高校生でも作成可能?未成年のETCカードをカードの作り方

未成年でもETCカードは作れる? ETCカードお役立ち情報

18歳になり、将来や趣味のために免許を取得した方も多いのではないでしょうか。

都会から少し離れた場所にお住まいの方は特に必須となってきますね。

また、これまで行きにくかった場所へも出向けるようになります。

利点だらけのETCカードですが、ここで気になってくるのは18歳以上であればETCカードは取得できるのか、というところです。

作りたいけど自分は作れる条件に当てはまっているのか、どうやって作るのか?という疑問を持っている貴方の為に、ETCカードについて徹底解説していきます!

ETCカードってなに?

そもそもETCカードとはどのようなものなのでしょうか。

ETCとは、「Electronic Toll Collection System」の頭文字をとったもので、「電子式料金自動収受システム」です。

ETCに対応した料金ゲートを通過する際、自動的に料金が収受されるようになっています。

いちいちお金を出さなくても良いのでとても便利ですね。

ETCカードは18歳でも作れるの?

結果的に言えば可能です。

しかし、高校生であるのかそうでないかによって作れるETCカードが異なってきます。

基本的に高校生の間は作ることが出来ません。

一般的なETCカードは、クレジットカード会社が発行しているものであり、クレジットカードにETCカードを追加発行するという形をとっています。

したがって、クレジットカード自体高校生では発行することが出来ないため、高校を卒業した18歳以上の人が対象になります。

ただし、未成年の間は親権者の同意書が必要になるため、同意を得られない場合も作ることができなくなってしまうことに注意が必要です。

クレジット会社が発行しているETCカードは基本的に年会費、発行手数料が無料で行うことができます。

クレジットの申し込み基準に準ずるため審査が必要となりますが、これが一般的なETCカードの作り方となっています。

ETCカードを作る際必要となるもの

ETCカードを作る際に必要となるものは大まかに3つあります。

銀行通帳またはキャッシュカード

ETCカードを使って高速道路、有料道路を通行した際にかかった料金はクレジットカード利用代金と一緒に請求され、引き落としされます。多くの場合で、引き落とし口座の情報入力が求められるので、銀行口座番号がわかるものが必要となります。メモでもかまいません。

本人確認書類

名前・生年月日・現住所が確認できる書類が必要となります。

本人確認書類は郵送やFAXで提出を求められる場合がほとんどです。

運転免許証・パスポート・住民票の写し・各種健康保険証・外国人登録証明証・住民基本台帳カードのいずれかをコピーする必要があります。

学生証

学生向けクレジットカードでETCカードを作る際は必須となります。

また学生申込み可のカードに申し込む場合はカード会社によって必要不必要が異なります。

また、学生証が本人確認書類となることもあります。いずれにせよカード会社に確認を取る必要があります。

メールアドレス

ネットから申し込む場合はメールアドレスも求められます。

家族カード

また、クレジットカードを作りたくないという方に向けて家族カードというものも存在します。

家族の中にETCカードを所有している人がいればそこに付帯するかたちでつくることができます。

ほぼ無審査であるため、審査が通らないという方におすすめです。

ただし、支払いなどはすべて本会員が一括管理することになるので、別々に支払うことはできません。

個人個人での管理ができないため、少し不便に感じる方もいるかもしれません。

高校生はまだETCカードを作れないの?

18歳だけど高校生だからETCカードを作れない!と思った貴方、実はもうひとつETCカードを作る方法があり、そこでは16歳以上から発行することが可能です。

具体的にETCパーソナルカードというものは、クレジットカード会社ではなく高速道路事業者が発行しているものであり、クレジットカード機能がついていません。

クレジットカードを作りたくない人や審査が通らない人、また18歳以上の高校生にはおすすめのカードです。

ただし、カードを発行する際デポジットというお金を預けなくてはなりません。

大体2~6万円程度必要であり、解約時には返金されます。

保証金のようなものですかね。

こちらも親権者の同意が必要であり、また利用するまでに三週間と少々時間がかかります。

18歳以上の高校生は基本的にこの作り方になりますね。

よく高校生は作れません!と書かれているサイトが多いのでがっかりしていた方いると思いますが、大丈夫です。よかった!

高校生でない方は、年会費、発行手数料がかからないクレジットと一体型のETCカードをおすすめします。

未成年におすすめのETCカード!

それでは、いざETCカードを作ろう!と思ってもたくさんの会社が存在するため迷ってしまいますよね。ここではおすすめのカード会社を紹介していきます。

三井住友VISAデビュープラスカード

 

こちらは未成年を含む学生の方におすすめのカードです。

18~25歳までポイントが2倍付与されるというものです。

また、入会後三ヶ月はポイント5倍にもなりとてもオトクになっています。

しかし、年に一度も使用しない場合は年会費がかかってしまうので注意が必要です。

一度でも使用する機会があれば無料なのでご安心を。

学生専用ライフカード

学生専用のライフカードは誕生月にポイントが三倍になります。

また、前年利用額に基づいてポイントアップ制度もあるのでお得ですね。

更に、海外で購入したものの5%がキャッシュバックされるという学生応援カードです。

よく海外に行く機会があるという方にはこちらをおすすめします。

JCB EITカード

無料で作れますし、発券、到着までが非常に早いのですぐに発行したい方はこちらになります。

海外旅行の自動付帯も2000万円と、完全無料のクレジットカードではありえないくらい高待遇です。ショッピング保険も完備しているので学生のうちに海外に行かれる方、ショッピング保険がほしい方におすすめです。ただ、リポ払専用になっているので少しハードルが高いかもしれません。

いかがでしたでしょうか。

一口にETCカードといっても様々な種類があることをご理解いただけたでしょうか。

また、高校生の方でも作り方によって作成可能ということがわかりますたね。

18歳の高校生の方、卒業された方、それぞれにあったETCカードを作成し、より便利に毎日を過ごせるよう活用していってくださいね!

タイトルとURLをコピーしました