ゴールドカードの審査に落ちた理由!審査基準と再申し込み時の対策を知ってゴールドカードを手にしよう

ゴールドカードの審査に落ちた理由!審査基準と再申し込み時の対策を知ってゴールドカードを手にしよう クレジットカード審査

ゴールドカードに申し込んで、楽しみにしていたのに審査落ちしてしまった…

憧れてきたカードの審査に落ちたらとてもショックですよね。しかもカード会社からと届く審査結果メールには審査落ちの原因はかかれていません。

でもゴールドカードを諦めたくないのですよね。そんな方は審査落ちの原因としっかり把握し、対策を練ることで審査通過を目指すことができます。

ここではゴールドカードの審査落ちの原因と審査に通るための対策を紹介していきます。

ゴールドカードの審査落ち原因

ゴールドカードの審査落ちの原因として考えられることは以下の通りです。

  • 申し込んだカードの審査基準を満たしていない
  • 過去のクレヒスに傷がある
  • 他社で借入がある
  • 一度に複数のクレジットカードに申し込んだ

審査落ち原因①申し込んだカードの審査基準を満たしていない

ゴールドカードの審査落ち理由の中で一番多いのが、申し込んだゴールドカードの審査基準に申し込み者の基準が十分でないケースです。

ゴールドカードの審査基準は一般のカードより基準が厳しいことが大前提です。年収や勤続年数などが一般カードより厳しく審査されるため、基準を満たしていないと審査落ちしてしまいます。

ゴールドカードの審査基準は下がってきているとは言え、無職の方やアルバイト・フリーターの方が審査通過が難しいと覚えておきましょう。

審査落ち原因②過去のクレヒスに傷がある

ゴールドカードに限らず、過去の信用情報に金融事故や長期延滞があるとクレジットカードの審査に通りつらくなってしまします。

ゴールドカードを申し込むと「個人信用情報機関」に申し込み内容が登録されます。個人信用情報機関には申し込み状況だけではなく、過去の支払い状況が詳しく明記されています。

長期延滞だけでなく、1日支払いが遅れただけでも記録が残ってしまいます。カード会社は審査のときに必ず個人信用情報機関をチェックします。その際にクレヒスに傷があると「カードの支払いを守らない人」「お金がなくてぎりぎりの生活をしているのかもしれない」と判断するため、審査落ちしやすくなってしまいます。

全くクレヒスに情報がないのも審査落ちの原因に

「クレジットカードをこれまでに使ったことはないから延滞もしていない」という方でも注意が必要です。

クレヒスがまったくない方のことを「スーパーホワイト」と言いますが、スーパーホワイトの方は反対に支払の実績がないので、審査落ちしてしまします。支払いの実績がないのでお金貸していいのか分からないとカード会社は不安なのです。

また、過去に自己破産を起こした方はクレヒスがまっさらになります。カード会社は申し込み者は本当にカードを申し込んだことがない人なのか、過去にブラックリスト入りしてクレヒスが消えたのか判断できないため審査落ちしてしまいます。

20代でスーパーホワイトの方はまだ審査通過の可能性はありますが、30代でクレヒスがないとブラックリスト入りを疑われます。

審査落ち原因③他社で借入がある

信用情報機関にはクレジットカードの情報だけではなく、キャッシングの状況、他社での借入状況も記録されています。

ゴールドカードは利用限度額が一般カードより高いため、カード会社も審査に慎重になります。他からお金を借りている人に新しくカードを発行するのはカード会社にとってリスキーです。

貸し倒れをもっとも恐れるため、他社の借入譲許うを確認してカードローンやキャッシングの利用があればゴールドカード審査落ちの原因になります。

審査落ち原因④一度に複数のクレジットカードに申し込んだ

ゴールドカードは審査が厳しそうだからといって複数枚のクレジットカードに申し込むと、これも審査落ちの原因になります。

個人信用情報機関には、申し込みの記録も残ります。1ヵ月に3枚以上、半年間で4枚以上など高頻度でカード申し込みすると、カード会社からの印象は良くありません。

「お金がない人なのか」「キャンペーン目的で申し込んだのではないか」と思われてしまうので、審査落ちしてしまいます。

主なゴールドカード審査落ちの原因を紹介しましたが、「当てはまらないなぁ…」と思った方はこちらもご覧ください。

ゴールドカードの審査で見られているポイント!審査基準は?

