エポスカードのメリット・デメリット!ETCカード・年会費・手数料・ポイント徹底比較

エポスカード エポスカード

いざクレジットカードを作ろうと思っても、巷には数多くのクレジットカード会社が溢れています。

それぞれのカードの特徴を理解して比較するのは困難で、そこからさらにどのカードがお得で、自分に合っているのかということを見極めるのは、至難の業です。

そこでこの記事では、学生でも作れるカードとして有名なエポスカードの年会費や手数料、ポイント制度について、他社カードと比較したメリットやデメリットを挙げながら紹介をしていきます。

  1. エポスカードの基本スペック
  2. エポスカードのメリット
    1. エポスカード保有者限定のセールやキャンペーンがある
    2. リボ払いで繰り上げ返済すると、手数料なしの上にポイントが上乗せになる
    3. 海外旅行に行く場合は、保険と優待特典が付く
  3. エポスカードのデメリット
    1. ポイント還元率が低く、有効期限がある
    2. 国際ブランドが選べない
    3. 家族カードがない
    4. 地域によっては、優待店舗が少ない場合がある
  4. エポスカードのポイント制度
    1. エポスポイントの還元率は0.5%、ゴールドカードであれば最大で1.5%になる
    2. 電子マネー「楽天Edy」「モバイルSuica」へチャージするだけでポイントが付く
    3. 携帯電話料金や公共料金、家賃の支払いでもポイントが貯まる
    4. ネットショッピングや宿泊施設の予約に利用すると、店舗によって2~30倍のポイントが貯まる
    5. エポスカード公式アプリで毎日ミニゲームをすると、1日最大3ポイントが貯まる
  5. エポスカードはどんな人におすすめ?
    1. 色々な方法でたくさんポイントを貯めて、様々な用途で使いたい人
    2. 特典の多いクレジットカードを持ちたい人
  6. エポスカードポイント還元率を他社と比較
  7. エポスカードが届くタイミングは?
  8. エポスカードの引き落とし日はいつ?
  9. エポスカードを実際に利用した人たちの口コミ

エポスカードの基本スペック

年会費 無料
入会費 無料
利用可能枠 クレジットカードの利用枠の範囲内
申し込み資格 高校生を除く18歳以上の方(未成年の場合は、保護者の了解が必要となります)
ポイント還元率 0.5%
海外保険 自動付帯(死亡・後遺障害、傷害・疾病治療、賠償責任、携行品損害、救援者費用、緊急アシスタンス等)
家族カード なし
ETC専用カード あり
カード発行まで 1~2週間
更新期間 自動更新

エポスカードのメリット

  • エポスカード保有者限定のセールやキャンペーンがある
  • リボ払いで繰り上げ返済すると、手数料なしの上にポイントが上乗せになる
  • 海外旅行に行く場合は、保険と優待特典が付く

