ETCカードの利用履歴を確認する方法!何日前まで確認できる?

ETCカードの利用履歴を確認する方法 ETCカードお役立ち情報

ETCカードは高速道路の料金所をノンストップで通過できることに伴う渋滞緩和やETC割引の適用、ETCマイレージサービス登録による利用料金の還元など、自動車ユーザーにとっては非常に便利なカードだと言えます。

一方で、ETCはキャッシュレスで利用するため、利用履歴を確認していないと、請求金額が予想を大きく上回ることになる可能性があります。

そのため、ETCカードの利用履歴をこまめに確認しておくことは、ETCカードを利用する上で非常に重要なポイントです。

また、利用履歴を印刷することで交通費の請求を行うこともできます。

そこで今回は、ETCカードの利用履歴を確認する方法について解説します。

ETCカードの履歴を見たい人、覚えていない利用履歴があって気になる人、履歴を遡って領収書など発行したい人などはぜひ参考にしてみてください。

ETCカードの利用履歴を確認する3つの方法

ETCカードの利用履歴を確認するには、大きく分けて以下の3つの方法があります。

  • 月に一回の明細を確認する
  • WEB・アプリを利用する
  • ETC利用照会サービスでPDF・CSVファイルをダウンロードする

まずはこの3つの方法についてそれぞれ解説していきます。

月に一回の明細を確認する

ETCカードの利用料金に関しては、月に一回利用明細が発行されるため、それを確認することで利用履歴の確認が可能です。

カード会社にもよりますが、一般的に利用明細は紙のほかに各カード会社専用のWebサービスで確認できるようになっています。

また、Web上の明細は印刷も可能です。

ただし、注意点もあります。

ETCカードの中でも、クレジットカードの付帯サービスとして発行するカードの場合、利用明細に記載されている金額は、クレジットカードの利用料金と合算されたものとなっていて、ETC単体での確認はできないケースが多くなっています。

WEB・アプリを利用する

ETCの利用履歴はWebサービスの他にも、アプリ経由で確認することができます。

これは、ETCカードの情報や後述するETC利用照会サービスの情報を紐づけて、利用履歴を確認するというものです。

アプリということもあって、スマートフォンがあればいつでもどこでも利用履歴を確認できるのが特徴です。

また、印刷も対応しているものもあるので、事務手続きなどに利用することもできます。

ETC利用照会サービスでPDF・CSVファイルをダウンロードする

ETC利用照会サービスとは、高速道路会社が提供しているETCの利用状況などが確認できるインターネットサービスです。

ETCの利用料金はもちろん、ETCを利用した時間や区間、利用証明書の発行などETCの利用状況が詳しくわかるのが特徴です。

先ほど紹介したクレジットカード会社が発行する明細では、料金などは詳しく把握することができないため、詳しい利用履歴を知りたい場合は、ETC利用紹介サービスに登録することをおすすめします。

なお、登録および利用にあたっては特に費用などは発生しません。

このETC利用紹介サービスではWeb上で利用明細を確認することができる他、PDFやCSV形式でファイルをダウンロードすることもできるので、これを印刷して事務手続き用の資料とすることができます。

なお、ETC利用照会サービスへの加入は任意となっているため、ETCカードを作ったからといって加入する必要はありませんし、逆に途中からでも加入することはできます。

家族のETCカード利用履歴も見れる?

ETCカード利用者の中には家族の利用履歴も確認したいという人もいるかもしれません。

家族の利用履歴に関しては、例えばクレジットカードの家族カードでETCカードを作っている場合なら家族カードのETCカードの請求先は本会員となるため、家族でも履歴を確認することができます。

ただし、先ほども触れているように、クレジットカード付帯のETCカードの利用明細はクレジットカードの利用料金と合算されている他、本会員がETCカードを持っていればその利用料金とも合算されているため単体での料金を把握するのは難しいと言えます。

また、同様に紙の利用明細を発行している場合でも単体での料金は把握しにくくなります。

一方で、家族がETC利用照会サービスに登録していて、家族のIDとパスワードを把握していれば詳しい利用履歴を確認することができます。

ちなみに、家族間であっても1枚のETCカードを貸し借りすることはできません。

ETCカードの利用規約にも記載されていますが、ETCカード1枚に対して利用できるのは1人のみとなっています。

そのため、家族の利用履歴がバラバラになるのが面倒だから1枚のETCカードを共有するということは絶対にしないようにしてください。

ETCカードの利用履歴はいつまで残っているか?

ETCカードの利用履歴を確認する際、時には過去の利用履歴を調べることもあるかもしれません。

続いては、ETCカードの利用履歴はいつのものまで残っているのか紹介します。

ETCカード利用照会サービスに登録すれば過去15か月間の明細が確認可能

まず、ETC利用照会サービスの場合、過去15ヶ月まで遡って履歴を確認することができます。

そのため、過去の利用履歴の資料を提出しなければいけないといった場合でも、15ヶ月までなら対応可能です。

ETCコーポレートカードでは過去62日間の明細が確認可能

ETCカードの中にはETCコーポレートカード と呼ばれるものもあります。

これは東日本、中日本、西日本高速道路株式会社が企業などの大口、多頻度での利用を想定して発行しているETCカードです。

このETCコーポレートカードについては、過去62日間まで遡っての利用証明書・利用明細の確認ができます。

一般の人にとってはあまり関係のないETCカードですが、企業の担当者の方は覚えておくと便利です。

レンタカーでもETCカードの利用履歴を確認する方法

ETCの利用履歴はレンタカーを利用した時でも確認することができます。

レンタカーだと確認できないイメージがあるかもしれませんが、ETCカード自体は複数の車で利用できるものなので、レンタカー利用時に自身のETCカードをレンタカーの車載器に挿入していれば確認可能です。

では、具体的にどのように確認していけばいいのでしょうか。

ETC利用照会サービスに登録する

先ほど紹介したETC利用照会サービスに、登録すれば車載器管理番号からETCカードの利用履歴を確認することができます。

レンタカーとなると、1日限りの利用となるケースもあるため、場合によっては車載器管理番号がわからないとい可能性もあります。

そういったときはレンタカーショップに問い合わせて、利用したレンタカーの車載器管理番号を聞くようにしてください。

本登録で車載機器管理番号や車両番号等を登録する

ETC利用紹介サービスでは、利用履歴を確認するために事前登録をすることで本人確認を行なっています。

事前登録には、「ETCカードの番号」、「登録するETCカードでETCを利用した利用年月日」、「ETCを利用した車の車載器管理番号」と「車両番号下4桁」の4つの情報が必要となります。

これらの情報を事前登録し、実際の走行情報と一致した場合のみ利用履歴にアクセス仕組みになっているため、実際にETCを利用して走行した本人以外の人が確認できないように対策が取られています。

まとめ

今回はETCカードの概要から利用履歴の確認方法まで解説してきました。

ETCカードの利用履歴を確認する方法は以下の通りです。

  • 月に一回の明細を確認する
  • WEB・アプリを利用する
  • ETC利用照会サービスでPDF・CSVファイルをダウンロードする

クレジットカード会社が発行する利用履歴ではETCカード単体の料金などは確認できないため、詳細情報が知りたい場合はETC利用照会サービスに登録することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました