法人カードで審査落ち…審査落ちする理由と対処法とは

法人カードで審査落ち…審査落ちする理由と対処法とは 法人カード

法人カードで審査落ちしてしまったと、悩んでいる経営者は少なくないと言っても過言ではありません。審査落ちしてしまうのには、理由があるからです。

法人カードの審査落ちで悩んでいる個人事業主または法人に向けて、審査落ちの理由とその対処法について紹介していきます。

審査落ちの理由に対処すると法人カードの審査通過の可能性が高くなるので、法人カードに審査落ちしてしまった、または法人カードの申し込みを検討している経営者は必見です。

是非、この記事を参考に法人カードの取得を目指しましょう。

法人カードの審査に落ちた理由

カード会社に、法人カードの利用を申し込んだのだが審査落ちしてしまった、審査落ちにはちゃんとした理由があるからです。

考えられる理由は数多くあるのですが、3つの理由を絞ってまとめました。

  • 会社が赤字決済
  • 会社を設立して浅い
  • 会社代表者の信用度が低い

上記の3つの理由を次に挙げて、解説していきます。

会社が赤字決済

会社が赤字であること自体が審査落ちの大きな理由となります。カード会社の立場になって考えると、赤字決済が続いている会社に法人カードを発行したくないのが本音です。

なぜかというと、貸し倒れというリスクをカード会社が抱えていることにあります。

仮に赤字決済が続く会社に法人カードを発行したとしても、利用額を支払えるだけの返済能力をその会社は持ち合わせていません。

場合によっては、発行した法人カードを会社は利用しないままになってしまう場合があるのです。

積極的かつ適切に利用し、堅実的に支払いを行い、さらに黒字が続いている会社にこそ、カード会社は法人カードを発行したいのが本音であります。

会社を設立して浅い

会社を設立してまだ浅いという部分も審査基準のひとつになります。なぜかというと、わからないからです。

経営者に問題なくても、会社としての実績がまだないという部分をカード会社は不安を抱いています。

黒字に続くなら問題ないのですが、後から赤字に転落したというケースもよくあるのです。

わからない部分に手を出して、貸し倒れのリスクを背負うなら、この先どうなるかわからない会社に法人カードを発行しないのが堅実的であると、カード会社は判断しているでしょう。

設立して3年未満は審査落ちしやすい

会社が設立してから3年以上を経過していると、比較的審査が通りやすくなります。なぜかというと、3年以上続いたという実績があるからです。

もちろん、3年未満でも法人カードの審査を通過できる可能性はあり、実際に審査通過したというケースもあります。

もうひとつは、黒字決算が2期連続続いていることです。

いくら会社設立3年でも、赤字続きの会社であれば、カード会社はその会社に対する法人カードの発行を認めません。返済能力がないと判断されるからです。

3年未満でも、黒字決済が続いていれば、審査を通過できる可能性はあるでしょう。

会社代表者の信用度が低い

会社自体の信用度が高く、黒字決算が2期連続続いているので、法人カードの審査落ちはあり得ないと多くの人達は思っています。

しかし、実際に審査落ちしたケースがあるのです。なぜかと言いますと、会社代表者本人の信用度が低いことにあります。

法人カードの利用額の支払能力があるにも関わらず、支払おうとしないという代表者は悪質性が高いとして、カード会社は法人カードの発行を認めないのです。

支払能力があるのは大切なことですが、もっと大切なのは、信用度の高さにあることを覚えておきましょう。

代表者のクレヒスに傷があると審査落ちしやすい

代表者のクレヒスに傷があった場合、審査落ちする可能性があります。

延滞や滞納などを経験などの金融事故を起こしたとき、クレヒスやCICなどの信用情報機関に記録されるのです。

カード会社は法人カードの利用を代表者から申し込まれた場合、必ず代表者の信用情報を確認します。クレヒスに傷があり、延滞や滞納が確認された場合は、審査の通過をカード会社は認めないのです。

法人カードの審査に落ちたときの対処法

実際に、法人カードで審査落ちになったときにどういった対処を行えばいいのかと悩む人は多いと言えるのですが、落ちたときではなく、申し込む前に対処したほうが堅実的です。

その対処法は以下のとおりとなります。

  • 会社の固定電話を引く
  • 自社のホームページを作って信用をアピールする
  • 代表者は使わないカードを解約する
  • 申し込みは空欄がないようにする
  • 審査に通過しやすい法人カードに申し込む

上記に挙げて絞った5つの対処法を次に挙げて、解説していきます。

会社の固定電話を引く

個人事業主であれば、家庭用の固定電話と別回線で問題ありません。働いているのは個人事業主1人だけなのが基本だからです。しかし、会社の場合は違います。会社に固定電話を設置するならビジネスフォンが必須です。

ビジネスフォンとは、主装置(PBX)と専用の電話機を組み合わせた装置であります。専用の電話機は内線と外線の機能が搭載されており、主装置がその内線と外線の機能を制御することで、少ない回線で社内の電話機を全て共有できるのです。

主装置の設置費用は高いのですが、インターネットを利用したIP電話であれば、設置費用は格安で済みます。主装置はクラウド化されているので、主装置の本体設置は必要ありません。中小零細企業でも導入に対するハードルが低いのが、IP電話の魅力です。

個人事業主ではなく会社を経営しているので、会社の固定回線を引いてビジネスフォンを設置した後、法人カードの利用を申し込みましょう。

自社のホームページを作って信用をアピールする

自社のホームページを作る理由は主に、自社の存在をアピールすることにあります。

ホームページを開設することで、そのホームページに訪問してきたユーザーに対し、自分が経営する会社はどういった事業を行っているのか、どういった製品やサービスを扱っているのかなどをアピールできるのです。

自社のホームページを作ることで、法人カード審査通過の要因のひとつとなります。なぜかと言いますと、法人カードを発行するカード会社は、実在しない会社に対する法人カードの発行を行わないからです。

そのため、法人カードの利用を希望する経営者は、自社のホームページを作って会社の存在および高い透明性をアピールする必要があります。法人カード以前にユーザーを掻き集める方法のひとつでもあるので、特に理由がなければ自社ホームページを開設しましょう。

代表者は使わないカードを解約する

使わないカードを解約したほうが、法人カードの審査通過のポイントになります。

年会費がかからないクレジットカードを保管しても問題はないと思われがちですが、仮にそのクレジットカードを使わないまま保管してしまうと、様々な理由によって審査落ちになる恐れがあるのです。

様々な理由とは以下のとおりとなります。

  • お金に困っているという理由でカードを多く持っている
  • 発行したカードを使ってもらえないのではと不安をカード会社が抱いているから

複数のカードを持つ目的や理由は人によって様々ですが、その多くがカードに付帯されている優待サービスです。キャッシング枠を設けたいという理由でカードを発行する人は少なく、キャッシングするならカードローンなどで代用できます。

使わないカードはさっさと解約したほうが良いと言えるのですが、これは代表者に限らず、全ての人にも言えることでしょう。

申し込みは空欄がないようにする

申し込みに空欄があっても審査通過は可能ですが、なるべく空欄がないほうが理想的です。

ですが、虚偽記載はいけません。空欄を埋めようと虚偽記載する代表者は少なからず存在しますが、虚偽記載こそが審査落ちの原因になるので注意しましょう。

審査に通過しやすい法人カードに申し込む

審査が甘い法人カードは存在しませんが、会社設立3年未満でも審査に通過しやすい法人カードは存在します。その審査に通過しやすい法人カードは何なのかについては「審査に通りやすい法人カード」で解説していきますが、審査落ちの原因がないことが前提です。

本人確認書類のみで発行可能な法人カードも

実は審査に通過しやすい法人カードの中に、本人確認書類だけで発行が可能な法人カードも存在します。そういった法人カードは個人事業主や設立して間もない法人に向いているのです。

審査に通りやすい法人カード

審査に通りやすいと思われる法人カードは以下のとおりです。

  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
  • 三井住友ビジネスカード for Owners
  • ライフカードビジネスライト
  • オリコEx Gold for Biz

これらの法人カードは審査に通りやすいというより、個人事業主や中小零細企業に向いていると言っても過言ではありません。

そういった法人カードは、小さな店舗または会社を経営する代表者にとっては心強いです。

上記に挙げた法人カードを次に紹介し、その特徴を解説していきます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

  • 年会費:34,100円(税込)
  • 追加カード:13,200円(税込)

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードというゴールドカードの法人カードの年会費が高いというデメリットがあります。

しかし、相応の優待サービスを受けられるというメリットを持ち合わせているのが特徴です。

この法人カードに付帯されている海外保険の額が最高1億円で、海外出張が多い経営者に向いています。海外保険だけでなく、海外出張先での24時間日本語サポートなど、海外出張に関連したサービスを受けられるので、デメリット以上のメリットを得られるのです。

個人事業主・設立1年未満でもOK

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの特徴は、個人事業主が事業を始めてから、または会社を設立してから1年が経過しない状態でも問題ありません。

求められるのは、支払能力と経営者の信用度にあります。その2つをアピールできれば、審査落ちの原因がないかぎりは審査通過が期待できるでしょう。

三井住友ビジネスカード for Owners

  • 年会費:1,375円(税込)
  • 追加カード:440円(税込)

三井住友ビジネスカード for Ownersは個人事業主、または中小零細企業に向いている法人カードです。

年会費と追加カードの費用が格安であるのが特徴で、経済的負担は重くありません。

個人向けクレジットカードでも事業に利用できないわけではないのですが、そのカードを使うなら、年会費の安い法人カードの利用をおすすめします。今後の事業または会社経営において、重要不可欠になるからです。

審査に決算書が不要

三井住友ビジネスカード for Ownersの特徴は、審査に決算書が不要というところにあります。

法人カードの審査が厳しいところでは、決算書の提出が求められるのですが、この法人カードに決算書提出義務はありません。

決算書の提出に手間をかけたくないという経営者は、三井住友ビジネスカード for Ownersがおすすめです。

ライフカードビジネスライト

スタンダートカード

  • 年会費:無料
  • 追加カード:利用不可能

ゴールドカード

  • 年会費:2,200円(税込)
  • 追加カード:無料

ライフカードビジネスライトは、スタンダートカードとゴールドカードの2種類あります。

事業を始めて間もない個人事業主や、会社を設立して間もない会社の経営者にライフカードビジネスライトはおすすめです。

フリーランスで活動している人におすすめだと、ライフカードビジネスライトの公式サイトで公言しているので、フリーランスの人達でも法人カードは持てます。

スタンダートカードの場合だと、追加カードの発行は不可能です。発行を行っていないのが理由なので、従業員を抱えている経営者はスタンダートカードではなく、ゴールドカードの利用が適切であります。

審査に必要なのは本人確認書類のみ

ライフカードビジネスライトの特徴は、審査に必要なのは本人確認書類のみであることです。公式サイトを確認しますと、財務資料や決算書などの提出は不要となっています。

オリコEx Gold for Biz

  • 年会費:初年度無料で翌年以降は2,200円(税込)
  • 追加カード:無料
    ※追加カードはMタイプのみ

オリコEx Gold for Bizはゴールドカードに相当する法人カードで、年会費は格安です。SタイプとMタイプの2種類の法人カードがあるのですが、Sタイプは個人事業主、Mタイプは法人代表者向けとなっています。

ゴールドカードを格安で利用し、なおかつゴールドカードの付帯サービスを利用したい人は、オリコEx Gold for Bizがおすすめです。

キャッシング機能付き+個人事業主でもOK

オリコEx Gold for Bizの特徴は、個人事業主向けであるSタイプにキャッシング機能があることです。法人向けであるMタイプにキャッシング機能はありません。

Sタイプの法人カードは最高100万円までキャッシングできるので、急に資金が必要になったときは最寄りのATMなどで現金を引き下ろすことが可能となります。

タイトルとURLをコピーしました