エポスカード保有者限定のセールやキャンペーンがある

定期的にエポスカード保有者限定のセールが開催され、マルイで販売されていた商品が格安で購入できます。

有名な海外ブランドの商品が半額になっていることもある程の大変お得なセールですが、招待されるのはエポスカードの所有者のみです。

お買いもの好きな方にとっては、大変嬉しいポイントではないでしょうか。

また「エポスカードウィークス」といった、優待や割引が強化されるキャンペーンも定期的に催されています。

期間中に対象の店舗でカードを使うと、ポイント優待率がアップしたり、ドリンクや施設入場券がサービスされるなど、見逃せないキャンペーンです。

リボ払いで繰り上げ返済すると、手数料なしの上にポイントが上乗せになる

カードの支払方法でリボ払いを選択し、毎月28日から翌月5日までの間にATMで繰り上げ返済をすると、リボ払いの手数料が無料になります。

その上、エポスポイントが0.5%上乗せされるという特典がありますので、余裕がある人は積極的に繰り上げ返済を行うとよいでしょう。

ただし、コンビニのATMでは1,000円未満の返済が出来ませんので、注意が必要です。

海外旅行に行く場合は、保険と優待特典が付く

会員用サイトのエポトクプラザ経由で、H.I.Sで旅行を予約した場合はエポスポイントが3倍、日本旅行なら5倍になります。

さらにレンタルスーツケースやモバイルWI-FIルーター、海外レンタカーの利用金額が大きく割引になるといった特典が用意されています。

その他にも手荷物宅配や空港のパーキングが優待されたり、世界のおみやげ通販の利用でポイントが30倍になるなど、見逃せないサービスが数多く用意されています。

また海外旅行に行く人にとって、海外旅行保険が自動付帯だという点も嬉しいポイントです。旅行に行くたびに、自分で保険に加入する手間が省けます。

内容も充実していて、内容に応じて100~2,000万円まで補償され、緊急の場合には24時間対応のエポスカード海外旅行保険事故受付センターに電話すれば、日本語で速やかにサポートをしてくれます。

ただし、この保険についてはカード所有者本人が対象となっており、家族特約はありません。

エポスカードには家族カードもありませんので、配偶者や子供は別途海外旅行保険に加入する必要があります。

利用の際は、この点に気を付けてください。

エポスカードのデメリット

  • ポイント還元率が低く、有効期限がある
  • 国際ブランドが選べない
  • 家族カードがない
  • 地域によっては、優待店舗が少ない場合がある

ポイント還元率が低く、有効期限がある

エポスポイントの還元率の詳細については後述しますが、エポスポイントは200円で1ポイントが貯まるシステムです。

他のクレジットカードを見ていると、100円で1ポイントが貯まる場合が多いため、エポスポイントは還元率が低く、その点が大きなデメリットであると言えるでしょう。

また、貯めたポイントには2年間の有効期限が設けられています。

頑張って貯めたポイントが水の泡と帰さないよう、定期的に有効期限の確認をする必要があります。

しかし、有効期限間近になったポイントには救済措置があります。

事前に申込をすれば、ポイントの有効期限を申込日から24か月後まで延長することができるのです。

その他にも、貯まったポイントをエポスVISAプリペイドカードにチャージするという方法があります。

プリペイドカードにチャージされたポイントには有効期限が設けられていないため、使いたいときまで残しておくことができます。

このプリペイドカードは、Amazonや楽天などのネット通販でも利用できますので、利用する場所に困るということもありません。

国際ブランドが選べない

他社のカードではMasterCardやJCBなども選ぶことができますが、エポスカードの国際ブランドはVISAのみとなっていて、選択の余地はありません。

しかしVISAカードは国内外問わず、使用できる店舗はとても多いです。

そのため、何か特定の理由がない限りはデメリットに感じにくいでしょう。

家族カードがない

他社のクレジットカードでよく見られる「家族カード」は、エポスカードには用意されていません。

一定額の収入がない専業主婦や学生で家族カードを必要とする人は少なくないため、大きなデメリットであると言えます。

しかし、生活を共にする家族に安定した収入があれば上記の人たちでも、エポスカードに申込をすることが可能です。

ただし、申込資格のある18歳であっても、高校生は申込不可なのでご注意ください。

地域によっては、優待店舗が少ない場合がある

エポスカードを持つことで優待利用ができる店舗は、全国で10,000店舗以上あります。

しかし、住んでいる地域によっては対象となる店舗が少なくて利用し辛いという場合もあります。

もしも、エポスカードの優待特典に惹かれて入会するのであれば、事前に対象店舗が近隣にあるかどうか調べておくとよいでしょう。

エポスカードのポイント制度

  • エポスポイントの還元率は0.5%、ゴールドカードであれば最大で1.5%になる
  • 電子マネー「楽天Edy」「モバイルSuica」へチャージするだけでポイントが付く
  • 携帯電話料金や公共料金、家賃の支払いでもポイントが貯まる
  • ネットショッピングや宿泊施設の予約に利用すると、店舗によって2~30倍のポイントが貯まる
  • エポスカード公式アプリで毎日ミニゲームをすると、1日最大3ポイントが貯まる