ゴールドカードの審査で見られるポイントは大まかに分けて以下の2つです。

  • 現在の支払い能力
  • 過去の支払い能力

ゴールドカードの審査でも見られる!クレジットカードの3C

ゴールドカードだけに限ったことではありませんが、現在の支払い能力としてクレジットカードでは「3C」と呼ばれる項目がチェックされます。

Capacity(支払い能力)

支払い能力とは、年収・勤務先・勤続年数など、申し込み者の現在の支払い能力のことです。

ゴールドカードは審査通過に300万円必要と言われていましたが、審査の甘いゴールドカードなら年収200万円でも通過ができます。

また、専業主婦の方は配偶者の返済能力が審査されます。

Character(性格)

Character(性格)とは「申し込み者が毎月きちんと支払ってくれる人かどうおか」の正確を指しています。

個人信用情報を確認して毎月決められた日に決められた金額を支払っているかが、その人の正確になります。

Capital(資産)

資産は持ち家の有無が関係しています。最終的にクレジットカードの料金が支払えなくなったときの担保になるものがあるか、という点で資産も多少審査に関係しています。

持ち家の方が有利ではあるのですが、「賃貸だから審査で不利になる」「賃貸が原因で審査落ちする」ことはありません。

クレジットカードの審査は現在の返済能力と過去の支払い状況でほぼ決まってしまうといっても過言ではありません。

一般カードからのランクアップの場合は審査基準が甘くなる

ゴールドカードの入手方法として、直接申し込みか一般カードからのランクアップの2種類があります。

一般カードからのランクアップの場合は審査基準を多少満たしていなくても、審査通過の場合があります。年収が基準に満たしていなくても、自社でこれまでに支払ってきた実績があるので、カード会社も多少多めにみてくれるのです。

カード会社からしても、これまでに自社のカードを使ってくれた人は大切なお客さんねんですね。

審査に自信がない方は、まず一般カードに申し込んでみるのも手です。

ゴールドカードが審査落ちしたときの対処法!再申し込みのポイントは?

  • 審査落ちしてすぐはNG!再申し込みは期間を開けよう
  • 一般カードでクレヒスをっ積む
  • 審査の甘いゴールドカードに申し込む
  • 他社からの借入・リボ払いは返済する

審査落ちしてすぐはNG!再申し込みは期間を開けよう

審査落ちすると、早くゴールドカードを手に入れたい、ついすぐクレジットカードを申し込んでしまいがちです。

しかし、属性は一緒のまま、また同じカードに申し込んでも審査落ちしてしまいますし、短期間に複数枚申し込むのは印象もよくありません。

クレジットカードは申し込むと個人信用情報機関に半年間記録が残ります。反対に言うと、半年たてば信用情報機関から情報が消えるので、審査落ちしていてもカード会社にその事実が分かることはありません。

審査に落ちてしまったからといってすぐに申し込むのではなく、半年間の期間を開けてゴールドカードを申し込むようにしましょう。

一般カードでクレヒスを積む

自分がゴールドカードの審査の審査基準を満たしていないな…という方はまず一般カードへの申し込みがおすすめです。

地道に感じるかもしれませんが、直接ゴールドカードを申し込むより審査の難易度はグッとさがります。審査基準である年収が少しぐらいたりていなくても、自社での利用実績が積めているので審査通過が可能になります。

三井住友VISAゴールドカードを目指している方は三井住友VISAクラシックカード、JCBゴールドを目指している方はJCB一般カードに申し込みましょう。

他社からの借入・リボ払いは返済する

他社からの借入やリボ払いが残っていると、カード会社はお金を立て替えるのを不安に思ってしまいます。借金が残っている人と、借入がない人だったら借金のない人にお金を貸したいと思いますよね。

借入が残っていると一般カードや、審査が甘いと言われているクレジットカードの審査にも通らなくなってしまいます。

再申し込みをする際は、他社からの借入・リボ払いはなくてして申し込みをしましょう。

審査の甘いゴールドカードに申し込む

ゴールドカードといっても審査難易度はピンきりです。銀行系カードの三井住友VISAゴールドカードのように申し込み資格が30歳以上で審査が厳しいゴールドカードもあれば、楽天ゴールドカードのように20歳以上から申し込めて専業主婦や学生でも持てるゴールドカードもあります。

憧れのゴールドカードがある方は、一般カードからのランクアップがおすすめですが、ブランドやステータス性にこだわりがない方は審査の甘いゴールドカードへの申し込みを検討してみてもいいでしょう。

審査が甘いゴールドカードといっても、特典内容が劣っているわけではありません。特にポイント還元率を重視する方には審査が甘い格安ゴールドカードがおすすめですよ。

ゴールドカードの審査落ち理由をしって再チャレンジしよう

ゴールドカードの審査落ちの理由を解説しました。

審査落ちの理由はカード会社は教えてくれませんが、やみくもに申し込んでもまた審査に落ちるだけです。審査落ちの原因を予想して対策を練りましょう。

対策して半年後に申し込めば憧れのゴールドカードを入手できる可能性は十分にあります。

タイトルとURLをコピーしました