとも併せて利用できますので、お得に支払いがしやすいクレジットカードです。

エポスカード

百貨店のマルイが発行しているクレジットカードですが、学生にもおすすめのクレジットカードです。

年会費無料で利用できてマルイでの支払いがお得なクレジットカードです。

ただ、それ以外にも海外旅行保険が無料で付帯されていたり、マルイ以外の提携店でもお得な割引が受けられるなどの特徴があります。提携先の居酒屋やカラオケなどでも割引が受けられますので、学生でもエポスカードを持っているだけでお得な恩恵を受けられます。

タイトルとURLをコピーしました