エポスポイントの還元率は0.5%、ゴールドカードであれば最大で1.5%になる

エポスポイントの還元率は0.5%となっており、1ポイントは1円として使用できます。

還元率1%以上のカードが普及しているため、還元率がやや低いと感じてしまうでしょう。

もっと高い還元率を希望するのであれば、エポスゴールドカードへの申込を検討してはいかがでしょうか。

ゴールドカードは年間の利用額に応じて、ボーナスポイントがプレゼントされます。

年間利用額が100万円以上の人には10,000エポスポイントがもらえるので、還元率が1.5%となるのです。

ゴールドカードですので年会費もかかってきますが、年間で50万円以上利用すると翌年以降永年無料になりますので、頻繁に利用する人にとってはお得なカードだと言えるでしょう。

電子マネー「楽天Edy」「モバイルSuica」へチャージするだけでポイントが付く

エポスカードを利用して、電子マネー「楽天Edy」「モバイルSuica」へチャージすると、ポイントが貯まります。

どちらも発行枚数の多い人気の電子マネーですので、お持ちの方も多いでしょう。

還元率は0.5%のまま変わりませんが、電子マネーを利用する人はサブカードとしてエポスカードを持っていても損はありません。

携帯電話料金や公共料金、家賃の支払いでもポイントが貯まる

携帯電話料金や公共料金、家賃の支払いにもエポスカードを使うことができ、ポイントが貯まります。

毎月必ず一定の支払が発生するのであれば、ポイントを貯めるチャンスです。

積極的に利用しましょう。

ネットショッピングや宿泊施設の予約に利用すると、店舗によって2~30倍のポイントが貯まる

エポスNetポイントアップサイトの「たまるマーケット」を経由して、Amazonや楽天といったネットショップで買い物をすると、最大で30倍のボーナスポイントを得ることができます。

またエポトクプラザ経由で旅行やホテルの予約と支払すると、最大で6倍ものポイントが獲得できます。

エポスカードに入会したら、大いに活用したい魅力的なサービスです。

エポスカード公式アプリで毎日ミニゲームをすると、1日最大3ポイントが貯まる

エポスカードには、支払額やポイントを簡単に確認できる公式アプリがあります。

会員サイトの主な機能が、携帯電話で使用できるのです。

そこに1日1回チャレンジできるミニゲームがあり、ゲームに勝つとエポスポイントを獲得できますので、ダウンロードして是非チャレンジしましょう。

エポスカードはどんな人におすすめ?

  • 色々な方法でたくさんポイントを貯めて、様々な用途で使いたい人
  • 特典の多いクレジットカードを持ちたい人

色々な方法でたくさんポイントを貯めて、様々な用途で使いたい人

クレジットカードを持つならば、たくさん使ってお得にポイントを貯めたい、そして様々なお店やシーンで便利に使いたいと思う人は多いでしょう。

エポスカードはそんな人におすすめできるカードです。

既にご紹介したように、エポスカードのポイント還元率はあまり高くありません。

還元率だけで考えると、ポイントをたくさん貯めたい人には不向きなカードです。

そしてこちらも前述したことではありますが、エポスカードでは定期的にポイントアップのキャンペーンを行っています。

そしてポイントを多く付けてくれる、提携店舗も数多くあります。

そのため、これらのキャンペーンや提携店舗を上手に活用することができれば、還元率の高い他社カードよりも多くのポイントを貯めることができるのです。

さらに、貯めたポイントは様々なシーンで使用することが可能となっています。

実店舗やネットショップの買い物の他、iTunesギフトカードやスターバックスカードにも交換することができます。

このようにポイントの使用用途が多岐に渡っているので、せっかく貯めたポイントも無駄にせずに使うことができます。

特典の多いクレジットカードを持ちたい人

クレジットカードには特典が付き物ですが、エポスカードにはなんと10大特典が用意されています。

持っているだけで、使うだけで、持っていることを伝えるだけでそれらの特典を受けることができるのです。

飲食や各種サービスの料金、水族館や映画館、日帰り温泉といったレジャー施設の入場券の料金まで割引になります。

飲食店では割引の他にもワンドリンクのサービスがある店舗もあり、より便利に利用することができます。

このようにエポスカードには様々な特典が用意されていますので、クレジットカードを持つならば、様々な場所でその恩恵を受けられるものをと考えている人にはとてもおすすめできるカードです。

エポスカードポイント還元率を他社と比較

カード名 還元率 年会費
エポスカード 0.5~10%
(年4回開催される「マルコとマルオの7日間」開催時は還元率10%)
無料
ルミネカード 0.5~1.5% 初年度無料
(2年目より953円税抜)
イオンカード 0.5~1%
(イオンでの買い物は還元率1%)
無料
OricoCard THE POINT 1~2.5%
(楽天市場やYahoo!ショッピング利用時は還元率2.5%)
初年度無料
(2年目より500円税抜)
楽天カード 1~3%
(楽天市場や楽天ブックス利用時は最低3.0%)
無料
Yahoo! JAPANカード 1~3%(Yahoo!ショッピング利用時は最低3.0%) 無料

エポスカードが届くタイミングは?

エポスカードはマルイで直接申込をすれば、即日発行が可能なカードです。

カウンターで申し込んでから30分程で仮カードが発行されて、手渡されます。

本カードは審査通過後になりますので、後日になります。

マルイが近隣にない場合は、エポスカードの公式ホームページ上からか郵送での申込が必要です。

申込が完了すると、クレジットカードの審査になります。

審査はかなりスピーディに行われ、1時間程度で連絡が来ます。

エポスカードは若い人を対象としているため、審査もさほど厳しくありません。

アルバイトをしていない学生でも、審査に通ります。

しかし信用情報に問題がない場合に限りますので、問題があればもちろん審査に通過するのは厳しくなります。

審査に通ればカードが発行されます。

カードが手元に届くのは1週間~10日ほどかかると言われていますが、口コミを見ると実際には4~5日で届いている人がほとんどです。

エポスカードの引き落とし日はいつ?

引き落とし日は毎月4日か27日となっており、利用者側で予め設定することができます。

ただし、カードの申込がWEB上、或いは郵送だった場合は27日に設定されています。

4日引き落としの場合は、前月5日~今月4日までの利用分が、翌月4日の支払となります。

一方27日引き落としの場合は、前月28日~今月27日までに利用した金額が、翌月27日の支払となりますので、予め確認しておきましょう。

引き落とし日や金額の確認はエポスカード公式アプリで手軽にできますので、エポスカードに入会した際にはダウンロードしておくと便利です。

また、万が一残高不足で引き落としができなかった場合の再引き落としはしていません。

引き落としができていないことに気づいたら、すぐにコールセンターに連絡し、入金の手続きをとりましょう。

エポスカードを実際に利用した人たちの口コミ

年代 10代
職業 大学生

友人がクレジットカードを持っていて、自分も欲しくなったのでどこで作るか考えました。そして年会費無料のカードがよいと思ったので、エポスカードを選びました。入会当時はポイントキャッシュバックキャンペーンをしていたので、お得な感じがしましたし、マルイの中で買い物をすることも多かったので、ポイントを貯めたり使ったりするのにちょうどよかったです。毎年海外旅行にも行っているので、カードに海外旅行保険がついているのも魅力だと感じ、入会をしました。
クレジットカードの知識もあまりないため、エポスカードは有名だから安心できると思ったのも、入会を決めた理由です。

年代 20代
職業 学生

マルイでよく買い物をしていて、店頭でキャンペーンをしていたのでカードを作りました。年に数回ある、10%割引セールが魅力的です。また、学生なので年会費が無料なところも助かります。
無印良品が大好きで、それぞれ10%割引になる無印良品セールとマルイのセールが重なる時を狙って買い物をしています。おかげでリーズナブルに無印良品の家具を揃えることができました。
カードの明細と一緒に届く冊子はファッションの参考になるので、よく見ています。

年代 30代
職業 サラリーマン

よく海外に行くので、エポスカードでポイントを貯めることができるのが嬉しいです。海外でATMでお金をおろすときに、現地の現金通貨に変更することができることも、大変助かっています。
このカードを持っているだけで、映画が安くなるのでお得に鑑賞できています。1回につき500円も安くなると考えると、エポスカードを作ってよかったと思います。
私のように、よく海外や映画鑑賞に行く人にはおすすめのカードです。もう毎日の生活の中で、欠かすことのできないカードになっています。お得な特典ばかりなので、本当に良い所だらけです。

タイトルとURLをコピーしました